大菩薩嶺おすすめ登山コース|初心者向き日帰りで登れる日本百名山

大菩薩嶺は、日本百名山のひとつで登山初心者も楽しめる標高2057mの山です。バスで上日川峠まで行き、大展望の大菩薩峠を通り大菩薩嶺の山頂に行く日帰りコースをご紹介します。大菩薩峠からは、南アルプスや富士山の展望が素晴らしくおすすめです。


大菩薩嶺はどんな山?

%e5%a4%a7%e8%8f%a9%e8%96%a9%e5%b6%ba%e5%b1%b1%e9%a0%82
大菩薩嶺は、山梨県にある標高2057 mの山で、秩父多摩甲斐国立公園に指定されています。中里介山の長編小説『大菩薩峠』や、深田久弥の『日本百名山』でその名を知っている人も多いのではないでしょうか。
大菩薩嶺 登山の魅力
出典:大菩薩観光協会(大菩薩峠から)
大菩薩嶺の魅力としては、バスで標高約1600mまで行け、山容が緩やかで登りやすく、登山道も整備され日帰りも可能ということと、大菩薩峠からは富士山をはじめ、南アルプス、乗鞍岳、八ヶ岳、奥秩父の山々、そして眼下には上日川ダム(大菩薩湖)が見渡せることです。

6月はサラサドウダンやレンゲツツジの花々が美しく、10月中旬から下旬は紅葉が山々を染め、登山初心者からベテランまで一年を通して人気のある山です。

では、大菩薩嶺のおすすめのルートをご紹介します。


大菩薩嶺登山の概要

大菩薩嶺 地図
【標高】2057m

【コースタイム合計】約3時間30分
上り:約2時間20分 下り:約1時間10分(休憩含まず)
【コースタイム詳細】
上日川峠(25分)→福ちゃん荘(5分)→富士見山荘(45分)→大菩薩峠(1時間5分)→大菩薩嶺山頂(50分)→福ちゃん荘(20分)→上日川峠
【登山適期】
4月上旬~11月下旬
【紅葉時期】
10月中旬~10月下旬
【積雪期】
1月~3月
【大菩薩嶺登山地図】
山と高原地図 大菩薩嶺 2016 (登山地図 | マップル)
ITEM
山と高原地図 大菩薩嶺 2016 (登山地図 | マップル)
山歩きを楽しむための定番地図。登山コースには目安となるコースタイムも掲載。さらに、山小屋や水場の位置、危険箇所や目印など、登山に必要な情報を漏れなく収録しています。地図の素材には、水にぬれても破れにくい耐水性紙を使用。

大菩薩嶺のおすすめルート

%e5%a4%a7%e8%8f%a9%e8%96%a9%e5%b3%a0%e3%80%80%e7%a7%8b 大菩薩嶺の山頂は展望がなく、大菩薩峠の方が展望がよいので、大菩薩峠を通って山頂にいく登山コースがおすすめです。
大菩薩嶺が初めての人は、上日川峠(かみにっかわとうげ)から大菩薩峠を通り、大菩薩嶺の山頂に行き、また上日川峠へと下る周回コースがよいでしょう。指導票もあり登山道も歩きやすいです。
【登山口の上日川峠】
%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%82%e9%95%b7%e5%85%b5%e8%a1%9b登山口となる上日川峠には、ロッヂ長兵衛があり、宿泊もできます。ロッヂ長兵衛からは指導票に従い大菩薩峠方面へ向かいます。車道と登山道がありますが、どちらを通っても合流するので大丈夫です。
【福ちゃん荘】
%e5%a4%a7%e8%8f%a9%e8%96%a9%e5%b6%ba%e3%80%80%e7%a6%8f%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e8%8d%98ロッヂ長兵衛から30分ほど登ると福ちゃん荘に着きます。売店やお食事処、宿泊もできます。
【富士見平】
大菩薩嶺 富士見平
福ちゃん荘から約5分で富士見山荘があり富士見平からは雄大な富士山が見られます。
【勝縁荘】
%e5%a4%a7%e8%8f%a9%e8%96%a9%e5%b6%ba%e3%80%80%e5%8b%9d%e7%b8%81%e8%8d%98富士見山荘を通り過ぎるとレトロな雰囲気の勝縁荘があります。

【介山荘までの登山道】
%e5%a4%a7%e8%8f%a9%e8%96%a9%e5%b6%ba%e3%80%80%e4%bb%8b%e5%b1%b1%e8%8d%98%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ae%e9%81%93%e3%81%ae%e3%82%8a大菩薩嶺までの登山道は、全体的に歩きやすく危険個所もほとんどありません。
【介山荘】
%e5%a4%a7%e8%8f%a9%e8%96%a9%e5%b6%ba%e3%80%80%e4%bb%8b%e5%b1%b1%e8%8d%98登山道を登っていくと介山荘(大菩薩峠)が見えてきます。峠は展望が開け気持ちがよいのと、介山荘には売店やトイレもあるのでゆっくり休憩できます。
【大菩薩峠】
%e5%a4%a7%e8%8f%a9%e8%96%a9%e5%b3%a0%e3%80%80%e7%a7%8b大菩薩峠からは富士山の展望が広がり、気持ちがよく絶好の撮影スポットです。
【大菩薩峠から雷岩までの稜線】
大菩薩嶺 稜線
出典:OUT GEAR
大菩薩峠から雷岩までの稜線歩き(約1時間)は展望も開け、登山道も広くゆるやかなアップダウンなので、快適に歩くことができます。
【大菩薩嶺山頂】
%e5%a4%a7%e8%8f%a9%e8%96%a9%e5%b6%ba%e5%b1%b1%e9%a0%82大菩薩嶺の山頂は、樹林に囲まれていて展望がありません。
【雷岩の分岐】
%e5%a4%a7%e8%8f%a9%e8%96%a9%e5%b6%ba%e3%80%80%e5%88%86%e5%b2%90雷岩の分岐を上日川峠方面へ下って行きます。
【雷岩からの展望】
大菩薩嶺 雷岩から見た南アルプス
出典:フォト蔵
雷岩からは、南アルプスや富士山、大菩薩湖の展望が広がります。雷岩での絶景を堪能したら、唐松尾根を40分ほど下って上日川峠へ戻ります。

上日川峠からJR甲斐大和駅までの帰りのバスの最終は、15時45分なので乗り遅れないように注意しましょう。

※余裕がある場合は、大菩薩嶺から丸川峠経由で裂石(さけいし)まで行き、日帰り温泉「大菩薩の湯」に浸かって帰宅するのもおすすめです(路線バスあり。詳しくはこちら)。その場合のコースタイム合計は5時間10分ほど。


大菩薩嶺へのアクセス

 

%e5%a4%a7%e8%8f%a9%e8%96%a9%e5%b6%ba%e3%80%80%e7%94%b2%e6%96%90%e5%a4%a7%e5%92%8c%e9%a7%85 登山口の上日川峠までは、電車の場合、JR甲斐大和駅や塩山駅から路線バスやタクシーを利用して行くことができます。

【JR甲斐大和駅からバスの場合】
JR甲斐大和駅までは、新宿から約2時間、1330円~1940円。JR甲斐大和駅から上日川峠までのバスの運行は、例年4月中旬~12月中旬の土・日・祝日(平日は限定運行)です。約40分、1000円。休日のバス停は長蛇の列になることも。
JR甲斐大和駅から上日川峠までのバスの時刻表はこちら

【JR塩山駅から行く場合】
JR塩山駅までは、新宿から約2時間~2時間30分、1500円~1940円。
JR塩山駅からは、上日川峠行きのバスはないので(裂石まではあり)、JR塩山駅から上日川峠まで行く場合は、タクシー利用が便利。塩山駅北口から上日川峠まで約40分、約5,500円
タクシー(栄和交通)のHPはこちら

【マイカーの場合】
マイカーの場合は、中央高速道路勝沼ICから約19kmで上日川峠駐車場へ。400台ほど駐車できますが、シーズン中の週末や連休は、満車になる場合もあるので早朝に到着するのがおすすめです。

※大菩薩嶺塩山停車場線と県道上日川嵯峨塩線は、例年12月中旬から4月中旬まで閉鎖されています。また、上日川峠へは、甲斐大和方面から入ったほうが道幅が広く運転がしやすいです。

大菩薩嶺の天気

大菩薩嶺 富士見平
大菩薩嶺の標高は、2057mあるので、地上の気温と比べると約10度前後低くなります。稜線上は遮るものがないので、防風性の上着があると便利です。天気の移り変わりが激しい早春や秋には雨具のほか防寒着もしっかり持参しましょう。

冬の積雪はそれほど多いわけではありませんが、6本爪以上のアイゼンは必要です。大菩薩嶺は、雪山入門の山としても人気の山で、雪山の場合は、裂石から登るのが一般的です。冬でもJR塩山駅から裂石まで路線バスが運行しています。

◆大菩薩嶺に行く前には、しっかり天気のチェックもしましょう。
天気とくらす(大菩薩嶺)はこちら

下山後の温泉

大菩薩嶺 下山後の温泉
上日川峠からJR甲斐大和駅までバスで帰る途中には、日帰り温泉が可能な天目山温泉があります。甲斐大和自慢のマイタケをはじめ、朝取りの新鮮野菜が並ぶ野菜販売コーナーのほか、お食事処「天目」では山菜そば、うどん、ラーメンやカレーなどが味わえます。
天目山温泉の詳細はこちら

百名山の大菩薩嶺を楽しもう!

 

%e5%a4%a7%e8%8f%a9%e8%96%a9%e5%b3%a0 大菩薩嶺は初心者も楽しめる日本百名山なので、ぜひ休日に登山をしてみてはいかがでしょう?

Go to Mt.Daibosatsu!

大菩薩嶺に行ってみよう!

 

(※紹介したコースタイムは、ヤマプラを参考にしています。休憩時間を含みませんので計画を立てるときは、休憩時間を含めた全体の行動時間を算出してみて下さい。また、コースタイムは登山経験や体力、天候などによって変わります。ご自身の体力に合わせた無理のない計画をたて、登山を楽しみましょう。)

【登山時の注意点】
・秋から冬は日没が早く15時には行動を終了するなど早めの行動を!下山が遅れた時のためにもヘッドランプは必携。
・しっかりとした登山装備で登山をしましょう。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具(秋から春にかけて)、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
【免責事項】
・本ウェブサイトに掲載する記事や情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。株式会社スペースキーは本ウェブサイトの利用・使用ならびに閲覧によって生じたいかなる事故を含む損害にも一切責任を負いかねますのでご了承ください。なお、ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更する場合があります。

紹介されたアイテム

山と高原地図 大菩薩嶺 2016 (登山地図 | マップル)

山と高原地図 大菩薩嶺 2016 (登山地図 | マップル)

¥1,080 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

%e5%a4%a7%e8%8f%a9%e8%96%a9%e5%b3%a0
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード