金峰山登山|コースと特徴を紹介!

金峰山登山をするための、日帰りルートを特集!初心者でも日帰りでも行かれるコースを中心に、紹介しています。荒々しい岩山と、林道や鎖場など面白いポイントが多い金峰山登山。また、運が良ければ富士山が見えることも!週末のお出かけに行ってみては?


アイキャッチ画像撮影:naokohara

金峰山はどんな山?

金峰山の岩撮影:naokohara
標高2,599mの金峰山。山梨県では「きんぷさん」、長野県側では「きんぽうざん」と呼ばれており、2つの県にまたがる奥秩父に位置しています。山頂のシンボル的な五丈岩は遠くからでも目にすることができ、360度の展望からは八ケ岳、富士山、南アルプス、浅間山が一望できます。

金峰山の天候

金峰山の山道撮影:naokohara
登山口の標高もやや高いため真夏でも涼しく感じられます。晴れていても稜線は風が強くなることがあるので天気予報をチェックして防風対策を忘れないようにしましょう。春は積雪情報も確認しましょう。天気予報はこちら

金峰山までのアクセス

金峰山の山々撮影:naokohara
金峰山への主な登山口は2つ。瑞牆山荘登山口と大弛峠登山口。
【瑞牆山荘登山口】
金峰山山頂までは4時間20分、標高差1000mと登り応えのあるコース。
【電車】JR中央本線
新宿駅→韮崎駅(特急で約1時間50分)
片道3930円
【バス】山梨峡北交通韮崎瑞牆線
韮崎駅→みずがき山荘(約1時間)
片道2,000円
運行期間:4月2日~11月23日、年末年始
【タクシー】
韮崎駅→みずがき山荘(約50分)
片道約10,000円
韮崎タクシー:0551-22-2235
【マイカー】
中央自動車道 須玉ICより約50分
瑞牆山荘駐車場:約100台

【大弛峠登山口】
車で上がれる最高標高の登山口で、山頂まで2時間半、標高差約250mと比較的楽に登ることができるコース。
【電車】JR中央本線
新宿駅→塩山駅(特急で約1時間半)
片道3280円
【バス】栄和交通大弛峠線
塩山→大弛峠(約1時間20分)
片道1,800円
運行期間:毎年6月1日から11月の勤労感謝の日までの土日祝日のみ運行
※予約制:前日の午前12時までに電話予約
0120-26-2344(9:00~18:00間)
【タクシー】
塩山駅→大弛峠(約1時間20分)
片道約1,2000円
甲州タクシー:0553-33-3120
塩山タクシー:0553-33-3200
牧丘タクシー:0553-35-2104
【マイカー】
中央自動車道 勝沼ICより約2時間半
大弛峠駐車場:約30台



金峰山の稜線を往復する日帰りコース

金峰山の無料駐車場撮影:naokohara
【まずは瑞牆山荘登山口へ】
中央自動車道を須玉ICで降り、瑞牆山荘から100mほどのところにある無料の駐車場へ。韮崎駅からのバスは瑞牆山荘前に停車します。

金峰山の標識撮影:naokohara
金峰山の参道撮影:naokohara
いったん林道に出たら、里宮さん参道入り口を金峰山方面へ進みます。
金峰山の山小屋撮影:naokohara
1時間ほどで富士見平小屋へ到着。ここで瑞牆山方面と金峰山方面へ分かれます。
金峰山へは小屋の右手の登山道を上がります。

【富士見平小屋】
金峰山の山小屋店内撮影:naokohara
コーヒーやビール、手作りのお菓子もおいしい富士見平小屋。ここを拠点に1泊して金峰山と瑞牆山に登る人も多い。

【苔むした原生林】
金峰山の原生林撮影:naokohara
石畳のような登山道を進むと、苔むした原生林の平坦な道が続きます。
金峰山のコケ撮影:naokohara
ヒカリゴケを見つけることができるかもしれません。足元には十分注意し立ち止まって周りを見てみましょう。

【鎖場】
金峰山の鎖場撮影:naokohara
滑らないように通過します。雪がついていたらアイゼンを装着しましょう。(6本爪以上がおすすめです)

【大日小屋】
金峰山の大日小屋撮影:naokohara
開けたところに出ると下に大日小屋が見えます。少し見つけにくいので注意しましょう。

【大日岩】
金峰山の大日岩撮影:naokohara
急に目の前に現われる大日岩。とても大きく迫力があります。

【砂払いノ頭】
金峰山の砂払いノ頭撮影:naokohara
再び森の中の急登を進むと砂払いの頭で突然視界が開けます。
金峰山から見える山撮影:naokohara
砂払いの頭からは富士山、南アルプス、八ケ岳、瑞牆山が見える気持ちの良い稜線歩き。

【千代ノ吹上】
金峰山の千代ノ吹上撮影:naokohara
山梨県側は千代ノ吹上と呼ばれる絶壁が続くので注意して歩行します。

【金峰山山頂】
金峰山撮影:naokohara
岩群に登ると山頂標識があります。この日は雪に埋もれていましたが、三角点は山頂標識のすぐ脇です。

【山頂の五丈岩】
金峰山の山頂撮影:naokohara
金峰山山頂の五丈岩は近づくに連れて大きさに驚くでしょう。

金峰山から見える富士山撮影:naokohara

金峰山山頂からは富士山をはじめ、南アルプス、中央アルプス、八ケ岳、浅間山など360度の風景が見渡せます。

【下山】
金峰山の林道撮影:naokohara
来た道を下山します。樹林帯は暗くなるのが早いので時間に注意しましょう。

金峰山登山ルート概要

【標高】2,599m
【コースタイム】合計7時間15分
登り:4時間10分 下り:3時間5分 (休憩含まず)
【コースタイム詳細】
瑞牆山荘(50分)→富士見平小屋(90分)→大日岩(110分)→金峰山山頂(80分)→大日岩(65分)→富士見平小屋(40分)→瑞牆山荘
【登山適期】5月中旬~11月下旬
(5月は登山道に雪が残っていることもあるので残雪期の装備が必要)
【登山地図】
山と高原地図 金峰山・甲武信 2017
ITEM
山と高原地図 金峰山・甲武信 2017
金峰山の地図最新版です。山小屋や危険個所など登山で知りたい情報が記載されているほか、耐水性に優れ破れにくい地図です。


 初心者もステップアップ登山もおすすめの金峰山!

金峰山の登山道撮影:naokohara
初心者は大弛峠から、ステップアップ登山には瑞牆山荘登山口からと、レベルに合わせたコースで素晴らしい絶景に出会える金峰山。登山口から1時間のところに小屋があるので初めての1泊登山にもおすすめです。気持ちのいい山歩きを楽しんでください!

Let’s Walk the ridge line !

稜線を歩こう!

【登山時の注意点】
・しっかりとした登山装備で入山して下さい。(足首まである登山靴、厚手の靴下、雨具上下、防寒具、帽子、ザック、ヘッドランプ、速乾性の衣類、食料、水など)
・登山路も複数あり分岐も多くあるので地図・コンパスも必携。
・もしものためにも登山届と山岳保険を忘れずに!

【免責事項】
・本ウェブサイトに掲載する記事や情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。株式会社スペースキーは本ウェブサイトの利用・使用ならびに閲覧によって生じたいかなる事故を含む損害にも一切責任を負いかねますのでご了承ください。なお、ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更する場合があります。

紹介されたアイテム

山と高原地図 金峰山・甲武信 2017

山と高原地図 金峰山・甲武信 2017

¥1,080 税込

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

金峰山
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう