鍋割山登山|おすすめのルートを紹介!

鍋割山登山のおすすめルートを紹介!アクセス情報やルート情報など、都心から日帰りで行かれる鍋割山の魅力をまとめました。山頂にある鍋割山荘では名物の鍋焼うどんが有名ですが、そこには隠れた秘密が!?鍋割山登山に行ってみよう!


鍋割山とは

DSC01600
標高1,273mの鍋割山(なべわりやま)。丹沢大山国立公園に含まれ、神奈川県の中西部に位置する秦野市、松田町、山北町の市町村境に位置しています。山頂は明るく南から北西にかけて展望が開け、晴れた日には富士山を望むことができます。山頂にある鍋割山荘で提供している鍋焼きうどんが有名です。

鍋割山の天候

丹沢は晴れorくもり
登山口の大倉は標高296mと都内とそれほど変わりありません。しかし、山頂は1273mとなり気温も下がるので季節の変わり目には要注意。ハイキングと侮らず、基本的な登山装備を整えましょう。12月〜3月は積雪もあり軽アイゼンが推奨されます。天気予報は、こちらで確認。

鍋割山の登山口(大倉)までのアクセス

DSC01559【大倉登山口】
表丹沢の玄関口。塔ノ岳や鍋割山へ登山する人で週末は賑わいをみせる。トイレや自動販売機、登山者用の靴を洗う水道が完備している。神奈川県立秦野戸川公園の敷地内にある。

・新宿から (新宿⇔渋沢駅⇔大倉)
【小田急線】
新宿駅⇔渋沢駅 ¥699
【神奈川中央交通バス】
渋02 大倉行 渋沢駅北口より1時間に2〜3本。片道15分、料金は210円。
「お問い合わせ先」神奈川中央交通 秦野営業所 0463-81-1803
【丹沢・大山フリーパス】
お得な切符がおすすめです。小田急線(発駅から本厚木-渋沢まで)の往復きっぷとバスのきっぷが付いて、乗り降り自由!相鉄線や小田急線の自動券売機で購入することができます。詳しくは、こちらまで。


鍋割山の日帰りコース紹介

DSC01561【まずは大倉で登山準備を】
小田急線渋沢駅北口からバスで15分ほど揺られると大倉に到着します。大倉にはどんぐりハウスやトイレ、登山届ポストなどがあります。歩き始まる前に準備体操とルートの確認するようにしましょう。

大倉の標識と道
大倉から早速、塔ノ岳に向かう道と鍋割山へ向かう道に分かれます。間違える人も多いので、標識を見て確認しましょう。

大倉からロードを行く
最初はコンクリートの道を歩いて登山道に入って行きます。いくつかの分岐があるので要注意。

丹沢大山の標識と道ヤマビル
20分ほど歩くとようやく二俣への1本道に。ここから長い道のりが続きます。足を慣らしながら歩くと良いと思います。途中、ヤマビルの警告標識も。梅雨の時期に入ったら塩水を持参するべし。

【二俣】
二俣標識と河原
大倉から4.8km、およそ1時間30分歩いて二俣に到着。ここから本格的な登りが始まります。

【水を運ぶボランティア】
水を運ぶボランティア
この登山ルートの特徴の1つ。それが水の歩荷ボランティア。鍋割山の山頂付近には水場がないため、小屋で使う水を運んでいます。自分のできる範囲で協力しましょう。

杉の急登
森林帯の急登を登っていきます。気温も上がってきて息が切れる。先ほど水を2L背負ったのを後悔します。

【後沢乗越】
後沢乗越の標識
二俣45分、急登を上がりきると後沢乗越へ到着。少し狭いですが、登山者に気を付けて休憩をとります。

後沢乗越のザレ
ここからは両側が切れた尾根を登っていきます。下山してくる人にも気を付けながら、ゆっくり登ります。

【鍋割山荘】
鍋割山荘
後沢乗越から80分。発電機の音が聞こえてくると、ようやく鍋割山荘に到着。晴れていれば富士山も見ることができます。ボランティアで運んだ水は、小屋の中に声をかけて預けましょう。

【鍋焼うどん】
鍋焼きうどん①
鍋焼うどんを早速注文!具がたくさん入ったうどんと、濃いめの汁が疲れた身体に染み渡ります。夢中になってうどんをすすり、完食。けっこうお腹がいっぱいになる量です。

【下山】
二俣
来た道を下山しよう。余裕があれば塔ノ岳や小丸尾根経由もおすすめです。


鍋割山登山ルート概要

秦野市観光協会-表丹沢登山ガイド:鍋割山への道秦野市観光協会-表丹沢登山ガイド:鍋割山への道_コース01拡大図 【標高】1,273m
【コースタイム】合計6時間15分
登り:3時間30分 下り:2時間45分 (休憩含まず)
【コースタイム詳細】
大倉→(1時間25分)→二俣→(45分)→後沢乗越→(1時間20分)→鍋割山山頂→(50分)→後沢乗越→(30分)→二俣→(1時間25分)→ 大倉
【登山適期】
「快適」4〜5月、9〜11月
「積雪期」12月〜3月(軽アイゼン等の積雪期装備が必要)
「暑く不適」6〜8月
【登山地図】

山と高原地図 丹沢 2016
ITEM
山と高原地図 丹沢 2016
『山と高原地図』は、40年以上のロングセラーを誇る、登山・ハイキング用の地図です。
谷や尾根、等高線や登山道を綿密に描き、毎年改訂を加えて、全国約1500の山々を紹介。
山歩きで重要な「目的地」と「現在地」の把握を助ける、必須アイテムです。

鍋焼うどんを食べに鍋割山にいこう!歩荷への感謝も忘れずに

歩荷②
大倉から登る鍋割山のコースは標高差1000m。夏の登山シーズンに向けて、八ヶ岳や日本アルプスを目指す方にもおすすめです。そして、なんと行っても山頂で食べる鍋焼うどんは格別。1000円と少し高いかなと思いますが、人力で荷揚げをしていると考えると頭が下がります。感謝をしながら美味しく食べましょう!

Let’s go Nabewari mount!
鍋割山へ行こう!

【登山時の注意点】
・しっかりとした登山装備で入山して下さい。(足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、帽子、ザック、ヘッドランプ、速乾性の衣類、食料、水など)
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!

【免責事項】
・本ウェブサイトに掲載する記事や情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。株式会社スペースキーは本ウェブサイトの利用・使用ならびに閲覧によって生じたいかなる事故を含む損害にも一切責任を負いかねますのでご了承ください。なお、ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更する場合があります。

紹介されたアイテム

山と高原地図 丹沢 2016

山と高原地図 丹沢 2016

¥1,080 税込

編集部おすすめ記事


あなたにオススメ

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

鍋焼きうどん①
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
Fujimaki Shin
Fujimaki Shin

縦走登山が趣味の大学生。ワンダーフォーゲル部に所属。登山の魅力にハマり、年間60日を山で過ごす。医療を学ぶ傍ら、Webサービス開発やメディア運営、ライターとしての仕事をしている。https://www.wantedly.com/users/1909549

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」