大山(おおやま)の紅葉は見逃せない!見ごろ情報【2017年版】

神奈川県大山の紅葉について特集!丹沢・大山は登山コースとしても人気があるエリアですが、ケーブルカーで上がれるという利便性から紅葉シーズンになると多くの観光客が押し寄せます。今回は2017年の見ごろ情報とおすすめスポット、アクセスを紹介します!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

神奈川の大山(おおやま)、紅葉の見ごろはいつ?

大山の紅葉
出典:PIXTA
神奈川県伊勢原市、秦野市、厚木市の境界にある大山(おおやま)は標高1,252mの山。ケーブルカーを利用して空中散歩、そして2時間とかからずに山頂へ行けるので、初心者やファミリーにもおすすめです。そして秋になると絶景の紅葉が出迎えてくれるので、普段登山をしない観光客の人々も押し寄せる人気の山なんです。

大山 現在の気温とようす

紅葉の見ごろは?

紅葉の葉
出典:PIXTA
見ごろは11月中旬~下旬。 カエデ、モミジ、サクラなどが色づきます。

渋滞や混雑具合は?

大山寺からの風景
出典:PIXTA
シーズン中の11月の土日はかなり混雑します!ケーブルカーも長くて1時間待ちになることもあります。また秦野周辺から車が渋滞し始め、駐車場渋滞も30分~1時間待ちになることも。お天気がよければ伊勢原市の景色も良く、なおさら観光客が殺到するので覚悟して行った方がよさそうです。

大山への登山で楽しむ紅葉

大山の秋の山肌
出典:PIXTA
秋の丹沢は、山肌が色とりどりの紅葉でとっても鮮やか。登山者の目を楽しませてくれますよ。登山コース詳細は下記をチェック!


伊勢原の夜景と紅葉を楽しむ、お寺と神社

大山登山の起点ともなる寺社仏閣も、多くの観光客が訪れる紅葉の名所です。

ケーブルカーで大山寺へ

大山ケーブルカー
出典:PIXTA
大山の山麓駅「大山ケーブル」駅を出発し、徐々に標高を上げて最初に停車するのは「大山寺」(おおやまでら)駅。所要時間は2分です。

大山寺参道の紅葉
出典:PIXTA
ここは真言宗大覚寺派の大本山。参道を真っ赤に染める紅葉は圧巻です。

大山寺のライトアップ
出典:PIXTA
また、紅葉の期間はライトアップもされ幻想的な世界を味わえますよ。

大山ケーブル~大山寺/大山寺~阿夫利神社

片道:おとな350円/こども180円
往復:おとな600円/こども300円(繁忙期:おとな680円/こども340円)

※4/27~5/7の土曜、4/28~5/8の日祝日、11月の土日祝日は繁忙期料金となります。

【大山寺】
住所:神奈川県伊勢原市 大山724
標高:407m
営業時間:9:00~16:30(土日祝は17:00まで)
ライトアップ期間:2017年11月18日(土)~11月26日(日)

ミシュラン2つ星を獲得した大阿夫利神社からの眺め

大山阿夫利神社
出典:PIXTA
ケーブルカーの最終駅は「阿夫利神社」。大山寺駅からの所要時間は4分です。

大山阿夫利神社からの景色
出典:PIXTA
源頼朝をはじめとした多くの武将に慕われたこの神社。なんとこの神社からの眺めは、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改訂第4版(フランス語)に紹介され、2つ星を獲得しています。伊勢原市の夜景とのコラボレーションは、カップルにもおすすめですよ。

大山ケーブル~阿夫利神社

片道:おとな630円/こども320円
往復:おとな1,100円/こども550円(繁忙期:おとな1,240円/こども620円)

※4/27~5/7の土曜、4/28~5/8の日祝日、11月の土日祝日は繁忙期料金となります。

【大山阿夫利神社】
住所:神奈川県伊勢原市大山355
標高:722m
営業時間:9:00~16:30(土日祝は17:00まで)

大山ケーブルカー駅へのアクセス

大山ケーブル駅
出典:PIXTA
住所:神奈川県伊勢原市大山667
標高:313m


【車の場合】
東名厚木ICもしくは秦野中井IC(東名高速道路)―国道246号―目的地(約40分)
<駐車場情報>
市営第1駐車場(普通車84台/600円、大型車6台/1,500円)


市営第2駐車場(普通車44台/1,000円、二輪車6台/200円)

【電車の場合】
小田急線「伊勢原駅」北口、バス4番乗り場で神奈川中央交通バス「大山ケーブル」行き乗車、終点下車。(バス310円)

神奈川中央交通バス 時刻表

初心者でも楽しめる!

阿夫利神社からの紅葉と夜景
出典:PIXTA
大山はアクセスもよく、初心者も楽しめること間違いなしの山です!この時期にしか見ることのできない幻想的な風景を、今年はぜひ見にいってみませんか?

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

大山寺からの風景
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」