パタゴニアのブラックホールが今アツい!気になる評価と人気な9選

パタゴニアのブラックホールをご紹介!ダッフル60Lやパック25L、キューブやメッセンジャーなどブラックホールシリーズのまとめ。気になる評価や人気な容量のアイテムも掲載しています。ウィールドダッフルなど旅行に持っていけそうなものもあります!


アイキャッチ画像出典:楽天市場

パタゴニアのブラックホール 気になる評価

パタゴニアの青いブラックホールを持つ男性
出典:Crouka LR
パタゴニアのブラックホールシリーズは、ダッフルバッグやメッセンジャーなど、様々な種類のバッグがあります。収納もたっぷりあって、旅行といった荷物が多くなるシーンでも活躍します。


パタゴニアのブラックホールを背負った男性出典:楽天市場
大容量のBOX型のリュックサックを探している人はノースフェイスのヒューズボックスなどと比較しているようです。どちらも容量があり、通勤や通学にも使いやすいので使用者のレビューを確認しましょう。

ブラックホールのシリーズは2つ目ですが、通常のナイロン製のバッグよりも雨に強くかなり頑丈です。
個人的には光沢の有る素材感とフラップのデザイン、配色が気に入っています。
内部の収納ポケットも充実して居り、釣りやキャンプ、スキー等でも活躍し、サッカー遠征時にも使いますが、ガンガン投げられても大丈夫です。
軽さを重視する方には不向きかも知れませんが、御薦めのバッグです。出典:楽天市場みんなのレビュー

 

私は自転車通勤をしていますが、仕事の書類、着替え、電子機器を収納するのに機能的なザックはないかとずっと探していました。今まで、AIGLEの25Lと、35Lと使ってきましたが、いわゆるリュックは、上部が山型になっているため、仕事の書類の角が折れてしまうことがあり、困っていました。また、ペンや小物の入るポケットや、電子機器を安全に収納できるポケットがあるとなお良いと思っていたところ、このプラックホールパックはポケットも多く、上部もファスナーで開け閉めができるため、大変機能的です。そのうえ万一の雨にも強そうな生地であり、アウトドアはもちろんのこと、ビジネス、通勤にも活躍できそうです。大変気に入りました。出典:楽天市場みんなのレビュー

 

レビューであまり入らないと書いてあったのと、届いて実物を見たら入らないかも?と思ったけど実際は結構入ります!!
ジム用に買いましたが、バスタオル、バスタオルより少し小さいタオル、薄手の長袖ジャンパー?、ハーフパンツ、タンクトップ2枚、シューズ、下着、靴下、500mlペットボトル2本、プロテインシェイカー、格闘技用オープンフィンガーグローブ、ヘアワックス、コンディショナーボトル、長財布、、など余裕で入りました。
見た目は入らなそうに見えますが実際は縦長なので結構入ります。
10年以上リュックは使っていなかったですが、背負いやすく重さも感じず大満足です。出典:楽天市場みんなのレビュー


パタゴニアのブラックホール ダッフルは45・60・90L

パタゴニア ブラックホール・ダッフル 45L

荷物を厳選してピックアップしたアウトドアシーンや1泊2日の旅行等に最適なブラックホールダッフルシリーズ最小モデル。U字型大開口部は荷物の出し入れがスムーズ。耐久性・防水性の高い生地採用でギアから衣服までしっかり運べます。底はフォーム入りパッドで中身を保護!

パタゴニア ブラックホール・ダッフル 45L
ITEM
パタゴニア ブラックホール・ダッフル 45L
容量:45ℓ
サイズ:48×25×25cm(ハンドル:高さ22cm、ショルダーストラップ:長さ73~111cm×幅3.7~8cm)
重量:765g
商品はすぐに届きました。完全防水ではないですが頑丈そうな造りでバイクツーリングにちょうど良さそうです。
キャンプツーリングの目的で購入しましたが、キャンプ道具一式を入れるなら60リットルの方が良さそうです。自分はミニマムな装備でサイドバッグも併用するつもりなので45でちょうどよいです。 出典:楽天市場みんなのレビュー

パタゴニア ブラックホール・ダッフル 60L

シリーズ中最も汎用的なサイズで、長期旅行で必要な荷物もしっかり収納できます。耐久性や防水性はばっちり!内側にコンプレッションストラップがあり、荷物の固定が可能。着脱可能なショルダーストラップでリュックのように背負える等、合計3通りの方法で持ち運べます。

パタゴニア ブラックホール・ダッフル 60L
ITEM
パタゴニア ブラックホール・ダッフル 60L
容量:60ℓ
サイズ:60×28×28cm(ハンドル:高さ22cm、ショルダーストラップ:長さ50~94cm×幅2.5~7cm)
重量:1,130g
色は、赤色ですが黒色のドットが入っているため明るくなく落ち着いたレッドという感じです。私服だけでなくフォーマルにも使えそうです。60リットルという容量は丁度いい大きさです。1、2泊の旅行鞄としても使えそうですし、普段使いにも気にならない大きさです。リュックになるのもいいですね。素材も丈夫で長いこと使えそうです。 出典:楽天市場みんなのレビュー

パタゴニア ブラックホール・ダッフル 90L

約1週間という長期の荷物の収納力を備えた大モデル。基本的な構造は60Lモデルと同様で、ショルダーストラップで背負うこともできます。手荒な扱いでも中身をしっかり守るタフな作り!他のモデル同様、使わない時はポケットを裏返して本体を収納し、パッキングが可能です。

パタゴニア ブラックホール・ダッフル 90L
ITEM
パタゴニア ブラックホール・ダッフル 90L
容量:90ℓ
サイズ:71×33×33cm
重量:1,417g
旅行用にと思い、購入しました。
思ってたよりコンパクトに見えましたが、子ども1人と自分の荷物3泊4日は余裕で入りました。生地やチャックもしっかりしてるので買って良かったと思います。 出典:Amazon

パタゴニア ブラックホール・ホイールド・ダッフル 45L

ダッフル45Lにキャリアーが付いたモデル。石畳でもスムーズに動くホイールを備え、格納式ハンドルを引っ張っての運搬が可能です。荷物が重くなった時には持ち上げなくて良いのでとても便利!持ち手も装備で、持って運ぶのもOK。硬質のフレームが底を支え、中身をしっかり保護しています。

パタゴニア ブラックホール・ホイールド・ダッフル 45L
ITEM
パタゴニア ブラックホール・ホイールド・ダッフル 45L
容量:45ℓ
サイズ:58×32×23cm(持ち手:55cm)
重量:3,175g
海外の釣りに出かけるときには必ず活躍してくれます。 ウェーディング・ブーツ、ウェーダー、スリングパック、ウェーディングスタッフ、レインジャケット、履き替えサンダルを入れてもまだまだ余裕があり、ロッド以外の釣り道具は全てこのバッグが飲み込んでくれます。 釣り場近くの悪路でもホイールを使って走行してくれます。 出典:patagonia.jp

パタゴニアのブラックホール バックパックは25・32L

パタゴニア ブラックホール・パック 25L

ダッフルモデルと同様の素材を採用し悪天候にもしっかり対応!背面側を手前に上部のファスナーでボックスの蓋を開けるように開きます。汗を弾いて通気性を促すバックパネルやパッド入りショルダーハーネスにより快適に背負え、PCスリーブ等日常使いに必要な機能性も装備しています。

パタゴニア ブラックホール・パック 25L
ITEM
パタゴニア ブラックホール・パック 25L
容量:25ℓ
サイズ:51×27×マチ幅13.5cm
重量:680g
スパニッシュ モスを使っていますが、ピンクの差し色と光沢感のある生地とマッチして写真で見るよりずっとオシャレです。
便利なサイドポケットはゴムが伸びきるような気配もなく、傘やボトルをしっかりホールドしてくれます。
背中に当たる部分がしっかりしているので、荷物で重くなっても安心です。
これは、教科書いっぱいの学生にとってベストなパックの1つでしょう。
フロントのサイドポケットにはフーディニジャケットを、天蓋のポケットにはイヤホンやティッシペーパーなどを入れて、毎日使っています。 出典:Amazon

パタゴニア ブラックホール・パック 32L

右辺から上部までダブルジッパーで大きく開閉でき、上部で折り返してフラップとしている独特の形をしたバックパック。そのため、フラップを閉じていてもサイドからのアクセスも可能です。荷物に合わせて容量を調整できる圧縮ベルトやフロントのデイジーチェーン等使いやすい機能が満載!

パタゴニア ブラックホール・パック 32L
ITEM
パタゴニア ブラックホール・パック 32L
容量:32ℓ
サイズ:53×36×マチ幅18cm
重量:850g
自転車通勤用に購入しました。
☆生地が丈夫でサイドのベルトが上部と中程の二箇所で締められるので荷物を詰めても形を保ち、下だけが膨らむ様な事がありません。
☆中にはラップトップ収納スペースだけでなく、ビジネスバッグにある様なペンホルダーや手帳が入るポケット等もあり機能的。見た目もスタイリッシュで気に入りました。 出典:楽天市場みんなのレビュー

パタゴニアのブラックホール キューブは収納に良し!

パタゴニア ブラックホール・キューブ 6L

シンプルなジッパーによって大きく開き、内部は両側ともジッパー式メッシュで分けられています。また、手袋をしていても掴みやすい大きめのハンドルが付いており、持ち運びに便利。外側にはデイジーチェーンも装備。バッグ内の衣類やギアを整理して収納するのに最適です。

パタゴニア ブラックホール・キューブ 6L
ITEM
パタゴニア ブラックホール・キューブ 6L
容量:6ℓ
サイズ:28×18×13cm
重量:198g
子供のオムツポーチに使っています。中が2つに分かれているので、その他のものもたくさん入れられるので便利です。子供用荷物がこれだけでもいいくらい。色やデザインが気に入ったのと、オムツ卒業してもそのまま色々と使えそうだと期待して選びました。 出典:Amazon

パタゴニア ブラックホール・キューブ 10L

6ℓモデルとデザインや構造は同様で、3種類のサイズ展開のうち最も大きいモデルです。ギアの収納に適しており、バッグ内の荷物の整理を助けます。また、外側のデイジーチェーンを使ってバックパック等に取り付けも可能。10ℓと容量があるので多目的に使用できます。

パタゴニア ブラックホール・キューブ 10L
ITEM
パタゴニア ブラックホール・キューブ 10L
容量:10ℓ
サイズ:34×20×15cm
重量:246g
クライミングギア収納、着替え入れ、食材入れとして使用。 持っている人の数だけ使い方のある製品。 普段はパッキングしにくいカムなどもひとまとめにできる。旅行ではTシャツ、デニム、パンツなどもたっぷり入る。α米やフリーズドライ、レーションの仕分けもできる。文字通り、何でも入る。 そして匂いがついたら丸洗いできる。ヘビーローテーションで生地感が柔らかくなるのもGood! 出典:patagonia.jp

パタゴニアのブラックホール メッセンジャー

パタゴニア ブラックホール・メッセンジャー 24L

頑丈な生地が日常でのハードユースや悪天候下での使用にしっかり対応。バックルとテープで固定したフラップの裏側や下にはポケットやウェビングが配され、メイン収納にPC用等複数のポケットを装備。背面と底に入れられたパッドや前面のデイジーチェーン等、機能的で配慮の行き届いた仕上がりに!

パタゴニア ブラックホール・メッセンジャー 24L
ITEM
パタゴニア ブラックホール・メッセンジャー 24L
容量:24ℓ
サイズ:47.5×31.5×マチ幅12cm(ショルダーベルト:91~136cm)
重量:822g
一見、大きいかなと思ったけど荷物を入れ装着するとフィット感に優れ大きさを感じなかった。
デザインや質感も想像以上で満足で、がっつり物を入れられるバックです。 出典:楽天市場みんなのレビュー

収納力があり、タフで機能的な作りが嬉しいパタゴニアのブラックホール

パタゴニアのブラックホールシリーズ
出典:好日山荘 春日井店
パタゴニアのブラックホールシリーズは、頑丈で防水性の高い生地が使われ、少々手荒に扱ったり急な天候悪化等にもしっかり対応できる能力を持ち合わせているのが魅力です。ブラックホールという名の通り収納力もしっかりあります。サイズ展開もされているため、用途に合わせたモデルを選べます。タフでたくさん入るバッグを考えている人は、ブラックホールシリーズを是非チェックしてみてください!

The tough luggage courier, Patagonia’s Black Hole !!
タフな荷物の運び屋、パタゴニアの「ブラックホール」!!

紹介されたアイテム

パタゴニア ブラックホール・ダッフル 45L

パタゴニア ブラックホール・ダッフル 45L

¥14,040 税込

パタゴニア ブラックホール・ダッフル 60L

パタゴニア ブラックホール・ダッフル 60L

¥18,360 税込

パタゴニア ブラックホール・ダッフル 90L

パタゴニア ブラックホール・ダッフル 90L

¥21,060 税込

パタゴニア ブラックホール・ホイールド・ダッフル 45L

パタゴニア ブラックホール・ホイールド・ダッフル 45L

¥41,040 税込

パタゴニア ブラックホール・パック 25L

パタゴニア ブラックホール・パック 25L

¥17,820 税込

パタゴニア ブラックホール・パック 32L

パタゴニア ブラックホール・パック 32L

¥20,520 税込

パタゴニア ブラックホール・キューブ 6L

パタゴニア ブラックホール・キューブ 6L

¥5,508 税込

パタゴニア ブラックホール・キューブ 10L

パタゴニア ブラックホール・キューブ 10L

¥6,804 税込

パタゴニア ブラックホール・メッセンジャー 24L

パタゴニア ブラックホール・メッセンジャー 24L

¥17,820 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

パタゴニアのブラックホールダッフルを持つ女性
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

milkywaygalaxy
milkywaygalaxy

バックパックを背負って向かった旅先で経験した、登山やツーリング、ダイビングなどのアウトドアに魅せられ早数年。次はどこで何をしようか、考えるだけでわくわくしてきます!そんなアウトドアの魅力を言葉で伝えたいと思います。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」