瑞牆山|荒々しい岩場の道を攻略!日帰り登山コースと周辺情報まとめ

瑞牆山は日本百名山のひとつで、登山道は大きな岩がごろごろと転がる岩場の道を登ります。岩場を越えた山頂からは南アルプス、八ヶ岳、富士山と絶景が楽しめるのも人気の理由の一つ。そんな瑞牆山の日帰り登山コースと、山荘・周辺温泉情報をまとめました。


瑞牆山とは?

瑞牆山の画像
標高 山頂所在地 山域 最高気温(6月‐8月) 最低気温(6月‐8月)
約2230m 山梨県北杜市 奥秩父 17.8℃ 8.7℃
瑞牆山は奥秩父山脈のひとつで、日本百名山にも数えられています。奥秩父では珍しい岩山で、登山口から3時間ほどで富士山や南アルプス、中央アルプス、北アルプスまで360度の絶景を楽しめることからも人気があります。

瑞牆山は岩の山!

瑞牆山登山で見られる桃太郎岩の画像
瑞牆山は全山が花崗岩でできた山で、南西部は風化や浸食で迫力のある景観になっています。道中では、まっぷたつに割れた桃太郎岩、クライミングでも人気のある大ヤスリ岩、弘法岩、十一面岩など花崗岩の奇岩を見ることができます。

瑞牆山の天気

瑞牆山へ登山に行く前に、現地の天気を調べてから行きましょう。てんきとくらすで瑞牆山の天気を調べる

瑞牆山おすすめ登山コース(日帰り)

瑞牆山の大ヤスリ岩の画像
瑞牆山登山は日帰りコースが基本となっています。のんびりしたい方は周辺の温泉や登山口の山小屋などに宿泊するのもおすすめです。

①瑞牆山荘~瑞牆山登山コース

瑞牆山荘から瑞牆山の登山コース画像
距離 コースタイム 標高差 日程 難易度
約5.5km 約5時間 約715m 日帰り ★★★
瑞牆山荘から山頂を目指すコースです。富士見平までは緩やかな坂道を登っていきます。富士見平の手前に水場があり、おいしい天然水を補給することができます。富士見平小屋からは少し下り天鳥川へ。そこからは鎖場の多い急登が始まります。途中で迫力の大ヤスリ岩が頭上に見えます。2時間ほど岩場を登っていくと瑞牆山山頂です。

瑞牆山山頂の画像
撮影:nao
山頂からは先ほど頭上にあった大ヤスリ岩、金峰山、富士山など遠くまで見渡せます。大ヤスリ岩でクライミングをしている人を見ることもできるかも。帰りは来た道を戻り瑞牆山荘でゴールです。

②みずがき山自然公園~瑞牆山周回コース

みずがき自然公園から瑞牆山への登山コース画像
距離 コースタイム 標高差 日程 難易度
約9km 約5時間50分 約758m 日帰り ★★★
みずがき山自然公園から周回するコースです。登りは①のコースよりも岩場が少ないので岩場が苦手な方におすすめ。公園から40分ほど林道を歩き、そこから渓流沿いに進んでいきます。水は透明度が高く綺麗。「不動滝」を越えると徐々に傾斜がきつくなり、鎖場も現れます。

瑞牆山山頂から見た大ヤスリ岩の画像
不動滝から1時間半ほど登ると山頂です。帰りは①のコースで富士見小屋まで戻り、みずがき山自然公園の方へ林道を下ってゴールです。

瑞牆山縦走コースはこちらをチェック!


山と高原地図 金峰山・甲武信 2017

山と高原地図 金峰山・甲武信 2017
ITEM
山と高原地図 金峰山・甲武信 2017
出版社:昭文社
発売日:2017/3/10

瑞牆山 季節ごとの楽しみ方

秋の紅葉した瑞牆山の画像
瑞牆山は裾野から中腹にかけてはシラカバなどの広葉樹林、山頂までは針葉樹林が広がり、四季折々の表情を楽しむことができます。

6月はシャクナゲが美しい!

瑞牆山のシャクナゲの画像
瑞牆山の道中の原生林にはシャクナゲが多く、とくに不動滝を通るコースではシャクナゲの群落を見ることができます。瑞牆山のシャクナゲはピンクの可憐なアズマシャクナゲで、見頃には多くの登山者でにぎわいます。

秋は紅葉の名所!

紅葉と瑞牆山の画像
瑞牆山は裾野から中腹にかけてミズナラやダケカンバ、モミジなどの広葉樹林帯、山頂付近はカラマツやシラビソなどの針葉樹林帯となっています。そのため、秋には黄金色に輝く紅葉と山頂付近の花崗岩、緑色の針葉樹のコントラストの美しい風景が広がります。

瑞牆山の山荘情報

瑞牆山は登山口正面と登山口から1時間のところに山荘があります。瑞牆山をゆっくり楽しみたい方は山荘に前泊してから登ると良いでしょう。

瑞牆山荘

瑞牆山荘の画像
瑞牆山登山口の正面にある登山者向けの宿泊施設で、カフェ・レストランを併設しています。山荘という名前ですが、道路脇にあるため機能的でお風呂も利用できます。カフェは誰でも立ち寄れる施設で、人気は数量限定の手捏ねハンバーグとチーズケーキ。その他、夏はソフトクリームなど季節のメニューも楽しめます。

住所:山梨県北杜市須玉町小尾8861
電話番号:0551-45-0521
カフェ営業時間:9:30~16:00
宿泊:可(予約必要)※料金はお問い合わせください。

富士見平小屋

富士見平小屋の画像
登山口から1時間ほど歩いた瑞牆山と金峰山登山の分岐に建っており、ここを基点として両方の山に登る方も多くいます。登山口から近いことからテント泊デビューの場所としても人気です。売店ではお土産のほか、日帰りでも利用できる軽食や美味しいコーヒー、富士見平小屋オリジナルのビールを販売しています。

住所:山梨県北杜市須玉町小尾
電話番号:0900-7254-5698
テント場:あり(約100張)
  料金
素泊まり 4,500円
1泊2食 9,500円
食事のみ 5,000円
テント泊 1,000円
冬季料金 500円

瑞牆山登山口へのアクセス・駐車場情報

瑞牆山登山口には市営の無料駐車場があり、マイカーと公共交通機関のどちらでもアクセスすることができます。

車でのアクセス・駐車場情報

【瑞牆山荘へのアクセス】
中央道須玉IC-県道610号線-瑞牆山荘(約40分)
【瑞牆山荘駐車場】
駐車可能台数:約100台(ハイシーズンは混雑します)
料金:無料
トイレ:あり


【みずがき山自然公園へのアクセス】
中央道須玉IC-県道610号線-瑞牆山荘(約50分)
【みずがき山自然公園駐車場】
駐車可能台数:約100台
料金:無料
トイレ:あり

電車・バスでのアクセス

【瑞牆山荘へのアクセス】
JR中央線 韮崎駅にて下車-山梨峡北交通バス「韮崎瑞牆線」乗車-みずがき山荘バス停にて下車(韮崎駅より約1時間10分)
山梨峡北交通バス 時刻表はこちら

【みずがき自然公園へのアクセス】
JR中央線 韮崎駅にて下車-山梨交通バス「増富温泉郷」方面乗車-塩川バス停にて下車(韮崎駅より約50分)
山梨交通バス 時刻表はこちら

瑞牆山登山後に行ける周辺温泉情報

瑞牆山登山後に行ける増富の湯の画像
瑞牆山登山の後に立ち寄れる温泉をまとめました。ゆっくり浸かって登山の疲れを癒しましょう。

増富の湯
周囲を山々に囲まれた増富温泉郷の中にある温泉で、源泉はかけ流しで日本でも珍しいラジウムを含んでいます。25℃・30℃・35℃・37℃の4種類の温度差がある源泉があり、お好みの温度でゆっくりと時間をかけて温泉浴をすることができます。
住所:山梨県北杜市須玉町比志6438
電話番号:0551-20-6500
営業時間:
4月~11月 10時~19時(最終受付18:30)
12月~3月 10時~18時(最終受付17:30)
休館日:
5月~11月 毎月第4水曜日
12月~4月 水曜日(年末年始は変則営業)


みずがきランド
指定管理者制度によりNPO法人「えがおつなげて」に運営委託されている、農村を体験したい方の都市農村交流施設にある温泉で、静かな農村の風景とかませ川のせせらぎを聞きながらゆっくりとくつろげます。
住所:山梨県北杜市須玉町小尾8842-1
電話番号:0551-45-0155
営業時間:土日、連休を主に営業しますがお問合せください。


ゆ~ぷるにらさき
寝湯、圧注湯、打たせ湯、気泡浴、噴水浴などの様々なアトラクション、ゆったりとした広めの露天風呂がある温泉施設です。同じ館内には45mの流れるプールやウォーターガーデンがあり、子供から大人まで楽しめます。
住所:山梨県韮崎市中田町中条1800-1
電話番号:0551-20-2222
営業時間:9時30分~21時(最終受付20時30分)
休館日:毎週月曜日(但し、祝祭日の場合は営業)、12月31日~1月1日

瑞牆山の岩峰を見に行こう!

瑞牆山山頂からの眺め
撮影:nao
瑞牆山の花崗岩は間近で見ると大迫力です。岩を登る登山をしてみたい方にもおすすめで、岩に自信のない方は別のルートから登ることもできます。みずがき山自然公園で瑞牆山を眺めながらピクニックをするのもいいですね。迫力の岩峰をぜひ間近で見てみましょう!

There are various big rocks in Mizukaki mountain!

瑞牆山にはいろんな大きい岩がある!

【免責事項】
・本ウェブサイトに掲載する記事や情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。株式会社スペースキーは本ウェブサイトの利用・使用ならびに閲覧によって生じたいかなる事故を含む損害にも一切責任を負いかねますのでご了承ください。なお、ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更する場合があります。

紹介されたアイテム

山と高原地図 金峰山・甲武信 2017

山と高原地図 金峰山・甲武信 2017

¥1,080 税込

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

瑞牆山の画像
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」