【東北】候補に挙がったけど日本百名山に選ばれなかった山5座!

日本百名山に選ばれなかった山が全国にたくさんあるのをご存知ですか?日本百名山は深田久弥氏が制定した日本の100座ですが、その選定基準や条件に何らかの理由で届かずに、候補に挙がったものの選ばれなかった山、今回は東北の5座をご紹介します!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

日本百名山の定義とは

姫神山出典:PIXTA
日本の約70%は山地と言われています。それほどまでに多い山々の中で、「日本百名山」を記した深田久弥氏によると、その制定にはとある条件、基準があったようです。その条件とは、

・「品格・歴史・個性」を兼ね備えていること
・標高1,500m以上の山であるということ
・本人が登頂している山であること

以上の3つです。では、「品格・歴史・個性」とはいったいどのようなものと定義されているのでしょうか?

  • 山の品格 – 人には人格があるように、山には『山格』のようなものがあるとし、誰が見ても立派な山だと感嘆する山であることを、第一の基準とした。
  • 山の歴史 – 昔から人間との関わりが深く、崇拝され山頂に祠が祀られている山であるというような山の歴史を尊重し、第二の基準とした。
  • 個性のある山 – 芸術作品と同様に、山容・現象・伝統など他には無いような顕著な個性をもっていることを、第三の基準とした。出典:wikipedia

以上を、百名山に選ぶ際の山の条件として深田氏は述べていました。



その他「観光開発が進みすぎている山は除外」とも述べられているようです。このような選定基準から、日本にある素晴らしい山々が百名山として名を連ねたわけですが、当然「候補に挙がっていたがあぶれてしまった山」も数多く存在します。今回は、魅力的だけど惜しくも選ばれなかった東北の山々を紹介していきます!

百名山に選ばれなかった東北の山5選

さて、いったいどのような山が候補に挙がっていたのでしょうか?今後登る山の参考にしてみましょう!

秋田駒ヶ岳(あきたこまがたけ)

秋田駒ヶ岳の登山道を行く女性出典:PIXTA
標高 山頂所在地 山系
1,637m 秋田県仙北市・岩手県岩手郡 奥羽山脈
参考:ヤマレコ
全国に数多くある「駒ヶ岳」の名の付く山の中で、もっとも花・植物が豊富な山が秋田駒ヶ岳です。その景観の美しさから、百名山入りにおいてもかなり有力な候補だったよう。残念ながらあぶれてしまいました。しかし池や花を見ながらの木道歩きは、静かな登山におすすめですよ。

栗駒山(くりこまやま)

秋の栗駒山出典:PIXTA
標高 山頂所在地 山系
1,627m 岩手県・宮城県・秋田県 奥羽山脈
参考:ヤマレコ
山頂は宮城と岩手の県境で、日本二百名山の1つです。様々な呼び名があり、須川岳、酢川岳、大日岳などとも呼ばれることがあります。初級者から上級者まで楽しめる豊富なコースが魅力です。

森吉山(もりよしざん)

森吉山出典:PIXTA
標高 山頂所在地 山系
1,454m 秋田県北秋田市 独立峰
参考:ヤマレコ
標高が低く惜しくも落選となった森吉山。深田氏いわく「良い山ではあるが背が少し足りていない」とのことでした。地元の人からは「秋田山」と呼ばれ親しまれています。東側に広がる「山人平」というお花畑には、山人と呼ばれる巨人が住んでいた、という伝説もあるそうです。

姫神山(ひめかみさん)

姫神山と田園出典:PIXTA
標高 山頂所在地 山系
1,124m 岩手県盛岡市 独立峰
参考:ヤマレコ
歌人の石川啄木がこよなく愛したといわれている姫神山。ここの山頂から見える岩手山は、とても美しい円すい形でまさに「南部富士」の名にふさわしいそうですよ。


船形山(ふながたやま)

船形山出典:PIXTA
標高 山頂所在地 山系
1,500m 宮城県・山形県 船形火山群
参考:ヤマレコ
日本二百名山で、宮城県側では船形山、山形県側では「御所山」(ごしょざん)とも言われています。ぴったり標高1,500mですが、惜しくもあぶれてしまいました。登山コースが豊富で飽きることなく地元の人に愛されている山の1つです。

登ったことのある山はありましたか?

栗駒山山頂出典:PIXTA
今回は、東北の「百名山に選ばれなかった山」を紹介しました。どれも地元の人に愛されている魅力的なの山ばかりでしたね。今後各地方の「惜しかった名峰」をまだまだ紹介していく予定です。お楽しみに!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

秋田駒ヶ岳ムーミンの谷
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」