福岡県の人気キャンプ場おすすめ15選!コテージ、温泉付き施設など

福岡県のおすすめキャンプ場・コテージ・バンガロー特集。海・山・森と自然に囲まれた福岡県。設備の充実した初心者向けのキャンプ場から、経験豊富なキャンパーさんでも楽しめるキャンプ場まで!福岡のおすすめキャンプ場をピックアップしてみました。


アイキャッチ画像の出典:伊都乃国白糸オートキャンプ場

福岡のおすすめキャンプ場【福岡市エリア】(博多駅周辺・天神周辺)

能古島キャンプ村・海水浴場

福岡の海水浴場にあるキャンプ場
博多湾にぽっかり浮かぶ「能古島」のビーチ&キャンプ場です。キャンプ用ハンガローが26棟あり、大人数での宿泊が可能。調理道具やバーべキュ―などレンタル用品も揃っているので、手ぶらで行ってもOK!

遊具、草そり、ハイジにでてくるようなでっかいブランコ、遊具レンタル、そしてうさぎが沢山います。島なので風景も素敵です。夜空には沢山の星で、普段みれない星空に子供たちも大喜び。(出典:なっぷ

【詳細】
営業期間:シーズン営業(4~9月)
定休日:あり
施設タイプ: バンガロー/区画サイト
住所:福岡県福岡市西区能古1624
電話番号:092-881-0948
アクセス:福岡都市高速愛宕出口から一般道で姪浜渡船場へ。フェリーで能古島に渡り一般道で現地へ。
駐車場:あり(無料)
【料金】
・サイト使用料:大人(高校生以上)1200円、小中学生800円、小人(3歳以上)500円
・バンガロー:大人週末3500円より、小学生2000円、小人(3歳以上)1500円
詳細はこちら

福岡市立今宿野外活動センター

広い敷地内にはロッジ、固定点とのほか、野外調理場、キャンプファイヤー場、ピザ釜、茶畑、体育館などの施設が充実しています。

ファミリーはもちろん、大人数でも楽しめます。ハイキングコースも整備されているので、晴れた日は周辺の散策もできます。
【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日・夏休み中は無休)、年末年始
施設タイプ: コテージ/常設テント
住所:福岡県福岡市西区今宿上ノ原217-2
電話番号:092-806-3114
アクセス:JR今宿駅よりマイクロバス運行(片道250円)
駐車場:あり(36台分)
【料金】
・ロッジ:18歳以上 150円(2泊目は120円)、6~18歳未満 75円(2泊目は60円)
・固定テント:18歳以上が主の団体(1張)900円、6~18歳未満が主の団体(1張)450円
詳細はこちら

シーサイドももち海浜公園オートキャンプ場

福岡のシーサイドももち海浜公園オートキャンプ場
提供:福岡市
都市部に整備されたももち海浜公園内に夏季期間限定でキャンプ場がオープン!近場にはヤフオクドームやマリゾンという商業施設があります。街や海で一日遊んでも都市部からのアクセスも近いので、より便利にキャンプを楽しめます。
【詳細】
営業期間:7月~8月の期間限定
定休日:期間中は無休
施設タイプ: 区画サイト
住所:福岡県福岡市中央区地行浜2丁目地先
電話番号:092-822-8141
アクセス:福岡都市高速道路「百道ランプ」から車で約3分
駐車場:サイト内に乗り入れ可
【料金】
・サイト使用料:1区画1泊5000円
詳細はこちら

福岡のおすすめキャンプ場【太宰府・宗像エリア】

大野城いこいの森キャンプ場

福岡の大野城いこいの森キャンプ場
「もっとアウトドアを楽しもう!」をコンセプトに整備されているキャンプ場です。全15棟のコテージと区画サイト、フリーサイトにて宿泊が可能。敷地内には広々とした芝生の広場やアスレチックもあるので一日屋外活動で楽しめます。

初めての自分たち家族のキャンプでドキドキしましたが、他のコメントの通り、よく手入れされたキャンプ場だと思いました。いくつも登山口があるようで、次は登山もしてみたいです。6月中旬に出かけましたが運よくホタルが見れて子供がとても喜んでいました!(出典:なっぷ

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:毎週月曜(7月から8月は無休)、年末年始
施設タイプ: コテージ/区画サイト/フリーサイト
住所:福岡県大野城市大字牛頸667-58
電話番号:092-595-2110
アクセス:福岡市街から県道31号で筑紫野方面へ。春日神社入口交差点を右折、牛頚ダムを目標に進み、ダムの先に現地。
駐車場:あり(1台210円)
【料金】
・入場料:高校生以上(1名)430円、小中学生(1名)210円
・コテージ(1棟1泊)10800円~、デイキャンプ5400円~(コテージ利用には予約金が必要となります)
・デッキテント(1張1区画)1080円
・常設テント(1張1区画)5400円 ※7月、8月の期間限定
・フリーサイト(1区画)1080円
詳細はこちら

直方オートキャンプ場

福岡の直方オートキャンプ場
出典:直方市
遠賀川の河川敷にあるキャンプ場。近隣にはスーパーやコンビニ、商店街があるので足りなくなったものもすぐに買いに行けるのがポイント。

そして使用料は無料なので、気軽にキャンプが楽しめます。普段見慣れた街並みを眺めながらのキャンプも味わいがありますね。

河川敷で広々としているので、気持ちのいい時間をすごせます。街中にありますので準備に不足があったり、買い足したいものがあればコンビニなどで買うことが出来るので、その点ではキャンプ初心者でも大丈夫かと思いますが、トイレと水道しかないので夜の照明器具類など、準備はそれなりにしておきたいところです。(出典:なっぷ

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:なし(イベント開催、河川の増水などで利用できない場合もあります)
施設タイプ: 区画サイト
住所:福岡県直方市新町地先
電話番号:0949-25-2200
アクセス:九州自動車道八幡東ICから国道200号線で直方市方面へ進む。日の出橋を渡り左折すると直方市役所・直方警察署が見え、その左側河川敷が現地。
駐車場:サイト内に乗り入れ可。
【料金】
・使用料は無料(許可証を発行)
詳細はこちら

一本松公園(昭和の森)

福岡の一本松公園(昭和の森)キャンプ場
出典:宇美町
敷地内には川が流れる自然豊かなキャンプ場。バンガローは有料ですが、キャンプサイトの使用料は無料。炊事棟があるので調理は敷地内でも可能です。夜は静かな山の中で天体観測も良いですね!

上流付近なので、綺麗な川で、大人も子どもも川遊びが存分に楽しめ、キャンプ場から少し下るとアスレチックもあり、子どもたちは大はしゃぎでした。山全体が公園に指定されているため、日中はバーベキューを楽しむ家族連れが多かったです。夜空には一面に星空が広がり、とても綺麗でした。(出典:なっぷ

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:なし
施設タイプ: バンガロー/区画サイト
住所:福岡県糟屋郡宇美町宇美正楽3-3
電話番号:092-934-3006
アクセス:九州自動車道太宰府ICから国道3号、県道60号で飯塚方面へ。一般道を経由して現地へ。
駐車場:あり
【料金】
・キャンプサイト無料
・バンガロー(1棟1泊)3000円 ※バンガロー利用は7月から9月の期間限定
詳細はこちら

福岡のおすすめキャンプ場【糸島・前原エリア】

芥屋野営場(芥屋キャンプ場)

福岡の芥屋野営場チャンプ場
出典:糸島市
玄界灘を望む立地のキャンプ場なので、海でのレジャーを満喫できます。バンガロー、キャンプサイト、バーベキューに必要な道具をはじめとするレンタル用品も充実しているので手軽にキャンプが楽しめます。海に囲まれた最高のロケーションを楽しんでみては?

場所は海岸線にあり壱岐、玄界灘で遊ぶことができます。夏場は最高に楽しめます。テントを張り、二泊三日でのキャンプで初日は家族で魚釣りを楽しみ、釣り上げた魚を夕食用に捌きいただきました。自然の中飯盒で炊くご飯は最高に美味しく、いつもの日常を忘れとてもリラックスできます。(出典:なっぷ

【詳細】
営業期間:シーズン営業(7月の第2金曜~9月の第1月曜)
定休日:営業期間中は無休
施設タイプ:バンガロー/企画サイト
住所:福岡県糸島市志摩芥屋2564
電話番号:092-328-2116
アクセス:西九州自動車道前原ICから県道12号・54号で芥屋方面へ進み現地へ。
駐車場:あり(30台無料)
【料金】
・清掃協力費:大人(中学生以上1名)1020円、小人(1名)770円
詳細はこちら

伊都乃国白糸ファミリーオートキャンプ場

福岡の伊都乃国白糸ファミリーオートキャンプ場
福岡市から車で約1時間の場所にあるキャンプ場。羽金山の中腹約500mの一から見える景色は絶景です。緑豊かな自然、夜には空に広がる満点の星空、まさに自然と一体になれるそんな場所です。

景色は絶景です!生憎の雨でしたが、雲の合間から朝日が射し込む様子が見られ、自然の醍醐味を味わえました。区画ごとが木々で囲まれ、プライベート感があり、また、各区画に炊事棟が設置されてあり、水仕事の多い女性からしたら、これはかなりの高ポイントでした。(出典:なっぷ

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:なし
施設タイプ:キャンプハウス/区画サイト
住所:福岡県糸島市白糸257-113
電話番号:092-324-5948
アクセス:西九州自動車道前原ICから県道12号に入り、長野峠方面に進む。白糸の滝を目指し、看板に従い右折した先に現地。
駐車場:サイト内に乗り入れ可。
【料金】
・オートキャンプ(1区画1泊)5500円~
・キャンプハウス(1泊)10000円~
詳細はこちら

福岡のおすすめキャンプ場【久留米・原鶴・筑後川エリア】

東峰村宝珠山岩屋キャンプ場

福岡の東峰村宝珠山岩屋キャンプ場
緑豊かで静かな場所にあるキャンプ場。コテージ、バンガロー、フリーサイト、企画サイトが整備されています。なかでもバンガローは山の斜面に建てられており、青々と生い茂った緑に囲まれてまさに「自然の中での生活」を体験できます。

近くに水遊びのできるところもありますし。ソロキャンプなら季節関係なく楽しめると思います。フリーとオートサイトとありますがオートサイトは電源つき。(出典:なっぷ

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:年末年始
施設タイプ:コテージ/バンガロー/区画サイト/フリーサイト
住所:福岡県朝倉郡東峰村大字宝珠山4171
電話番号:0946-72-2759
アクセス:JR日田彦山線 筑前岩屋駅から車で3分。指宿スカイライン川辺ICから国道225号で川辺町方面へ。案内板に従い一般道に入り約3km。川辺ICから9km。
駐車場:あり(50台)
【料金】
・コテージ(1泊)週末16000円~
・バンガロー(1泊)週末6000円~
・テントサイト(1張)1500円
・オートサイト(1区画)3000円
詳細はこちら

ポーン太の森キャンプ場

福岡のポーンキャンプ場
「ポーン太の森」という名前が印象的ですが、和風と洋風の2タイプが用意されている全9棟のバンガローはとても人気。テーブルとイスが完備されているテラスからの眺めは開放的で、体全体で自然が感じられます。夜には蛍が見れることも!

「ポーン太の森」という名前に初めて聞いた時は、どんな所か想像つかなかったのですが、山の中の静かなところでした。10月でしたが、コテージだったので寒くなく、広くてきれいなお部屋で、みんなでわいわい賑やかに過ごしました。(出典:なっぷ

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:不定休
施設タイプ:コテージ/区画サイト
住所:福岡県朝倉郡東峰村小石原鼓1633
電話番号:0946-74-2323
アクセス:大分自動車道杷木ICより国道386号を日田方面へ進み池田交差店で左折。国道211号を小石原方面へ約5kmで現地。
【料金】
・コテージ(7月~8月、1泊)16200円、(9月~6月、1泊)14040円
・キャンプサイト(1区画)1620円~
詳細はこちら

福岡のおすすめキャンプ場【柳川・八女・筑後エリア】

グリーンパル日向神峡

福岡のグリーンパル日向神峡キャンプ場
松瀬ダムに隣接した湖畔にあるキャンプ場。冷暖房完備のコテージとオートサイト、フリーサイトのほか炊事棟もあります。1年を通してさまざまなイベントが催されており、オールシーズン楽しめます!

こちらは管理等でレンタル品が充実しているので、忘れ物しても安心です。(管理棟20:00まで開いてるそうです)私は焼きそばを作ろうと材料まで買ってきていたのにフライパンを忘れてて、慌てて管理等へ借りにいきました。レンタル料も108円!助かりました(^^)/(出典:なっぷ

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:なし
施設タイプ:コテージ/区画サイト/フリーサイト
住所:福岡県八女市黒木町北大淵4410-2
電話番号:0943-45-1001
アクセス:九州自動車道八女ICより国道442号を黒木町へ、矢部村方面へ進み日向神ダム入り口で左折。
駐車場:あり(オートサイトのみ乗り入れ可)
【料金】
・コテージ(1泊)16740円~
・オートサイト(1区画)4860円
・フリーサイト(1張)3024円
詳細はこちら

星のふるさと公園 池の山キャンプ場

福岡の池の山キャンプ場
自然湖の「麻生池」のほとり、全28棟のコテージやバンガローが池を囲むようにして作られたキャンプ場。近隣には立ち寄り温泉もあり、アウトドアで遊び疲れた体もしっかり癒してくれます。キャンプ、そして温泉も堪能できる、いいとこどりなキャンプ場です。

キャンプ場付近はお店やプラネタリウムなどあり昼間はとても賑わっていました。夜は静かで、やはり星はとてもきれいでした。秋に行ったので、キャンプ場から少し上ったところにあるコスモス園にも行きました。(出典:なっぷ

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:なし
施設タイプ:コテージ/バンガロー/フリーサイト
住所:福岡県八女市星野村10874
電話番号:0943-52-2910
アクセス:九州自動車道八女ICより国道442号線を経由し、県道52号線上陽町経由して、星野温泉方面へ約30分。
駐車場:あり
【料金】
・コテージ(1泊)12960円~
・バンガロー(1泊)8640円~
・テントサイト(1張)2000円
詳細はこちら

石割岳ふもとキャンプ場

福岡の石割岳ふもとキャンプ場
標高約941mの石割岳のふもとにあるキャンプ場なので、登山目的のキャンパーには絶好の立地。5名から最大20名まで宿泊できるバンガローのバリエーションが豊富です。キャンプファイヤーや流しそうめん、ヤマメのつかみ取りも体験できます!

横には小川が流れており、夏は防護されたところで川遊びもできるとのことでした。きれいに手入れされた大きな木に囲まれ、静かなキャンプができてうれしかったです~。雨模様一転の夜は満月と満天の星に囲まれ気持ちの良いカムバックキャンプとなりました☆彡(出典:なっぷ

【詳細】
営業期間:シーズン営業(4月~10月)
定休日:営業期間中は無休
施設タイプ:バンガロー/区画サイト
住所:八女市星野村ふき原
電話番号:0943-52-3898
アクセス:九州自動車道八女ICから車で約1時間
駐車場:あり
【料金】
・バンガロー(1泊)5000円~
・テントサイト(1区画)2000円
詳細はこちら

福岡のおすすめキャンプ場【北九州エリア】

源じいの森

福岡の源じいの森キャンプ場
源じいの森敷地内にあるキャンプ場で、豊かな自然とゆっくりと流れる時間に癒される場所です。テントサイト、コテージ、バンガローの宿泊施設のほか天然温泉もあり、贅沢なキャンプを味わえます。

初めてだけに色々悩みましたが、結果的にここを選んでよかったと思っています。何よりも自然が豊かで、川の流れる音が心地よい。また、温泉が隣接してあり事が大きなポイントとなりました。(出典:なっぷ

【詳細】
営業期間:通年営業
定休日:第3月曜(7月・8月は営業、該当日が祝日の場合は営業)、年末年始
施設タイプ:コテージ/バンガロー/フリーサイト
住所:福岡県田川郡赤村大字赤6933-1
電話番号:0947-62-2911
アクセス:201号線を田川市内方面に進み、東大橋交差点を右折。添田・英彦山方面へ進み、大任町・柿原交差点を左折。案内看板あり。
駐車場:あり
【料金】
・コテージ(1泊)10000円~
・バンガロー(1泊)7500円~
・キャンプサイト使用料 1000円
・キャンプ場入場料 中学生以上200円~、小学生100円~
詳細はこちら

平尾台自然の郷キャンプ場

福岡の平尾台自然の郷キャンプ場
出典:GooBike
広々とした草原が開放的なカルスト台地にあるキャンプ場。年間を通し、さまざまなイベントが行われています。また園内にある工房ではそば打ちやパン作りなどができ、体験メニューも豊富です。大人から子どもまで幅広く楽しめます!

平尾台自然の郷には、子供が楽しめるようなイベントがよく開催されているので年に数回行っていましたが、キャンプ場を利用するのは初めてでした。草原の中のキャンプ場は、空も高く広く見えて開放感がありました。子供たちは貸し出ししているソリで、ひたすら草ソリを楽しんでいました。(出典:なっぷ

【詳細】
営業期間:通年営業(季節により営業時間が異なります)
定休日:毎週火曜(祝日の場合は翌日休日)、年末年始
施設タイプ:区画サイト
住所:福岡県北九州市小倉南区平尾台1-1-1
電話番号:093-452-2715
アクセス:九州自動車道小倉南ICから国道322号で田川方面へ。 平尾台入口交差点で県道28号線に入り、平尾台方面へ進み約20分。
駐車場:あり(オートサイトは乗り入れ可)
【料金】
・オートサイト(1区画)3000円
・キャンプサイト(1区画)2000円
詳細はこちら

色とりどりな福岡県のキャンプ場、どこで楽しむ?

福岡県にあるオートキャンプ場 アクセスの便利さ、突然必要になる買い出しなどがすぐにできることがポイントの都市部に近いキャンプ場をはじめ、壮大な自然に囲まれたキャンプ場まで幅広いタイプのキャンプ場がある福岡県。

また、体験型のメニューが豊富なキャンプ場が多かったのも印象的でしたね。福岡県のキャンプ、あなたはどんな楽しみ方で満喫しますか?(ライター/仁科綾)

Trying to enjoy with the five senses Fukuoka!

福岡県を五感で満喫しよう!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

福岡キャンプ場
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」