オピネルの『刃が出ない』悩みを解決する手入れ方法とは?

アウトドアでの調理をはじめ、ちょっとした時にあると便利なナイフ。比較的安価ながら性能も悪くないオピネルナイフは、ナイフデビューの1本目にピッタリです。今回は、そんなオピネルナイフの弱点を改良する方法を動画でご紹介しちゃいます!


アイキャッチ画像出典:YouTube by winpy23

今回アイデアを披露してくれるのはこの方!

準備体操をするwinpy-jijiiさん
YouTubeにご自身のギア改造術や、アウトドアの楽しみ方を投稿しているWINPY23さん。「歳をとったから遊ばなくなったのではなく、遊ばないから歳をとるのだ。」とのコメントの通り、見ているこちらが気持ち良くなるくらい趣味に没頭されています!

改良したい、カーボンスチール刃の弱点とは?

オピネルナイフを改良する
オピネルのナイフ刃は、2種類の鋼材があり、特徴は下記の様になります。扱いが楽なのはステンレススチールですが、手入れやカスタムの楽しみがあるカーボンスチールも人気があります。
オピネルのナイフ材
しかし、やはりカーボンスチールは錆びやすく、特によく錆びる部分は手入れをしていても、開きにくくなる場合があります。サッと使えるのがフォールディングナイフの強みなのに、これではストレスが溜まります…。

と、いう訳で。改良してみた

オピネルナイフをばらす
動画はバラすところから始まるので、そこの工程省かないでよ!っていう部分もちゃんと見れるので安心です♪

しかし、ただでは終わらないのがwinpy23さん!

オピネルナイフのグリップエンドをカスタム
改良も無事終了…と思いきや、なんとオリジナルのカスタムまで!自分の道具をカスタムすると、より愛着も湧いてきますよね。

内容は動画で確認!


オピネルのナイフをもっと知るならコチラ!

オピネルのナイフ
出典:Opinel
オピネルのナイフは、100年以上前の創業以来、変わらないデザインで愛されるフォールディングナイフです。シンプルな構造で分解・組立がしやすく、値段も他のナイフと比べて比較的安価なため、ナイフの入門用としても有名です。オピネルのナイフに関するよくある疑問、おすすめのモデルは下記のリンクからどうぞ!

オピネルのナイフ8選と取扱い方法のまとめ 【動画内で出てくる製品はコチラ】
オピネル カーボン#10
ITEM
オピネル カーボン#10
キャンプやBBQで使うのに、オピネルで一番悩むのが大きさだと思いますが
家庭用の包丁感覚で使いたいなら#10がいいかもですが
自分は、限られた大きさのテーブルやまな板に合わせて#8を使うことが多いです。
カーボンはステンレスには真似のできない質感があり
使えば使うほど、魅力が冴えていきますが
どうしても錆びやすいので、
「ナイフは手入れも含めて趣味」
という人以外は、ステンレスをお勧めします。
最初のうちは手入れしても
だんだん面倒くさくなってきますから。 出典:amazon

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」