青森のおすすめキャンプ場10選!コテージや温泉施設など

青森キャンプ場の人気ランキングが高いおすすめ施設をご紹介!ねぶた祭りや温泉、りんごを筆頭に食事が美味しい青森の魅力をギュッと楽しめる10のキャンプ場をまとめました。無料で宿泊できるところも多く自然豊かな青森のキャンプ場情報をチェックしよう!


アイキャッチ画像出典:なっぷ

青森のおすすめキャンプ場を紹介!

青森にある海辺のキャンプ場
出典:なっぷ
青森といえば、ねぶた祭りやリンゴを思い浮かべる方が多いですよね。青森には、湖畔のキャンプ場が多かったり、無料のキャンプ場が多かったり、自然豊かな青森が活かされたキャンプ場が実は多く存在します。今回はその中でも人気の高いキャンプ場10施設をご紹介!

コテージ泊もできる青森のキャンプ場3選

三沢市小川原湖畔コテージ/キャンプ場

青森の三沢市小川原湖畔コテージ/キャンプ場
出典:なっぷ
自然に囲まれた小川原湖畔のキャンプ場。冬は白鳥や多くの渡り鳥が飛来し、夏には遊泳エリアで水遊びをすることができます。とくに、コテージは湖に面していて見晴らしがよく、八甲田連峰の雄大なパノラマを満喫することができます。近くには温泉がいくつもあるので、湯めぐりもおススメです。

近くには寺山修司記念館や航空科学館他、オダナイ沼など自然がイッパイで遊びがいが有り楽しく過ごせました。
あとBBQセットの貸出もやってますので荷物も少しは減らせます。他に、炭、着火剤等の販売、コテージ利用者にはティファールの調理器具セットを何と無料で貸出してます。(出典:なっぷ

【施設情報】
営業期間:通年営業
定休日:定休日なし
施設タイプ:ロッジ・ログハウス・コテージ/フリーサイト
住所:青森県三沢市大字三沢字淋代平116-2949
電話番号:0176-59-2830
アクセス:青森鉄道三沢駅から約20分。三沢十和田下田ICから空港経由 約30分。
駐車場:あり
料金:
【コテージ】4~10月:10,300円、11月~3月:5,100円(一棟一泊)
【テントサイト】1区画 2,200円(車1台、テント1張タープ3.6×3.6以下1張)
詳細はこちら

鰺ヶ沢キャンピングパーク

青森の鰺ヶ沢キャンピングパークキャンプ場
日本最大級のキャンプ場!岩木山の麓に広がる長平高原に位置し、東京ドーム8個分の敷地の中に15棟のログハウスや40棟のバンガローなど、様々な宿泊施設が整っています。体験メニューも豊富で、パンやピザ作りなどの定番のものから、スウェーデントーチや箸作りなどのクラフト体験もあります。

高原の中にある広大な敷地のキャンプ場は、開放感たっぷりで、ついた瞬間、あまりの気持ちよさに、両手を伸ばして深呼吸しました。
ここでは、色々なイベントや体験が出来て、ちょっと珍しい、ツリーイングという木登り体験が出来るのですが、今時の子はなかなか体験できない木登りに子供達は大はしゃぎしていました。また、丸太コンロというワイルドな薪が売っていて、これで夜はキャンプファイヤーをして楽しみました。妻は、まな板作りや箸作りを楽しんでいて、とても喜んでいてくれました。また連れて行きたいと思います。(出典:なっぷ

【施設情報】
営業期間:シーズン営業 4月28日~10月31日
定休日:定休日あり 期間中無休
施設タイプ:ロッジ・ログハウス・コテージ/バンガロー/区画サイト
住所:青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字長平町字甲音羽山65
電話番号:0173-72-1571
アクセス:青森市~約90分。弘前市~約60分。五所川原市~約40分。
駐車場:150台
料金:
【入場料】大人420円、小人210円、幼児100円
【バンガロー】 5,000円より(一棟一泊)
【テントサイト】1区画 2,200円

詳細はこちら

平舘おだいばオートビレッジ

青森の平舘おだいばオートビレッジキャンプ場
出典:外ヶ浜町
平舘海水浴場の近くにあるキャンプ場。冷暖房器具や冷蔵庫、電子レンジ、テレビまで整った別荘風のコテージがあります。オートキャンプ場にもサニタリーハウスがあり、炊事棟や水洗トイレ、コインシャワー(有料)があるので、小さなお子様連れでも安心です。また、防波堤や近隣の漁港では家族連れでも釣りを楽しむことが出来ます。

わりと施設が新しく、道の駅も近いので快適にキャンプすることができます。海水浴場もあり、泳ぐのも楽しいですが、テトラポットからでの釣りでは、結構たくさんの魚が釣れます。
立地としては、青森市街地からも1時間ほどでいけるので、気軽に行けるのはいいですね!(出典:なっぷ

【施設情報】
営業期間:通年営業
定休日:定休日なし
施設タイプ:ロッジ・ログハウス・コテージ/区画サイト
住所:青森県東津軽郡外ヶ浜町字平舘田の沢
電話番号:0174‐31-2211
アクセス:JR蟹田駅からバスで40分。
駐車場:104台
料金:
【コテージ】 16,000円より(一棟一泊)
【テントサイト】1,500円より

詳細はこちら

無料で楽しめる青森のキャンプ場4選

大間崎テントサイト

マグロの一本釣りの名所として知られる大間崎のフリーキャンプ場。バイカーに人気で、本州最北端のここを目指してツーリングしたり、北海道への経由地として泊まる人も多い。周囲には、食事処や温泉もありますし、キャンプ場内には綺麗なトイレや炊事場も完備されています。

フェリー乗り場まで車で10分程度なので、函館へと向かう際に利用しやすいキャンプ場です。
無料で管理人さんもいらっしゃらないので、チェックイン・チェックアウトの必要なし。その割にトイレも炊事場も綺麗です。運が良ければ最高の朝日と夕日、北海道が見えますよー!(出典:なっぷ

【施設情報】
営業期間:シーズン営業 4月中旬から10月
定休日:定休日なし
施設タイプ:フリーサイト
住所:青森県下北郡大間町大字大間字大間平17-1
電話番号:なし
駐車場:普通車 30台
料金:【テントサイト】無料

詳細はこちら

芦野公園オートキャンプ場

青森の芦野公園オートキャンプ場
1500本の桜があり、日本さくら名所100選でもある自然公園内にあるキャンプ場。公園内には児童動物園や津軽鉄道があり、鉄道では7月から8月の間は風鈴や短冊が下げられていて「風鈴列車」が楽しめます。ファミリーキャンプに最適です。

●自然(自然環境の充実)
芦野公園内なので、自然はいっぱいです。薪拾いには困りません。
●立地(目的地まで行きやすいか)
はずれにあるので近くのスーパー(大型ショッピングセンター)、コンビにまでは車で10分ほどです。(出典:なっぷ

【施設情報】
営業期間:通年営業 4月下旬~10月末
定休日:定休日あり 期間中無休
施設タイプ:フリーサイト
住所:青森県五所川原市金木町川倉七夕野
電話番号:なし
アクセス:東北自動車道浪岡ICから国道101号・339号で小泊方面へ、金木市街の先、藤枝溜池の北側に現地。浪岡ICから25km。
駐車場:30台 無料
料金:【テントサイト】無料

詳細はこちら

わかさぎ公園浜台キャンプ場

小川原湖の湖畔にあるキャンプ場。閑静な場所なので、湖畔を眺めてゆっくりできます。管理センターには、温水シャワーや炊事場があります。湖水浴場では、釣りやカヌー、ヨットなども楽しめます。また、遠浅で波も静かなので遊泳やシジミ採りをしてもいいですね。
【施設情報】
営業期間:シーズン営業 5~10月末
定休日:定休日なし 期間中無休
施設タイプ:区画サイト
住所:青森県上北郡東北町熊堂3-4
電話番号:0175-62-2581
アクセス:第二みちのく有料道路上北ICから20分
駐車場:100台
料金:【テントサイト】無料

詳細はこちら

岩木山 桜林公園キャンプ場

津軽地方のランドマーク的存在の岩木山の傍らにあり、1,000本もの桜が咲く公園内にあるキャンプ場。岩木山への登山の際のベースキャンプにするのに最適です。また、敷地内には貸別荘の施設があり、家族やグループでわいわい楽しみたい人にもおすすめ。ペット連れOKのプランもあります。貸別荘宿泊者は、アソベの森いわき荘の温泉を利用することもできる(有料)ので、至れり尽くせりですね。

その名のとおり桜だらけです。花が咲くときは最高です。岩木山へ登山するのにはいいベースキャンプになります。温泉は徒歩10分くらいです。(出典:なっぷ

【施設情報】
営業期間:通年営業 4月上旬~11月(コテージは通年)
定休日:定休日なし 期間中無休
施設タイプ:ロッジ・ログハウス・コテージ/バンガロー/キャビン (ケビン)/フリーサイト
住所:青森県弘前市百沢東岩木山
電話番号:0172-83-2215(アソベの森 いわき荘)
アクセス:弘前市街から県道3号で岩木地区へ、岩木山百沢スキー場を目印に現地へ。弘前市役所から15km。
駐車場:あり 無料
料金:
【コテージ】18,900~29,925円
【テントサイト】無料

詳細はこちら

温泉が魅力!青森のキャンプ場3選

酸ヶ湯キャンプ場

青森の酸ヶ湯キャンプ場
春は花が咲き誇り、秋は紅葉が見事な北八甲田の懐の国立公園内に位置する酸ヶ湯キャンプ場。サイトも芝生のフリーサイトや区画サイト、テントをレンタルできる固定サイトなど、種類が充実しています。酸ヶ湯といえば温泉が有名。このキャンプ場に行ったらもちろん、総ヒバ造りの大浴場「ヒバ千人風呂」を楽しみましょう。

ここは何と言っても酸ヶ湯温泉と八甲田山が最高です!!酸ヶ湯温泉あんなに味がするお湯は初めて!!百名山八甲田大岳にも2時間位で登れます。お盆休みに行きましたが寒いくらいです(笑)フリーサイトですが予約もいらず、トイレも炊事場もとても綺麗です!山奥なので温泉と山好きな人しか来ないからか、とても静かで、キャンプ場というよりも、登山のテント泊をしているような気にさえなりました。今度行くときは2泊ではなく、一週間くらい泊まりたいです。(出典:なっぷ

【施設情報】
営業期間:シーズン営業 6月25日~10月23日(降雪日まで)
定休日:定休日なし 期間中無休
施設タイプ:フリーサイト・固定サイト・オートサイト
住所:青森県青森市荒川南荒川山
電話番号:017-738-6566
アクセス:東北自動車道青森ICから国道103・394号を十和田湖方面へ車で32km基。
駐車場:あり
料金:
【入場料】大人500円、小人300円
【テントサイト】500円より

詳細はこちら

アクアグリーンビレッジANMON

世界遺産白神山地の入口にあるキャンプ場です。世界遺産地域内を探索できるブナ林散策道へのアクセスも良いです。敷地内には、入浴施設「暗門の湯(あんもんのゆ)」があるのと合わせて、キャンプ場に隣接して、日帰り入浴も可能な温泉リゾート ブナの里「白神館」もあります。しらかみの湯は、疲労回復、神経痛、筋肉痛、冷え性などに効能があり人気。また、巨大迷路になっているわんぱく砦や釣り堀など遊ぶ施設も充実しています。

世界遺産「白神産地」の中にあるキャンプ場、温泉やトイレが完備されていてファミリーでもダイジョーブ!暗門の滝やマザーツリー(ブナの巨木)を見に行く遊歩道がありブナを満喫できますよ~!(出典:なっぷ

【施設情報】
営業期間:シーズン営業 6月1日~11月上旬(宿泊施設は4月下旬~11月上旬)
定休日:定休日なし 期間中無休
施設タイプ:ロッジ・ログハウス・コテージ/フリーサイト
住所:青森県中津軽郡西目屋村川原平大川添417
電話番号:0172-85-3021
アクセス:東北自動車道大鰐弘前ICから国道7号で弘前市街へ進み、市街地で県道28号へ入り西目屋村へ。美山湖を過ぎ、暗門大橋を渡って右手に現地。大鰐弘前ICから46km。
駐車場:あり
料金:
【コテージ】 10,000円より(一棟一泊)
【テントサイト】500円より

詳細はこちら

国設薬研野営場

ヒバやブナなどの深い森に囲まれたオートキャンプ場。薬研温泉郷という開湯400年を迎える老舗温泉が徒歩5分の近場にあります。なんと、かっぱの湯は無料、夫婦かっぱの湯は200円で入れます。また、日本三大霊山の一つ恐山が近くにあるのでその観光拠点としてや大間からフェリーで北海道へ渡る中継地として利用するのにも便利です。

【施設情報】
営業期間:シーズン営業 シーズン営業 4月下旬~11月上旬
定休日:定休日なし 期間中無休
施設タイプ:テントサイト
住所:青森県むつ市大畑町葉色山国有林1164林班イ小班
電話番号:0175-34-3175
アクセス:むつ市街から国道279号でむつ市大畑へ。県道4号を左折し、薬研温泉を目標に現地へ。むつ市役所から25km
駐車場:80台  無料
料金:【テントサイト】大人500円 小中学生200円

詳細はこちら

青森のキャンプ場で、自然の恵みを感じよう!

青森のキャンプ場と白鳥
出典:なっぷ
自然豊かな青森には、個性豊かなキャンプ場が点在しています。湖畔で水鳥を眺めたり、ブナの林を散策したり。濃い温泉につかってリフレッシュもいいですね。あとは、おいしい海の幸でお腹を満たせば、また青森に行きたくなること間違いなしです。(ライター/西野若菜)

Aomori has a lot of nature.

青森には自然がいっぱい。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

青森県小川原湖畔コテージ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」