スントのアンビットはスポーツウォッチの定番!全4シリーズ比較!

スントのアンビット、全4シリーズを比較してご紹介!現行のアンビット3は、全機種にGPSが搭載された高機能モデルです。登山、ランニング、水泳はもちろん、トレイルランニングやヒルクライムと言った高度差のあるスポーツにもおすすめです!


アイキャッチ画像出典:スント

スントのアンビットシリーズ

スントのアンビット
出典:スント
2012年の発売以来、3代目のナンバリングになるスントのアンビットシリーズは、GPS内蔵で様々なスポーツ、アウトドアシーンで活躍するスマートウォッチです。アンビット3には、『PEAK(ピーク)』 『VERTICAL(バーティカル)』 『SPORT(スポーツ)』 『RUN(ラン)』の4シリーズがあり、それぞれのアクティビティの目的にあったものを選ぶことができます。
スントのアンビットはアプリと同期できる
出典:スント
アンビット3からBluetooth Smart機能が搭載され、スマートフォンや心拍計ベルトなどをワイヤレスで連携ができるようになっており、各モデル共通で以下のような機能が搭載されています。
『GPS(速度・距離・高度の測定)/心拍数計測(要心拍ベルト)/ストップウォッチ/ラップ/電子コンパス/MOVESCOUNTアプリ/トレーニングデータ/体力リカバリー機能 など』

各モデルの違いは下記の表で確認しましょう。

スントのアンビットシリーズ比較表
スントのアンビット、様々なモデルが並ぶ
出典:スント
アクティビティで分けると、天候の変化を知らせてくれるアラームのついた『PEAK(ピーク)』。トレイルランニング・ヒルクライムレースといった高低差を楽しむスポーツは『VERTICAL(バーティカル)』。
マラソン・ランニングなら軽量な『RUN(ラン)』『SPORT(スポーツ)』、トライアスロンならSwim、Bikeの測定ができるラン以外のシリーズが対応できます(ピークは重量があるため、不向きかもしれません)。

アンビットシリーズ、使い方について

スントのアンビット3盤面
出典:Suunto
国内正規品には、日本語の取扱説明書が付属しているので、そちらに詳しく説明がされています。ただし、並行輸入品を手に入れた場合は、日本語の取扱説明書を入手する事は不可能ですので、公式サイトの英語のPDFファイルを見るか、動画などで確認するしかないようです。

スントのアンビット4の発売予定は?

スントのアンビット
出典:スント
2016年頃の春先から、アンビット4が出るのでは?という噂がユーザー間で交わされていましたが、満を持して発売されたのがスパルタンというモデルでした。スパルタンはアンビットシリーズの機能にカラー液晶、タッチパネルが加わったスントのフラッグシップモデルという位置付けになっています。

形としては後継機に近いですが、今後のリリースはどのようになるかわからないので、気になる方はチェックしておきましょう!

スントのアンビットシリーズ7モデル

心拍数を測ることができるようになるHRベルトは、付属あり・なしで選べるので、ご自身の用途に合わせて選びましょう。

スント アンビット3 ピーク ブラック 【HRベルト付属】

スントアンビットシリーズの中でピークのみに気圧計とウェザーアラームが付いています。大容量バッテリー搭載なので、長時間連続で使用する登山や長距離レースに向いています。
スント アンビット3 ピーク ブラック 【HRベルト付属】
ITEM
スント アンビット3 ピーク ブラック 【HRベルト付属】
ウルトラマラソン用購入
ウルトラマラソン用に購入しました。早速、20kmランで使ってみました。これまでのスントt6dに比べて、初めは、大きく・重いため違和感がありましたが、すぐに慣れてまったく問題ありません。何よりも良い点は、PCに繋がなくても、すぐにiPhoneでエクササイズが確認できる点です。
レースに使うのが楽しみです。
出典:楽天みんなのレビュー

スント アンビット3 ピーク サファイア【HRベルト付属】

スントアンビットピークの機能はそのままに、ステンレス製ベゼルとサファイアクリスタルガラスで堅牢性を高めたモデル。
スント アンビット3 ピーク サファイヤ【HRベルト付属】
ITEM
スント アンビット3 ピーク サファイヤ【HRベルト付属】
アウトドアGPSウォッチの最高峰
AMBIT1からの買い換えです。
GPSの測位感覚を長くして、200時間のトラッキングを可能にしたり、Bluetooth連携でMac/PCと同期させずにMovescountへのアップロードやAMBIT3の設定を変えるなど、登山において長期の縦走をする人にとってはさらに使いやすくなっています。
また、デザインもさらに洗練されたため、普段使いでも活躍しそうです。 出典:楽天みんなのレビュー

スント アンビット3 ピーク ネパールエディション

2015年4月のネパール大地震によって被災した人々を支援しようと作られたアンビットピークのネパールエディションモデル。売り上げの一部は国際赤十字・赤新月社連に寄付されます。500台の特別限定モデルです。
スント アンビット3 ピーク ネパールエディション
ITEM
スント アンビット3 ピーク ネパールエディション

スント アンビット3 バーティカル ブラック

リアルタイム標高グラフや累積標高表示サマリーなどの高度計測機能を搭載したスントアンビットのバーティカルモデル。トレイルランニングなどバーティカルスポーツに適しています。
スント アンビット3 バーティカル ブラック
ITEM
スント アンビット3 バーティカル ブラック
カラー:全4色
トレッキングに最適
様々な機能があり、トレッキングにはたいへん便利に使用しています。
特に山行を3Dマップ化できるのはおもしろいです。 出典:楽天みんなのレビュー

スント アンビット3 スポーツ ホワイト

スントアンビットの中では軽量で、ランニングやスイミングなど色々な運動に適しています。軽くてすっきりとしたデザインは女性にも人気です。
スント アンビット3 スポーツ ホワイト
ITEM
スント アンビット3 スポーツ ホワイト
カラー:全4色
GPSが楽しい。
走ったルートが簡単に表示されます。スマホとの連動もでき楽しく使えます。 出典:楽天みんなのレビュー

スント アンビット3 スポーツ サファイア【HRベルト付属】

サファイヤクリスタルのレンズにスチールのベゼルの強固なボディのスントアンビットスポーツ。アウトドアや様々なスポーツに向いています。
スント アンビット3 スポーツ サファイア【HRベルト付属】
ITEM
スント アンビット3 スポーツ サファイア【HRベルト付属】
大満足です
軽く見やすい大きさで使いやすいです。トレッキングのおともに最高です。
出典:楽天みんなのレビュー

スント アンビット3ラン ライム【HRベルト付属】

ランニングのための機能がそろったスントアンビット3ラン。同色の付属の心拍ベルトはランニングのトレーニングに便利です。
スント アンビット3 ラン ライム【HRベルト付属】
ITEM
スント アンビット3 ラン ライム【HRベルト付属】
カラー:全3色
大満足
初めてGPS時計を購入しましたが、機能面、使いやすさ、デザイン共に大満足しております。
スマホで使用していた、ランニングアプリのGPSとの誤差もほとんどなく、またGPS起動の速さもすばらしいです。
日本語表示である点も、非常に好感が持てます。 出典:楽天みんなのレビュー

スントのアンビット3でアクテビティをもっと楽しく

スントのアンビットをつけた男性
出典:スント
スントのアンビット3はシリーズどのモデルも様々なスポーツに便利な機能をたくさん搭載しています。目的にあったものを選べば、普段の運動をもっと楽しくもっと効率的にできるでしょう。シンプルなデザインなので普段からつけていられるのもいいですね!

Let ‘s do sports with Suunto‘ s Anbit 3.

スントアンビット3とともに運動しよう!

紹介されたアイテム

スント アンビット3 ピーク ブラック 【HRベルト付属】

スント アンビット3 ピーク ブラック 【HRベルト付属】

¥51,990 税込

スント アンビット3 ピーク サファイヤ【HRベルト付属】

スント アンビット3 ピーク サファイヤ【HRベルト付属】

¥58,800 税込

スント アンビット3 ピーク ネパールエディション

スント アンビット3 ピーク ネパールエディション

¥56,160 税込

スント アンビット3 バーティカル ブラック

スント アンビット3 バーティカル ブラック

¥48,000 税込

スント アンビット3 スポーツ ホワイト

スント アンビット3 スポーツ ホワイト

¥36,900 税込

スント アンビット3 スポーツ サファイア【HRベルト付属】

スント アンビット3 スポーツ サファイア【HRベルト付属】

¥64,800 税込

スント アンビット3 ラン ライム【HRベルト付属】

スント アンビット3 ラン ライム【HRベルト付属】

¥43,200 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

スントのアンビット
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」