ヘッドライトおすすめ13選、山を始めたら必ず欲しい登山用品!

登山では欠かせないヘッドライト。最近は、自動車並みに明るいヘッドライトなど高性能のものもたくさん出ていますが、今回は登山初心者、日帰り~1泊2日程度の一般登山の方に是非お勧めしたい汎用性高いヘッドライト、最低限必要な機能やポイントをご紹介!


ヘッドライトは、登山を始めたら必ず用意してほしい

ヘッドライトをつけた男性
薄暗い早朝からの登山や、予定より下山時間が押してしまい日が暮れてきてしまった時など、命を守る必須アイテムです。今回は初心者にこそ知ってほしい、最低限必要な機能とポイント、一般登山で汎用性の高いお勧めのヘッドライトをご紹介!

初心者におすすめのヘッドライトの特徴

①軽くてシンプル
マムートのヘッドライト
ヘッドライトは頭に装着するため、軽くて邪魔にならずに、尚且つ手間がかからずにスピーディーに装着できることが大切です。
②超・高照度は低山や日帰りハイキングでは用意しなくても○。
ヘッドライトのように明るい太陽出典:pixabay
みなさんも、自動車のハイパービームで「眩しい!」と思わず目を瞑ってしまった経験一度はあると思います。山でも同じです。山小屋でお手洗いに行くときや、テントの中でとてつもなく明るいライトで照らされたら迷惑になってしまいます。人や周囲状況が確認できる程度の明るさ、おおよそ約70~160ルーメン程度のヘッドライトがおすすめです。(※ルーメンとは、その照明の明るさです。)
③バッテリーは、ライトと一体型が便利!
ブラックダイヤモンドのヘッドライト

高照度のヘッドライトの場合、バッテリーボックスがわかれていることがあります。それぞれ保管するためのケースが必要になったり、装着が複雑化するため手間がかかってしまいます。
④光のタイプが切り替えできる!
ヘッドライトを使って地図を読む男性

周囲を照らすには柔らかい光の電球色、手元をしっかり照らすときには白色LED。切り替えて使い分けができるヘッドライトだと便利です。

→それでは、ヘッドライトのおすすめをご紹介します!


一般登山でお勧めヘッドライト12選

マイルストーンms-b2
ITEM
マイルストーンms-b2
明るさ:160ルーメン
使用電池:単四アルカリ電池
約160ルーメンと、十分な光量と、アウトドアらしい洗練されたデザインが魅力。
アウトドアの雰囲気を盛り上げるデザインで、光量も十分、とても良い製品でした。 出典:amazon
ペツルE93Hティカ
ITEM
ペツルE93Hティカ
明るさ:約100ルーメン
使用電池:単四アルカリ電池
光量、軽さ、バンドの安定性など登山に十分なスペックを備えています。夜光塗料が内側に塗ってあり、消灯後緑色に光ります。
電池のスタミナ、明るさや角度の調整、バンドの強さなどなど、トレッキングや登山に必要十分なスペックです。 出典:amazon
レッドレンザー SEO3グリーン
ITEM
レッドレンザー SEO3グリーン
明るさ:約90ルーメン
使用電池:単四アルカリ電池
グリーンベースで若々しさを感じる、バッテリーボックス一体型のヘッドランプ。3つの照射パターンに加え、赤色LEDを搭載し、グレアフリーのモードで使用することもできる。またスイッチロック機能が搭載されているため移動中の誤点灯を防ぐことができます。
ブラックダイヤモンド コズモ
ITEM
ブラックダイヤモンド コズモ
明るさ:約90ルーメン
使用電池:単四アルカリ電池
コストパフォーマンスにとても優れたヘッドランプ!照度が70ルーメンから90ルーメンにアップ。遠距離モード/近距離モードとも照度75%で点灯、ディミング(増/減光)、ストロボ、ナイトビジョン
ヘッドランプは、使う状況では、これ以上の性能が必要な場合があるかもしれませんが、登山道という条件下では、必要十分な性能です。 出典:amazon
マイルストーン ヘッドランプMS-B1
ITEM
マイルストーン ヘッドランプMS-B1
明るさ:約160ルーメン
使用電池:単四アルカリ電池
抜群のハイパワー・ワイド照射モデル。サブLEDに赤色/白色LEDを搭載。赤色LEDは暗闇に慣れた目に優しく、手元灯としてテント内の使用に適しています。
160ルーメンのスペックが目に入り購入しましたが、使ってみて特に気に入った点は暖色系のメインライトはクルマのフォグランプのような効果があり、霧の出ている時に良いように思えます 出典:amazon
ペツルティカプラス
ITEM
ペツルティカプラス
明るさ:約110ルーメン
使用電池:単四アルカリ電池
複数の照射モードやブーストモード等があり、自分の位置を知らせるための赤色モードや点滅モードも搭載。自分にあった使い方ができます。
扱いやすく、適度に明るいので良いです。 出典:楽天
プリンストンテックVIZZ
ITEM
プリンストンテックVIZZ
明るさ:約150ルーメン
使用電池:単四アルカリ電池
軽量モデルながら、最大150ルーメンもの光量を放つ高出力モデル。サイドのウルトラブライトLEDWHITEは1~30ルーメンの調光機能付き。赤色ウルトラブライトLEDも搭載しており、夜目を優しく守ります。
ブラックダイヤモンド リボルト
ITEM
ブラックダイヤモンド リボルト
明るさ:約110ルーメン
使用電池:単四アルカリ電池
専用のブラックダイヤモンド単4充電池を入れたままUSB充電が可能なニューモデルです。
優秀なライトです。2個購入しました。純正の充電池も購入しましたがeneloopの方が明るくて長持ちなのでそれを使っています。どちらにしても110ルーメンのスポットは十分すぎる明るさです。 出典:amazon
ブラックダイヤモンド スポット BD81051
ITEM
ブラックダイヤモンド スポット BD81051
明るさ:約130ルーメン
使用電池:単四アルカリ電池
遠/近距離モードの切替、ナイトビジョン、ロックアウト機能、電池残量メーター等の多機能をコンパクトボディに搭載。パワーアップとともに、サイドにタップするだけで照度調整できるパワータップテクノロジー採用。
この製品は光の強さを無段階に調整できるのが大きなメリットで、対向者(車)が多い場合は 最小限に絞る、などの調整ができます。 出典:amazon


モンベルパワー ヘッドランプ
ITEM
モンベルパワー ヘッドランプ
明るさ:約160ルーメン
使用電池:単四アルカリ電池
大変明るいヘッドランプです。歩行を目的とした高輝度白色 LED ( 1 灯)と、目に優しい電球色 LED ( 2 灯)を装備しています。単 4 形アルカリ乾電池 3 本付属。ニッケル水素充電池、リチウム電池にも対応しています。
明るさ、重量、サイズ、価格といずれも良好なバランスに収まった製品。 出典:amazon
ジェントス オーヴァ
ITEM
ジェントス オーヴァ
明るさ:約100ルーメン
使用電池:単四アルカリ電池
オーバルビームでワイドに照らすデザインの、ヘッドライト、楕円の照射面オーバルビームでより広い範囲の照射が可能、目に優しい暖色サブLED搭載しています。
売りのオーバル配光がとても良いです。輪郭もよくある段差が無く自然な感じ。 出典:amazon

目的にあうヘッドライトを選ぼう!

いかがでしたか?ヘッドライトと一言で言っても、その性能は様々です。山の天気は変わりやすく、何が起こるかわかりません。万が一の時にもすぐに装備ができ、なおかつ荷物の邪魔にならない形など今日お伝えした最低限のポイントは確認をして、自分にあったヘッドライトを選びましょう!

Let’s find a favorite headlight

お気に入りのヘッドライトを見つけよう!

紹介されたアイテム

マイルストーンms-b2

マイルストーンms-b2

¥5,724 税込

ペツルE93Hティカ

ペツルE93Hティカ

¥3,600 税込

レッドレンザー SEO3グリーン

レッドレンザー SEO3グリーン

¥3,859 税込

ブラックダイヤモンド コズモ

ブラックダイヤモンド コズモ

¥2,720 税込

マイルストーン ヘッドランプMS-B1

マイルストーン ヘッドランプMS-B1

¥5,184 税込

ペツルティカプラス

ペツルティカプラス

¥4,989 税込

プリンストンテックVIZZ

プリンストンテックVIZZ

¥5,480 税込

ブラックダイヤモンド リボルト

ブラックダイヤモンド リボルト

¥7,128 税込

ブラックダイヤモンド スポット BD81051

ブラックダイヤモンド スポット BD81051

¥4,925 税込

モンベルパワー ヘッドランプ

モンベルパワー ヘッドランプ

¥3,132 税込

ジェントス オーヴァ

ジェントス オーヴァ

¥1,780 税込

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ヘッドライトをつける男性
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」