【実話】遭難で “200万円”以上 も失った。ウェブで解決する、山岳保険と登山学習とは

増え続ける遭難事故。そして一向に加入者の増えない山岳保険。安全登山のシリーズ最終回は、丹沢で起きた遭難事故の実録と共に、ヤマレコの提案する「登山学習・計画書・山岳保険」まで一元管理が出来るチーム安全登山をご紹介します。


アイキャッチ画像出典:神戸市消防局航空機動隊(※写真は訓練風景です)

山岳保険に未加入だった祖母。深い悲しみだけでなく、家族には大きな負担が

山岳保険
出典:湯河原町
安全登山を考えるシリーズ最終回は、丹沢遭難事故の実録と共に、ヤマレコが、山岳保険制度「やまきふ共済会」と、山の天気予報「ヤマテン」と共同で発足した、チーム安全登山を紹介します。遭難から約2週間後、祖母は発見されたものの、山岳保険に未加入でした。家族は大きな負担を背負うことになるのです。

なぜ増えない?山岳保険の加入率は、登山人口のたった1%

山岳保険
出典:山の知識検定Facebook
全国の登山人口は、年間860万人にも上ると言われています。しかし、山岳保険に加入しているのは、わずか1%。遭難事故が報道されるにも関わらず、なぜ一向に増えないのでしょうか。

その背景には、登山を教えてもらえる人がいない。という実態

tozann
出典:ヤマレコ10周年記念サイト
ヤマレコの行ったユーザー意識調査では、登山のことを知りたくても、教えてもらえる人が周りにいないと答えた人が実に4割にも登りました。また、同調査では「登山の学び方」は「独学」が1位という結果も出ています。山岳保険や、危機管理などがなかなか浸透しない背景にはこのような実態が意識の低さを招き影響しているのかもしれません。


捜索は難航。人手が足りず、民間の救助隊にも捜索を依頼をした

救助隊
出典:埼玉西部消防組合
三部にわたりお伝えしてきた、丹沢遭難事故。これはYAMA HACK編集部スタッフの祖母が実際に遭ってしまった事故でした。祖母を仮にAさんとしましょう。Aさんは、丹沢の檜洞丸からの下山中、分岐地点で石棚山稜方面へ迷い込み遭難。家族は、その日のうちに捜索を依頼。しかし登山計画書が出ていない祖母の捜索は難航し、民間の救助隊にも追加で捜索を依頼しました。
シリーズ第一弾はこちら
シリーズ第二弾はこちら

後日、数百万にも上る多額の請求が、家族のもとへ

1山岳保険
出典:syufeel
一般的に山での遭難の場合、民間の救助隊に依頼をすると1人あたり1日3~5万円程度かかります。尚且つ、交通費や装備費なども追加でかかるため、捜索が長引いたり、雪山などの難しい状況になればなるほど捜索費用は増えていきます。Aさんが遭ってしまった丹沢遭難事故では、約2週間後に帰らぬ人として発見されましが、山岳保険に加入をしていなかったがために、家族のもとには辛い悲しみだけでなく、大きな負担が残ってしまったのです。

登山者の「山に対する学びの場」を提供し、「意識改革」をしなければ解決しない

ti-mu
出典:ヤマレコ10周年記念サイト
山岳保険未加入問題に限らず、基本的な登山の知識不足が、一向に減らない遭難や事故のひとつの要因かもしれません。しかし、ヤマレコが行ったユーザー意識調査では、登山者の学びに対する意欲は高く、これは前述でも記載した通り「登山のことを聞ける人がまわりにいない」という意欲に反して「学びの場がない」現状が浮き彫りになっています。

登山学習・計画書・保険まで一元管理している、ヤマレコの「チーム安全登山」がすごい

チーム安全登山
出典:チーム安全登山実行委員会
一向に減らない遭難事故、そして学びたいのに学びの場がない登山者の実態を受け、ヤマレコは、山岳保険制度「やまきふ共済会」と、山の天気予報「ヤマテン」と共同で、安全な登山を支援するプロジェクト「チーム安全登山」のサイトを公開しました。ヤマレコユーザーでも意外と知らないチーム安全登山。その魅力をご紹介します。


チーム安全登山の魅力①ー登山学習が出来る!-

登山講習 1
出典:チーム安全登山実行委員会
知りたくても、なかなか聞けない観天望気など、初心者の方でもわかりやすいように写真や画像を交えて、解説をしています。
登山講習例
出典:チーム安全登山実行委員会

チーム安全登山の魅力②ーリアルに危なかった情報を知る事ができる!ー

ヒヤリハット
出典:チーム安全登山実行委員会
ヤマレコの50万件以上にも及ぶ、登山者のリアルな山行記録。その中でも、安全登山に役立つ情報としてヒヤリとした事例や遭難、噴火、救助などの山行記録のみをピックアップしまとめています。事例は多岐にわたり、人気の山での記録も。リアルな情報なので、もしもの時のためにしっかり目を通したい貴重な情報です。

チーム安全登山の魅力③ー最大500万円!救援者費用保険が自動付帯される!ー

チーム安全登山2
出典:チーム安全登山実行委員会
ここからは、有料会員(年会費4,000円)が対象の機能になりますが、病気や道迷い、雪山やクライミングなどの事故にも対応し、また追加の会員負担は不要です。


チーム安全登山の魅力④ー更に登山計画書を作成提出すると、保険の給付範囲がアップ!ー

1チーム安全登山
出典:チーム安全登山実行委員会
チーム安全登山ではとても面白い仕組を取り入れています。通常、一般的な保険では雪山やクライミング等の危険度の高い活動中の遭難事故を補償するためには1万円以上の割増が必要となります。しかしチーム安全登山では、登山計画書の提出を推奨するために、割増ではなく、ヤマレコを使って登山計画書を作成・提出するだけで「無料」で給付対象にしています。

安全登山は、登山者のマナー。もしもの時のために情報収集と準備をしっかりしよう。

登山いかがでしたか?三部にわたりお送りしてきた、安全登山。忘れてはいけないのは、どんな山でも、そして沢山の山登り経験があっても、事故に遭遇してしまう可能性は誰にでもあるということ。長く山を楽しむために、今回ご紹介してきた道迷い対策・登山計画書・山岳保険、是非今一度確認し、より素晴らしい山ライフを楽しみましょう!

【チーム安全登山】http://bit.ly/29wKZV7
【ヤマレコ】http://bit.ly/29jgLUc
【ヤマプラ】http://bit.ly/29jaFyv
【いまココ】http://bit.ly/29tL48I


【免責事項】
・本ウェブサイトに掲載する記事や情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。株式会社スペースキーは本ウェブサイトの利用・使用ならびに閲覧によって生じたいかなる事故を含む損害にも一切責任を負いかねますのでご了承ください。なお、ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更する場合があります。

・記事内の実録は、YAMA HACK編集部のスタッフ及びご家族の了承を経て記載しております。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

チーム安全登山top
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード