モバイルバッテリーおすすめ6選!大容量で便利なのはどれ?

モバイルバッテリーのおすすめを6選紹介しています。大容量で使いやすいアイテムの特徴とあわせてピックアップしています!気になる防水は?普段使いでも、登山やアウトドアの特別な環境でも使いやすいモバイルバッテリーを一挙紹介!お気に入りを見つけよう


登山やアウトドアに便利な、おすすめのモバイルバッテリーの特徴とは?

①防水で、尚且つ衝撃にも強い
②2台充電可能なモデルも!大容量かつ機能的

③ザックなどに吊るすことも可能
ただし、モバイルバッテリーは使い切ると再度充電が必要なので、緊急時には、モバイルバッテリーに電力を送ることのできるソーラー充電器や最悪は手回し式充電器などをサブアイテムとして持っていくというのも手。

モバイルバッテリーおすすめ6選

TUNEWEAR TUNEMAX RUGGEDPOWER 9000
TUNEWEAR TUNEMAX RUGGEDPOWER 9000
ITEM
TUNEWEAR TUNEMAX RUGGEDPOWER 9000
高い防水・防塵性能「IP67」規格取得をしており、iphoneであれば約3回充電が可能。尚且つLED内臓、コンパス付きのカラビナ付属で登山やアウトドアにはおすすめモデル
いいスッね。これ販売開始から狙っていたのですが、ポータブルバッテリーをどこのものと検討してもこれを超えるのがなかったですね。 出典:amazon

Cheero Tough
cheero Tough 9000mAh
ITEM
cheero Tough 9000mAh
手のひらサイズとコンパクトにも関わらず、7700mAhという大容量。尚且つ、防水・防塵なので1台は欲しいモバイルバッテリー。LED搭載しているのでアウトドアシーンに使いやすくなんと言ってもリーズナブル
小振りな筐体で手でもった感じもいいです。これからのスキー・スノボシーズンだけでなく、自転車乗りの補助バッテリーにも最適!!防水なので、急な雨でも安心。 出典:amazon

Goal Zero Venture 30 Recharger IPX6
Goal Zero Venture 30 Recharger IPX6
ITEM
Goal Zero Venture 30 Recharger IPX6
スマホなら約2~3回の充電が可能で、尚且つ2台同時充電が可能。また、Nomad 7などの別売りソーラーパネルからの充電も可能なため、非常時にも使いやすいモバイルバッテリー。尚、搭載されているLEDは65ルーメンそしてストロボ発光を含む3つのモードが選択可能。
主人のアウトドアで使用する為に購入しました。とっても便利で、すごく気に入ったようです。 出典:amazon

ZVE 
ZVE
ITEM
ZVE
10000mAhの大容量。また、LEDだけでなく、ライター機能、緊急救命ハンマーの機能など、もしもの時に備えた機能も嬉しいモバイルバッテリー
アウトドア好きなのでラバーで覆われて水色のラインが特徴的な外観はひと目で気に入りました!! 出典:amazon


Lifemate
Lifemate
ITEM
Lifemate
安全性が高いと言われているLFP電池を使用し、繰り返し充電が約2000回可能。 6000mAhで、スマホを約3回分充電することが可能なモバイルバッテリー
ほぼ毎週、雨やほこり、振動に晒されているが問題なく使用できている。ただし6000mAhにしては、防御シールドのせいでずっしり重い。インドア使用で防水目的だけなら、もっと軽いバッテリー+ジップロックでいい。 出典:amazon

小型モバイルバッテリーDIVAID
DIVAID
ITEM
DIVAID
2,600mAhで、スマホ充電約1回分の小型モバイルバッテリー。LED搭載、カラビナ付きなので、懐中電灯代わりにもなる。もちろん、防水加工なので日帰り登山などにはおすすめ
次ページ→非常時の為にサブで持ちたいソーラーチャージャー3選

モバイルバッテリーがきれてしまった!そんな時のために、ソーラーチャージャー3選

Suntactics
Suntactics sCharger-5
ITEM
Suntactics sCharger-5
完全防水で、特殊ラミネート加工により硬くて丈夫。厚さわずか2mmでかさばりにくい!また、ソーラーチャージャーにはめずらしい自動再充電機能が搭載されているため、万が一雲が出てきて一旦充電がストップしてしまった・・・という場合でも安心して使える

ガイド10プラス
ゴールゼロ ガイド10プラスリチャージングキット
ITEM
ゴールゼロ ガイド10プラスリチャージングキット
発電力に優れコンパクトに収納できる折りたたみ式ソーラーパネル。ザックに取り付けることも可能なため登山しながらの充電も可能。直接スマホ充電ができるほか、バッテリーパックへの蓄電が可能なため夜間バッテリーパックから充電することも可能。
実用的でデザイン性も高く、長期放浪の旅の際に電力獲得手段として役に経ちました。 出典:amazon

モバイルパワーパック
モンベル モバイルパワーパック
ITEM
モンベル モバイルパワーパック
コンパクトなソーラーチャージャー。本体の充電はパソコンなどのUSB端子に加え、本体のソーラーパネルからも行うことが可能で、ザックに吊るしながら充電することも可能
数回しか使っていませんが良好です。 出典:amazon

次ページ→モバイルバッテリーに頼る前に!スマホのバッテリーを長持ちさせるテクニック


モバイルバッテリーに頼る前に!スマホのバッテリーを長持ちさせるいくつかの方法

モバイルバッテリーを使って充電したスマホフル充電したモバイルバッテリーを持つにこしたことはありませんが、あくまでもモバイルバッテリーは非常時のもの。スマホのバッテリーを長持ちする方法を知れば、更に楽しく登山できるはず!ここでは、モバイルバッテリーを使う前にスマホ充電を長持ちさせる方法をいくつか紹介。ただし、機内モードをoffにすると機種によってはGPSを受信できなくなったりするため、自分の登山・スマホ使用スタイルにあわせて使ってみましょう。①機内モードにしよう!
モバイルバッテリーをなるべく使わず、尚且つスマホ充電を長持ちさせるには、電源を切る。のが一早いですが、登山中、すぐに写真を撮りたいときなどは再度電源を入れなおすのも時間がかかり写真の瞬間を逃してしまう・・・なんてことも考えられます。そんなときは機内モードにしましょう!
②必要のないアプリを終了!
モバイルバッテリーを使って充電したスマホを使う人

意外と気づかないのがアプリ。一度起動すると消したつもりでも、実は裏で起動しっぱなしなんてことがよくあります。Androidの場合、マルチタスクキーからアプリを終了。iPhoneの場合はホームボタンを2度連続して押してから、アプリのサムネイルを上下にフリックして終了します。
③Wi-Fiなど、通信関係をOFF!
wi-fi

BluetoothやWi-Fiなどの通信機能がONだと、スマホは接続先を常に探している状況なため電池を消費してしまいます。必要のない機能はOFFにしておきましょう。
④緊急時に電話がかけられない!そんなことがないように、モバイルデータ通信はOFFに!
モバイルバッテリーでスマホ充電したスマホで電話
機内モードに設定すると電池消費は抑えられる反面、通信がストップしてしまいます。モバイルデータ通信をOFFにしておけば、その他の通信はできませんが電話を受けたりかけることは可能です。

モバイルバッテリーは自分の登山スタイルにあわせて用意しよう!

モバイルバッテリーでスマホ充電した女性モバイルバッテリーは緊急時に備えて1つは用意したいアイテムですが、泊数や使う頻度など自分の登山とスマホスタイルにあったモバイルバッテリーを用意することが大切です。場合によってはソーラーチャージャーなども組み合わせ、「スマホ充電が終わってしまった・・」なんてことがないように注意しましょう!

Let’s find favorite mobile battery

お気に入りのモバイルバッテリーを見つけよう!

紹介されたアイテム

TUNEWEAR TUNEMAX RUGGEDPOWER 9000

TUNEWEAR TUNEMAX RUGGEDPOWER 9000

¥6,380 税込

cheero Tough 9000mAh

cheero Tough 9000mAh

¥3,300 税込

Goal Zero Venture 30 Recharger IPX6

Goal Zero Venture 30 Recharger IPX6

¥13,235 税込

ZVE

ZVE

¥3,899 税込

Lifemate

Lifemate

¥7,100 税込

DIVAID

DIVAID

¥2,160 税込

Suntactics sCharger-5

Suntactics sCharger-5

¥28,800 税込

ゴールゼロ ガイド10プラスリチャージングキット

ゴールゼロ ガイド10プラスリチャージングキット

¥6,980 税込

モンベル モバイルパワーパック

モンベル モバイルパワーパック

¥2,366 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

大容量でおすすめなモバイルバッテリーで充電中
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」