【中・上級者向け】乗鞍岳をもっと楽しめるバリエーション豊かなコース特集!

乗鞍岳は初心者にやさしい北アルプスの3,000m峰ですが、中上級者も楽しめるコースや要素もあります!記事では、冬の乗鞍岳登頂や近年大規模整備が行われた新登山道、難易度の上がる乗鞍岳南側のコースを紹介。まだまだ知らなかった乗鞍岳の姿が堪能できますよ!


乗鞍岳は中上級者も楽しめる!

乗鞍岳といえば、初心者でも気軽に登れる北アルプス3,000m峰として有名ですが、多くの峰を持ち大きな広がりをみせる乗鞍岳にはまだまだ魅力的な登山コースがあるんです!中上級者も満喫できる乗鞍岳の魅力がつまったコースを紹介します。

初級者向けの登山コースはこちらをチェック!


乗鞍岳の天気情報

乗鞍岳に行く前に、現地の天気や様子をチェックしておきましょう。

<天気>
マピオンで乗鞍岳の天気を調べる
<ライブカメラ>
乗鞍岳の現在の様子はライブカメラで確認することができます。
岐阜県高山市丹生川から望む乗鞍岳
乗鞍高原から見た乗鞍岳
三本滝レストハウスからの様子

白銀に染まる乗鞍岳も魅力的!冬山登山入門コース

積雪期の北アルプスと聞くと上級者向けというイメージがありますが、乗鞍岳は積雪期でも比較的登りやすく、雪山登山の入門ともいえる山です。もちろんしっかりとした雪山登山の装備で臨まなければなりませんが、ここでは最もメジャーな冬の乗鞍岳登山コースを紹介します。

スキーシーズンに乗鞍高原から剣ヶ峰へ!

距離 コースタイム 標高差 日程 難易度
約5㎞ 約4時間~4時間30分 約1,000m 日帰り ★★★★
かもしかリフト最上部(ツアーコース開始点)(約1時間30分)→ツアーコース終点(約1時間)→肩の小屋口(約1時間30分~2時間)→剣ヶ峰
コースの大半はなだらかな雪面ですが、稜線へ出ると風が強く雪が硬いので気を抜けません。また、エスケープルートはないため、天候悪化の場合は引き返す必要があります。Mt.乗鞍スキー場のリフトを利用して高度を稼ぎ、剣ヶ峰を目指します。日帰りも可能ですが、位ヶ原山荘で泊まって翌日剣ヶ峰へ向かう1泊2日の行程がベスト。スキーの場合、登頂後は山頂付近から麓のバス停まで滑走を楽しむこともできます。
Mt.乗鞍スノーリゾート
12月上旬~4月上旬にオープンしているMt.乗鞍スノーリゾートが冬の乗鞍岳の玄関口。スキー場のリフトを使って高度を稼ぎます。2つ目のリフトを降りたところにある三本滝レストハウス前には黄色いポストがあります。ここへ登山届を提出したら出発!
最後に3つ目のリフトでゲレンデを上り切ったらスキー場管轄外のバックカントリーツアーコースに着き、ここから登り始めます。広く切り開かれた樹林帯の中の道を進むため、多少の悪天候でも道に迷う心配はなし。
ツアーコースに間隔をおいて付けられた番号札の6番を曲がれば位ヶ原山荘へ向かう分岐に到着。赤布の目印を辿って右手の林へ入り、車道へ出たらそのまま道を辿って位ヶ原山荘へ。テント泊の場合は分岐付近での設営も良し。
2日目、山荘から登る場合は、車道を少し戻り夏道と同じところから登ります。分岐からの場合は、そのまま直進。なだらかな広い斜面を登っていきます。かなり広い雪原で、悪天候でガスっていると迷いやすいので要注意。
雪化粧した乗鞍の峰々や槍・穂高連峰の姿を楽しみながら高度を上げていくと、やがて肩ノ小屋口に建つトイレ(冬季閉鎖)が確認でき、目印にしながら稜線目指してさらに進みます。道はなく広々とした雪原なので、適当に好きなところや登りやすいところを登っていきます。
なだらかな斜面はスノーシューが歩きやすく、雪が硬くなる肩ノ小屋に近づく辺りからはアイゼンを装着。斜面には雪の風紋シュカブラも見られます。剣ヶ峰に近づくにつれ次第に傾斜はきつくなります。ストレートに剣ヶ峰を目指す場合は朝日岳のピークは通らず東側を巻いて進みます。
雪に埋もれた岩々が顔を覗かせているところを超えれば剣ヶ峰に登頂!夏に見るのとは別世界の景色を堪能できます。手軽に登れることから夏は多くの登山客で混み合いますが、冬は静かな乗鞍岳を楽しめます。下りは車道に出る地点付近で沢に入らないよう注意しながら下りましょう。

位ヶ原山荘(冬季)

冬季に唯一営業している位ヶ原山荘は冬の乗鞍岳登山にとって重要な拠点となる山小屋。行程の中に小屋泊を挟むことでゆとりのある登山ができるでしょう。
住所:長野県松本市安曇
電話:090-9001-7362
営業時期:年末年始、2月上旬~10月下旬
※2016~17シーズンは、12月23日~1月9日、2月4日~10月下旬
標高:2,415m
収容人数:40人
トイレ:あり(宿泊者無料、外来者100円)
テント場:なし ※冬季の山荘付近での幕営は厳禁。
<冬季宿泊料金(年末年始・2月~5月14日)>
1泊2食付 8,000円
1泊夕食のみ 6,800円
1泊朝食のみ 6,200円
素泊まり 5,000円
※要予約
冬季はコーヒーやおしるこ、日本酒、焼酎、赤ワインなどもあります。宿泊者用の談話室には豆炭こたつがあります。自炊可能、宿泊者は飲料用水、お湯の提供を無料で受けられます。

位ヶ原山荘

どんな服装で登ればいい?

1月~2月の厳寒期には氷点下20度前後まで冷え込む乗鞍岳。しっかりとした冬山登山の装備を用意しなければ命に関わります。
●体(ウェア)
汗を掻くと気化熱により体温が奪われるため、汗が出るか出ないかくらいの適切なレイヤリングで臨みましょう。発汗による衣類の濡れには注意してください。また、裾からの雪や冷気の侵入を防ぐためにウインドスカートを、足元からの雪の侵入を防ぐためにスパッツも用意。
●目
雪面の照り返しや風雪時に備えてサングラスとゴーグルを用意しましょう。
●頭
帽子を用意しましょう。耳まで隠れるものがベスト。
●手
凍傷にならないよう、グローブは必携です。
●足(フットウェア)
保温性が高い中綿入りや皮革製のもので、防水透湿性を備えたブーツがベスト。
●足(ギア)
10本爪以上のアイゼンやスノーシューを用意しましょう。事前のフィッティングチェックは欠かさずに。
●ギア
バランス保持や滑落停止などに使われるピッケルや、なだらかな斜面を歩くときに体の負担を減らしサポートしてくれるポールも用意しましょう。


登山道整備で古道が復活!平湯温泉出発の乗鞍岳満喫コース

乗鞍新登山道整備

乗鞍岳の新登山道を整備する人
平湯温泉では繁忙期前に中腹にある権現社へお参りする伝統があり、平湯温泉から乗鞍岳へ通じる古い登山道を地元の有志のみで毎年整備を行っていました。しかし、危険な箇所が多いにもかかわらず、有志の整備だけでは安全をしっかり確保できないことから、クラウドファンディングで資金を調達した大規模な整備プロジェクトが始動。
乗鞍岳新登山道マップ
平湯温泉観光協会を中心に、協賛するアウトドアメーカーやメディア、サポーターとして参加した一般の登山者らによって2016年と17年に新登山道の整備が行われました。このプロジェクトにより、多くの峰々から成る乗鞍岳をより深く味わえ、眺望も歩きごたえも抜群のコースが復活しました!

乗鞍新登山道整備2017

乗鞍新登山道|平湯温泉から乗鞍の峰々を歩くロングトレイル

乗鞍岳新登山道コース図2
距離 コースタイム 標高差 日程 難易度
約13.2㎞ 8時間 1,716m 日帰り ★★★
平湯キャンプ場(100分)→1861m地点(90分)→水場(45分)→乗鞍権現社(60分)→硫黄岳(60分)→平湯・十石山登山口(20分)→大黒岳分岐(20分)→畳平(35分)→肩の小屋(50分)→剣ヶ峰
平湯温泉スキー場のゲレンデから登り始めます。1時間程度登ると大きな広場があり、平湯尾根に続く登山口があります。

平湯尾根
平湯尾根は比較的緩やかです。途中、目印となる小さな沼「白猿ヶ池」があります。展望が開け、焼岳や穂高岳が見渡せるポイントもあり。

乗鞍岳新登山道途中の階段
金山尾根に入ると傾斜が増してきます。途中に水場がありますが、夏季は涸れて使用できません。緩やかな平湯尾根と急登が続く金山尾根を越えると小さな社が建つ乗鞍権現社へと辿り着きます。

乗鞍権現社から開ける展望
乗鞍権現社あたりからは展望が開け、乗鞍岳を構成する峰の数々を見渡せ、振り返れば焼岳をはじめ北アルプスの山々も見渡せます。

硫黄岳付近のハイマツ帯
硫黄岳に近づくにつれ、辺りはハイマツ帯となり視界も良好。ところどころガレ場もあり。硫黄岳、丸山と縦走し、大丹生岳の手前でスカイラインと合流。あとは道なりに進み、畳平を経由して剣ヶ峰へ向かうコースとなります。

乗鞍岳剣ヶ峰付近
この新登山道はロングコースですが、下りに畳平から出ているシャトルバスを利用すれば日帰りで往復することも可能です。また、行きはバスで畳平まで行って剣ヶ峰登頂を果たし、北側に広がる北アルプスの大パノラマを見ながら下りで新登山道を歩くのもGOOD!

【上級者向け】金山、十石山を通って白骨温泉へ至るルート

乗鞍権現社→金山(約1時間)→十石山(約3時間)→白骨温泉

乗鞍権現社の東側には十石山へ向かうルートが分岐しています。このルートは山と高原地図には記載されておらず、バリエーションルートとなります。崩落の危険性も指摘されているかなりのやせ尾根を通過することから、安易に歩くことのできないコースです。
乗鞍権現社の分岐から目印の赤布を頼りに東へ少し登るとガレた岩場の金山の頂に着きます。乗鞍岳や北アルプスの名峰が絶景が楽しめるビューポイント。
金山から十石山までのルートは、踏み跡が無くどこが道かも分からないような、ハイマツなどの木々に覆われた場所を藪漕ぎしながら進むことになります。また、崩落の危険性も指摘されるやせ尾根を通ります。
ハードな山行の果てに辿り着く十石山頂上には避難小屋があります。ここから白骨温泉へは、整備され牧歌的な雰囲気を楽しめるコースとなります。

乗鞍岳を南側から登るコース3選

乗鞍岳の南側にも魅力的な登山ルートがあります。登山者の少ない静かな山歩きが楽しめますよ!

①中洞権現ノ尾根コース

距離 コースタイム 標高差 日程 難易度
約9.6㎞ 5時間45分(5時間) 1,562m 日帰り ★★★
※表のコースタイムの()内は、下山時のタイムです。
アイミックス自然村南乗鞍オートキャンプ場(90分)→登山口(林道終点)(180分)→中洞権現(75分)→剣ヶ峰
アイミックス自然村南乗鞍オートキャンプ場から続く林道を進み、登山口へ。車は阿多野郷川を越えるゲート前まで乗り入れることが可能。序盤いきなりの急登で、笹薮こぎが必要なハードな道が続きます(近年刈り払いされ定期的に整備も行われている)。森林限界を超えるとハイマツ帯となり展望が開けます。御嶽山や白山の展望がGOOD。リボンやケルンを目印に踏み跡のない道を進み、中洞権現を経由して剣ヶ峰を目指します。

②青屋古道を歩く九蔵ノ尾根コース

距離 コースタイム 標高差 日程 難易度
約17㎞ 10時間15分(7時間05分) 2,189m 1泊2日 ★★★
※表のコースタイムの()内は、下山時のタイムです。
九蔵(50分)→小俣谷橋(120分)→1692m地点(70分)→1876m地点(140分)→千町ヶ原(60分)→奥千町避難小屋(100分)→中洞権現(75分)→剣ヶ峰
静かに佇むお地蔵様の数々や木道が整備された美しい湿地帯の千町ヶ原が見どころのロングコース。100年以上昔に開通し、一度は自然に帰したものの再整備された、地元の人々が大切にする歴史のある道です。笹薮こぎもあるワイルドな道を進むので体力が必要です。登頂を目指すと非常に長いコースとなる上、道中には無人の避難小屋が1つあるだけなので、千町ヶ原までのトレッキングを楽しむ人が多いコースでもあります。登る人が非常に少ないため、静かな山行が楽しめます。

③丸黒尾根から千町尾根を経て剣ヶ峰へ

距離 コースタイム 標高差 日程 難易度
約14.8㎞ 9時間30分(7時間15分) 1,518m 1泊2日 ★★★
※表のコースタイムの()内は、下山時のタイムです。
国立乗鞍青少年交流の家(25分)→日影峠(5分)→1543m地点(40分)→水場(35分)→平金乗越(30分)→白山見晴台(50分)→丸黒山(150分)→千町ヶ原(60分)→奥千町避難小屋(100分)→中洞権現(75分)→剣ヶ峰
国立乗鞍青少年交流の家を起点に、標高1,956mの丸黒山山頂と千町尾根を辿って剣ヶ峰に至るロングコース。丸黒山までの登山道はよく整備されており、案内表示もあります。丸黒山山頂からは白山を大迫力で見ることができ、乗鞍岳の姿も遠くに望めます。千町ヶ原で九蔵ノ尾根コースと合流。木道が整備された湿地帯や展望が開けるハイマツ帯を進んで剣ヶ峰へ。道中の山小屋は、九蔵ノ尾根コース同様、奥千町避難小屋の1つとなります。

みんなの登山記録を見てみよう!

ヤマレコでみんなの乗鞍岳登山を見てみましょう。夏季・冬季の記録をはじめ、様々なルートから乗鞍岳を楽しんでいることがわかります。

ヤマレコ

各登山口へのアクセス方法

ここでは各登山口へのアクセス方法を紹介します。

Mt.乗鞍スノーリゾート、平湯温泉

Mt.乗鞍スノーリゾートおよび平湯温泉へのアクセスはこちらをご覧下さい。


アイミックス自然村南乗鞍オートキャンプ場(中洞権現ノ尾根コース)

・松本ICより国道158号線野麦峠経由約60km
・木曽福島より国道361号線を北上約50km
・高山市より国道361号線を南下約37km
・久々野より87号線経由国道361号線を南下約33km
・塩尻ICより木曽福島経由南下約85km
<駐車場情報>
アイミックス自然村南乗鞍オートキャンプ場から続く林道を進み、阿多野郷川にかかる橋の手前に無料で駐車できるスペースがあります。なお、キャンプ場の駐車場は、キャンプ場利用者のみとなっています。

九蔵(九蔵ノ尾根コース)

●東京方面から
塩尻IC―国道20号―国道19号―木曽大橋交差点右折―国道361号―岐阜県高山市朝日町上ケ見付近の青屋川にかかる橋へ右折―右折後約10㎞程度進む(約2時間30分/距離115km)
●大阪方面から
飛騨清見IC―高山清美道路(国道158号)―高山西ICで降りる―道の駅ななもり清美で左折―国道158号―三日町交差点左折―国道158号―上岡本町南交差点右折―高山バイパス(国道41号)―石浦町南交差点左折―高山南部農免農道―美女街道(国道361号)岐阜県高山市朝日町上ケ見付近の青屋川にかかる橋へ右折―右折後約10㎞程度進む(約1時間15分/距離約47km)
<駐車場情報>
登山口手前1.5Kmにゲートがあり、駐車場はないため路肩に駐車。

国立乗鞍青少年交流の家(丸黒尾根コース)

【車の場合】
●東京方面から
松本IC―国道158号―県道462号―国立乗鞍青少年交流の家(約1時間50分/距離約90km)
●大阪方面から
飛騨清見IC―高山清美道路(国道158号)―高山ICで降りる―国道41号―下岡本町南交差点左折―県道458号―三福寺町交差点右折―松之木町西交差点左折―国道158号―松之木町東交差点右折―木曽街道―県道462号―国立乗鞍青少年交流の家(約1時間/距離約43km)
<駐車場情報>
施設敷地内に駐車場あり。

【公共交通機関を利用する場合】
デマンド方式(予約制)のバスが高山駅から出ています(所要時間約50分)。利用日の前日18時までに濃飛バス高山営業所へ連絡して予約してください。
予約専用ダイヤル 0577-33-7780

時刻表・運賃はこちら

乗鞍岳のさらなる魅力を満喫しに行こう!

気軽に登れる3000m峰として多くの人に親しまれている乗鞍岳ですが、まだまだたくさんの顔があるということを紹介してきました。すでに登ったことがある人もまだの人も、乗鞍岳のさらなる魅力をたっぷり味わってみて下さい!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

From PIXTA
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

milkywaygalaxy
milkywaygalaxy

バックパックを背負って向かった旅先で経験した、登山やツーリング、ダイビングなどのアウトドアに魅せられ早数年。次はどこで何をしようか、考えるだけでわくわくしてきます!そんなアウトドアの魅力を言葉で伝えたいと思います。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」