登山の想い出をインテリアに?100均グッズで作れる”標本”作成術!

標本は実は、とても簡単で尚且つ工夫次第でオシャレなインテリアにも早変わり?!今回は、うみ先生に100均で揃うグッズで作る標本作成術と、標高2000m以下で出会えるセミを一気にご紹介頂きました!早速トライしてみよう!


アイキャッチ画像出典:好日山荘

写真だけが登山の記録じゃない!標本という山の記録もある?!

うみさん1西海太介(通称うみ先生)。高尾山ビジターセンターの自然解説員、横須賀市内の公園所長などを経て、より多くの方に生き物の面白さや、危険などを伝えるべく独立。今回は100均で揃えられるグッズで作る標本の作り方を紹介!写真だけじゃない、”標本”という山の記録の残し方も面白い!

どんなものを標本に出来るの?

①ドングリ図鑑撮影:西海太介
標本は、「そのときそこにあったものを、状態良く保存したもの」のことをいいます。そのため、岩石や人工物も含め、地球上にあるすべてのものは標本にすることができます。インテリアとして楽しむには、セミの抜け殻や、ドングリ、押し花や押し葉がオススメです。

 


100均グッズで揃えよう!インテリアにもなる”壁掛け型標本”の作り方

①セミのインテリア標本撮影:西海太介
用意するもの
インテリアケース:100円均一などで販売されている、底面にコルクが貼られたインテリアケースです。入れるものの幅も考えると、2.5cm以上の高さがあるケースものを選ぶと良いでしょう。

シール用紙:名前をつけるシールです。真っ白ではなく、ベージュっぽいものだと雰囲気が出ていいかもしれません。

額縁用吊り金具:額縁などを飾るときに利用する部品です。工具、もしくは手芸用品コーナーなどにあります。

ヒモ:ここではタコ糸を利用していますが、リボンなどを利用してもかわいらしいですね。

針、またはボンド:昆虫専用の針ならベストですが、縫い針などでもOKです。ボンドでくっつけてしまってもいいですが、一度取り付けると後でレイアウト変更ができなくなりますので注意が必要です。

標本の作り方

①インテリアケースの上面に、ぶら下げられるように金具と紐を取り付けます
①金具取り付け部撮影:西海太介

②採集したセミの抜け殻を並べておきます。針かボンドで固定しましょう。
①設置イメージ撮影:西海太介
③名前を書いたシールを張りつけて完成!
①セミのインテリア標本2
撮影:西海太介
例では、セミの抜け殻で作りましたが、どんぐりなどでも作れます!


低山に行くなら、セミの抜け殻は要チェック!早速標本にしてみよう

セミの抜け殻日本には約30種のセミが生息しているとされますが、本州の山々でよく出会えるセミは、その中でもおよそ10種ほどです。代表的なアブラゼミや、標高が高いところでみられるコエゾゼミなど、翅の色や、生息する標高、時期なども様々です。今回は、主に低山で見ることのできるセミ7種をご紹介!

コレクションしたい!低山で出会える、”セミ7種”とは?

①アブラゼミ
①アブラゼミP1040920
出典:図鑑.net
翅が茶色のセミです。油で揚げる音に鳴き声が似ているということからこの名が付いたと言われています。抜け殻はミンミンゼミと似ますが、触角の一部が大きいか小さいかで見分けることができます。実は翅に色がついたセミって種類が少ないんですよ。

②ミンミンゼミ
ミンミンゼミ
出典:こどもの国
ミンミン鳴くからミンミンゼミ、夏の風物詩ですね。アブラゼミと同じくらいのサイズですが、こちらは翅が透明です。抜け殻の見分け方は、アブラゼミで紹介したとおりです。
ーアブラゼミとミンミンゼミの違いー
①アブラゼミ(左)とミンミンゼミ(右)撮影:西海太介(左:アブラゼミ、右:ミンミンゼミ)

③ツクツクボウシ
①ツクツクボウシ
出典:しらこばとNETWORK(左からアブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ)
夏の中盤~終わりにかけて出てくるセミ。翅が透明で体は黒く、アブラゼミなどより小柄です。細長い抜け殻で、ヒグラシに似ますが、つやがなく、触角がだんだん細くなるようについているのが特徴です。


④クマゼミ
①クマゼミ
出典:東三河観察会(左からクマゼミ、ミンミンゼミ)
大型の真っ黒なセミ。もともと南方系のセミですが、温暖化の影響なのか、分布が北上しています。抜け殻には、お腹に“でべそ”のような突起があるのが特徴です。




⑤ニイニイゼミ
①ニイニイゼミ
出典:豊橋市自然史博物館
初夏に出てくるセミです。アブラゼミの鳴き方に近いですが、音の上がり下がりのある「ジリジリジリ」がアブラゼミで、上がり下がりがない一定の音で「ニ゛ィーー!」と鳴いています。抜け殻は全身に土がついているので、見分けは簡単です。

⑥エゾゼミ
エゾゼミ
出典:空蝉
機械音のような一定の音程で「ギー」と鳴く、標高が少し高いところにいるセミです。緯度にもよりますが、標高およそ600~1000m程度で暮らしているため、八ヶ岳に向かおうとして中央高速を降りると、ICを降りたあたりで声を聞くことができます。

⑦コエゾゼミ
コエゾゼミ
出典:相模国の自然スケッチ
エゾゼミに鳴き声はそっくりですが、こちらは標高がもっと高く1000~1300m以上で暮らしています。同じく八ヶ岳に向かおうとすると、ICを降りたあたりはエゾゼミですが、八ヶ岳高原に上ってくるとコエゾゼミになります。
ーエゾゼミとコエゾゼミの違いー
①エゾゼミ(左)とコエゾゼミ(右)
撮影:西海太介(左:エゾゼミ、右:コエゾゼミ)

うみ先生の独り言~標本は、インテリアとしても楽しめる!~

099f7c3dfdbdd5f2417227917dbc580c撮影:セルズ環境教育デザイン研究所
セミの抜け殻をパッと見て「これは何ゼミだ!」と当てるのは大変かもしれないですが、このように楽しみながらまとめると、覚えやすくなるだけでなく「あの山に登った時に見つけた!」なんて新たな登山の記録の残し方の一つになるかもしれないですね。注意点は、途中で紹介したドングリを標本にする際は、ゾウムシなどの卵が産みつけられている場合があるので、標本前に、一度冷凍殺虫してから作るのが無難です。

標本には、「いつ」「どこで」採ったかラベルを忘れずに!

1標本ラベルの見本と記入例
出典:佐渡市立理科教育センター
ちなみに、インテリアとして楽しむ分にはルールはありませんが、本来の標本として作るためには「いつ」「どこで」採ったのかが書かれたラベルを貼るのが大原則です。楽しむ分では、そこまで厳密なものを作らなくてもかまいませんが、一応補足として押さえておくと良いかもしれません。「日付」と「場所」がかかれていると、登山や旅の想い出にもなりますね。

【うみ先生の登山で役に立つ?!生き物バックナンバー】
何色がいい?”ハチ対策”の視点で選ぶウェアとは?
プロに聞く!夏の丹沢登山の虫対策とは?

ハチの対策クイズ


【うみ先生の活動状況はHPをチェック!】
http://bit.ly/29PRay9

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

登山
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

西海太介
西海太介

・玉川大学卒 ・元 東京都高尾ビジターセンター 自然解説員 ・元 横須賀市くりはま花の国 副所長 ・元 横須賀市ペリー公園所長 2009年から自然ガイドとして携わり、述べ30,000人以上に対し、自然解説を行ってきた。そんななか、過去に不注意により発生したハチ刺傷事故を受けて、ハチ・ヘビ対策を強化・研究。 同時に、都市公園の所長・副所長を務める中、野外指導者側の自然生物に対する”誤解のない知識・理解”の必要性を痛感し、現在はフィールドワーカーや学校の先生のための「”ハチ””ヘビ”危険生物対策講座」のほか、児童向けの専門的な「生物学習教室」なども開講、指導。『知的な自然教育プロの養成専門所』として、当所を運営する。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」