正しく理解してる?アナフィラキシーショックの原因と対応表

アナフィラキシーショックについてまとめました。症状や対応・治療方法、原因になるもの(蜂、薬など)について掲載します。アナフィラキシーショックはいつ、どんなタイミングで起こるかわかりません。正しい知識を身に着けて緊急時に備えましょう。


アナフィラキシーショックとは

アナフィラキシーは、極めて短い時間のうちに全身アレルギー症状が出る反応で、主にアレルゲンを食べる、飲む、吸い込むことをきっかけに起こります。

・アレルギー

原因物質に対しての過剰な免疫反応を指し、皮膚のかゆみ、発疹などの症状が出ます。

・アナフィラキシー

アレルギー反応によって急速に、皮膚、呼吸器、消化器など複数の臓器に全身性の症状が出る状態を指します。

・アナフィラキシーショック

アナフィラキシーの症状のうち、ショック状態(血圧低下、意識障害などが起こり命に危険がある状態)に陥っている状況を指します。

アナフィラキシー原因表アナフィラキシーの原因は、食べ物 > 蜂などの昆虫 > 薬物 という順に多くなっています。重篤な症状(心停止)まで至る平均時間は、食べ物=30分、蜂毒=15分、薬物=5分と言われています。


アナフィラキシー(ショック)の症状

救急車の画像

アナフィラキシーの症状は様々ですが、下記の表にあるような症状が複数の臓器にわたり全身に急速で現れるのが、アナフィラキシーの特徴です。

アナフィラキシーショック症状の表

赤く塗ってある部分のような「ショック症状」が見られた場合、緊急医療の対象です。救急車を呼ぶなどして、すぐに医療機関を受診しましょう。


対応法・治療法は?

アナフィラキシーは即時型のアレルギー症状なので、症状を起こさないためには原因になるものを食べない・接触しないことが必要です。また、自分が何に対してアレルギーがあるかを知っているのであれば、それを回りの人に伝えておきましょう。他の人に知ってもらう事は自らの身を守ることになります。


症状が起きてしまった場合、その症状を抑える薬が必要となります。速効性があり効果も高いアドレナリン筋肉注射(商品名:エピペン)が第一に選択されます。この他にじんましんやかゆみを抑えるための抗ヒスタミン薬を一緒に服用する場合もあります。

アナフィラキシーショックのための注射
出典:医療法人長谷川耳鼻咽喉科医院

アドレナリン筋肉注射は、過去に症状を起こしたことがあるなど、アナフィラキシーを起こす危険性が高い人と医師が判断した患者にのみ処方されます。日常生活での備えはもちろん、アウトドアなどすぐに医療機関へ行くのが難しいような場所で蜂毒などへの備えが必要な場合、身の回りに用意しておきましょう。


アナフィラキシーショック対策をしっかりと

検査をしている様子

アナフィラキシーショック対策をしっかりするには、アレルギー等、自分自身の事についてもっと知る事でもあります。普段の生活の中ではなかなかそのような機会はないかもしれませんが、これを機会に自分にどんなアレルギーがあるのかなど、ぜひ一度検査してみてはいかがでしょうか。

To know oneself and is an anaphylaxis shock measure.

自分自身を知ることでアナフィラキシーショック対策を

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

アナフィラキシーショックを引き起こす蜂
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

Ryo
Ryo

旅行・写真が好きな神奈川在住のRyoです。写真を撮りながら旅行するのが好きで、1年に1度の海外旅行は欠かせません!近年はアウトドアの魅力に惹かれアウトドア初心者として勉強中。ライターとしても駆け出しですが、役立つ・使える情報を発信できるよう頑張ります!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」