登山史に残る装備を80年ぶりに発見!劇的進化を遂げた4つの山道具とは?

2016年11月、日本で初めてヒマラヤ登山を成功させた隊員の生家から当時の装備が発見されました。80年以上も前の登山装備はどれも貴重なものばかり。現代の装備と比較しながら当時に思いをはせてみましょう。

ヒマラヤの気候にも耐えた80年前の登山装備とは?

imgp4507-s
提供:毎日映画社
インドとネパールの間に位置し、エベレストなど名だたる8000m峰を抱える”ヒマラヤ”。当時の立教大学山岳部の遠征隊が日本人として初めてヒマラヤの山に登頂したのが1936年。今から80年以上も前のことです。

f2bf8979-9b99-46e7-9b29-cc1da6b364eb
提供:毎日映画社
日本人が初めて登頂したヒマラヤの山はインド北部に位置する聖峰「ナンダ・コート」(6867m)。この日本の登山史に残る偉業を支えた装備の数々が、なんと昨年11月に同行した竹節記者の生家で発見されました。

8f767b20-7986-4633-a002-77547a90b9fe
提供:毎日映画社
竹節記者は1936年のナンダコートのほか、1952年から1954年の第一・二次マナスル登山隊にも参加した登山家。当時として最新の技術を盛り込み、ヒマラヤの厳しい気候にも耐えた装備は、いったいどんなものだったのでしょうか。今回特別にナンダコートとマナスル遠征時の装備を見て、触った感想をどこよりも早く編集部がお届けします!

①雨や雪にも屈しない丈夫な「レインウェア」

imgp4918s
撮影:YAMA HACK編集部
登山の「三種の神器」のひとつにも数えられるレインウェアは、ポンチョタイプ。標高が上がるにつれて雨だけでなく雪の可能性もあったためか、非常に丈夫なナイロン生地を採用。ウエスト部分を調節できる紐を採用しており、強い風に吹かれてもしっかり体を守ってくれるように作られています。登頂時の写真では着用していないようなので、やや標高の低いところで使用していたのかもしれませんね。

imgp4922
撮影:YAMA HACK編集部
首元までしっかり留められ、防水性も期待できそうですが、当時はまだゴアテックスなどの防水・透湿性を両立するような素材がない時代。試着して数分でポンチョの中が蒸し暑くなってきました。

imgp4925
撮影:YAMA HACK編集部
しかし、80年以上たった今でも使えそうな生地の耐久性には驚き。裏地には「TOYO NYLON」のタグがありましたが、編集部で調べたところ、残念ながら現存する会社かどうかは判別ができませんでした。

②肩に食い込むキスリング型から体にフィットする「バックパック」へ

imgp4982
撮影:YAMA HACK編集部
発見されたバックパック(リュック)は、現代の登山用のものとはだいぶ形状が違う「キスリング型リュックサック」。横に広がる形状で、サイドポケットにも十分収納スペースがあります。

imgp4986
撮影:YAMA HACK編集部
ただ、キスリングはフレームやクッションが一切なく、いわば大きな布の袋にベルトが付いたようなもの。形を整えながらパッキングをする必要があるうえに肩への食い込みも強くなります。現代のバックパックは荷物が大量でもパッキングしやすく肩への負担が軽減されていることを考えると、バックパックの進化により、登山が非常に快適になったことがわかります。

imgp4981
撮影:YAMA HACK編集部
リュックのタグの部分には「HOSONO」の文字が。実はこのリュックを制作した「細野防水布店(現・工房HOSONO)」は、1912年から現在まで営業を続けている東京・新御徒町の帆布、バッグ工房でした。当時、ナンダコート遠征に向け、リュックや衣類、テントを納入した歴史を持ち、現在でもクラシカルで洗練された帆布製品を販売し続けています。

③雪山登山に必須の「アイゼン」

imgp4947
撮影:YAMA HACK編集部
雪山登山に必須の「アイゼン」。現在では爪の少ない軽アイゼンからアイスクライミングにも使われる前爪付きのものまでありますが、今回見つかったアイゼンは8本爪。しっかりとした強度で、セットの平紐を括り付けて使います。

imgp5178
撮影:YAMA HACK編集部
今のアイゼンと比較してみると、グリップ力を上げるための爪の向きや足裏にフィットする形状、爪と爪の間には雪の付着を防止するプレートがついており、”氷雪の上を歩く”ための様々な進化が見受けられます。

imgp4943
撮影:YAMA HACK編集部
なんと、今回発見されたアイゼンはケース付き。蓋には「東京 好日山荘 銀座」の刺繍がしっかりと残っています。現在も東京・銀座にある好日山荘。当時から登山者に向けた様々な装備を販売していたことがわかりますね。

④ヒマラヤの気候から登山隊を守った「テント」

imgp4454
撮影:YAMA HACK編集部
ヒマラヤ登山では長い時間をかけて山頂までアプローチするため、しっかりとしたつくりのテントも必須。今回発見されたテント(外張り)も、その用途に合った丈夫な生地を採用しています。形状は今ではほとんど見かけない三角柱型でした。

imgp4459
撮影:YAMA HACK編集部
テントの上部には「RIKKIO UNIV ALPEN VEREIN」(※VEREIN:ドイツ語で「クラブ」)の文字がくっきりと残っていました。

現代のドーム型テント
出典:HCS
雪山用の”外張り”は、テントのフライシートとは違い、地面につくまで生地が余分に用意されています。この部分を雪で埋めることで中を密閉し、温度を保つ仕組み。また、出入口は吹流し式が一般的。驚くことに、現代のものと比べると仕組み自体は大きく変わっていないことがわかります。

外張りで特に進化しているのは、居住性と軽量化。現代のものはドーム型になり、同じ面積でも快適さが大幅に向上しています。重さがネックのテントですが素材の進化により、軽量化されている点も大きいですね。

進化し続ける登山装備

imgp4990
撮影:YAMA HACK編集部
今回紹介した装備のほかにも、スパッツやシュラフなど、時代を感じる様々な装備が出てきました。これらの装備を大型のベルト付きトランクやアタッシュケースに入れてキャンプまで運搬していたのだそう。

機能性と軽量化

imgp4487-2
提供:毎日映画社


当時の装備は総じて80年ほど前とは思えないほどとても丈夫で、現代でも使えるのではないかと思う物ばかり。一方で、長い時を経た現代の装備は機能性や軽量化が進み、登山がぐっと快適になっていることがわかりました。日本登山史を切り開いた先人に思いをはせつつ、これからの登山装備のさらなる進化が楽しみですね。

 

Learn the history of mountain climbing from equipment.

装備から登山の歴史を知ろう

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

アイゼン
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」