憧れのソロ登山!基本のおさらい3つと、至福の時間を楽しむコーヒーの淹れ方

単独登山デビューの前に、注意点をしっかりおさらいしよう

エプソン1 この秋、単独登山デビューを考えている人もいるのでは?わかっていても、再度おさらいしたい単独登山の注意点、そして山で淹れる直火式コーヒーのコツをご紹介!安全登山で自分時間を楽しもう。

単独登山、2つの事前準備

①持ち物を準備しよう
エプソン17 日帰りなら30L程度のザックで、レインウェアや登山靴などの基本装備、塩分・糖分がとれる行動食や十分な水、地図や救急セット・GPSトレッキングギア、そして、例えば”コーヒーセット”など、自分ならではの登山グッズを用意しましょう。

②山行計画の作成を忘れずに!
3
山行計画・登山届は登山の基本。エプソンのWristableGPSなら、ヤマレコで作成したルートも簡単に取り込むことが出来るので、常に”今、自分がどこにいるのか”そして”目的地まであとどのくらいの時間か”を把握できる状態にしておきましょう。

押さえておこう。歩き方・休憩のとり方

①基本的な姿勢と歩き方
エプソン18

重い荷物を背負って歩くため、猫背で大股歩きをしがちですが、多少遠回りをしてでも、歩幅は小さく細かく歩き、姿勢は頭から背中にかけてまっすぐ歩きましょう。また、やりがちなのが”つま先歩き”。長く続けるとふくらはぎも無駄に疲労してしまうので、足裏全体を地面にしっかりつけて歩きましょう。ほかにも歩き方のコツはいくつかありますが、事前に練習をしておくと安心です。

②ルートと現在地は都度確認
エプソン14
山は日没が早く、またルートによっては道がわかりにくい箇所もあります。GPSトレッキングギアを使って、現在地と日没時間をしっかり確認しましょう。

③目的地までの標高を確認しよう
エプソン標高
山頂まであとどのくらい?現在地と目的地の標高を、エプソンのWristableGPSなら、数字だけでなく標高グラフナビゲーションで視覚的に把握できるので、ペース配分そしてモチベーション維持にもつながります。


③休憩と、栄養・水分補給はしっかりとろう
エプソン6
単独登山では歩くペースが早く、休憩や栄養補給がおざなりになりがち。出発30分後、その後は4~50分に5~10分程度の休憩を入れながら進みましょう。登山はカロリーを多く消費します。パウンドケーキやゼリー飲料など、食べやすく効率よく栄養がとれる行動食を用意しましょう。


”香りを楽しむ”直火式で淹れるコーヒーのコツ

エプソン7 山で淹れるコーヒーは格別。ドリップ式や直火式など様々な淹れ方がありますが、今回は、”香りを楽しむ”直火式を紹介。ポコポコという音と共にあがってくるコーヒーの香りは最高です。
エプソン9 【用意するもの】
・直火式エスプレッソメーカー(写真はマキネッタ)・水 ・珈琲粉 約10g(約1杯分です)

【淹れ方のコツ】
①豆は中細引き(細かすぎると詰まる可能性有)
②粉は、押し込まずにふんわり入れる
③水は、蒸気口の手前まで入れる
④弱火で、ポコポコ音がしてきたら火を止める
エプソン8 WristableGPSはタイマー機能を搭載。1杯分の抽出時間の目安は、およそ3~4分程度。お好みでお湯や水で割ったり、砂糖やバター・ミルクなどを入れて、山の澄んだ空気と風景を楽しみながらゆっくり自分時間を楽しみましょう。

登山で一番危ないのは下山!道迷いにあわないためのポイント

①現在地を確認しながら歩く
下山ポイント 地図やコンパスで確認をするだけでなく、エプソンのWristableGPSで、事前に取り込んだルートから外れていないか確認。GPSで取得した標高などの情報は、精度が高いので地図読みなどにも役立ちます。
ルート 平面ルートナビも活用して、現在地の確認をしっかり行おう。

②1人だからこそ過信しない。撤退の勇気も必要
エプソン23 単独登山はすべて自己責任。下山だけでなく、少しでも体調に異変を感じたり、計画した行程が厳しいと感じた場合は無理をせずに休憩をはさんだり、時には撤退をする勇気も必要です。
エプソン

WristableGPSでは、現在地確認に加えて、標高・気圧・気温・方位・緯度経度・日の出/日の入時刻の確認が可能なため、撤退するかどうかを客観的に判断する助けになります。 

ちょこっと豆知識:最大約110時間稼働?!山では電池切れの心配をしたくない!

エプソン16
写真や天気、地図などのアプリを使うのにとっても便利なスマホ。しかしその一方で、使えば使うほどグングン減る電池。WristableGPSは、1度のフル充電でGPS計測モードにすると、約46時間~最大約110時間も稼働するので、物資が少なく町からも遠い山の中で、電池切れの心配をしなくてすむのは心強い!


エプソンのWristableGPSが、登山に向く4つの理由

①”今どこにいる?あとどのくらい?”がわかる
エプソン21 WristableGPSは時間だけでなく、標高や距離、アプリと連動することでルートなどがわかります。また、日の出日の入り時刻もわかるので日没前に下山する余裕を持った計画をたてましょう。

②天気をある程度、予測することが出来る
エプソン22 晴れ間が見えたかと思ったら、雲がすぐに出てきてしまった。こんなことは山では日常茶飯事。山はコロコロ天気が変わるため、気圧の上昇・下降がわかるWristableGPSは、天気の予測をたてる参考になります。

③高い防水力
エプソン10 WristableGPSは、山での急な天候の変化や、電力や物資が極力少ない状況を踏まえ、10気圧防水と、高い防水性を備えています。動作範囲は-20~60℃と幅広く対応できるため、突然の雨や天候変化でも安心です。

④ルートと山行記録を記録することができる
ネオラン GPS機能に事前に取り込み、計測機能で登山中に記録したデータを、PCやスマホで確認することが出来ます。下山後、ルートやタイムの確認、今後の計画をたてる参考に!

国産GPSトレッキングギアで定評のあるエプソン。WristableGPSを単独登山のお供に。

エプソンラスト 単独登山では、自分時間を楽しめる反面「今どこにいるのか」「あとどのくらいの時間、距離なのか」と不安です。今回取材で登った、北八ヶ岳のニュウ。WristableGPSで標高差や現在地を確認し「標高がここから一気にあがるな」など予測をしながら進み、苔の森を通過し山頂から北アルプス・富士山までのパノラマを楽しみました。時間通り、そして思う存分登山を楽しめたWristableGPSは単独登山でもグループ登山でも使いたい心強いアイテムです。
%e3%82%a8%e3%83%97%e3%82%bd%e3%83%b3%e5%86%99%e7%9c%9f%e6%9c%80%e6%96%b0


 エプソンの”WristableGPS”登山スペシャルサイトへ

≪モデル使用時計≫
WristableGPS/MZ-500MS(マウンテンサファイア)
ースペックー
文字盤:デジタル
重さ:約72g
稼働時間:約46時間(高精度モード)/約110時間(長時間モード)/約30日間(時計表示時)
動作温度:-20度~60度
機能:GPS、気圧計、高度計、アラーム、ルート、ログ機能他


≪ロケ地≫
北八ヶ岳
≪撮影≫
永田知之


サイト内写真及びコンテンツについて)
写真、イラスト、映像素材、テキスト等本サービス上の素材は一切、当社又は当該素材の権利者に帰属するものであり、著作権法を含む知的財産権に関する法の下、保護されています。適切な許諾を取得することなく、これらを無断使用することは禁じられています。

 



 

YAMAHACK 編集部
YAMAHACK 編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。