ミラーレス一眼のおすすめ11機種【一眼レフとの違いも掲載!】

ミラーレス一眼のおすすめ11機種を掲載!一眼レフとの違いについてもご説明します。初心者も安心して購入できる人気なものを集めたので、メリット・デメリットを考慮してから選びましょう。


ミラーレス一眼とは

【ミラーレス一眼とは】

オリンパスのミラーレス一眼

ミラーレス一眼とは、一眼レフカメラについているミラーを排除したカメラです。撮りたいものを撮る際に、1度デジタルに変換した景色や被写体を液晶画面から確認して撮影しています。

※ちなみに、ミラーレス一眼レフとは言いません。「レフ」は「レフレックス=鏡の反射」と言う意味です。ミラーレス一眼にはレフがありません。

【一眼レフカメラとの違いは?】

一眼レフとミラーレス一眼の違い

一眼レフカメラとの大きな違いは、レンズに写る景色をリアルタイムで確認し撮影できるかどうかです。レンズから入る光をミラーで反射させ、ファインダーから覗きながら撮影するのに対し、ミラーレスにはその行程がありません。

ミラーレス一眼のメリット・デメリット


オリンパスのミラーレス一眼と液晶モニター
■メリット■
1. コンパクトで軽量
ミラーを取り除いている事から、女性でも持ち運びしやすいサイズになっています。ちょっとしたお散歩にも持って行けます。

2. 液晶画面で撮りたいものを確認
撮りたい被写体をモニター画面で確認しながら撮影するため、デジカメやスマホでの撮影に慣れている場合は簡単です。


3. 一眼レフに比べて価格が安い
一眼レフはかなりの金額がかかりますが、ミラーレス一眼であれば予算を抑えて購入ができます。

ミラーレス一眼の液晶画面
デメリット■
1. 一眼レフに比べると画質は劣る
高性能の一眼レフの方がやはり写りは良いです。ただ、そこまで求めないという人はミラーレスを選びます。


2. 撮りたいものがその瞬間に撮りづらい
ミラーレス一眼は風景や被写体を1度デジタルに変換してから撮影するため、見たものをその瞬間に撮ることが難しいです。

3. 交換用レンズの種類が少ない
現段階では一眼レフのようにレンズの種類が豊富ではないため、自分が求めている写真が撮れるレンズが限られています。

ミラーレス一眼 おすすめ11モデル

<オリンパス ペン ライト E-PL7>
最新のテクノロジーが詰まったオリンパスのペンライトE-PL7。風景撮影はもちろん、自分撮りにこだわりたい方におすすめです。

オリンパス Penlite epl7
オリンパス ペン ライト E-PL7
ITEM
オリンパス ペン ライト E-PL7
重量:約375g
サイズ:67×114.9×38.4mm(CIPA準拠、突起部含まず)
有効画素数:1605万画素
【可愛い!】
デザインが可愛くて、Wi-Fiで写真を送れるカメラを探していました!なので、これはまさにピッタリ♪
説明書がいらないくらい操作が簡単☆ということでしたが、超機械音痴の私は説明書見ても分からなくて、人に教えてもらいました

覚えればとても簡単でした♪
電気屋さんで見た値段より一万円ほどお安く買えたので良かったです! 出典:楽天市場

<オリンパス ペン ライト E-PL6>
多彩な機能、豊富なカラーバリエーションが魅力的なミラーレス一眼。最高峰のOM-D画質に加え、チルト&リバー式のタッチ式液晶で自分撮りを簡単に行うことができます。

オリンパス e-pl6
・実写サンプル
オリンパス ペン ライト E-PL6
ITEM
オリンパス ペン ライト E-PL6
重量:約325g
サイズ:110.5mm×63.7mm×38.2mm(CIPA準拠 幅×高さ×奥行き 突起部含まず)
有効画素数:1605万画素
【期待どおりです。】
一眼のサブ機として購入。軽量で持ち歩きに便利でスナップ撮影に活躍しています。 出典:Amazon



<オリンパス ペン PEN-F>
先進の機能とクラシカルでモダンなスタイルが特徴的なオリンパスのミラーレス一眼。PEN-Fはファームウェアアップグレードの対象機種なのでファームウェアを更新することで常に最新の機能や性能を楽しむことができます。
オリンパス pen f
オリンパス ペン PEN-F
ITEM
オリンパス ペン PEN-F
重量:約427 g(CIPA準拠 付属充電池およびメモリーカード含む

サイズ:124.8mm×72.1mm×37.3mm(CIPA準拠 幅×高さ×奥行き 突起部含まず)
有効画素数:2030万画素
【懐かしいPEN=F】
およそ50年前のPEN=FT最近では出番も無く棚に飾ってあるが時々シャッターを押してみる。その面影を残すデジカメ、また写す楽しみが増えた。アダプターを付ければ昔のレンズもつながる。デザインがもう少し、昔のPEN=Fの特徴である横長にしても良かったのでは、そうすれば星5つ。 出典:Amazon

<オリンパス OM-D E-M10>
超薄型のスタイリッシュボディ、一眼のトップクラスの高い描画性能を実現したミラーレス一眼。コンパクトでも性能にこだわりたい人に最適な1台です。
オリンパス om-d e-m10
・実写サンプル オリンパスOM-D E-M10の実写サンプル1 出典:Amazon オリンパスOM-D E-M10の実写サンプル2 出典:Amazon
オリンパス OM-D E-M10
ITEM
オリンパス OM-D E-M10
重量:約396g(CIPA準拠 付属充電池およびメモリーカード含む、アイカップなし)
サイズ:119.1mm×82.3mm×45.9mm(CIPA準拠 幅×高さ×奥行き 突起部含まず)
有効画素数:1605万画素
【小型ですが写りは抜群】
ボディは小さいながらも、金属仕上げで高級感があります。電動ズームも薄く、動きも機敏で、フォーカスもなかなか早いと思います。この小ささでこの機能。良くぞ詰め込んだものです。EVFの見え方もよいです。老眼で液晶パネルだけではきつかったので、本当に見やすいです。上級機に負けない素晴らしいカメラです。もちろん写りもフォーサーズながら、綺麗です。 出典:楽天市場

<富士フイルム X-PRO2>
カメラの心臓部であるセンサーとエンジンを一新した富士フイルムのミラーレス一眼。上質な質感のボディとXシリーズ史上最高画質を堪能できる1台です。
オリンパス om-d e-m10
富士フイルム X-Pro2 ボディ
ITEM
富士フイルム X-Pro2 ボディ
重量:約495g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
サイズ:W140.5mm×H82.8mm×D45.9mm(最薄部34.8mm)
有効画素数:約2430万画素
【趣味性の高い贅沢な一台】
X-T1、T10などの第二世代に較べて、画質は低コントラストになり落ち着きを取り戻した。その分、繊細にして高解像、何より階調性がリッチになった。

新しいフィルムシミュレーション「ACROS」も素晴らしい。 出典:Amazon

<ソニー ミラーレス α5100>
追随性と高速性に優れたファストハイブリッドAFを搭載したソニーのミラーレス一眼。小型のボディに操作性の良いタッチパネル搭載なのでミラーレス一眼初心者に最適です。
ソニー ミラーレス α5100
ソニー α5100
ITEM
ソニー α5100
重量:約283g(バッテリー、記録メディア含む)
サイズ:W109.6×H62.8×D35.7mm
有効画素数:2430画素
カメラ初心者なのでオート撮影しかしていませんが、満足です!!スマホとは画質が全然違うし、iPhone6への転送もすごくスムーズにできて便利です。
質問にもすぐ回答いただいて本当にありがとうございました。 出典:楽天市場


<ニコン 1 J5>
一瞬を逃さない世界最速の高速連写機能を備えたミラーレス一眼。液晶モニターが180度回転するので自撮りも簡単に行えます。

ニコン ミラーレス j5
ニコン 1 J5
ITEM
ニコン 1 J5
重量:約265g(バッテリーおよびmicroSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)
サイズ:約98.3×59.7×31.5mm(突起部を含まず)
有効画素数:2081画素
【旅行に行くので】
だいぶ前に買ったデジカメがもうサヨナラとなったので、新しく購入しました。
説明書読みつつ、色々撮って慣れてきたくらいです。専門的な知識はないのですが、そんな私でも色んな撮り方ができることや液晶モニターが動くこと、タッチパネル式で操作もしやすいことなどあって、選んで良かったと満足してます。 出典:楽天市場


<キャノン EOS M3>
約2430万画素CMOSセンサーとDIGIC6により美しい描写を実現したミラーレス一眼。液晶モニターには3.0型のチルト液晶を採用したことにより様々なアングルでの撮影が可能となっています。
キャノン ミラーレス m3
キャノン イオス M3
ITEM
キャノン イオス M3
重量:約366g(CIPAガイドラインによる:本体+バッテリーパック+カード含む)
サイズ:約W110.9×H68.0×D44.4mm
有効画素数:2420万画素
【ピント合わせが早くて便利】
EOS Mを使っておりますが、このたび新しく発売されたM3がどうしても欲しくて、安くなっていたので購入しました。ストロボ付きで、画素数もUP、ピント合わせも早くて気に入っています。 出典:楽天市場




<ソニー α6000>
AFスピードが0.06秒と早く、有効画素数2430万画素と圧倒的な高画質を実現したソニーのミラーレス一眼。初めて本格的なカメラを購入する方や軽量で小型のサブカメラを探している方におすすめです。
ソニー ミラーレス α6000
ソニー α6000
ITEM
ソニー α6000
重量:約344g(バッテリー等含む)
サイズ:約W120.0xH66.9xD45.1mm
有効画素数:2430万画素
【使い心地、初代NEXから大きな進化!】
初代NEXユーザーでしたが、今回Wi-Fi機能、フラッシュ内蔵、有効画素数が2千万画素以上、オートフォーカス、連写速度が進化し、買い替えました!また充電も本体に直接microUSBに繋げるだけ、旅先で電池を外して、プラグを探す手間が無くなりました!
使ってみてですが、操作し易い。本体上部のホイールは初めて使ってみましたが快適。おすすめポイントを挙げればきりないですが、買い替えてよかったです! 出典:楽天市場


<キャノン EOS M10>
ボディーカラーと別売りのアクセサリーの組み合わせで27のスタイルで楽しめるEOS M10。自分好みのデザインと大型センサー搭載の本格ミラーレス一眼でいつもの外出がさらに楽しくなります。
キャノン ミラーレス m10
キャノン イオス M10
ITEM
キャノン イオス M10
重量:約301g(CIPAガイドラインによる:本体+バッテリーパック+カード含む)
サイズ:約W108.0×H66.6×D35.0mm
有効画素数:約1800万画素
【使い勝手が良い!】
初めてデジタルでなく一眼を買ってもらいましたが、

ミラーレスなのもあり、軽くて親指側のグリップが指にフィットしてホールド感も良いのでかなり使い勝手が良いです。

画質も初心者意見ですがズームしてもかなり鮮明に写っているおり、自動補正のおかげで初心者でも簡単に良い写真が撮ることのできるカメラだと思います。 出典:Amazon


<パナソニック LUMIX DMC-GF7W>
初めてでも一眼を楽しめる操作性と持ち歩きたくなる洗練されたデザインのミラーレス一眼。旅先での思い出や自撮りをさらに楽しみたい方へ最適な1台です。
パナソニック LUMIX DMC-GF7W
パナソニック ルミックス DMC-GF7
ITEM
パナソニック ルミックス DMC-GF7
重量:約W106.5xH64.6xD33.3 mm
サイズ:約266g(本体、バッテリー、メモリーカード含む)
有効画素数:1600万画素
【初めての一眼】
一眼レフカメラにあこがれていましたが、価格面やマニアックな操作性に敷居が高いと感じ、さらに本体が大きくて交換レンズも含めると携帯性に難。
ところがミラーレスは本当に小さい。特にマイクロフォサーズはキット望遠レンズを含めてもコンパクト!また、タッチ液晶画面とダイヤルによるわかりやすい操作。そしてチルト液晶は便利です。今はPモード・オートで満足していますが
A・S・Mモードで撮ったり、交換レンズを増やしたりと楽しみたいと思います。 出典:楽天市場

ミラーレス一眼で手軽に本格写真を!

ミラーレス一眼は本格的で高画質かつ軽量・コンパクトで持ち運びに便利な優れもの!操作も簡単なので一眼初心者にピッタリです。スマートフォンやコンデジよりも贅沢な写真を旅先で撮影してみてはいかがでしょう?

I will take a Mirrorless-System-Camera and a trip!
ミラーレス一眼と旅に出よう!

紹介されたアイテム

オリンパス ペン ライト E-PL7

オリンパス ペン ライト E-PL7

¥67,500 税込

オリンパス ペン ライト E-PL6

オリンパス ペン ライト E-PL6

¥54,320 税込

オリンパス ペン PEN-F

オリンパス ペン PEN-F

¥162,648 税込

オリンパス OM-D E-M10

オリンパス OM-D E-M10

¥70,500 税込

富士フイルム X-Pro2 ボディ

富士フイルム X-Pro2 ボディ

¥171,640 税込

ソニー α5100

ソニー α5100

¥97,070 税込

ニコン 1 J5

ニコン 1 J5

¥52,240 税込

キャノン イオス M3

キャノン イオス M3

¥66,850 税込

ソニー α6000

ソニー α6000

¥71,782 税込

キャノン イオス M10

キャノン イオス M10

¥54,339 税込

パナソニック ルミックス DMC-GF7

パナソニック ルミックス DMC-GF7

¥54,339 税込

編集部おすすめ記事


関連する記事

あなたにオススメ

関連する山行記録 byヤマレコ

オリンパスのミラーレス一眼
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
hiromasa
hiromasa

神奈川生まれ、神奈川育ち、神奈川在住の駆け出しライター、hiromasaです。フィッシング、アウトドア、兎に角自然が大好きなプチメタボ!2016年は「山」と真剣に向き合って行きたいです。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」