自然と文化を全身で感じる。日本にある“登れる”世界遺産4選

日本中にある世界遺産の中から、「登れる」世界遺産をピックアップ。おすすめの見どころなどをまとめてご紹介します!

日本にはいくつの世界遺産がある?

世界遺産とは?

白谷雲水峡
ユネスコのサイトによると、「世界遺産とは、地球の生成と人類の歴史によって生み出され、過去から現在へと引き継がれてきたかけがえのない宝物」であるとされています。2017年7月20日時点で1073件の指定があり、条約締約国は191か国。世界遺産には、「文化遺産」、「自然遺産」、「複合遺産」の三つの種類があり、有形の不動産が対象です。

文化遺産

沖ノ島
文化遺産は、2017年7月現在で832件。顕著な普遍的価値を有する記念物、建造物群、遺跡、文化的景観や産業遺産などが登録されています。今年7月、福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が新たに登録されました。沖ノ島は、中国や朝鮮半島への海道の要衝として重要な役割を果たし、4~9世紀に聖地として崇められ、8万点を超える宝物が出土しています。

「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」

自然遺産

知床
自然遺産は、2017年7月現在で206件。自然遺産に登録されるためには、10項目ある世界遺産の登録基準を1項目以上満たし、さらに登録基準4項目(自然の美、地形・地質、生態系、生物多様性)のうちの1項目以上を満たし、それに加えて「完全性」を満たすこと、十分な「保護管理」保護管理がを備えていること、という条件を満たす必要があるそうです。とても厳しい基準ですね。

世界自然遺産登録の条件

複合遺産

複合遺産
複合遺産は、「文化遺産」、「自然遺産」それぞれの登録基準のうち、少なくとも1項目ずつ以上適用されたものになります。一帯の自然環境と、そこでの人間の文化的営為が顕著に普遍的な価値を有するもの、ということになるようです。この厳しい条件を満たした物件は2017年7月現在で35件しかなく、日本にはありません。

全部で4箇所!“登れる”世界遺産

日本にある世界遺産のうち、実際に登山することができるのは4箇所あります。

①屋久島

屋久島
屋久島は1993年、白神山地とともに、日本で初めて世界遺産に登録されました。屋久島が世界遺産に登録された理由としては、以下の三つが挙げられます。

①日本の自然景観の重要な要素で、固有植物であるスギ(屋久杉)のすぐれた生育。

②各地で急激に減少している照葉樹林が原生状態で残されている。

③東アジアの南から北の植物へと、垂直分布として変化する植生。

屋久島の見どころは?

宮之浦岳
屋久島、といえば、縄文杉と苔むす森を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。縄文杉やヤクスギランドをめぐるコース、白谷雲水峡から苔むす森、絶景の太鼓岩に至るコース、九州地方最高峰で日本百名山の宮之浦岳(1936m)への登山ルートなど、見どころ満載のトレッキングコースがいくつもあり、運が良ければ、屋久島の固有種であるヤクシカに出会えるかも?

②白神山地

白神山地
白神山地には、「人の影響をほとんど受けていない天然ブナ林が世界最大級の規模で分布」しているとして、1993年、屋久島と同時に、日本で初めての世界自然遺産に登録されました。世界遺産地域は中央部の核心地域と周辺の緩衝地域に分かれ、これらの地域は登録以後、開発は行われておらず、現状のまま保護されることになっています。

白神山地の見どころは?

マザーツリー
白神山地には、天狗岳、小岳、二ッ森、白神岳などの眺望の良い場所があり、これらに加え、太夫峰、高倉森、櫛石山、真瀬岳には、核心地域付近に入ることが可能な登山道が整備されています。また、バスや車でアクセスできる津軽峠には樹齢400年の巨木「マザーツリー」があり、津軽峠から高倉森への登山道や白神の森・遊山道なども見どころとなっています。

③知床

知床
撮影:YAMA HACK編集部
知床は北半球で最も低緯度に位置する季節海氷域であり、海氷が育む豊かな海洋生態系と原始性の高い陸域生態系の相互関係に特徴があること、シマフクロウ、シレトコスミレ等の世界的な希少種やサケ科魚類、海棲哺乳類等の重要な生息地を有すること等が評価され、2005年に世界自然遺産に登録されました(陸域48,700ha、海域22,300ha)。

知床の見どころは?

知床五湖
日本百名山で知床最高峰である羅臼岳や、知床連山縦走など、変化にとんだ登山ルートが楽しめるほか、知床連山を背景にたたずむ神秘的な知床五湖や、知床横断道路を使って車でアクセスできる知床峠からの展望は素晴らしく、知床八景に選ばれています。また、海岸線をめぐり、ヒグマや珍しい野鳥の観察もできるクルーズ、流氷体験など、知床の魅力は多岐にわたります。

④富士山

富士山
日本最高峰で日本三名山(三霊山)、日本百名山にも選ばれている富士山ですが、2013年、「富士山‐信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産に登録されました。富士山域(山頂の信仰遺跡群や北口本宮富士浅間神社、四つの登山道、本栖湖等の3つの湖、青木ヶ原樹海)、富士山本宮浅間神社等の神社や河口湖、忍野八海、三保松原等25件が登録の対象です。

富士山の見どころは?

三保の松原
日本の最高峰として、信仰の山として昔から登山の対象とされてきた富士山。山容の優美さ、三保松原など観光スポットからの景観の素晴らしさなどは、様々な芸術の対象として描かれ、詠われ、親しまれてきました。また、白糸の滝や忍野八海、多くの関連神社等の観光スポット、富士山を眺めながらの温泉の楽しみも、見どころの一つです。

日本の世界遺産を“登る”ことの意味とは?

屋久島


日本は小さな島国ですが、実にたくさんの世界遺産があります。変化にとんだ地形や多様な気候が育んでくれた自然遺産、また長い歴史の中で、人々が育んできた文化や芸術などの文化遺産。“登れる”世界遺産を“登る”ことで、私たちはこれらの世界遺産の素晴らしさを体験し、貴重さを肌で感じ、守り伝えていくことの大切さを実感できるのかもしれません!

 

Let’s Feel and experience our world hegitage sites in Japan!

日本にある世界遺産を肌で感じ、体験しよう

 

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

縄文杉
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう