テントマットおすすめ9選!選び方もあわせてご紹介!

テントマットのおすすめを9選ご紹介!今回は、軽量で尚且つ登山でも使える1つは欲しいアイテムをピックアップしました!気になる選び方や使い方もあわせて紹介しているので、自分のお気に入りのテントマットを見つけて山やアウトドアに出かけよう!


テントマットは、地面の凹凸・冷気や熱から身を守ってくれる

テントマット
シュラフとテントマットは必ずセットで用意をしましょう。たとえ真夏だったとしても地面から冷たい冷気が流れてきてよく眠れなかった、体が冷え切って翌日の登山に影響が出てしまった。ということが少なくありません。今回は、登山に最適な機能を兼ね添えたおすすめのテントマットと、キャンプでも使えるおすすめをご紹介!

テントマットの選び方

シュラフとテントマット
①登山では、個人用マットとテントマットの両方を用意する
キャンプ場でのテント泊や、低山などコンディションがやさしい山の場合は1枚で済ませてしまうこともありますが、登山でテント泊の場合、テント内に銀マットなどを敷いてから、更に一人用テントマットを敷きます。また、一人用テントマットのサイズは基本的にはシュラフのサイズがあれば問題ありません。発砲テントマット
②発砲マットか、エア注入式マットか好みと用途にあわせて選ぶ
発砲マットは銀マット・ウレタンマットなど広く一般的に使われています。低価格で、尚且つ広げればすぐに使えるので手間がかかりません。一方で、エア注入式マットは文字通り空気を自分で入れて膨らませるマットです。コンパクトで軽量なためパッキングしやすくクッション性が高い為寝心地も快適です。

テントマットを敷いて寝転がる人出典:flickr
③使う場所の温度を気にしよう
冬山や厳しい環境下でのテント泊などをする場合を除き、低山や一般登山でのテント泊であれば、今のテントマットは断熱力も優れているため、基本的に3シーズン対応できます。厳しい状況下など使用する状況や場所に注意しなければいけない場合は、枚数、組み合わせは変わるので登山用品店で相談してみましょう。

人数別!テントマットおすすめ9選

<1人用・発砲テントマット>
サーマレスト マットレス Zライト ソル スモール
ITEM
サーマレスト マットレス Zライト ソル スモール
・サイズ:51×130×2cm
・重量:290g
・収納サイズ:51×10×14cm
暖かく、収納性・耐久性に優れたアコーディオン式収納テントマット。アルミ蒸着を表面に施すことにより、断熱性が向上したため登山泊にも、キャンプにもおすすめ。

断熱性能はもちろん高いですし、岩場でも多少のゴツゴツは気にならないくらいの快適さを実現してくれます。涸沢のテン場で、コンパネがなくても快適に眠れました。引用:Amazon

SPECIALIST ポリエチレン発泡マット 折りたたみ式 シングル
ITEM
SPECIALIST ポリエチレン発泡マット 折りたたみ式 シングル
・サイズ:56×182cm×0.9cm
・重量:257g
・収納サイズ:13×12.5×55cm
成人男性でも十分なサイズ。257gと軽量で、アコーディオン式収納テントマットなため収納・設置も簡単。

価格使い勝手とも十分満足しております。2か月の期間で5回使用した結果です。引用:Amazon



サーマレスト ネオエアー Xライト レギュラー
ITEM
サーマレスト ネオエアー Xライト レギュラー
・サイズ:51×183×6.3cm
・重量:350g
折りたためば1ℓのペットボトルよりもコンパクトに収納できます。また、多数のエアポケットで暖かい空気を逃さない快適なテントマットです。
モンベル U.L.コンフォートシステム エアパッド180
ITEM
モンベル U.L.コンフォートシステム エアパッド180
・サイズ:180×50×8cm
・重量:530g
・収納サイズ:11×21cm
超コンパクトな収納サイズで、厚みも8cmと快適性抜群のテントマット。また、万が一の空気漏れが起きた場合、補修するリペアキットが付属しているため応急処理も可能で安心。

空気注入式エアパットです、同社の自動注入式ウレタンフォームパッドに比べ手間はかかりますが、こちらの方が8センチと厚みがあり寝心地は最高で保温性もまあそれなりにあります。またこちらの方が軽くコンパクトになるのも購入の決め手でした。リペアキットも付属しています。引用:Amazon

ロゴス マット (超厚)セルフインフレートマット・SOLO
ITEM
ロゴス マット (超厚)セルフインフレートマット・SOLO
・サイズ:65×190×5cm
・重量:1,800g
・収納サイズ:16×61cm
自動で膨らむエア注入式テントマットなため、テントで広げている間にほかの準備ができ、時短、楽々設置が可能です。また厚みも5cmと快適性も追究しました。

キャンプで実際に使用しましたが、この厚さのマットが正解でした。寝心地も最高です。携帯性、格納を考えると、これ以上厚手のマットは利便性に問題があります。お店のショールームに足を運び他メーカーと実際に比較しましたが、5cmがぴったりです。引用:Amazon

2~3人用テントマット(キャンプ)

コールマン キャンパーインフレーターマット/W
ITEM
コールマン キャンパーインフレーターマット/W
・サイズ:195×130×4cm
・重量:3.5kg
・収納サイズ:24×70cm
ピロー部分の厚みは約6cmで寝心地快適性を追求しました。2人~ファミリーキャンプまで多様なシーンで使えるダブルサイズ。

敷くのも片づけるのも簡単でとても気に入ってます。厚さも十分でコンクリートの上に敷いても痛みなく寝れます。引用:Amazon

ロゴス テントぴったりALマット・M
ITEM
ロゴス テントぴったりALマット・M
・サイズ:205×205cm
・重量:540g
・収納サイズ:48×43×9cm
地面からの冷気を通さない、断熱シートにアルミ蒸着フィルムを貼り合わせたテントマット。また、Mサイズテントマットのサイズを意識したモデル。


コールマン フォールディングテントマット /300
ITEM
コールマン フォールディングテントマット /300
・サイズ:295×200cm
・重量:2,300g
・収納サイズ:73×50×15cm
クッション性が高く、たたみやすい。保温性と防水性に優れており、アウトドアと思えない快適な空間を追求したテントマット。
ロゴス マット エアウェーブ・テントマット300
ITEM
ロゴス マット エアウェーブ・テントマット300
・サイズ:295×295cm
・重量:10.5kg
・収納サイズ:58×28×18cm
どんな凹凸も感じさせないテントサイズエアマット
少ない空気でしっかり体を支える、LOGOSのエアウェーブ構造300サイズテントにピッタリ敷けるサイズ
他のエアテントマットと比較して、空気注入量が少なくてすむから空気注入も楽々

テント・テントマット・シュラフはセットで用意しよう!

テントマット
よし登山泊だ!キャンプだ!と張り切って、つい忘れがちなのがテントマット。翌日の登山や行動のために快適な睡眠を確保することはとても重要です。「テント・テントマット・シュラフ」は必需品3点セット!用意したら早速テント泊を楽しもう!

Let’s find favorite tent mat

お気に入りのテントマットを見つけよう!

紹介されたアイテム

サーマレスト マットレス Zライト ソル スモール

サーマレスト マットレス Zライト ソル スモール

¥5,640 税込

SPECIALIST ポリエチレン発泡マット 折りたたみ式 シングル

SPECIALIST ポリエチレン発泡マット 折りたたみ式 シングル

¥2,980 税込

サーマレスト ネオエアー Xライト レギュラー

サーマレスト ネオエアー Xライト レギュラー

¥29,160 税込

モンベル U.L.コンフォートシステム エアパッド180

モンベル U.L.コンフォートシステム エアパッド180

¥9,566 税込

ロゴス マット (超厚)セルフインフレートマット・SOLO

ロゴス マット (超厚)セルフインフレートマット・SOLO

¥7,990 税込

コールマン キャンパーインフレーターマット/W

コールマン キャンパーインフレーターマット/W

¥14,522 税込

ロゴス テントぴったりALマット・M

ロゴス テントぴったりALマット・M

¥3,180 税込

コールマン フォールディングテントマット /300

コールマン フォールディングテントマット /300

¥14,040 税込

ロゴス マット エアウェーブ・テントマット300

ロゴス マット エアウェーブ・テントマット300

¥14,904 税込

あなたにオススメ

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

テントマット
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」