百名山難易度別おすすめランキング!初心者から上級者まで楽しめるコース

百名山を難易度別に分け、おすすめの山をランキング形式でご紹介します。日本百名山は、体力・技術とも易しい山から難しい山まで様々です。初心者から中・上級者まで楽しめる登山コースがあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。


百名山に登りたいけど難易度は?

百名山登山をする女性
百名山に登りたいけど、どの山に登ったらいいかわからない人向けに、難易度別におすすめの百名山をご紹介します。
初心者でも登られる百名山、中・上級者向けの百名山もあるので、ぜひ参考にしてみて下さい。
※注意:登山適期は、おおむね7月~10月です。登る時期にご注意下さい。

登山初心者向きの百名山おすすめランキング1位~5位

5位 八幡平
百名山の八幡平の画像

八幡平は、岩手、秋田両県にまたがる、台地状火山で、その間に無数の沼や湿原が点在しています。アスピーテラインと樹海ラインの2つの道路があり、ドライブしながら美しい景観を眺めることができます。整備されたトレッキングコースも多数あります。
◆所在地:岩手県、秋田県

◆八幡平の記事はこちら


八幡市観光協会

4位 大台ヶ原山(おおだいがはらやま)
百名山の大台ヶ原の画像
標高1695mの大台ヶ原山は、日本百名山に選ばれたほか、日本百景、日本の秘境100選にも選ばれ、山全体が特別天然記念物に指定されています。1574mまで車でのアクセスが可能で、周遊コースが多数あります。(※西大台に入るには事前手続きが必要)
◆所在地:奈良県と三重県の県境
◆大台ヶ原登山の記事はこちら

吉野熊野国立公園 大台ヶ原

3位 筑波山
東京から日帰りで行ける日本百名山 筑波山
ロープウェーやケーブルカーを使って登ることができるので、オールシーズン初心者でも楽しめる山です。
◆所在地:茨城県つくば市
◆筑波山登山の記事はこちら

筑波山ケーブルカー&ロープウェイ

2位 美ヶ原
百名山の美ヶ原の画像
美ヶ原高原は、平坦な台地が広がる標高2034mの高原です。長野県のほぼ中央に位置し、ほとんど車でのアクセスが可能。トレッキングのほか、牧場や美術館もあるので、観光としても楽しめます。
◆所在地:長野県松本市、上田市、長和町
◆美ヶ原登山の記事はこちら

美ヶ原観光連盟公式サイト

気になる一位は長野県のあの山!→



1位 霧ヶ峰
百名山難易度 霧ヶ峰高原
ゆるやかな起伏が続く霧ヶ峰高原は、季節の高山植物が美しく、車山からは富士山やアルプス、八ヶ岳連峰などの名峰が一望できます。
◆所在地:長野県諏訪市四賀霧ヶ峰
◆霧ヶ峰登山の記事はこちら

信州ビーナスライン 車山高原公式サイト

登山初級向き百名山おすすめランキング1位~5位

5位 赤城山
百名山の赤城山の画像
赤城山は、ひとつの山を指すのではなく、カルデラ湖を囲む複数の峰々の総称を言います。初級向きなのは、地蔵岳でコースタイムは2時間15分程度です。
◆所在地:群馬県前橋市、桐生市、渋川市、沼田市、利根郡昭和村
◆赤城山登山の記事はこちら

赤城山ポータルサイト

4位 木曽駒ヶ岳(中央アルプス)
百名山の木曽駒ヶ岳の画像
中央アルプスの千畳敷までは駒ヶ岳ロープウェイがあるので、ロープウェイを利用して木曽駒ヶ岳登山を楽しむことができます。千畳敷から木曽駒ヶ岳までは、往復約3時間40分です
◆所在地:長野県木曽郡上松町・木曽町
◆木曽駒ヶ岳登山の記事はこちら

中央アルプス 駒ケ岳ロープウェイ

3位 谷川岳
百名山の谷川岳の画像
谷川岳ロープウェイを利用し、天神尾根の往復が最短コース。山頂往復すると約5時間程度です。山頂からは、360度の大パノラマが広がり、近くは朝日岳、遠くは榛名・赤城・武尊山や三国峠までの縦走路が見渡せます。
◆所在地:群馬県みなかみ町
◆谷川岳登山の記事はこちら

谷川岳ロープウェイ


2位 乗鞍岳
百名山難易度 初級 乗鞍岳 
出典:乗鞍高原
乗鞍岳は、標高2700mまでバスが入る(※マイカー規制あり)ので、最高峰 の「剣ヶ峰」(3026m)まで、約1時間30分ほどで行くことができます。山頂を目指すだけでなく、滝を見るコースや森林浴のコースなど様々なコースがあります。
◆所在地:長野県松本市安曇
◆乗鞍岳登山の記事はこちら

のりくら高原観光協会 乗鞍高原公式サイト

一位は群馬県にあるあの山!→

1位 草津白根山
百名山難易度 初心・級 草津白根山 
エメラルドグリーンの湯釜が有名の草津白根山(※現在は火山噴火警戒レベル引上げのため立入禁止)。山頂付近まで車でのアクセスが可能で、コースバリエーションも多いことから、初心者からも楽しめる山です。
◆所在地:群馬県吾妻郡草津町
◆草津白根山登山の記事はこちら

湯 LOVE 草津 草津温泉ポータルサイト

登山中・上級向きの百名山おすすめランキング1位~5位

5位 雲取山
百名山の雲取山の画像

東京にある唯一の百名山で、山頂からは富士山の展望が望めます。山頂直下には雲取山荘があり宿泊ができます。奥多摩の山深い位置にありますが、東京から比較的アクセスしやすく登山者に人気の百名山です。
◆所在地:東京都西多摩郡奥多摩町、埼玉県秩父市、山梨県北都留郡丹波山村
◆雲取山登山の記事はこちら

奥多摩観光協会

4位 男体山
百名山の男体山の画像
栃木県にある標高2,486mの男体山は、ピラミッド型の山で、山頂からは中禅寺湖をはじめ360度の大展望が広がります。一般的な登山道は二荒山(ふたらさん)神社から登るコース。ひたすら登りが続き体力勝負の山でもあります。
◆所在地:栃木県日光市
日光旅ナビ 日光市観光協会公式サイト

3位 立山(北アルプス)
百名山の立山の画像

標高2450mまでロープウェイやバスでアクセスできる室堂を起点にし、立山登山をすることができます。剱岳をはじめ、北アルプスのダイナミックな山々は見ごたえ充分で感動すること間違いなし。
◆所在地:富山県中新川郡立山町芦峅寺
立山黒部アルペンルート 2位 八ヶ岳
百名山の八ヶ岳の画像

八ヶ岳は、ひとつの山を指すのではなく、長野県と山梨県にまたがる山塊を指します。八ヶ岳は、大きく北と南に分かれますが、北八ヶ岳は山容もゆるやかなのに対し、南八ヶ岳は、赤岳を中心とする険しく鋭い山容が特徴です。
◆所在地:長野県の諏訪地域と佐久地域および山梨県の境
八ヶ岳アルペンナビ

1位は標高日本二位の高峰!→

1位 北岳(南アルプス)
百名山の北岳の画像
標高3,193mの北岳は、日本第二の高峰で、固有種のキタダケソウをはじめ高山植物の宝庫としても知られている山です。北岳への一番ポピュラーな登山道は、広河原から入山するコースで肩ノ小屋などで1泊するのが一般的です。
◆所在地:山梨県南アルプス市
南アルプス市観光協会

登山上級向きの百名山おすすめランキング1位~5位

5位 五竜岳(北アルプス)
百名山の五竜岳の画像
鹿島槍ヶ岳と並んで、後立山連峰の主要峰の一つである五竜岳。一般的なルートは、唐松岳から縦走して遠見尾根を下るルートか、遠見尾根から登るルートです。どちらのルートも五竜岳の山頂までは6~8時間かかります。
◆所在地:富山県黒部市、長野県大町市
◆五竜岳登山の記事はこちら

信濃大町なび 長野県大町市観光公式サイト

4位 白馬岳(北アルプス)
百名山の白馬岳の画像
白馬岳の東側の谷筋には、日本最大の雪渓である白馬大雪渓があり、夏場の登山シーズンは、この大雪渓を経由して白馬岳へ登ります。高山植物がうつくしいことでも有名です。
◆所在地:長野県北安曇郡白馬村、富山県黒部市、下新川郡朝日町
◆白馬岳登山の記事はこちら

白馬村観光局 ‐白馬村公式観光サイト‐

3位 剱岳(北アルプス)
百名山の剱岳の画像

剱岳は一般ルートとしては最難関のひとつで、カニのヨコバイ・カニのタテバイと呼ばれるスリリングな鎖場の登山道が続きます。
◆所在地:富山県中新川郡上市町、立山町
◆剱岳登山の記事はこちら

富山県観光公式サイト とやま観光ナビ


2位 槍ヶ岳(北アルプス)
百名山の槍ヶ岳の画像
北アルプスのシンボル的存在の槍ヶ岳。槍の先が天を突き刺すように聳えている山容は美しく登山者の憧れです。
◆所在地:長野県松本市、大町市、岐阜県高山市

◆槍ヶ岳の記事はこちら


北アルプス ブロードバンドネットワーク1位 穂高岳(北アルプス)
百名山の穂高岳の画像

好きな山ランキングでもいつも上位にくる穂高岳は、奥穂高岳、北穂高岳、涸沢(からさわ)岳、前穂高岳、西穂高岳があります。どの山も険しい山で登りごたえがあります。
◆所在地:長野県松本市、岐阜県高山市
◆穂高岳登山の記事はこちら

上高地公式ウェブサイト
百名山の難易度を理解して登山を楽しもう!
百名山を登る登山者
百名山は名山ばかりで、どの山に登るか迷いますよね。まずは、アクセスもよく人気の山から登ってみるのはいかがでしょう?

Let’s climb the 100 famous mountains
百名山に登ろう!

【免責事項】
・本ウェブサイトに掲載する記事や情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。株式会社スペースキーは本ウェブサイトの利用
・使用ならびに閲覧によって生じたいかなる事故を含む損害にも一切責任を負いかねますのでご了承ください。なお、ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更する場合があります。

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

百名山の聖岳に登る登山者
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」