岩場歩きをする人は必見!登山ヘルメットを推奨しているのはどこの山?

岩場が多い山域での登山は、山岳用ヘルメットを着用することが推奨されるようになってきました。今回は、長野県の山で、登山ヘルメットの装着をすすめている山をご紹介します。滑落や落石から身を守るためにも登山ヘルメットをかぶりましょう。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

登山ヘルメット着用で落石や滑落から身を守ろう!

ヘルメットをかぶって登山する男女
出典:PIXTA
登山中の遭難で、もっとも多いのが「道迷い」ですが、次いで多いのが「転・滑落」です。特に、日本を代表する山岳エリアの長野県では、滑落事故が後を絶たず、多くの遭難事故は頭部負傷が多いのも実態です。落石にあったヘルメット
出典:長野県警察(滑落してもヘルメット着用で助かることも)
しかし、そんな滑落事故でも、登山ヘルメットを着用していたために、死を免れたというケースもあります。このようなことから、長野県では一般登山道でも、岩稜を有する山では登山ヘルメットの着用を推奨しています。

登山ヘルメットを推奨している山紹介

長野県では、南・中央・北アルプスの以下の山岳エリアで、登山ヘルメットの着用を推奨しています。

北アルプス南部(槍・穂高連峰)

①北穂高岳から涸沢岳・屏風岩、前穂高岳(吊尾根)一帯
北穂から吊り尾根
出典:PIXTA(奥穂から前穂に向かう吊尾根)
槍・穂高連峰一帯は岩峰群で、一般登山道といえども、気の抜けないエリアです。2017年の夏山シーズンでもすでに、前穂高岳の重太郎新道で滑落事故が発生しているように、毎年事故が頻発しているエリアです。もし滑落しても、頭部負傷を防ぐためにヘルメット着用が望ましいです。
%e5%8c%97%e7%a9%82%e9%ab%98%e3%83%bc%e6%b6%b8%e6%b2%a2
出典:ヤマプラ
②西穂高岳から奥穂高岳
ジャンダルム
出典:PIXTA
最難関の登山道でもある西穂~奥穂間。登山上級者向けのルートで、安易に立ち入ってはいけない危険なルートです。ジャンダルムという馬の背のような岩峰を通過していきます。浮石も多く、滑落だけではなく落石にも注意が必要です。%e5%a5%a5%e7%a9%82%e3%83%bc%e8%a5%bf%e7%a9%82
出典:ヤマプラ
③北穂高岳から南岳(大キレット)大キレット
出典:PIXTA
北穂~南岳間の大キレットも最難関ルートのひとつです。切れ落ちた岩の登山道をアップダウンをしながら進まなければならず、毎年、滑落事故や落石が発生しています。
%e5%a4%a7%e3%82%ad%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88
出典:ヤマプラ
④東鎌尾根の区域東鎌尾根
出典:PIXTA
北アルプスの人気の縦走路、表銀座コース上にある東鎌尾根。大キレットほどの難易度はありませんが、天候が悪い時に足を滑らせて切れ落ちた尾根から滑落する事故などが発生しています。%e6%9d%b1%e9%8e%8c%e5%b0%be%e6%a0%b9
出典:ヤマプラ

北アルプス北部

①不帰嶮(かえらずのけん)周辺不帰嶮
出典:PIXTA
白馬岳から唐松岳まで縦走する場合に通過しなければならないのが、不帰キレット。落石や滑落の可能性がある危険なエリアなのでヘルメット着用が望ましいです。
%e4%b8%8d%e5%b8%b0%e3%82%ad%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88
出典:ヤマプラ
②八峰キレット周辺八峰キレット
出典:PIXTA
五竜岳から鹿島槍ヶ岳への登山道にあるのが、八峰キレット。鞍部にはキレット小屋があり、一息つくことができます。
%e5%85%ab%e5%b3%b0%e3%82%ad%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88
出典:ヤマプラ

南アルプス

①甲斐駒ケ岳甲斐駒ヶ岳
出典:PIXTA
南アルプスの人気の山でもある甲斐駒ケ岳。駒津峰を過ぎると、巻道と直登コースがありますが、直登コースは岩登りの要素が出てくるのでヘルメット着用が良いでしょう。
%e7%94%b2%e6%96%90%e9%a7%92%e3%82%b1%e5%b2%b3
出典:ヤマプラ
②鋸岳
鋸岳
出典:PIXTA
甲斐駒ヶ岳までの登山者は多いですが、鋸岳まで足を伸ばす登山者は少ないです。そのため、登山道が不明瞭だったり、落石の可能性があるガレ場や鎖場のルートを通過しなければならないので難ルートです。
%e9%8b%b8%e5%b2%b3
出典:ヤマプラ

中央アルプス

①宝剣岳
宝剣岳
出典:PIXTA
中央アルプスのシンボル的存在の宝剣岳は、千畳敷カールからそびえ立つ険しい岩山です。岩場のトラバースや鎖場でのスリップ、落石に注意が必要です。
%e5%ae%9d%e5%89%a3%e5%b2%b3
出典:ヤマプラ

戸隠連峰

①戸隠山・西岳
戸隠山・西岳
出典:PIXTA
標高は2000m弱ですが、ギザギザの険しい山容が特徴の戸隠山。「蟻の戸渡り」という尾根道は、両側が切れ落ちたナイフリッジです。
%e6%88%b8%e9%9a%a0%e5%b1%b1
出典:ヤマプラ

長野県で登山ヘルメット着用を推奨している山一覧

%e8%a1%a8

ヘルメット推奨以外の山でも、ヘルメット着用を!

岳沢パノラマ
出典:PIXTA
今回は、長野県が推奨している登山ヘルメット着用の山を紹介しましたが、落石や滑落の危険性がある山はほかにもたくさんあります。例えば、富山県にある北アルプス北部の剱岳でも、険しい岩峰の登山道が続き、カニのたてばいやよこばい、早月尾根などでは滑落事故が発生しています。同じく登山者で人気の八ヶ岳の赤岳山頂付近でも滑落事故が発生しており、ヘルメット着用が推奨されています。主要山岳エリアが設定した山のグレーディング表の技術的難易度がC~Eのルートでは、ハシゴ、岩場、クサリ場があるので、そのような場所ではヘルメット着用するのがよいでしょう。


安全な登山を心がけよう!

From PIXTA
出典:PIXTA
登山地図やガイドブック、県警のHPなどを確認して、事前に岩場やガレ場、過去に滑落事故が発生したエリアでは、意識的に登山ヘルメットを着用しましょう。

Put on a helmet

ヘルメットをかぶろう!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

From PIXTA
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Maiko.W
Maiko.W

大学時代、山岳部に入部し本格的な山女へ。1999年中国四川省の未踏峰へ遠征。2000年マッキンリーに登頂。卒業後は、㈱山と渓谷社で月刊誌『山と渓谷』の編集に携わる。フリーライターを経て、現在は「YAMA HACK」で編集兼ライターとして山に関する情報を配信中。夏は、ファミリー登山、冬はスキーを楽しむ。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
買うトドアにて期間限定キャンペーン実施中