ゴアテックス洗濯|6つの正しい手順とは

ゴアテックスの洗濯手順を6つにまとめました。洗剤を正しく選べば家の洗濯機でもできる、ゴアテックスの洗濯方法をご紹介!マムートやモンベルなど上質なものを長く使うために、脱水法も間違えないようにしましょう。しっかりお手入れして愛用しましょう!


アイキャッチ画像出典:Nikwax

ゴアテックス洗濯前に4つの事前準備

ゴアテックス洗濯専用の洗剤
出典:Nikwax
1.洗濯絵表示タグを確認!
タグを確認して、洗濯機で洗えるものか、手洗いのみOKかをしっかり確認してください。乾燥機の使用が可能であれば、乾燥機の使用がおすすめです。


2.洗濯ネット・専用洗剤を用意!
洗濯機で洗う場合は洗濯ネットも用意しましょう。洗剤は液体がおすすめです。石鹸が良くない理由としては、石鹸の化学反応によって新たな汚れが形成される可能性があるからです。
ニクワックス テックウォッシュ
ITEM
ニクワックス テックウォッシュ
汚れを落としつつ、柔軟性・伸縮性に優れた撥水ポリマーが繊維に1本1本絡みつくので、ウェアなどの動くものでも撥水性を回復させることができます。


3.ファスナー・ベルクロを全て閉じる
余計な負荷により破損してしまったり、生地を傷つけられるのを避けるために全て閉じてください。


4.収納フードを取り出して広げる・コードも全て緩める
汚れ落ちのムラや、洗濯汚れの残留を防ぐために必ず洗濯前に行いましょう。

ゴアテックスの洗濯方法 6つの手順

【ゴアテックスの洗濯~洗濯機使用~】
1.アイテムを洗濯ネットに入れるゴアテックス洗濯でネットにウェアを入れる ウェアが絡まらないように、洗濯ネットに入れて洗濯機に入れましょう。

2.中性洗剤を入れ、40度以下のぬるま湯で洗濯ゴアテックス洗濯に適したお湯の温度を表示
弱流(ソフト)に設定をして洗います。ぬるま湯で洗うことによって汚れが落ちやすくなります。柔軟剤・漂白剤・染み抜き剤はNG!

3.すすぎはいつもの2倍でゴアテックス洗濯するときにすすぎを念入りに設定
洗剤や汚れの残留を防ぐために、すすぎは特に念入りに行ってください。汚れと同様に洗剤の残留も撥水性を低下させてしまいます。
【ゴアテックスの洗濯~手洗い対応~】
1.中性洗剤100mlと40度以下のぬるま湯を桶に入れる
ゴアテックス洗濯を手洗いで行うときの準備 大きい桶のようなものを用意して、洗剤とぬるま湯をいれます。お湯はたっぷりいれましょう。


2.泡立てながらじゃぶじゃぶ洗って15分ほど浸けて置く
ゴアテックス洗濯を手洗いでする 泡立てながら全体を洗って下さい。もみ洗いは厳禁です。洗い終えたら汚れを落とすために15分ほど放置しておきましょう。


3.よーくすすぐ。たくさんぬるま湯を使う!
ゴアテックス洗濯でたくさんお湯を入れてすすぐ 通常よりもよくすすいで汚れと洗剤を落とすことを意識してください。ぬるま湯があわ立たなくなるまで細部もしっかり流そう!


【洗濯機・手洗い共通~洗った後は~】
1.水を切って日陰干しゴアテックス洗濯のあとにウェアを干す ゴアテックスは水を通さないので、脱水は省略してもかまいません。軽く水を切ったら風通しの良い日陰で干しましょう。

2.あて布をしてアイロンがけをするゴアテックス洗濯で乾いたウェアをアイロン掛け
自然乾燥後、当て布をして中温でアイロンをかけましょう。温めることによって撥水性能を回復します。

3.撥水処理を行うゴアテックス洗濯後に撥水処理をする
撥水スプレーを薄く全体に吹きかけます。乾燥したら、これを4~5回繰り返します。一度にかけすぎてシミが発生した場合、すぐにアイロンで熱を加えましょう。シミを薄くのばすことができます。
モンベル SRスプレー 330ml
ITEM
モンベル SRスプレー 330ml
洗濯後にスプレーするだけで、ゴアテックスなどの透湿性を失わずに撥水加工を施すことができる。ウエァだけでなく、テントやシューズにも使用できます。

長持ちさせるために

ゴアテックスの洗濯をしたあとにウェアを着て山を登る男性
出典:ザ ノースフェイス
高価なゴアテックス製品でも、使用するうちに少しづつ撥水効果が弱まってきます。洗濯するときに撥水機能を回復できるようなお手入れをして、長く使っていきたいですね!

Washing suitable for Gore-Tex

ゴアテックスにあった洗濯を!

紹介されたアイテム

ニクワックス テックウォッシュ

ニクワックス テックウォッシュ

¥2,003 税込

モンベル SRスプレー 330ml

モンベル SRスプレー 330ml

¥1,337 税込

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ゴアテックス洗濯用の洗剤とウェア
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード