蔵王山|きらめく湖沼・緑深い原生林に触れるレベル別登山ルート3選

蔵王山はそのダイナミックかつ雄大な自然が特徴で、神秘的な火口湖である御釜はもちろん、周囲の魅力溢れる観光地・温泉情報、初心者の方も楽しむことができるレベル別の登山ルートをご紹介します!気になる噴火情報もしっかりチェックしましょう。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

蔵王山ってどんな山?

蔵王山稜線
出典:PIXTA
標高 山頂所在地 山域 最高気温(6月-8月) 最低気温(6月-8月)
1,841m 宮城県刈田郡蔵王町 蔵王連峰 20.8℃ 5.6℃
蔵王山とは「蔵王山」と呼ばれる名称の一つの峰があるわけではなく、その場所に存在する山並み(連峰)を指します。宮城県と山形県の両県南部の県境に位置し、47個の火山を含んだ連峰で、主峰は熊野岳という標高1,841mの山となります。

エメラルドグリーンが美しい御釜

蔵王山エメラルドグリーンの御釜
出典:PIXTA
迫力のある山肌の地形の中に少し濃いエメラルドグリーンが映え、ダイナミックかつ美しい景観を作り出しています。草津白根山にも湯釜というとても似たエメラルドグリーンの火口湖がありますが、こちらの火口湖は御釜よりも少し明るい色合いとなっています。見比べて楽しむのもおすすめです!
御釜のライブカメラ

蔵王山の気になる噴火情報

歴史:3万年前に山頂部に直径2kmのカルデラが形成されると同時に玄武岩質安山岩マグマの爆発的な活動が開始され、それは断続的に現在まで続いています。
蔵王に向かう際には、気象庁の蔵王山火山ハザードマップや噴火警報の発表状況を事前に確認しましょう!
蔵王山の火山活動状況を確認
蔵王山火山ハザードマップ等を確認

蔵王山の天気

蔵王山の雄大な自然をより快適かつ安全に楽しむためにも、噴火情報を含め、事前にしっかり天気等の確認しましょう!余裕をもった行動を心がけることで、安全に蔵王山の魅力を満喫することができます。
tenki.jpで蔵王山の天気を調べる

蔵王山の自然を堪能!レベル別登山ルート3選

蔵王山には様々な登山ルートがありますが、今回はレベル別に特におすすめの登山ルートをご紹介します!

ビギナー:鴫の谷地沼(しぎのやちぬま)周遊ルート

蔵王鴫の谷地沼周遊コース
距離 コースタイム 標高差 日程 難易度
約2.0㎞ 1時間 100m 日帰り
※標高差は蔵王山麓駅と鴫の谷地沼の差です。
鴫の谷地沼
蔵王ロープウェイの山麓駅を出発地とし、ミズバショウの群生地を抜け、水面が美しい鴫の谷地沼を一周してロープウェイの山麓駅に帰ってくるルートです。ルート距離も短く、時間もあまりかからない為、体力に自信のない方も安心です。
鴫の谷地沼のベンチ
ベンチもあり。特に秋の紅葉が水面に映る姿が絶景と言われています!

 

一般:観松平周遊ルート

観松平周遊コース
距離 コースタイム 標高差 日程 難易度
約2.5㎞ 1時間30分 115m 日帰り
※標高差は叉兵衛平と追分の松の差です。
いろは沼
出典:PIXTA
山麓駅からロープウェイにて樹氷高原駅へ、そこからユートピアリフトに乗り換えていろは沼観松平へ。観松平を出発地として、名松群を一周回りながら、いろは沼、天竜の松、黒姫山展望台からの眺望を楽しむことができるルートです。
ワタスゲ
出典:PIXTA
木道を歩きながら、様々な松の木やワタスゲ・コバイケイソウなどを楽しめます。

健脚:熊野岳コマクサ観賞ルート

熊野岳ルート図
出典:ヤマプラ
距離 コースタイム 標高差 日程 難易度
約4.1㎞ 1時間57分 174m 日帰り
蔵王山頂(26分)→ワサ小屋跡(25分)→熊野岳(21分)→避難小屋(20分)→ワサ小屋跡(25分)→蔵王山頂
熊野岳への登山道
出典:PIXTA(写真は熊野岳登山道)
蔵王ロープウェイの山頂駅を出発地として、地蔵山や蔵王山の主峰である熊野岳はもちろん、高山植物の女王コマクサや御釜等、蔵王の自然を魅力を一度に楽しむことができるおすすめの登山ルートです。
蔵王山頂の神社
出典:PIXTA
熊野岳山頂には、蔵王神社があります。

蔵王ロープウェイ

区分 大小 運賃
往復 大人/小人 2,600円/1,300円(地蔵山頂駅まで)
往復 大人/小人 1,500円/800円(樹氷高原駅まで)
片道 大人/小人 1,500円/800円(地蔵山頂駅まで)
往復 大人/小人 800円/400円(樹氷高原駅まで)
蔵王ロープウェイは2つに分かれており、山麓駅から樹氷高原駅まで、樹氷高原駅から地蔵山頂駅までとなっております。それぞれの駅にて見所がたくさんありますので、目的に合わせて楽しみましょう!
ロープウェイ料金・営業時間

登山コース上にある避難小屋

熊野岳山頂近くの避難小屋出典:PIXTA
熊野岳コマクサ観賞ルートには、馬の背とコマクサの群生地近くに熊野岳避難小屋が用意されています。体調がすぐれない場合にはもちろん、体力に自信のない方は無理せず休憩場所として活用しましょう。

登山口までのアクセス・駐車場情報

ここでは紹介したルートの登山口アクセスについてご紹介します。

車の場合

①蔵王ロープウェイ駐車場
山形蔵王IC(山形自動車道)―国道286号―県道167号―県道53号―県道21号―県道53号―蔵王ロープウェイ駐車場
山形蔵王ICを降りて国道286号線を進み、県道167号線へ向かいます。そのまま道なりに進み、途中で県道53号線に切り替わります。その後県道21号線を挟みますがそのまま道なりに進むと、県道53号線に戻り県道14号線を左折し、鴫の谷地沼を通り過ぎ、突き当たりを県道53号線方面に右折し左手に見えるのが蔵王ロープウェイ駐車場です。蔵王ロープウェイ駐車場まで約17.7km、所要時間23分。
<駐車場情報>
蔵王ロープウェイ駐車場
計約150台停められます。
住所:山形県山形市蔵王温泉229-3

公共交通機関

バス
①蔵王ロープウェイ
山形駅前→蔵王温泉・刈田山頂行き(蔵王ロープウェイ前下車)
山交バス 時刻表
山交バス 料金表

蔵王山周辺の観光・温泉施設情報

蔵王山は全国でも有数の観光地であり、周辺には蔵王の雄大な自然を楽しむことができるスポットはもちろん、野趣あふれる人気の露天風呂があります。

蔵王山周辺おすすめ観光地

蔵王エコーライン
蔵王エコーラインは遠刈田温泉から山形県の坊平高原までを結ぶ全長26kmの山岳観光道路で、蔵王の雄大な自然を長距離にわたって楽しむことができます。
蔵王エコーライン
出典:PIXTA
住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉
営業時間:期間中無休(11月上旬~4月下旬は通行止め)
駐車場:なし
蔵王エコーラインは新緑の季節はもちろん、色とりどりの紅葉が美しい秋、冬には雪の回廊と四季折々の美しい表情を見せてくれます。

蔵王の三階の滝
三階の滝は高さ181m、幅7mの細長く三段に流れ落ちる滝で日本滝100選に入選しています。
蔵王三階滝
出典:PIXTA
住所:宮城県刈田郡蔵王町
電話:0224-33-2215
駐車場:なし
一番の見頃は紅葉の美しい秋で、蔵王エコーラインの途中から眺めることができるので、一緒に楽しむのがおすすめです。

蔵王の樹氷
樹氷は蔵王の特別な気象条件の元に発生し、着氷→着雪→焼結という一連の現象が繰り返されることにより神秘的な景色が作り出されています。
蔵王の樹氷
出典:PIXTA
住所:山形県山形市蔵王温泉樹氷高原
電話:023-647-2266
駐車場:なし
蔵王の樹氷がピークを迎えるシーズンにあわせて、蔵王樹氷まつりが開催されます。ライトアップ等もあり、神秘的な樹氷の景色を楽しむことができます。

蔵王温泉大露天風呂
大露天風呂は受付と簡易的な更衣室、露天風呂と野趣あふれる露天風呂施設となっており、蔵王の自然そのままの温泉を味わうことができます。
蔵王温泉大露天風呂
住所:山形県山形市蔵王温泉荒敷853-3
電話:023-694-9417
料金:大人550円
営業時間:4月下旬~11月上旬(冬季閉鎖)6:00~19:00(変更あり)
泉質:含硫化水素-強酸性明礬・緑礬泉
駐車場:あり/60台
開湯1900余年の東北屈指の規模と歴史を誇る名湯で、強酸性の硫黄泉は美人づくりの湯としても知られています。蔵王山登山を楽しんだ後の疲れた体に最適です。

豊かな自然が色濃く残る蔵王山

蔵王山登山出典:PIXTA
蔵王山にはロープウェイも設置されているので、山麓から気軽に頂上付近まで上がることができ、体力に自信のない方も気軽に蔵王の雄大な自然を堪能することができます。ルートも数多くありますので、自分の体力や好みに合わせて最適なルートを選択しましょう。

Experience the mystery of nature at Zaozan.

蔵王山で自然の神秘を体験しよう

【登山時の注意点】
・しっかりとした登山装備と充分なトレーニングをしたうえで入山して下さい。足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、ヘッドランプ、帽子、ザック、速乾性の衣類、食料、水など。
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!
・紹介したコースは、登山経験や体力、天候などによって難易度が変わります。あくまでも参考とし、ご自身の体力に合わせた無理のない計画を立てて登山を楽しんで下さい。
【免責事項】
・本ウェブサイトに掲載する記事や情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。株式会社スペースキーは本ウェブサイトの利用・使用ならびに閲覧によって生じたいかなる事故を含む損害にも一切責任を負いかねますのでご了承ください。なお、ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更する場合があります。


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

蔵王山の御釜
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Ryo
Ryo

旅行・写真が好きな神奈川在住のRyoです。写真を撮りながら旅行するのが好きで、1年に1度の海外旅行は欠かせません!近年はアウトドアの魅力に惹かれアウトドア初心者として勉強中。ライターとしても駆け出しですが、役立つ・使える情報を発信できるよう頑張ります!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」