「北アルプス三大急登」特集!名峰が集まるエリアならではの憧れルートとは?

今回は「北アルプス三大急登」を特集します!「日本三大急登」とはまた違う、北アルプスにエリアを絞った急登ルート。名峰が集まるこのエリアだからこそ、多くの登山者に人気・憧れのルートが存在します!いつかは登ってみたい憧れの3つの急登コースをご紹介します。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

「北アルプス三大急登」って知ってる?

早月尾根
出典:PIXTA
山の世界では、「日本三大急登」が有名です。斜度がきつくて辛い3つの尾根のことを指しますが、実は登山者の間でもう1つメジャーな「三大急登」が存在します。それが「北アルプス三大急登」。急峻な山岳地帯で、名峰が多く存在する北アルプスにおいて、急登と言われている3つの尾根を紹介します!

①ブナ立尾根(烏帽子岳)

烏帽子岳、南沢岳、立山出典:PIXTA
1つ目は北アルプス・烏帽子岳へ向かうブナ立尾根。烏帽子岳は裏銀座コースの起点となる山で、国有林のブナ林を登っていくコースです。登山口と烏帽子岳の標高差は1,350m。七倉山荘から徒歩の場合は1,558mです。ブナ立尾根は「日本三大急登」の1つにも数えられています。


裏銀座登山口
高瀬ダムのトンネルを抜けると登山口があり、「北アルプス裏銀座登山口」の看板からブナ立尾根がスタート!この時点で標高1,272m。
ブナ立尾根
烏帽子小屋まで12分割に看板があるので、キツいけど数字であとどれくらいかを見ると頑張れるかも!?(まだこんだけかぁ~…のパターンもありますが)

②合戦尾根(燕岳)

燕岳
出典:PIXTA
2つ目は、燕岳の合戦尾根!燕岳はとても人気の高い山の1つです。登山口と頂上の標高差は1,287mです。

合戦小屋の看板
出典:PIXTA
中房温泉の登山口標高は1,453m。夏場は、途中の合戦小屋でスイカが食べられることも!うまくエネルギーをチャージしながら登りましょう。
合戦尾根の鎖場出典:PIXTA
途中には鎖場もあります。燕山荘まで着けば、あと一息!小屋では美味しい食事やケーキも味わえます。ご褒美目指して頑張りましょう!



③早月尾根(剱岳)

早月尾根から見る剱岳
出典:PIXTA(早月尾根から見る剱岳頂上方面)
3つ目は剱岳へ向かう早月尾根!剱岳は「岩と雪の殿堂」と言われている、多くの登山者の憧れの山。急峻な岩稜地帯を行く険しい登山ルートは、経験を積んだ登山者のみが挑戦できます。もっとも一般的なのは室堂から頂上へ向かうルートですが、馬場島から入るこの早月尾根、登山口と頂上の標高差はなんと驚きの2,238m!

早月川
出典:PIXTA
登山口の標高は703m。馬場島までは写真の早月川沿いに進みます。遠くに見えるのは剱岳です。標高差でルートのきつさを判断する場合、1,000mが1つの基準としやすい数字ですが、その倍以上。とにかく急登なことが伺えます。

早月尾根の岩場
出典:PIXTA
写真のような、急峻な岩稜地帯が続きます。「カニのハサミ」など難所が登場しますので、しっかりとした装備と技術を持って臨んでください。
剱岳山頂から見た早月尾根出典:PIXTA
剱岳頂上から見た早月尾根は、まさに壮観!ここを登ってきたのかと思うと、きっと胸にこみ上げてくるものがあるでしょう。



辛い登りを乗り越えた後の達成感!

燕岳の登山者
出典:PIXTA
北アルプスを代表する3つの急登ルート。みなさんは登ったことはありますか?多くの名峰が集まるこのエリアだからこそ、「三大急登」と呼ばれるルートが存在するのですね。また、辛い急登の先にある達成感は何にも代えがたいものがあります。1度のみならず2度3度、挑戦してみたくなる山たちです!

【登山時の注意点】
・しっかりとした登山装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。
【免責事項】
・本ウェブサイトに掲載する記事や情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。株式会社スペースキーは本ウェブサイトの利用・使用ならびに閲覧によって生じたいかなる事故を含む損害にも一切責任を負いかねますのでご了承ください。なお、ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更する場合があります。

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

早月尾根の岩場
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」