登頂まで ”蒸れ” 知らず?!八ヶ岳でRabのウェアを試してみた!

自宅の屋根裏部屋で自ら作成した羽毛の寝袋から始まり、現在は幅広くアウトドア・ギアを製造するRab(ラブ)。今回は実際にRabの製品を使用した感想も含めて、その魅力をレポートします!


ブランド創業者はトップアルピニスト!

rabさん
出典:Rab
Rab(ラブ)はこの写真の男性「Rab Carrington」が創業したイギリスのブランドで、ロゴが示す通り、羽毛をメインとした製品作りからスタートしました。そしてなんとラブ氏本人がトップアルピニストであり、製品には貪欲なまでにパフォーマンスを求めています。
Rabの歴史
出典:Rab
現在はデザイナー4名、テクニカルスタッフの3名がRabの中核を担っており、機能性もデザイン性も妥協をしない製品作りを続けています。

「Rab」4つの魅力

その①:優れた通気性を持つ新しい生地の採用
eVentの通気性実験機能性にこだわるRabが採用している「eVent(写真右)」という防水透湿性素材は、通気性において非常に優れています。新しい生地は加工面での苦労も伴いますが、Rabでは積極的に自社製品に採用を進めています。

その②:優れたデザイン性と日本の気候への適正
Rabジャケット写真こちらのシェルは展示用で、海外Lサイズという大きいサイズのものながらもすっきりしたシルエットがおしゃれで、それでいて肩回りの縫合、ポケットの位置に気を使っていたりと機能面への配慮も忘れていません。また、イギリスは湿気の多い気候が日本と良く似ていて、ウェアの適正も日本にピッタリです。

その③:ウェアへの細やかな意匠
Rab、フード周り来シーズンの新シェル「ARC JACKET」を一例に取り上げると、フードのつばの形状が独特で帽子などを被っていても干渉しにくくなっていたり、フード自体を収納することができるのでアウターとしてだけでなく、さらに重ね着をする場合にも便利です。

Rab、袖周り 手の甲を覆える袖のデザインや、ちょっとした遊び心がおしゃれなRabのロゴを型抜いたベルクロテープ部など、思わず着たくなるような意匠が多く見られます。

④超豊富なラインナップ
Rabのラインナップ Rabの製品は非常に豊富で、主力の登山向けウェア、羽毛製品(ダウン、シュラフなど)はもちろん、クライミング向けのROCKシリーズ、タウンユースでも使えるESCAPEシリーズなどもあります。アクセサリー類(手袋、帽子など)の取り扱いもあり、どんなシーンでもRab製品を身に着けることができます。


→実際に製品を試してみた結果は?次のページへ!

実際に試してみた⇒抜群の機能性に脱帽

エクソダスジャケット今回は7月の八ヶ岳に「エグゾダス ジャケット(税抜価格¥26,000-)」を携えて行ってきました。耐風性、撥水性、速乾性、ストレッチ性に優れ、30+UPFという高いUVプロテクションを持つ「MatrixDWS」素材を採用した、トレッキング、クライミング、スキー、スノーボードなど幅広く活用可能なソフトシェルジャケットです。
エグゾダスジャケット2 ワイヤー付きヘルメット対応フードは丸めてクリップで留める事が出来るので、早朝の寒い時間帯はこの上にレインウェアを着ていましたが、首回りに干渉することもなく快適でした。ワイヤーが入っていることでフードが型崩れしないのも◎です。


エグゾダスジャケット3 暑がり&脱いだり着たりするのを面倒くさがるタイプなので、防寒具を着るのは「耐えられんっ!」となったタイミングになることが多いのですが、今回はこの非常に長いベンチレーションのおかげで快適に過ごすことができました。昼過ぎの登頂、そして早朝の下山開始から昼頃まで、この開け閉めだけで間に合ってしまいました。エグゾダスジャケット4通気性もよく、汗をかいても内側の布地はさらさらで不快感を感じることなく行動することができました。ハーネスとの干渉を防ぐためにポケットが少し高めにデザインされていたりと、長時間着ていても負担を感じにくいこのジャケットは、今後様々な場面で活躍することになりそうです!

→Rabの製品を実際に見るには…?次のページへ!


実際に製品を見るには?

コントワ店内実は今回の記事、Rabの製品を輸入している株式会社サンダンスアウトドアーズの運営するCONTOUR(コントワ)渋谷店にて行われていた、2017SSシーズンの展示会を踏まえての内容でした。
サンダンスアウトドアーズのお二人展示会では、サンダンスアウトドアーズの石塚さん(写真右)と高野さん(写真左)にRabの魅力をたっぷりとご教授頂きました!(注*その結果があのエグゾダスジャケットです) もちろんお二人ともRabの愛用者ですので、気になる事があればどんどん質問しちゃいましょう!
コントワ入口 Rab製品を実際に手に取れる店舗はまだまだ少なく、公式直営店のコントワには地方からもお客さんがいらっしゃるそうです!他にも様々な登山用品、クライミング用品が取り扱われていますので、ぜひお店に足を運んでみてくださいね!
・店舗住所:東京都渋谷区神南1-14-1 コーポナポリ303
・営業時間:12時~19時(不定休)
※定休日に関しては公式HPを参照してください。
Rabさんのフリスビー 入口横にあるRabさんフリスビーがお出迎えしてくれますよ!!!(この商品、石塚さん発案の日本限定商品だそうです。)

Rab more we know is in love!
知れば知る程Rabが好きになる!

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

Rab-エグゾダスジャケット
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」