スノースクートって知ってる? 雪遊びがもっと楽しくなる最強マシン!

スノースクートについて特集します。あまり聞き慣れないこの単語、実は今ひそかにウィンタースポーツの中で人気を集めている新しい乗り物なんです。どんな乗り物?特徴は?など、素朴な疑問にお答え!さらに人気モデル、レンタル可能なスキー場も紹介します。


スノースクートって何だ?

スノースクート、ってご存知ですか?今ひそかに注目を集めているスノーアクティビティの1つで、「雪上自転車」とも言われています。ウィンタースポーツをやったことのない人でも簡単に乗りこなせる!と話題なんです。
見た目は、自転車+スノーボード。ハンドルやフレームはBMXなどの自転車ですが、タイヤ部分がなく代わりにボードがついています。2つが合体した様な乗り物だから、BMXやモトクロスなどの自転車スポーツをする人、またスキーやスノーボードなどウィンタースポーツをする人それぞれにとって馴染みがあり人気を集めているんです。

なぜ人気?スノースクートの3つの特徴

① ウィンタースポーツ未経験者でも乗りこなせる!
何よりまず、一番はこの初心者や子供でも楽しめるという点です。理由はハンドルがついていることが大きく関係します。両手でハンドルを持ち、体を支えることができるためスキーやスノーボードに比べてバランスが取りやすく、またコントロールがしやすいので、「ボードやスキーは難しくて…」という方も安心してトライできます。自転車に乗れる方なら、感覚をつかむのも早いはず!
② 国内のスキー場ほとんどで滑れる!
現在、日本国内80%以上のスキー場でスノースクートを滑ることができます。想像以上にゲレンデでの敷居が低いのもうれしいポイント。スキー場によって滑走の条件等が異なりますので、事前にチェックしましょう。

スノースクート滑走可能ゲレンデ一覧
③ カスタム可能でこだわりの1台を追求できる!
スノースクートはそれぞれフレーム・ボード・ハンドルなど自分の好みのパーツを組み合わせてカスタムが可能!2輪にこだわっている人はうれしいですよね。まずは完成品から初めて、少しずつ自分のこだわりを足していくのもマシンを育てる楽しみの醍醐味です。

見るとやりたくなっちゃう!?スノースクートのスゴ技トリック

上級者はこんなスゴ技も!簡単に滑るだけならマスターするのにあまり時間はかかりませんが、こんな遊び方もできるなんてますます奥が深いですね、スノースクート!

スノースクートにかんする素朴なギモン

「実際にスノースクートで遊んでみたい!」と思った方へ、まずは素朴な疑問を解決しましょう!

レンタルはできないの?

多くのスキー場でレンタルサービスがあります。詳細は後半のページでご紹介します!

ヘルメットはいる?

普通に滑るだけなら、スノーボードなどと同じ服装、装備で大丈夫です。しかしジャンプや派手なトリックをする場合は必ず着用しましょう。


ゲレンデのリフトは乗れるの?

リフトも乗れます!とっても簡単に乗れるので、従来のスキーやスノーボードのような形で楽しめますよ。

車載はできる?

後部座席やルーフキャリアに積むことができます!さらに専用のケースに入れれば、高速バスでスキーに出かけたり宅配便で送ることも可能です。


「スノーモト」と「スノースクート」、何が違うの?

スノースクートによく似た乗り物でスノーモトというものがあります。大きな違いはシートブームが付いているものがスノーモト、付いていないものがスノースクートです。シートブームとは座るためのものではなく、足で挟んで体を倒したりするためのもの。スノースクートは発祥はフランス、スノーモトは発祥がアメリカという点も異なっています。


はじめてから上級者まで!スノースクートおすすめモデル

ここでは初級者から上級者まで、おすすめのスノースクートのモデルを紹介します。

スノースクート オールラウンドモデル ONE

コストパフォーマンスに優れたモデルで、乗り方次第でスライドターンからカービングターンまで様々な滑りに対応でき、乗り手を成長させてくれる初心者におすすめのモデルです。

スノースクート オールラウンドモデル ONE
ITEM
スノースクート オールラウンドモデル ONE
【スペック】
■素材:A6061 Aluminum
■デッキ幅:186mm

スノースクート STYLE-A

フリーランやフリーライドにおいて最高の安定感と性能を誇る最新スタイルAモデルです。オールラウンド、最軽量、トップモデルのスタイルAのフルモデルチェンジモデルです。トリックをメインで行うには少し大柄なモデルですが、バックカントリーでのジャンプやパウダーでの安定したアクションをするには最高のモデルです。

スノースクート STYLE-A
ITEM
スノースクート STYLE-A
【スペック】
■素材:6061アルミ
■デッキ幅:186mm

スノースクート STYLE-G

ワイドなボードにワイドデッキでパークからパウダーまで全てを楽しめるトップモデルです。どんなバーンでも安定したライディングが可能で、滑走中のすべての領域で安定感を出させてくれます。

スノースクート STYLE-G
ITEM
スノースクート STYLE-G
【スペック】
■素材:6061アルミ
■デッキ幅:226mm

スノースクート mini

自転車を乗るのが大好きな子供たちのために作られたミニモデルです。とても軽量かつサイズも小さいので子供達も取り回しがしやすく、スノースポーツを楽しむことができます。

スノースクート mini
ITEM
スノースクート mini
【スペック】
■素材:A6061アルミ
■デッキ幅:-

スノースクート フリースタイルモデル 70

ヘッドアングルが70度に設定されることにより、重心をフロントボード寄りに掛けることができるので、よりクイックな操作が可能で、トリック系のライダーに支持されているモデルです。BMXに近い動きをすることができるので、テイルウィップの成功率が上がります。

スノースクート フリースタイルモデル 70
ITEM
スノースクート フリースタイルモデル 70
【スペック】
■素材:6061アルミ
■デッキ幅:186mm

パーツ探しは中古が人気!

ボードやフレーム、ハンドルなど細かいカスタムをしたくなってきた方!まずは中古でパーツを探すのがおすすめです。多数出品されているので、チェックしてみましょう!

ヤフオク!でスノースクートのパーツを見る


スノースクートはレンタルもできる!

シーズンになると、各スキー場でスノースクートがレンタルできる!?手ぶらで行って遊べちゃうかも。紹介するのはほんの一部なので、詳しくはスキー場に要確認です!


北海道

【ノースポイント】

住所:札幌市東区北27条東22丁目3-2

電話:011-782-2800

定休日:木曜日

営業時間:10:30~19:30(日、祭19:00)

ノースポイント 無料お試しレンタル


新潟

【舞子スノーリゾート】

住所:新潟県南魚沼市舞子2056-108

電話:025-783-4100

定休日:シーズン中無休(12月10日~4月2・8・9日)

営業時間:8時30分~20時00分

料金:1日3,000円

舞子スノーリゾート

【岩原スキー場】

住所:新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽731-79

電話:025-787-3211

定休日:-

営業時間:8:00~17:00、ナイター営業(12/17~3/20)平日・休日17:00~20:00、土曜・年末年始17:00~21:00

料金:ロング1日券7,500円

岩原スキー場


長野

長野には数多くのレンタルショップがありますよ!

栂池高原スキー場

【野沢温泉スキー場】

住所:長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷7653番地

電話:0269-85-3166

定休日:営業期間(平成27年11月28日(土)~平成28年5月8日(日))

営業時間:8:00〜17:00 (ナイター営業時20:30)

料金:1日大人2500円

野沢温泉スキー場


岐阜

【チャオ御岳スノーリゾート】

住所:岐阜県高山市高根町日和田1739-1

電話:0577-59-3620

定休日:営業期間(2016年12月3日(土)~2017年5月中旬)

営業時間:8:00~16:30

料金:2時間1000円

チャオ御岳スノーリゾート


群馬

【スノーパーク尾瀬戸倉】

住所:群馬県利根郡片品村戸倉329

電話:0278-58-7511

定休日:営業期間(12月から4月)

営業時間:8:00~17:00

料金:3500円

スノーパーク尾瀬戸倉


関西

【ハイパーボウル東鉢】

住所:兵庫県養父市別宮284

電話:079-667-8201

定休日:営業期間(12月下旬~3月下旬)

営業時間:平日8:10~16:40、土休日8:10~16:40

料金:1時間1000円

ハイパーボウル東鉢

【ミカタスノーパーク】

住所:兵庫県美方郡香美町小代区新屋1024

電話:0796-97-2297

定休日:営業期間(12月中旬~3月中旬)

営業時間:平日8:20~16:50、祝前日8:20~16:50、土曜日8:00~16:50、日曜祝日8:00~16:50

料金:1日5500円

ミカタスノーパーク


ウインタースポーツの新しい楽しみ方

ウインタースポーツの楽しみ方はスキーやスノーボードだけじゃない!スノースクートは新しいウインタースポーツの楽しみ方として人気を集めています。自転車に近い形なので初心者の方も乗りやすく、上級者の方はトリック等を身につけて楽しむことができます。今シーズンはスノースクートでウインタースポーツを楽しんじゃいましょう。

紹介されたアイテム

スノースクート オールラウンドモデル ONE

スノースクート オールラウンドモデル ONE

¥91,692 税込

スノースクート STYLE-A

スノースクート STYLE-A

¥160,704 税込

スノースクート STYLE-G

スノースクート STYLE-G

¥153,360 税込

スノースクート mini

スノースクート mini

¥80,784 税込

スノースクート フリースタイルモデル 70

スノースクート フリースタイルモデル 70

¥140,184 税込

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

スノースクートをする人
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

Ryo
Ryo

旅行・写真が好きな神奈川在住のRyoです。写真を撮りながら旅行するのが好きで、1年に1度の海外旅行は欠かせません!近年はアウトドアの魅力に惹かれアウトドア初心者として勉強中。ライターとしても駆け出しですが、役立つ・使える情報を発信できるよう頑張ります!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」