縄文杉だけじゃない!屋久島で出会える貴重な動物・生き物特集!

世界遺産の美しい島、屋久島。やはり有名なのは「縄文杉」ですが、屋久島でしか見られない貴重な動物や生き物がたくさんいます。豊かな自然の中で出会えたら嬉しい、屋久島ならではの動物・生き物をまとめました。見つけたらあなたはとってもラッキー!


屋久島でしか見られない動物に出会いたい!

屋久島の苔むす森
鹿児島県にある世界遺産の島、屋久島。樹齢1000年を超える「縄文杉」を見るために、毎年多くの人が屋久島を訪れます。屋久杉だけでなく、動物や鳥、昆虫にも屋久島でしか見られないものがいるのを知っていますか?そんな屋久島ならではの生き物たちをご紹介していきます!

屋久島登山中に出会えるかも?哺乳類

まずは屋久島固有の哺乳類のご紹介です。登山中にかなり高確率で遭遇できる動物たち。出会っても触ったり餌をあげようとせず、そっとしておいてあげてくださいね。

ヤクシカ

屋久島で見られるヤクジカ
屋久島の全域に生息しており、登山中もかなりの確率で出会うことができるヤクシカ。屋久島と口永良部島でしか見ることができません。日本で見られるほかのシカに比べて小型で、四肢も短いのが特徴です。雄シカの角は通常4本に枝分かれしますが、ヤクシカは3本までしか枝分かれしません。屋久島の森で、果実や種子、落ち葉などを食べて暮らしています。

ヤクシマザル

屋久島で見られるヤクシマザル
屋久島固有のニホンザルで、ヤクザルとも言われています。本州に生息するサルに比べ、小型で手足の毛が灰色がかっています。屋久島全域で生息しており、人里まで下りてきて農作物を荒らすこともあります。主に植物の葉や果実、昆虫などを食べています。出産期である春から夏にかけては子ザルを見ることも。

見つけたらラッキー!屋久島で見られる珍しい鳥類

自然豊かな屋久島には115種もの鳥類が生息していると言われています。その中でも屋久島固有の鳥や天然記念物に指定されている鳥をご紹介します。深い森の中で生息する鳥は見つけづらく、もし見つけられたらとってもラッキーです!

アカヒゲ

屋久島で見られるアカヒゲ
屋久島のほかに奄美大島や種子島などに生息している天然記念物の鳥。冬は沖縄や宮古島方面に移動します。常緑広葉樹の葉が密生した環境に暮らしており、普段見られることはごく稀です。森林の開発やニホンイタチなどの捕食により生息数が減少し、絶滅危惧種に指定されています。

カラスバト

屋久島で見られるカラスバト
本州の中部以南と、韓国や中国に生息する鳥で、国の天然記念物に指定されています。光沢のある黒い羽毛を持つことから、この名前がついたとか。日本のハト類の中でも大型で、果実や花、ミミズなどを食べて生きています。太い声でうなるように鳴くのが特徴。

シマメジロ

屋久島で見られるシマメジロ
屋久島や種子島に生息するメジロの亜種です。かつては「シマメジロは声がいい」と評判で、愛好家に売買されていました。現在では鳥獣保護法により捕獲禁止となっていますが、密猟が横行しており、対策が取られています。

ヤクシマヤマガラ

屋久島で見られるヤクシマヤマガラ
日本では7亜種に分かれるヤマガラの、屋久島固有亜種です。黒っぽい羽毛を持っており、虫や果実などを食べて生きています。

屋久島の海岸で産卵!ウミガメ

屋久島で見られるウミガメ
屋久島ではウミガメの産卵も見られるのを知っていましたか?日本の中でも屋久島は、産卵のために上陸するウミガメが一番多い地域と言われています。特に「アカウミガメ」という種類が多く上陸し、5月~8月の夜間に海岸に卵を産み付けます。保護活動のおかげで今では5000頭を超えるウミガメが上陸するそう。永田浜などでは産卵時期にウミガメの産卵観察会も開かれています。産卵中に人間がいることに気づくとウミガメは海に戻ってしまいますので、静かに観察するようにしましょう。

他にも屋久島ならではの生き物がたくさん!

哺乳類や鳥類、ウミガメのほかにも、屋久島ならではの生き物がまだまだたくさんいます。

ヤクヤモリ

屋久島で見られるヤクヤモリ
九州南部や屋久島固有種のヤモリです。海岸周辺の森林に生息しています。日本で見られるヤモリの中でも大型で、褐色または緑がかった色をしています。ミナミヤモリとの交雑が進んでいることから、絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の危険が増大している生物)に指定されています。

ヤクシマタゴガエル

屋久島で見られるヤクシマタゴガエル
タゴガエルの屋久島固有亜種です。タゴガエルより暗い色の斑紋が多くあり、水かきが発達しているのが特徴。森林に住み、標高1800mにまで分布しています。登山道中でも出会うことができます。

ヤクシマオニクワガタ

屋久島で見られるヤクシマオニクワガタ
オニクワガタの屋久島固有亜種です。体長2㎝程の小型のクワガタで、標高の高い森林に生息しています。昼間でも活動しており、登山中にも出会うことができます。

ヤクシマサワガニ

屋久島で見られるヤクシマサワガニ
サワガニの屋久島固有種です。2000年に新種であると認められました。100万年前の祖先種に近く、学術的にも貴重とされています。標高の高い沢に生息しています。

登山中・滞在中に会えたらラッキー!屋久島の動物・生き物たち

屋久島で見られるウミガメの赤ちゃん
屋久島固有の動物たちは、登山中に頻繁に会えるものからなかなかお目にかかれないものまで様々。登山中に出会えたら嬉しいですね。いつまでも屋久島の自然を守るためにも、餌をあげない・ゴミを捨てない・採集しない、など当たり前のルールを守って登山をしましょう。

Valuable creatures live in YAKUSHIMA ISLAND!

屋久島には貴重な生き物がいっぱい!

【屋久島関連記事はこちら】

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

屋久島で見られるヤクジカ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」