来年春夏の新作からメーカーイチ押しアイテムまで!アウトドア合同展示会潜入レポート

2018年の春夏の新製品が集うアウトドア合同展示会にYAMA HACK編集部が潜入してきました!ロストアロー、ペツル、マジックマウンテン、スポルティバ、ファイントラックのアイテムを各メーカー担当者の方に直撃してきましたよ。気になるアイテムをチェックしちゃいましょう!


撮影:YAMA HACK編集部
※記事で紹介している製品は、特筆がない限り2018年春以降発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

山岳用品のトップメーカーが一同に集合!

ロストアロー展示会会場撮影:YAMA HACK編集部
先日東京・浅草で行われた「2017夏季アウトドア合同展示会」に、YAMA HACK編集部が潜入!様々な山岳用品メーカーが集い、来春の新製品や既存の一押しアイテムを展示していました。その中でも、特に編集部が気になったアイテムをメーカー担当者の方に直撃してきましたよ!

随所に隠されたこだわり。ロストアローの一押しアイテム!

多くのアウトドアブランドを取り扱うロストアロー。広報担当の萩原さんに、特に注目のおすすめ新商品をお伺いしました。

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット)

シートゥサミット撮影:YAMA HACK編集部
オーストラリア発のSEA TO SUMMIT(シートゥサミット)。カトラリーやドライサックといったアクセサリー類が充実、愛用している登山者も少なくありません。2018年春夏では、サイズ豊富なクッカー「アルファポット」が新登場!
スプーンですくいやすいアルファポット撮影:YAMA HACK編集部
「ハンドルが横スライド式で”あそび”がないので、調理中カタカタしない」「スプーンがぴったり沿うカーブで、最後の1滴まですくいやすい」など、細かな部分に使用者が嬉しいこだわりが詰まっています。


OSPREY(オスプレー)

オスプレーの新製品撮影:YAMA HACK編集部
愛用者も多いオスプレーからは、UL(ウルトラライト)仕様の新作バックパックが登場!従来この位置に君臨していたモデル「エクソス」が1kg強だったのに対し、この新作「レヴィティ」は45L ・60Lの展開ですべて1kgを切る驚異的な軽さ!
オスプレー新製品の背面撮影:YAMA HACK編集部
それでいて背面には、オスプレーの代名詞ともいえるアルミフレームとメッシュを配置。背負い心地は折り紙付きです。
肉厚なショルダー撮影:YAMA HACK編集部
特に編集部が気になったのが、ウルトラライト仕様でありながらショルダー部分のこの肉厚さ!ふにふにと触り心地が良く、重たい荷物を背負ってもこれだけのクッション性があれば負担をかなり軽減してくれそうです。


SCARPA(スカルパ)

スカルパのシューズ新製品撮影:YAMA HACK編集部
イタリア発の登山靴ブランド・スカルパからは、トレッキング向けの新作シューズが2モデル登場。ハイカットのマウンテンブーツよりはライトな使用が期待できるしなやかなシューズです。
ハイドロジェンハイクGTX撮影:YAMA HACK編集部
特に軽量さに驚く「ハイドロジェンハイクGTX」は、アッパー・ソール部分ともに360°すべて防水仕様のゴアテックス🄬サラウンドを採用しているにも関わらず2万円を切る(!)お求めやすさも魅力です。


ロストアロー webサイト
ロストアロー オンラインストア

クライミングギアのトップメーカー、ペツル

来季春夏モデルの新製品ではありませんが、フランスのペツルブランドを代表する一押しのアイテムをご紹介します。
ペツルのシロッコ撮影:YAMA HACK編集部

2017年から超軽量ヘルメット「シロッコ」が進化!

ペツルのシロッコ1撮影:YAMA HACK編集部
ペツルのシロッコ2撮影:YAMA HACK編集部
「物が落ちてきたり、落下してしまった時に一番ダメージを受けるのが頭頂部」と話してくださったのは、ペツルの日本総輸入販売元である株式会社アルテリアの代表取締役社長・鈴木さん。ハイブリッド構造にすることでより衝撃吸収性が向上しました。
シロッコのバックル部分撮影:YAMA HACK編集部
あご部分のバックルは強力なマグネットタイプなので、着脱も容易。
入荷未定のホワイトのシロッコ撮影:YAMA HACK編集部
会場にはホワイトも展示してありましたが、こちらは入荷時期が未定だそうです…。

ヘッドランプの専用リチウム電池が優秀!

ペツルのヘッドランプ専用電池撮影:YAMA HACK編集部
現在発売されているペツルのヘッドランプ専用リチウム電池「コア」。編集部がお邪魔した時点で2時間以上ライトを付けっぱなしでしたが、アルカリ電池はすでに光量が減っているのに対し明るさを保っていました。
アルカリ電池とコア電池の比較撮影:YAMA HACK編集部
いざ山で使おうとして、電池切れだった…そんな経験をした事がある人も多いのでは?これで繰り返し使えることを考えると、賢い選択かもしれませんね。

テント内で活躍しそうな小物も!

ヘッドランプを収納してランタンにできるアイテム撮影:YAMA HACK編集部
ヘッドランプを収納してランタンにできるアイテムも!ジッパー式で簡単に収納でき、吊り下げも可能なのでテント内で活躍しそうです。


アルテリア webサイト

トップクライマーである創業者が製品を開発し続けるマジックマウンテン

来季春夏モデルの新製品ではありませんが、創業者でありマジックマウンテンの代表取締役を務める国井治氏に一押しのアイテムを紹介して頂きました。

衛生的で、楽に膨らますことができるマット

マジマのマット撮影:YAMA HACK編集部
自社ブランドであるインフレータブルマットは裏面が滑り止め加工されており、傾斜地でマットが滑らない工夫がされています。しかし、直に口を付けて膨らませることに抵抗がある登山者も少なくないのでは?また、1枚分を膨らませるのには相応の労力がいり、ましてや高所ともなると余計に大変な作業です。
マジックマウンテンのマットのふくらまし方撮影:YAMA HACK編集部
スタッフサックでも空気を入れられる撮影:YAMA HACK編集部
そんな悩みを解決してくれる製品が、この弁つきのスタッフサック。マットと接続してくるくると丸めるだけで空気を送り込むことができ、場所もとらずにコンパクト。着替えを入れておくこともできます。

登山者のストレスをなくしてくれるトレッキングポール

マジックマウンテンのトレッキングポール撮影:YAMA HACK編集部
「ポールが歩行中にすとん、と縮んでしまう現象は、泥や雪などに先端が刺さって固定され、異なる節の部分が回転してゆるむことにある」と登山者ならではの悩みに答えてくださった国井氏。そんな悩みを解決するのが「SLS(スマートロックシステム)」です。
スマートロックシステム搭載のポール撮影:YAMA HACK編集部
荷重がかかると写真の一番右側・下段の節が空回りすることによりねじれを防いでくれます。

3年保証の靴下!?ウールに化繊を巻き付けた特殊技術

ブリッジデールの靴下撮影:YAMA HACK編集部
今、スポーツ用品店で大人気だという「bridgedale」。なんと靴下でありながら3年保証がついており、日本国内購入後3年以内であれば穴あきやほつれに対して新品と交換をしてくれる高機能靴下です。
3年保証つきの靴下撮影:YAMA HACK編集部
人気の秘密はウールの繊維に、速乾性や温度調節機能のある化学繊維を巻き付ける「ウールフュージョン」という特殊技術。これにより気候変化の激しい登山においても快適な靴内環境を保つことができます。
ブリッジデール靴下の裏側撮影:YAMA HACK編集部
国井氏いわく「登山用靴下を買う時は、必ず裏側を見てください」とのこと。裏返してみると、つま先は縫い目が平でつっかかりもなく、肌辺りの良い素材で履き心地がよさそう!

創業者自らがトップクライマーであるからこそ、細かなニーズに対して最良の選択で製品作りをしているマジックマウンテン。今回ご紹介したのは既に発売されている製品ですが、今後の製品展開も要注目です。


マジックマウンテン webサイト

「MADE IN ITALY」にこだわる登山靴メーカー・スポルティバ

スポルティバの展示会撮影:YAMA HACK編集部
イタリアらしいカラーリング・斬新なデザインでファンも多いスポルティバ。担当者の方に来季春夏のおすすめ新作登山靴を紹介して頂きました。

アプローチから本格ハイクまでこなすオールラウンダー

TX 5 GTX撮影:YAMA HACK編集部
GORE-TEX🄬搭載のハイカットアプローチシューズ「TX 5 GTX🄬」。アプローチシューズとしてしまうのはもったいないほどの機能性で、汎用性の高さが魅力です。
ソールパターン撮影:YAMA HACK編集部
その秘密は、従来と全く異なるソールパターン。写真右が従来のアプローチシューズのソール、左がTX 5。よりヘビーな道にも対応できる作りとなっています。
3D flex搭載のシューズ撮影:YAMA HACK編集部
また、本格的なマウンテンブーツ「トランゴ」シリーズから受け継いだカフとシューレースシステム、足首の動きに追従してくれる「3D flex」も搭載(写真親指部分)。もはや本格的なハイキングシューズと言って良い、新たなラインナップが登場です。

クライミングシューズも一新!

ソリューションの新モデル撮影:YAMA HACK編集部
また、クライミングシューズのデザインも一新!写真は代表モデルのソリューション。その他にもカタナ、コブラなど人気モデルのビジュアルも大きく変化するようです。ファンは要チェック!


スポルティバジャパン webサイト

独自素材が無限の可能性!ファイントラック

ファイントラック展示会撮影:YAMA HACK編集部
ストレッチ性が非常に優れた独自素材「エバーブレス🄬」が話題のファイントラック。ここでは、来季春夏製品ではありませんが、直近の2017年秋冬発売製品の中から特に一押しのアイテムを、広報担当の大堀さんにお聞きしました。

しなやかで使い勝手抜群!フロウラップ™

フロウラップ™撮影:YAMA HACK編集部
汎用性の高いジャケット、「フロウラップ™」。独自のレイヤリングシステムを提唱するファイントラックが、ウィンドシェルでもソフトシェルでもなく「ミッドシェル」と分類しているジャケットです。
しなやかなフロウラップの生地撮影:YAMA HACK編集部
生地はご覧の通り、とてもしなやかでストレッチ性があるため着心地抜群。さらに採用されている素材「エバーブレス🄬エア」は、高い防風性と透湿性があるため活動中も十分にムレを逃がしてくれ、軽い雨も平気!出番が多くなりそうなジャケットです。
フロウラップのベンチレーション撮影:YAMA HACK編集部
「よく、脇下に大きくベンチレーションが付いている製品を見かけますが。実はバックパックを背負っているとショルダーとジッパーが干渉して開けるのにストレスを感じます」と大堀さん談。身ごろ側に配置することで、そうした小さなストレスを解消してくれています。


    ファイントラック webサイト

    こだわりのアイテムで登山を快適に!

    オスプレー新作ザック背面撮影:YAMA HACK編集部
    今回の展示会では、各社のこだわりが随所に詰まったアイテムが大集合していました!年々進化する登山用品をしっかりチェックして、今年&そして来年の山行をより快適に楽しみましょう!

    ※記事で紹介している製品は、特筆がない限り2018年春以降発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

    関連する記事

    関連する山行記録 byヤマレコ

    ペツル展示会会場入り口
    この記事が気に入ったら
    「いいね!」をしよう
    YAMA HACK編集部
    YAMA HACK編集部

    YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

    登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
     

    LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

    登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!