バルトロライトジャケットで冬を乗り切る!サイズと着こなし4コーデ

バルトロライトジャケットのまとめ。2016新作もブログで発表されたバルトロライトジャケットの評価、サイズ感と着こなしをご紹介!ノースフェイスで人気な迷彩デザインもあるので、偽物に注意しながらレビュー・口コミをしっかり確認しましょう。


アイキャッチ画像出典:The North Face (Facebook)

バルトロライトジャケット2016 サイズ感は?

ザ・ノースフェイスの名作 ”バルトロライトジャケット”

baltrolight_review出典:GOLDWIN Blog
ノースフェイス製品の中でも不動の人気を誇るバルトロライトジャケット。北欧でのオーロラ観測や雪山ハイキングにも使える最強のジャケットです。中綿には光電子ダウンをたっぷり使用し、外側にはウインドストッパーを使って冷気を遮断します。襟が高く、ファスナーはダブルフラップなど、徹底的に寒さを感じさせないような工夫が施されています。

ゴールドウィンのブログではLサイズのバルトロライトジャケットを着用

BaltroLight_introduction
出典:GOLDWIN Blog
上記の写真では、182cmの男性がLサイズのバルトロライトジャケットを着用しています。都内であればインナー1枚で着ても暖かいくらいですので、シルエットを細身にしたい場合、2サイズで迷ったら小さいサイズを選びましょう。

batroigh_size2
出典:楽天市場
身幅はタイトなつくりでありつつも、フードや腕の部分にもかなりのダウンを封入しているためボリュームがあります。サイズ展開はXS・S・M・L・XLとなります。レディースはSとMになります。

バルトロライトジャケットの評価・レビュー・口コミ

baltrolight_review2
出典:GOLDWIN Blog
ノースフェイスの傑作とも言われているバルトロライトジャケットですが、実際の評判が気になりますね。購入者のレビューを見てみましょう。

出張時のOFFでの服装に持って行けてよかった。本当にコンパクトに収納できてまた、取り出した時も空気を入れるともと通り最高です。とても暖かく楽しむこともできました。
出典:楽天市場

175cm、70kg、サイズMでジャストでした。デザイン、機能性共に最高です。フィット感は最初はタイトに感じますが、身体を動かしてみると全く窮屈感はありません。本当によく設計されてるなぁと感じます。思い切って購入して本当に良かったです。
出典:楽天市場

軽くてとても暖かいです。サイズもピッタリでした。
出典:楽天市場

私にとってはかなり高額な商品でしたが、中はTシャツ1枚で充分、すごい軽い、シンプルと自分の中では完璧な商品でした。
出典:楽天市場

バルトロライトジャケットの偽物には注意しよう

baltrolight_remarks
出典:楽天市場
バルトロライトジャケットは、品質が良い分、価格も安くありません。通販で購入する場合は注意が必要です。異常に安かったり、他のお店は売り切ればかりなのに、一店舗だけ全カラー、全サイズ揃っていたり、不自然な場合は会社名や住所を検索しましょう。

ノースフェイスのバルトロライトジャケット 人気は迷彩柄!

ノースフェイス ノベルティ バルトロライトジャケット ダウンパーカー カモ

40デニールのウィンドストッパー生地で冷たい空気の侵入を防ぎ、中綿には保温効果が優れた光電子ダウンを使用するなど、格別の暖かさをもたらすバルトロライトジャケット。印象が重くなりがちなカモフラージュ柄も、素材の軽さが手伝ってコーディネートしやすく、街での着用にも人気のアイテムです。
ノースフェイス ノベルティ バルトロライト ジャケット ダウンパーカー カモ
ノースフェイス ノベルティ バルトロライト ジャケット ダウンパーカー カモ

¥ 54,432

サイズ:XS、S、M、L、XL
重量:940g

ダウンジャケットを探していて、カナダグースやウールリッチ、デサントなどいろいろ試着しましたが、身長164cmの自分にはSサイズでも少し大きく、諦めかけてたなかで本商品に出会いました。
XSで着丈、幅、腕と全てジャストフィットかつ、軽い、暖かい、カッコいいと四拍子揃って大満足です!
出典:楽天市場

バルトロライトジャケット 白もおすすめ

ノースフェイス バルトロライトジャケット ND91641 ホワイト
ありそうで少ない白いダウンジャケットもバルトロライトジャケットなら揃います。モノトーンのデザインがシンプルさを際立たせ、ノースフェイスのロゴも同化した統一感が大人な雰囲気を漂わせる1着です。耐水性に優れた素材で雨や雪の汚れは着きにくく、安心して活動できます。
ノースフェイス バルトロライトジャケット ND91641 ホワイト
ノースフェイス バルトロライトジャケット ND91641 ホワイト

¥ 49,572

サイズ:XS、S、M、L、XL
重量:940g

16時ギリギリで注文しましたが、翌日には届きました☆急いでいたので、大変助かりました。バイク用に購入しました。165センチの女子で、サイズで悩みましたが、Sでぴったりでした。風を通さず、とても暖かいので冬でもバイクを楽しめそうです
出典:楽天市場

ノースフェイス バルトロライトジャケット ナイトグリーン

深みのある緑のナイトグリーンは、アウトドアでも街でも馴染みやすい1着です。インナーに明るい色やプリント柄を取り入れることにより、グリーンの印象が異なるので着こなしが断然楽しくなります。一歩踏み出したコーディネートを試してみたい人にオススメのカラーです。
ノースフェイス バルトロライトジャケット ナイトグリーン
ノースフェイス バルトロライトジャケット ナイトグリーン

¥ 52,488

サイズ:XS、S、M、L、XL
重量:950g

販売サイトを見る
軽いです。主人用に買いました。ノースフェイスは探していましたがこれほど軽量とは思いませんでした。色も大変良く着てもらうのが楽しみです。
出典:楽天市場

ノースフェイス バルトロライトジャケット コズミックブルー

シックな濃紺ダウンを羽織って、颯爽と街を駆け抜けましょう。バルトロライトジャケットを主役にしたスタイルをスタイリッシュに楽しみたい人には、都会的なコズミックブルーがオススメです。ダウンらしくゆったりと大きめを着るも良し、小さめをタイトフィットで軽快に着るも良し。お気に入りのフィット感を探して自分らしさを追求してみましょう!
ノースフェイス バルトロライトジャケット コズミックブルー
ノースフェイス バルトロライトジャケット コズミックブルー

¥ 52,488

サイズ:XS、S、M、L、XL
重量:950g

ネイビーのダウンジャケットを探していて、この商品を見つけました。バルトロライトのオリーブ色が雑誌に掲載されたとかで、既にどこも完売になっていたので、色で迷うこともありませんでした。サイズは家の近くにあった石井スポーツの店舗で試着。その時には腕を通す時に綿がたっぷりしているので狭く感じ、また、店員さんにも腕回りがもっこりするのが難点と言われました。ゆったりと着るのが好きなのでLサイズを購入(ちなみに身長172センチ、体重75キロです)。値段も楽天ショップの方が安く、割引クーポンや貯めていたポイントも使えたので、店舗で買うよりも18000円くらい安く購入できました。嬉しくて、寒い日が待ち遠しいです。
出典:楽天市場

ノースフェイスのバルトロライトジャケット 着こなしコーデ

baltrolight_wear1
出典:WEAR
ハードになりがちなカモフラージュ柄にインディゴのシャツを挟み込むことで全体の印象を爽やかに。黒のパンツによる引き締め効果もポイントです。

baltrolight_wear2-2
出典:WEAR
シンプルさが際立つコーデ。グレーのシャツでパンツとのグラデーションを効かせてすっきりとしたシルエットに。パンツとのバランスが絶妙です。

baltrolight_wear3-2
出典:GOLDWIN Blog
白いシャツをアクセントにして女性らしいフォルムのシューズを合わせれば、カモフラージュ柄も一気に都会的に。タウンユースでもカジュアルになり過ぎず、幅広く活躍します。

baltrolight_wear4-2
出典:WEAR
赤のバルトロライトジャケットを全面に押し出したカッコいいコーデ。インナーとパンツで整ったモノトーンと、ジャケットの差し色で全体がうまくまとまっています。

 

ハイスペックなバルトロライトジャケットで寒さ知らず!

ノースフェイスの黒いバルトロライトジャケット出典:ZODIAC
凍てつく極地探検時に着用するアウターとして開発されたバルトロライトジャケットの性能は既にお墨付き。ウィンターシーズンに雪山で活躍することは言うまでもなく、コーディネートを工夫すればタウンユースでも快適に着こなせます。豊富なカラーラインナップできっとお気に入りの1着が見つかるはず。この冬はバルトロライトジャケットで軽やかに暖かくオシャレを楽しみましょう!

 Stay warm & fashionable in a Baltro Light Jacket!

今年の冬はバルトロライトジャケットでオシャレに暖かく!

編集部おすすめ記事


関連する記事

あなたにオススメ

関連する山行記録 byヤマレコ

baltrolight_eyecatch
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
Kamio
Kamio

疲れたら山へ、落ち込んだら海へ。気付けば精神の軸はいつでも自然。「自由」であることが最高の贅沢だから、好きな遊びはサーフィンとバックカントリースキー。大学で環境学を専攻し、都会に暮らしながらも自然と寄り添う生き方を模索中。息子とフィールドで遊びまわる日々を心待ちに、育児も張り切る新米ライター。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」