中央アルプスの魅力に迫る!千畳敷カールの観光から登山まで紹介

中央アルプスにある千畳敷カールは、駒ケ岳ロープウェイで行くことができ、観光や登山の出発点として人気のある場所です。千畳敷カールの魅力と、千畳敷から木曽駒ヶ岳や宝剣岳、空木岳への登山コースまでご紹介します。美しい中央アルプスに行ってみよう!
 


アイキャッチ画像出典:中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ

中央アルプスはどこにある?

中央アルプス 木曽山脈
出典:ウィキメディアコモンズ
中央アルプスは、またの名を木曽山脈といい、長野県の南西部に位置している南北に連なる山脈です。最高峰は木曽駒ヶ岳の2,956mで、日本百名山に選定されています。

では、中央アルプスの魅力とは一体何でしょうか?その魅力と登山コースをご紹介します!


中央アルプスの魅力①千畳敷カール

千畳敷カール_
出典:信州駒ヶ根ガイド
中央アルプスの魅力は、何といっても宝剣岳のダイナミックな岩峰と、季節によって表情を変える千畳敷カール!この景色をロープウェイに乗れば気軽に観られるということから、観光客にも人気の場所です!

(※カールとは、氷河で削られたお椀形の地形のことを言います。また、千畳敷とは、畳を千畳広げたほどの広さという意味です。)
中央アルプス 駒ヶ根ロープウェイ
出典:中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ
中央アルプスの千畳敷カールへは、一年を通じて駒ケ岳ロープウェイが運行していて、いっきに標高2,600mの高山へ訪れることができます。終点には、ホテル千畳敷があり宿泊もできます。

では、1年を通じて楽しめる千畳敷カールの楽しみ方をご紹介します。

◆春
中央アルプス 千畳敷カール春スキー
出典:中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ
4月下旬から5月下旬まで、Tバーリフトが設置され、春スキー・スノーボードやバックカントリーを楽しむことができます。



◆夏
中央アルプス 千畳敷カールの高山植物
出典:中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ
7~8月中旬は高山植物が咲き誇り、代表的な高山植物のシナノキンバイやコバイケイソウが群生します。カールには遊歩道が整備され、老若男女が楽しめる観光地となっています。
◆秋
紅葉の千畳敷_済
出典:信州駒ヶ根ガイド
秋は、9月下旬から10月上旬が紅葉の見頃で、宝剣岳と紅葉が織り成す景色がすばらしいです。
◆冬
冬の千畳敷と星夜_済
出典:AstroArts
冬の千畳敷カールは真っ白な雪に覆われ、一面銀世界になります。ロープウェイは通年営業しているので、千畳敷ホテルに滞在しながら星空と雪景色を堪能できます。


中央アルプスの魅力②千畳敷カールからの登山

中央アルプスには、快適な稜線歩きができる登山コースがあります。初級から上級者向けまでの登山コースをご紹介します。

【木曽駒ヶ岳】ー初級向けー
中央アルプス 木曽駒ヶ岳
出典:ウィキメディアコモンズ
中央アルプス 乗越浄土への登り出典:中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ
千畳敷カールから木曽駒ケ岳へのルートは、危険個所も特にないため、登山初級者向けです。駒ヶ岳ロープウェイを使えば、日帰りで行くこともできます。日本百名山のひとつでもあり、中央アルプスの最高峰でもある木曽駒ケ岳(2,956m)の頂からは、南アルプスや八ヶ岳、御嶽山など360度の大展望が広がります。
【コース概要】
●コースタイム合計=3時間25分(八丁坂経由 上り:約2時間 下り:1時間30分 休憩時間含まず)
●地図=中央アルプス木曽駒/ヤマケイオンライン 山と高原地図40中央アルプス/昭文社
●登山適期=7月~10月


【三ノ沢岳】ー初・中級者向けー
中央アルプス 三ノ沢岳
出典:ウィキメディアコモンズ
三ノ沢岳(三沢岳)は、宝剣岳から南西方向にあるピラミッド型の山です。三ノ沢岳では、中央アルプスの固有種であるヒメウスユキソウ(コマウスユキソウ)などの高山植物も有名で、花を楽しみたい人にもおすすめです。
中央アルプス コマウスユキソウ ヒメウスユキソウ
出典:ウィキメディアコモンズ ヒメウスユキソウ(コマウスユキソウ)
コース概要】
●コースタイム合計=6時間15分(上り:3時間15分 下り:3時間 休憩時間含まず)
●地図=中央アルプス木曽駒/ヤマケイオンライン 山と高原地図40中央アルプス/昭文社
●登山適期=7月~10月


【宝剣岳】ー中・上級者向けー
中央アルプス 千畳敷 朝焼け
出典:中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ

中央アルプス 宝剣岳の鎖場
出典:好日山荘
宝剣岳はロープウェイから降りて目の前に聳える岩峰の山ですが、山頂付近は鎖場が続き中・上級者向けのルートです。山頂は狭いですが、大展望が広がります。
【コース概要】
●コースタイム合計=2時間40分(極楽平経由 上り:約1時間30分 下り:1時間10分 休憩時間含まず)
●地図=中央アルプス木曽駒/ヤマケイオンライン 山と高原地図40中央アルプス/昭文社
登山適期=7月~10月


【千畳敷から空木岳への縦走コース】ー中・上級者向けー
中央アルプス 空木岳
出典:ウィキメディアコモンズ
千畳敷から宝剣岳に登り、空木岳へ縦走するコースです。展望がよく気持ちの良い尾根歩きができるのと、夏ならば高山植物が美しいです。空木岳山頂は、不思議な形の岩がゴロゴロしていて360度見渡すことができる気持ちのよい山です。
【コース概要】
●1泊2日

●地図=中央アルプス木曽駒/ヤマケイオンライン 山と高原地図40中央アルプス/昭文社
登山適期=7月~10月



【お役立ち情報リンク】

●中央アルプス駒ケ岳ロープウェイはこちら(※駒ケ岳ロープウェイは通年運行です)
●ヤマレコの便利な地図機能「ヤマプラ」はこちら
●下山後の温泉情報:こぶしの湯 こまくさの湯

(※紹介したコースタイムは、山と高原地図を参考にしています。また、休憩時間を含みませんので計画を立てるときは、時間×10分をプラスするなどして休憩時間を含めた全体の行動時間を算出してみて下さい。また、コースタイムは登山経験や体力、天候などによって変わります。ご自身の体力に合わせた無理のない計画をたて、登山を楽しみましょう。)

中央アルプス行ってみよう!

千畳敷の高山植物_済
出典:ホテル富貴の森
中央アルプスにある千畳敷カールは、宝剣岳のダイナミックな岩峰も見ごたえがありますが、季節ごとに映ろう自然も素晴らしく何度も訪れたくなる場所です。駒ケ岳ロープウェイに乗れば、一年を通して楽しむことができますので、ぜひ中央アルプスに行ってみてはいかがでしょう!

Go to the Central Alps!

中央アルプスへ行ってみよう!

 

【登山時の注意点】
・しっかりとした登山装備で入山して下さい。(足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、帽子、ザック、ヘッドランプ、速乾性の衣類、食料、水など)
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!

【免責事項】
・本ウェブサイトに掲載する記事や情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。株式会社スペースキーは本ウェブサイトの利用・使用ならびに閲覧によって生じたいかなる事故を含む損害にも一切責任を負いかねますのでご了承ください。なお、ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更する場合があります。

編集部おすすめ記事


あなたにオススメ

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

中央アルプス 千畳敷カール
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」