スントのコアはアウトドアウォッチの定番!全シリーズまとめ

スントのコアを徹底解説!人気のオールブラックをはじめ、ディープブラック、アルティメットブラックなど全シリーズを掲載。電池交換、ベルト交換、使い方、修理などの気になる情報もまとめているので、購入を検討中の方は参考にしてみてください。


スントの代名詞モデル「コア」

スントコアの画像
様々なアウトドアウォッチを展開するスントの代名詞とも言えるモデルが「コア」で、定番人気シリーズとなっています。アウトドアで役立つベーシックな機能(高度計、気圧計、コンパス)をはじめとした信頼性の高い機能を備え、普段使いでも違和感のない洗練されたスマートデザインになっています。

スントコア アルティメットブラック

スントコア アルティメットブラック
ITEM
スントコア アルティメットブラック
気に入ってます
すっきりしたデザインで気に入ってます 視認性が悪いということですが許容範囲でした 迅速な発送ありがとうございました 出典:楽天市場みんなのレビュー


スント・コアのスペックや機能をまとめました(モデルはアルティメットブラック)。
【スペック】

重量:64g
ベゼルの素材:スチール
レンズの素材:ミネラルクリスタル
ケースの素材:コンポジット
ストラップの素材:エラストマー
耐水設計:30 m (ISO 6425 準拠)
バッテリータイプ:CR2032(交換可能)

【主な機能】

時刻 / クロノグラフ / 高度計 / 気圧・温度計 / コンパス /メモリー / オートスイッチ / 日の出・日の入り表示 / 水深系 / スイミング計測機能 / 3気圧防水 など

スントコアの画像

機能に関してはシリーズで共通となっていますが、外装が異なるモデルもあるので、この記事ではコア アルティメットブラックを基準に比較し、異なる部分のみ商品スペックに記載します。


スント・コア クラシックシリーズ

スントコアの画像
フィット感の高いストラップと耐性の高いボディに、アウトドアで使えるベーシックな機能を装備しています。スントの中でも定番となっているコアシリーズでも、使いやすく多くのユーザーに支持されています。

スントコア オールブラック
高度計、気圧計を始め、アウトドアで要求されるあらゆる機能を備えた全ての人にオススメできる逸品です。アルミ製のブラックでシック統一された本体と、手首にフィットするラバーベルトで実用性を重視した定番モデルです。
スントコア オールブラック
ITEM
スントコア オールブラック
重量:64g
ベゼルの素材:アルミ
同じような仕様で国内ブランドの物と迷いましたがデザインにやられてしまいました。
アメアスポーツジャパンの保証と日本語の説明書が安心です。使い方は慣れれば問題なし。故障の話も聞きますが使い方次第ではないでしょうか? 出典:amazon


スントコア レギュラーブラック
デジタル表示部分を、登山中暗くなってきてもわかるようにホワイト表示にして視認性を高めています。
スントコア レギュラーブラック
ITEM
スントコア レギュラーブラック
重量:64g
ベゼルの素材:アルミ
デザインもいいし、腕へのフィット感も良い。
ただ、操作がちょっと面倒で覚えるのに少々時間が掛かるのがネックか。 出典:amazon


スントコア グレーシャーグレイ
ベースをブラックにしていながら、デジタル表示部分をホワイト、その周囲を光を抑えたマットなシルバー(グレー)にすることでシックなデザインにまとめています。
スントコア グレーシャーグレイ
ITEM
スントコア グレーシャーグレイ
重量:64g
ベゼルの素材:アルミ


スントコア レッド
ベースをブラックに文字をビビッドなレッドにすることで、アクセントつけている、デザイン性の高いモデルです。クラシックシリーズの中ではレッドモデルのみ、ストラップの素材が異なります。
スントコア レッド
ITEM
スントコア レッド
重量:67g
ベゼルの素材:アルミ
ストラップの素材:テキスタイル素材
谷川岳でデビューしました。
黒字に白は見づらいかなと思っておりましたが、そんなことはなく、見やすいです。
コンパスは特に使いませんでしたが、高度がわかって便利でした。 出典:amazon

スント・コア プレミアムシリーズ

スントコアの写真
アウトドアには欠かせない、高度計・気圧計・コンパスの基本機能を搭載した落ち着いたデザインのに仕上がっています。傷や衝撃に強いサファイアクリスタルガラスを使い、ケースはスポーティなステンレススチール、または、軽量化を追及したアルミニウムの2つのモデルがあるので自分に合わせて選んでください。

スントコア ブラッシュドスティール
質感の高いサファイア-クリスタルレンズ、ステンレス-スチールケースで固めたシックなイメージを出しているプレミアムウォッチです。日常で使えるデザインにはもちろんベーシックな機能(高度計、気圧計、コンパス)を搭載しています。
スントコア ブラッシュドスティール
ITEM
スントコア ブラッシュドスティール
重量:120g
ケースの素材:ステンレススチール
レンズの素材:サファイアグラス
ストラップの素材:シリコン

スントコア ピュアホワイト
こちらは爽やかなイメージを演出しているホワイトバージョンです。すっきりした白を使うことで、アウトドアらしさをあえて控えめにして、ファッショナブルにまとめています。
スントコア ピュアホワイト
ITEM
スントコア ピュアホワイト
重量:79g
ベゼルの素材:アルミ
ケースの素材:アルミ
ストラップの素材:シリコン
大きめの時計で存在感があります。
ベルト部分はシリコンゴムですので、ホコリが付着しやすいようです。
白いベルトですのでそれが目立ちます。 出典:amazon


スントコア ディープブラック
エレガントなシーンでも合わせられる、マットな落ち着いた質感のカラーリングモデルです。
スントコア ディープブラック
ITEM
スントコア ディープブラック
重量:79g
ベゼルの素材:アルミ
ケースの素材:アルミ
ストラップの素材:シリコン
山道を長距離歩く場合、コースレコードと比較しながらペース配分を調整するため、歩きながら頻繁に見ることが多くなります。
その点、この時計はとてもシンプルな表示をするので、疲れて思考力の低下した頭でも必要な情報を素早く得ることができます。
惜しまれるのは節電のためか暗い場所では数字がやや読み取りにくくなるところと、少し高さがあるため引っかかりやすいところでしょうか。
スタイルは抜群なので、山から降りてきてもそのままつけていられるのはとても良いですね。 出典:amazon



スント・コア クラッシュシリーズ

スントコアの画像
スタイルに合わせて様々なカラーを選べる、遊び心溢れたクラッシュシリーズです。軽量なシリコンストラップで手首にしっかりと固定します。アウトドアに役立つ機能をベーシックに搭載している、コアシリーズの中でもカジュアルなモデルです。

スントコア グラファイトクラッシュ

スントコア グラファイトクラッシュ
ITEM
スントコア グラファイトクラッシュ
重量:83g
ストラップの素材:シリコン


スントコア ブルークラッシュ

スントコア ブルークラッシュ
ITEM
スントコア ブルークラッシュ
重量:83g
ストラップの素材:シリコン


スントコア ホワイトクラッシュ

スントコア ホワイトクラッシュ
ITEM
スントコア ホワイトクラッシュ
重量:83g
ストラップの素材:シリコン
色々迷いましたが、デザイン、機能含めて満足できるものでした。 出典:楽天


スントコア ライムクラッシュ

スントコア ライムクラッシュ
ITEM
スントコア ライムクラッシュ
重量:83g
ストラップの素材:シリコン


スントコア グレイクラッシュ

スントコア グレイクラッシュ
ITEM
スントコア グレイクラッシュ
重量:83g
ストラップの素材:シリコン
アウトドア
キャンプ・登山
目的で購入しました。アウトドアでの使用はこれからですが、デザイン、操作性、重さ、シリコンベルトのフィット感、想像通り満足できるスペックでした。様々なレビュー等にあるように、防水性はあまり期待できないようですが、そこは割り切って購入しました。総じて満足です! 出典:楽天市場 neel


スントコア コーラルクラッシュ

スントコア コーラルクラッシュ
ITEM
スントコア コーラルクラッシュ
重量:83g
ストラップの素材:シリコン

スント・コアの電池交換方法

スントコアの画像
裏蓋を外してボタン電池(CR2032)を交換します。戻す時は元と同じように戻しましょう。また、ゴムパッキンが消耗していると浸水し、故障の原因になることがあります。こちらも交換パーツが販売されているので、ダメそうなら取り替えておきましょう。

電池交換の方法


スント・コアのベルト交換方法

ウレタンストラップ オールブラック
スントをカスタマイズできるウレタンストラップキット。コアシリーズ専用の丸みを帯びたタイプのストラップです。
ウレタンストラップ オールブラック
ITEM
ウレタンストラップ オールブラック
ベルト止めが切れてしまったため、購入しました。
ベルト止めが2つあり、強度が増して良かったと思います。 出典:amazon


フラットブラックシリコンストラップ
こちらはシリコンストラップキットです。上部なシリコンが腕に馴染んであなたのコアをしっかり支えます。
フラットブラックシリコンストラップ
ITEM
フラットブラックシリコンストラップ
コアのブラックボディ(純正のカラーベルト)を交換しました。
全体がブラックで統一されたのはもちろんですがボディとベルトの間の隙間がなくなり、時計全体のフォルムに統一感が出て高級感が増した印象です。
ベルト表面の加工の影響でホコリを寄せやすいですが、この見た目を手に入れるためなら大した問題ではありませんね。満足しています。
ベルトの交換にはマイナス2.0mmのドライバーが2本必要です。
私の場合、ネジが非常に固く締められていたので、よくあるセットものの精密ドライバの形状のものだとグリップが細すぎて力が入らずに回りませんでした。
仕方なく、ちょっと値の張るグリップ付の精密ドライバを購入 出典:amazon

各シリーズのウレタン、シリコンベルトが別売りで販売されています。交換方法は公式の動画で確認しましょう。

スント・コア ベルトの外し方

スント・コア ベルトの取り付け方

スント・コアの使い方

スントコアを腕につけている男性
正規取扱い品にのみ、日本語の取扱説明書が付属しています。並行輸入で購入した場合は、スント公式の英語マニュアル・動画や、インターネット上の他ユーザーの情報を参考にしましょう。

ユーザーガイド(英語)
Suunto Core Outdoor Watch(動画)

スント・コアの修理について

スントコアの画像
保証修理が適用されるのは、正規販売品のみになります。国内正規品にはアメアスポーツジャパン(株)により保証書が付属しているので、失くさないように保管しておきましょう。修理対応は保証書の無いものでも受付してもらえますが、割引は適応されません。
製品別 修理・メンテナンスお問合せ先

スント・コアで自分の時間を刻もう

スントコアを着けてクライミングする男性
定番のデザインの中に、必要な機能が詰まったコアシリーズ。アウトドアでもタウンユースでもこれを身につけていれば、自分らしい時間を重ねて行けるでしょう。

Let’s carve my time with Suunto’s Core!

スントのコアで、自分の時間を刻んでいこう!

紹介されたアイテム

スントコア アルティメットブラック

スントコア アルティメットブラック

¥38,900 税込

スントコア オールブラック

スントコア オールブラック

¥32,400 税込

スントコア レギュラーブラック

スントコア レギュラーブラック

¥23,530 税込

スントコア グレーシャーグレイ

スントコア グレーシャーグレイ

¥40,820 税込

スントコア レッド

スントコア レッド

¥45,360 税込

スントコア ブラッシュドスティール

スントコア ブラッシュドスティール

¥47,200 税込

スントコア ピュアホワイト

スントコア ピュアホワイト

¥48,070 税込

スントコア ディープブラック

スントコア ディープブラック

¥48,070 税込

スントコア グラファイトクラッシュ

スントコア グラファイトクラッシュ

¥32,800 税込

スントコア ブルークラッシュ

スントコア ブルークラッシュ

¥34,300 税込

スントコア ホワイトクラッシュ

スントコア ホワイトクラッシュ

¥45,360 税込

スントコア ライムクラッシュ

スントコア ライムクラッシュ

¥32,750 税込

スントコア グレイクラッシュ

スントコア グレイクラッシュ

¥48,600 税込

スントコア コーラルクラッシュ

スントコア コーラルクラッシュ

¥48,600 税込

ウレタンストラップ オールブラック

ウレタンストラップ オールブラック

¥3,500 税込

フラットブラックシリコンストラップ

フラットブラックシリコンストラップ

¥5,980 税込

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

スント コア
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう