行動食の新定番!?世界初「完全食」のCOMPグミが何だかすごいぞ

「完全食」COMP(コンプ)をご存知ですか?人間に必要な六大栄養素がすべて含まれた、飲み物と混ぜて摂取するパウダー。忙しく時間がない人に大好評のCOMPに、満を持してグミが登場したんです!世界初の完全食グミ、編集部が実際に食べてみました!


撮影:YAMA HACK編集部

その名も「完全食」!COMPのグミがついに登場!

コンプ撮影:YAMA HACK編集部
株式会社COMPが発売している、「完全食」COMP(コンプ)を知っていますか?コンセプトは「時間がなく、インスタント食品などで食事を済ませてしまう人のために、すべての栄養を最適なバランスで配合した完全食によって、目標達成をサポートする」こと。コーヒーやジュースなどと混ぜて摂取する顆粒タイプに加えて、最近グミが登場したんです。

忙しい人ほど、ファンが多いCOMP

実際に、医師やエンジニアなどが愛用しているというCOMP。一部の声を覗いてみましょう。

(中略)一方、朝は時間がありませんので、手軽に栄養をとれることが大切だと思い、COMPを選択しています。あと、何回か飲んで気づいたのですが、日中ほとんど眠くならず集中力が続くのがすごい特徴だと思いました。(一般社団法人Mozilla Japan エンジニアリングマネージャー バートルズ・ブライアンさん)出典:COMP

 

(中略)自分は昼前に食事をすると眠くなるのですが、COMPの場合はさほど眠くならないです。おかげで、手術直前の食事による眠気の危機感を持つことはなくなりました。微量元素がちゃんと入っているのもCOMPの差別化要因になると思います。(国立病院機構 東京医療センター 医師 山東典晃さん)出典:COMP

栄養バランスは気にしなくていい!

COMPグミ撮影:YAMA HACK編集部
そして、COMPとUHA味覚糖の共同開発で生まれた、待望の世界初・完全食グミ。ヒトに必要な六大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維)を計算されたバランスで配合しています。COMPグミのすごいところは、食べたカロリーだけ考えればいいという点。栄養バランスは一切気にしなくていいんです。

お菓子じゃない。「健康的な食事」としてのグミ

COMPパッケージ写真撮影:YAMA HACK編集部
COMPグミは1袋53gで200kcal、約おにぎり1個分です。日本人の成人男性(18~49歳)は一日に約2,300kcalのエネルギーが必要と言われています。(参考:厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015年版」)つまり、このうちのいくらかをCOMPグミで補う場合、食事のバランスや食べ合わせを気にしなくていいんです。持ち運びやすく、栄養価が高い。これはまさに行動食にぴったりでは?

実際に食べてみた

実際に編集部が食べてみました。1袋の大きさはスーパーやコンビニで売っている一般的なグミの袋と同じくらいです。
COMP中身撮影:YAMA HACK編集部
中には12~13個グミが入っていました。(おそらく個体差によりけり)1袋200kcalですから、単純計算で1個あたり15kcalほどということになります。
COMPグミを1粒取り出したところ撮影:YAMA HACK編集部
味は、顆粒タイプが豆乳風味であるのに対し、これだけで食べられるようフルーツミックス味。ほんのりフルーツの風味で、噛み応えはほどよい固さ。駄菓子によくあるグミほど柔らかくはありません。割としっかり咀嚼する必要があるかも。そのせいか、空腹感も消え腹持ちも良い気がします。

COMPグミ、どこで買える?

COMPグミ出典:COMP
現在はオンラインショップのみでの販売です。トライアルの3パック、20パックの2パターン選べます。気になる方はチェックしてみましょう!

COMP オフィシャルサイト

自分に「時間」というプレゼントを!

COMPグミ撮影:YAMA HACK編集部
COMPグミはカロリーが明確で、かつ必要な栄養素がすべて含まれているので、バランスを気にせずエネルギー補給ができます。登山の行動食にグミを持っていく方も少なくないと思いますが、この完全食は心配な「栄養素」という点をすべてカバーしてくれる、まさに行動食の新定番になりうる優れもの!日常生活が忙しい方も手軽にエネルギーチャージできるCOMPグミ。一度試してみてはいかがでしょうか?

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ザックから取り出すCOMPグミ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」