プロの荷物を徹底分析!初心者が忘れがちな持ち物とパッキングのキホン

そんな荷物で大丈夫?登山の持ち物選びは多くても少なくてもダメ!

dsc00044
「まだまだ登山初心者、水や食料くらいはあるけど何を持ってくるべきなのかは正直よくわからない。」そんな悩みを抱えたまま山登りをしていませんか?正しい知識がないと軽すぎて不安になることもあれば、持ってきすぎてしまい重くて楽しめない・・・なんてことも。

プロの登山家に”持ち物選び”と”パッキング”のコツについて教えてもらいました!

dsc04013
山登りの持ち物とパッキングについて登山家はどのように考えているのでしょうか。その悩みを解決すべく、今年7月に登山家の大蔵喜福氏と登山学習サイト「Sherpa」の管理人・石井孝典氏をゲストに迎え、登山の持ち物やパッキングについての座談会を開催しました。山のプロが考える登山の持ち物とは?

メインゲストプロフィール

・登山家 大蔵喜福氏

dsc02915
プロフィール:大蔵喜福(おおくら よしとみ)氏
1951年生まれ、長野県飯田市出身。10代から本格的な登山をはじめ、1979年には世界初のヒマラヤ縦走を成功させた。北米最高峰のデナリ(マッキンリー)には計20回以上登頂した経験を持つ。

・登山学習サイト「Sherpa」管理人 石井孝典氏

dsc0305s0
プロフィール:石井孝典(いしい たかのり)氏
1986年生まれ、千葉県出身。登山歴約3年程でありながら「山岳遭難事故を減らしたい」という想いで山岳ガイドが登山の質問に答える学習サイト「Sherpa(シェルパ)」の立上げ・運営を行う。国内最大級のFacebook登山者コミュニティ「みんなの登山部」の管理人もしている。

ライオン株式会社「ストッパ」とYAMA HACKのコラボ企画

ライオン株式会社 坂田氏
本座談会は、ライオン株式会社の『ストッパ』の提供でお送りします。ブランドマネジャー・坂田真氏によると、ストッパはストレスやプレッシャーからくる下痢の薬として開発されたものなのだそう。天候や体調の影響を受けやすい”登山”は無事に登って下りるまで毎回がチャレンジ。ストッパを持っていくことが、登山などのチャレンジの後押しとなることを願い、この座談会が実現しました。

丹沢・大山の登山を想定!登山家と初心者の荷物の違いは!?

登山初心者のリュックの中身は?

dsc03333
登山家の装備を知る前に、座談会に出席している登山歴の浅い初心者の荷物を見てみましょう。今回は丹沢にある大山(1252m)へ日帰りで行くことを想定して、初心者2人に装備を持ってきてもらいました。

登山歴2年のIさんの装備

dsc03386
普段は低山の日帰りがメインのIさんは、「登山を気軽に楽しみたい」という理由で30リットルのリュックに装備は最低限。日焼け止めやタオル、レインウェア、飲料水、食料などが入っていました。

登山歴約1年のYさんの装備

dsc03383
行ってみたい山は南アルプスの鳳凰三山というYさん。Iさんとは対照的に、少し大きめの45リットルのリュックからたくさんの装備が出てきました。絆創膏やテープ、靴紐が切れた時の予備といった緊急時の道具、地図、コンパス、タオル、食料、ガス、そして、約3リットルもの大量の水分が入っていました。ヘッドライトが2つあるのは、壊れた時の予備なのだそう。

登山家・大蔵喜福氏の装備

dsc03815
意外にも一番多くの装備を持ってきていたのは大蔵氏。30リットルという小型のリュックからでてきた装備はこちらの写真のとおりですが、他の2人との最も大きな違いは「まさか!」の事態を想定したものでした。

薬

特に目を引くのは医薬品の数。一番使うのは胃腸関係の薬で、ほかにも風邪薬や目薬、ポイズンリムーバーも出てきました。「薬に関しては本当に細かくそろえています。」と、大蔵氏。体の不調は、時に動けなくなったりすることもある重大なリスク。例えば、山では急に冷えたり水あたりで下痢になることも想定して、ストッパなどの下痢止め薬を医薬品リストに入れておくのがいいでしょう。実際、大蔵氏のリュックには、普段からストッパが入っているそう。

 「荷物はその人の登山を表す」

余計なものを持ってこない潔さ

adsc03598
3人の装備を比較すると、一番経験豊富な登山家が最も山での緊急事態に備えていることがわかりました。リスクを回避することで、安全で楽しく登山ができるのですね。一方で、余計なものを持ってこないことも大切なことです。「特に女性の場合は、化粧品や着替えを余計すぎるくらい持って来ている人をみることがある。」と、大蔵氏。いま一度見直してみると、荷物がぐっと減るかもしれませんね。

持ち物はわかったけど詰め方は大丈夫?ーーパッキングの基本4つ

①重さを考えた適切な配置を

aa%e7%84%a1%e9%a1%8c
パッキングで重要なのは重心の位置!大蔵氏によると、「(重心となる)背中の真ん中より少し上を意識して重いものを。」とのこと。重いものは上部に、軽いものは下部に配置することで重さを感じにくくすることができます。

②サイドのストラップを締めて「長方形」を意識しよう

adsc04074
「サイドのベルトを最初から締めて厚みを減らしておけば、形が安定する」と、大蔵氏。丸みのある形状よりも縦長の長方形を意識することで、重心を安定させることができます。

③横ではなく、縦向きに詰めて

パッキングをする大蔵氏
「横向きではなく、縦に詰め込んでいきます。」と大蔵氏。通常、雨蓋を開けて上部から荷物を出すので、上から見ても何が入っているかわかるようにするのがポイントなのだそう。また、リュックの両側から中心に向けて詰め込むようにしましょう。これにより、長方形のすっきりとしたシルエットにすることが可能です。もし荷物が多いときは、下の方からファスナーで開いて取り出せる2気室のリュックがおすすめです。

④雨蓋は緊急時や使用頻度が高いものを!

aadsc04377
雨蓋部分はすぐに取り出せる特別な場所。特に使用頻度の高い食料や、どんな緊急事態でもすぐに対応できるように医薬品などを入れておきましょう。下痢止め薬「ストッパ下痢止めEX」は、ポケットからサッと出したら、水なし一錠ですぐ効くので、山の中での緊急事態にも対応することができますね。この場所には余計なものを入れず、常に何が入っているか把握しておくとよいですよ。

「パッキングはその人のスキルを表す」

adsc04139
「経験を積むほどパッキングがうまくなるから、リュックを見れば大体その人の登山レベルがわかる」と、大蔵氏。乱雑に荷物を詰め込んだリュックはぼてっとしたシルエットになるだけでなく、中の荷物が揺れたり重心がずれて疲れの原因になることも。シルエットや重心を意識して、余計な疲れの原因を作らないようにしましょう。

自分に最適な持ち物と正しいパッキングを

adsc03646
持ち物とパッキングの両方にいえるのは、どんな状況にも対応できるようにリスクを減らしておくということ。自分の実力と山の状況を見て、自分にとって最適な持ち物選びと、パッキングをするように心がけてみてください。余計な荷物を減らすことはもちろん、薬や緊急時の備えを準備することで”不安材料”も減らして快適登山を楽しみましょう。

stp_pkg_170525 まだある!山での緊急事態に備える装備のキホンとは?
≪ストッパ下痢止めEXについて≫
第2類医薬品
【効能】腹痛を伴う下痢、下痢、消化不良による下痢、食あたり、水あたり、はき下し、くだり腹、軟便
【有効成分】ロートエキス3倍散、タンニン酸ベルベリン
【用法・用量】年齢:成人(15歳以上)1錠/回
【1日服用回数】3回を限度とする
【服用間隔】4時間以上あける



≪撮影≫
永田知之
(サイト内写真及びコンテンツについて)
写真、イラスト、映像素材、テキスト等本サービス上の素材は一切、当社又は当該素材の権利者に帰属するものであり、著作権法を含む知的財産権に関する法の下、保護されています。適切な許諾を取得することなく、これらを無断使用することは禁じられています。

sponsored by LION

YAMAHACK 編集部
YAMAHACK 編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!