コールマンの寝袋おすすめ11選と連結・洗濯方法のまとめ

コールマンの寝袋のまとめ。連結方法やたたみ方、洗濯の仕方から、コストコで買えるコールマンの寝袋などキッズ用を含めご紹介!激安になっているときもあり、価格的にもおすすめです。子供用から2人用まで種類豊富なので、目的に合わせて購入しよう!


出典:Coleman

コールマンの寝袋 連結方法とたたみ方

コールマンの寝袋を敷いた車
出典:Coleman

アウトドアメーカー「コールマン」は、もともとランタン用品の会社としてスタートしました。今では幅広いラインナップがあり、アウトドアの場で見かけないことはないぐらい普及しています。寝袋の価格も買いやすい値段なので人気です。


コールマンの寝袋の連結方法が知りたい!

コールマンの寝袋の連結法の図
出典:oupace

同モデルの寝袋2つのジッパーを下まで下げます。下に1枚寝袋を内側を上にして敷いて、その上にもう1枚の寝袋を内側を下にして重ねてください。両方のファスナーを締めると大きな寝袋に変身します!


コールマンの寝袋のしまい方をレクチャー!

寝袋のチャックを全部閉じて縦半分にたたみます。赤いロゴが付いていない方からくるくると巻いていきましょう。この時、広がらないように膝で抑えながら小さくするのがポイントです。最後に2つの紐で結んで完成!

コールマンの寝袋 気になる口コミ

コールマンの寝袋 洗濯方法

コールマンの寝袋に限らず、寝袋は洗濯機で洗うか手洗いをするの2択となります。洗濯表示をしっかり確認して、洗濯機で洗える場合は通常通り洗いましょう。

<手洗いの方法>

①浴槽などにぬるま湯をはり、洗剤を入れる

②ジッパーをしめた寝袋を浸し、足で踏み洗いする

③念入りにすすいで洗濯機で脱水する

④直射日光があたらない風通しの良いところに干す

<寝袋の洗い方を詳しく>


コールマンの寝袋 キッズ・子供用

コールマン スクールキッズ/C10

フードとして使える快適ヘッドレスト付きキッズ用スリーピングバッグが特徴の小学生用サイズの寝袋です。フットファスナーで足元を開閉して温度調節が可能で、ドローコードで温度・フィット感を調節することが可能です。
コールマン スクールキッズ/C10
コールマン スクールキッズ/C10

¥ 3,542

【スペック】
■快適温度:10℃以上
■使用可能温度:5度以上
■使用時サイズ:180×65cm
■収納時サイズ:ø17×34cm
■総重量:700g

小学1年生の息子に学校保管の非常用に買いました。
袋にも寝袋にも、名前を書く欄が大きく設けられていてとても良いです。
大きさもよく、高学年まで使用できそうです。
暖かさはそんなに期待は出来なさそうですが、畳やすく軽く、子供が一人で出したり収納できたりに使いやすいです。
耐久性はわかりませんが、メーカーのものだし、ある程度は安心できると思います。
とても気に入りました。
出典:amazon

コールマン グローナイトキッズ/C7

暗い所で光るキッズ用封筒型の寝袋です。マイスリーピングバッグがついており、プリントと同様の蛍光色なので、一目で場所がわかるのも嬉しいポイントです。収納ケースはワイドな横型口でラクラク出し入れできちゃいます。
コールマン グローナイトキッズ/C7
コールマン グローナイトキッズ/C7

¥ 3,660

【スペック】
■快適温度:7℃以上
■使用可能温度:4度
■使用時サイズ:66× 167cm
■収納時サイズ:ø21×34cm
■総重量:1.3kg

小学校1年生の男の子用で、水族館やキャンプ利用のため3シーズン利用
できるもので探していました。
こちらは5~10月頃まで利用出来そうなのと、コールマンなので安心
感があり、デザインも可愛く息子に画像を見せたら「これが良い!」と
言ったので購入しました。
商品が届き、開けてみて息子も大喜び。暗がりで絵が浮かび上がり、
生地もしっかりしているのと、寝袋バックも大きめで片づけやすいです。
早速、水族館宿泊で利用。館内だったため少し暑そうでしたが、
問題無く使えました。
お薦めです。
出典:楽天市場

コールマン キッズマミーアジャスタブル/C4

キッズの身長にあわせてサイズを調節可能かつ暖まった空気をキープするマミー型の寝袋です。足元も開閉できるため温度調節も簡単で、キッズも収納しやすいイージーキャリーケースなのでお子様と協力してサイト準備できちゃいます。
コールマン キッズマミーアジャスタブル/C4
コールマン キッズマミーアジャスタブル/C4

¥ 4,622

【スペック】
■快適温度:4℃以上
■使用可能温度:-1度以上
■使用時サイズ:140↔170×65cm
■収納時サイズ:ø24×37cm
■総重量:1.25kg

今までは、スポーツ店で扱っている安いPB商品の寝袋を使っていました。
そのせいで、毎回キャンプでは私だけ底冷えがして安眠出来ず困っていました。
そして今年、キャンプ特集をしていた雑誌でA評価だったこの寝袋を見て、価格的にも機能的にも良さそうだったので吟味の結果購入。
153cmで太っている体型の私でもスッポリ入れて、暖かい!
子供用なので、ある程度の余裕しかないですが充分です。
収納袋は、普通の寝袋だとギュウギュウ詰めで縦に入れますが、こちらは開口部の広い袋に横のまま入れられるので、収納しやすく袋がパンパンで破れそうという心配もありません。
北海道なので、キャンプシーズンは短いし寒
出典:amazon

コールマンの寝袋 おすすめ8選

<コールマンの寝袋 マミー型>

コストコ通販 コールマン スリーピングバッグ

-17.8度まで対応のコストコ通販のコールマンの寝袋です。足元にマチが付いていますので広々快適に眠りにつくことができます。値段もとてもリーズナブルなのもおすすめのポイントです。
コストコ通販 コールマン スリーピングバッグ
コストコ通販 コールマン スリーピングバッグ

¥ 6,199

【スペック】
■使用可能温度:-17.8度
■使用時サイズ:208x81cm
■総重量:2.5kg

販売サイトを見る
コールマンの寝袋を探していました。安値のなのに大満足の品質。オススメです。
出典:楽天市場

コールマン エッグマミー/C6

丸いフォルムがカワイイ卵型の寝袋です。マミー型に近いので暖まった空気をしっかりとキープしてくれるので、暖かく眠りにつくことができます。また丸洗い可能なのも清潔に保てて嬉しい特徴です。
コールマン エッグマミー/C6
コールマン エッグマミー/C6

¥ 4,838

【スペック】
■快適温度:6℃以上
■使用可能温度:2度以上
■使用時サイズ:72×210cm
■収納時サイズ:ø24×36cm
■総重量:1.3kg

今年のボーイスカウトの春キャンプが、岐阜県恵那市の山奥と言うことで購入しました。
実際に寝てみて、広々として寝心地はかなり良かった様です。
室内では暑いくらいだったので、実際の設営テント・ロッジ泊ではフリースなどを着込んで快適だと思います。
ただ、小学生(4年生)が収納するには大人の助けが必要ですし、収納サイズが大きく重さもありますので☆4つです。
※これはキッズ用では無く大人用です
出典:amazon

コールマン コルネット/L0

マミー型の寝袋ですが、素材が伸縮ストレッチ素材で快適で、手足が出せて着たまま動けるので、車中泊やインドアでも便利な寝袋です。着る寝袋としてアウトドアに限らずインドアでも使用できちゃいます。
コールマン コルネット/L0
コールマン コルネット/L0

¥ 13,921

【スペック】
■使用可能温度:0℃以上
■使用時サイズ:79×198cm
■収納時サイズ:ø20×39cm
■総重量:1.5kg

私の持っている寝袋の中で、一番ケースに収納しやすいです。
暖かくて、夏場はちょっと暑いくらいです。
出典:amazon



<コールマンの寝袋 封筒型>


コールマン フリース イージーキャリースリーピングバッグ/C5

インナーにはフリース素材を使用した保温性抜群の封筒型の寝袋です。ウオッシャブルで丸洗い可能かつ収納しやすいロールアップベルト付きなので簡単に収納することができます。
コールマン フリース イージーキャリースリーピングバッグ/C5
コールマン フリース イージーキャリースリーピングバッグ/C5

¥ 4,704

【スペック】
■快適温度:5℃以上
■使用時サイズ:84×190cm
■収納時サイズ:ø28×42cm
■総重量:2kg

職場で休憩中に仮眠をとるのに寒くなってきたので購入しました。レビュー通りの暖かさでした!!私もそうですが、女性の方は寒がりの人も多いと思いますので、コレは買って間違いないと思います。
夏の暑い時のキャンプは寝袋は無くてもさほど困らないと思いますが、冬場はキャンプに限らず車の中での仮眠など、暖かさにこだわるならコレは何かと便利だと思います。かなりオススメです!

出典:amazon

コールマン パフォーマーII/C15

薄手のコンパクトな封筒型の寝袋です。同モデルの同サイズなら、お互いのファスナーを合わせることで簡単に連結可能なので、ご家族等少人数キャンプ等にもおすすめの商品です。丸洗いできるので清潔に保てます。
コールマン パフォーマーⅡ/C15
コールマン パフォーマーⅡ/C15

¥ 2,116

【スペック】
■快適温度:15℃以上
■使用可能温度:10度以上
■使用時サイズ:80×190cm
■収納時サイズ:ø15×40cm
■総重量:800g

この値段でこのクオリティは非常に助かります。
かなりの寒がりの自分でも着る服を選べば快適に寝れます。
10度でも普通に使用できます。
真冬はさすがに寒いですが10月までなら十分な睡眠ができるんじゃないでしょうか。
出典:amazon

コールマン アドベンチャースリーピングバッグ/C5

ミニバン車中泊にピッタリサイズの足元に暖かみのあるフリースを使用した快適な封筒型の寝袋です。2人またはお子様等と一緒の場合は3人でも一緒に寝ることができちゃいます。
コールマン アドベンチャーススリーピングバッグ/C5
コールマン アドベンチャーススリーピングバッグ/C5

¥ 8,866

【スペック】
■快適温度:5℃以上
■使用可能温度:0度
■使用時サイズ:150×190cm
■収納時サイズ:ø27×38cm
■総重量:3.6kg

3月下旬の九州地方での車中泊で使用しました。
当方寒がりです。
車内に温度計を持ち込み、朝方車内の最低気温は7度をさしていました。
上下ヒートテック+スウェットだと寒かったです。
これに毛布をプラスしてちょうどよかったです。
製品はとても良く出来てると思います。
概ね説明書に記載してある時期に使用すれば問題ないと思います。
出典:amazon

コールマン ファミリー2IN1/C10

お父さん、お母さん、キッズ、家族みんなで暖かく寝られる起毛仕上げの封筒型の寝袋です。家族でキャンプするならこの寝袋がおすすめです。体も心も暖かくなること間違いありません。
コールマン ファミリー2IN1/C10
コールマン ファミリー2IN1/C10

¥ 7,796

【スペック】
■快適温度:10℃以上
■使用可能温度:5度以上
■使用時サイズ:168×190cm
■収納時サイズ:ø30×42cm
■総重量:3kg

2つに分かれるので、丸洗いも可能です。
キャンプの必需品になりました!
出典:amazon

コールマン フリースコージー/C10

丸洗い可能な封筒型の寝袋です。ジッパーを全開にすることにより温度調節はもちろん、寒い時などにブランケットなどとしても使用することができるので、キャンプを快適に過ごすことができます。
コールマン フリースコージー/C10
コールマン フリースコージー/C10

¥ 6,998

【スペック】
■快適温度:10℃以上
■使用時サイズ:84×190cm
■総重量:3.1kg


コールマンの寝袋で暖かなキャンプ

コールマンの寝袋で寝る子供
出典:Coleman

コールマンの寝袋はマミー型から封筒型まで幅広い機能のものが揃っています。使うシーンに合わせて選ぶことができるので自分にあった寝袋が見つけられます。マミー型でしっかり保温性が高いものから封筒型で家族みんなで寝られるものまで、体だけでなく心まで暖かくしてくれるそんな魅力ある寝袋を手に入れちゃいましょう。

It’s warm for a heart and a body by a sleeping bag of a colman.

コールマンの寝袋で心も体も暖か

紹介されたアイテム

コールマン スクールキッズ/C10

コールマン スクールキッズ/C10

¥3,542 税込

コールマン グローナイトキッズ/C7

コールマン グローナイトキッズ/C7

¥3,660 税込

コールマン キッズマミーアジャスタブル/C4

コールマン キッズマミーアジャスタブル/C4

¥4,622 税込

コストコ通販 コールマン スリーピングバッグ

コストコ通販 コールマン スリーピングバッグ

¥6,199 税込

コールマン エッグマミー/C6

コールマン エッグマミー/C6

¥4,838 税込

コールマン コルネット/L0

コールマン コルネット/L0

¥13,921 税込

コールマン フリース イージーキャリースリーピングバッグ/C5

コールマン フリース イージーキャリースリーピングバッグ/C5

¥4,704 税込

コールマン パフォーマーⅡ/C15

コールマン パフォーマーⅡ/C15

¥2,116 税込

コールマン アドベンチャーススリーピングバッグ/C5

コールマン アドベンチャーススリーピングバッグ/C5

¥8,866 税込

コールマン ファミリー2IN1/C10

コールマン ファミリー2IN1/C10

¥7,796 税込

コールマン フリースコージー/C10

コールマン フリースコージー/C10

¥6,998 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

あなたにオススメ

関連する山行記録 byヤマレコ

コールマンの寝袋
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
Ryo
Ryo

旅行・写真が好きな神奈川在住のRyoです。写真を撮りながら旅行するのが好きで、1年に1度の海外旅行は欠かせません!近年はアウトドアの魅力に惹かれアウトドア初心者として勉強中。ライターとしても駆け出しですが、役立つ・使える情報を発信できるよう頑張ります!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」