アークテリクス|アロー22レビュー

アークテリクスのアロー22をレビュー!着こなしの例や、ビームス別注品、限定品の情報なども交えてご紹介します。アークテリクスのリュックの中でも1番人気と言っても過言ではないアロー22。その人気のヒミツに迫ります!


アイキャッチ出典:BOZEMAN.JP

アークテリクス“アロー22”

アークテリクスのアロー22概要
出典:OSHMAN’S
始祖鳥ロゴが有名なアークテリクス(ARC’TERYX)は、コストにこだわらず常に高品質・高機能かつデザイン性の高い製品を生み出し続けるブランドです。アロー22(ARRO22)は1999年に発売されたロングセラーなバックパックで、アークテリクスの代名詞ともいえる製品です。
アークテリクス アロー 22
ITEM
アークテリクス アロー 22
<スペック>
・サイズ:縦52cm×横33cm×マチ17cm
・重量:1,100g
・容量:22L
【シルエットが一番綺麗なバックパック】
主観ですが、これまで数多くのバックパックを試してきましたが、アロー22ほどシルエットが綺麗なモデルはありません。通勤通学、タウンユースでもアウトドア、一泊~二泊の旅行でも使えます。肩に接するショルダーあたりにクッションがあるので、肩への負担も低くて長時間背負うことも苦ではありません。一つ不満があるとすればやはりアークテリクスのロゴ周辺の材質。ここは防水機能がある材質なのですが、傷がつきやすいです。雑に扱ってるとすぐに傷だらけになります。この商品の特性を知った上で、購入することをおすすめします。 出典:楽天市場


アークテリクスのアロー22前面アークテリクスのアロー22背面元々は軽登山用のデイパックとしてデザインされているので、アウトドアで使うのに必要な要件を全て満たしています。タウンユースで使うのにも十分なスペックです。

◆独特のフォルム◆
斜めにせり上がっているボトムは、荷物を入れた時に重心が自然と上に来るように設計されています。背面内側にはプラスチックパネルの支えもあるので、荷物を入れることで型崩れすることもなく、荷物が背中を圧迫することもありません。

◆防水性と耐久性◆
ファスナーをラミネート加工することで、水滴がバッグ内部に侵入するのを防ぐ「止水ジッパー」を採用し、通常の5倍の強度を持つといわれる撥水繊維「バリスティックナイロン」に内側から「ハイパロン」という合成ゴムをコーティングすることで、高い防水性・耐久性を持たせています。


◆機能性だけじゃない!◆
アロー22は機能性だけでなく、どんなシーンにもマッチするシンプルかつスタイリッシュなデザインが特徴です。カラーに関しても、限定品、ビームス別注品などが存在するので、周りの方と差をつけたい!という方は探してみるのもアリですね!

アロー22|着こなしをご紹介!

シンプルな白地のTシャツとカモフラ柄のパンツのコーデにアロー22をミックス。リュックが良いアクセントになっています。夏場コーデのお手本ですね!

こちらはビームス40周年記念コラボのアロー22を用いたコーデ。きれいめなコートのアーバンスタイルでもアロー22はピッタリです。

アロー22は女性が使ってもバッチリ決まります。女性らしいコーデの外しアイテムとしてもアリですね!

もちろん本来のアウトドアでも活躍してくれます!平日は街で、休日はアウトドアで役立つ相棒です。

にこまるさん(@_iapoc)が投稿した写真


シャツスタイルにも決まるアロー22。シンプルなリュックゆえ、どんなシーンにでも大活躍です。

機能性もデザイン性も優れた欲張りリュック

アークテリクスのアロー22出典:moderate
アークテリクスの代名詞的存在のアロー22はシンプルでアウトドアはもちろん、タウンユースでのコーディネートに合わせやすいです。そんなアロー22を日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?コーディネートの幅がグンと広がります。

Arc’teryx Arro22 on buddy!
アークテリクスアロー22を相棒に!

紹介されたアイテム

アークテリクス アロー 22

アークテリクス アロー 22

¥29,160 税込

編集部おすすめ記事


    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    アークテリクスのアロー22
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう