【山登りの始め方講座】第1回:登山初心者が登るおすすめの山とは?

春から初夏にかけては、登山を始めるのに絶好のチャンス!でも、登山を始めたいと思っても一体どこの山から登ればいいのだろうか?と思う人も多いはず。そんな登山初心者や初心者を連れて行く人のために山の選び方やおすすめの山をご紹介します。


アイキャッチ画像出典:pixta

登山初心者はまずこんな山に行こう!山の選び方とは?

登山を始めたいけど、最初はどんな山に行くべきか迷いますよね? 初心者がまず行くべき山の条件とは何かをご紹介します。以下のめやすを参考に、山を選んでみてください。

①標高のめやす

■まずは1000m以下の山に登ってみよう!陣馬山
撮影:Maiko.W
よく初登山が富士山!という人もいますが、いきなり日本一高い富士山に登るのは無謀です。一般的に、標高2500m以上を「高所」と呼び、高山病の可能性が出てくる標高です。人によっては、標高1500mでも高山病を発症する場合もあるので、登山初心者は、まず1000m以下の山から登ってみましょう。

②歩行時間のめやす

■まずは2~4時間の歩行時間で!歩行時間のめやすとは?
撮影:Maiko.W
だいたい日帰りだと、初心者は歩行時間が4時間以内が無難です。「山と高原地図」やガイドブックには、歩行時間のめやすが書いてありますが、注意したいのが、休憩時間が含まれていないこと。歩行時間+休憩時間を算出して全体の行動時間をイメージしてみましょう。

③初心者向きの山の特徴

■まずはロープウェイがある山を!ロープウェイがある山がおすすめ
撮影:Maiko.W
東京だと高尾山、御岳山など、まずはロープウェイがある山から始めると安心です。基礎体力がある人は、ロープウェイを使わずに下から歩いたり、疲れたから帰りはロープウェイを使うなどいろいろアレンジができるのも利点です。

■トイレがある山を!トイレがある山もおすすめ
撮影:Maiko.W
登山初心者の悩みで多いのが、山でのトイレ。特に女性は、心配ごとのひとつです。人気の低山だと、登山口や山頂にトイレが完備されていることも多いので安心です。

■指導票がしっかりある山を!
指導票がある山を選ぼう
撮影:Maiko.W
人気の低山だと、登山口や分岐にしっかり指導票があるので、道迷いの心配が少なく安心して登山が楽しめます。

注意:低山だから大丈夫は危険!
初心者だから近くにある低山を歩こう!と思っていても、その山の登山道がしっかり整備されているかは別問題。低山は作業道があったり、地元の人が歩いた道があったりと意外と迷いやすいもの。初心者は、まずは、きちんと整備・管理されている低山を選びましょう。


登山初心者はどんなふうに計画を立てればいい?

登山初心者の計画の立て方は?
出典:pixta
登山初心者は、まず経験者と一緒に山に行くのが望ましいですが、自分で計画を立てるときの方法をご紹介します。

■登山初心者が山の情報を集めるには?
ヤマレコを利用しよう!

出典:ヤマレコ
書店やアマゾンでは、登山初心者向けの書籍や雑誌を多く取り扱っているので、見つけてみるとよいでしょう。「ヤマレコ」といった登山のコミュニティサイトも、写真が多くイメージがつきやすいので参考になりますよ。

また、ICI石井スポーツ好日山荘モンベルといった登山用具店でも、講習会やツアーを開催しているので、一人で心配な場合は、参加してみるのもよいでしょう。

■山が決まったら地図を買おう!山と高原地図
撮影:Maiko.W
本やインターネットの情報から、行きたい山が見つかったら、地図を購入しましょう。登山初心者にまずおすすめなのが「山と高原地図」。歩行時間や危険箇所が地図上に書かれているので便利です。また、「ヤマレコ」の「ヤマプラ」にも便利な地図機能があるので利用するとよいでしょう。最近では、GPSと地図機能が備わったアプリもあるので使ってみるのもいいですね。

■登山計画書を書いてみる
登山計画書の見本
登山初心者がいきなり綿密な登山計画書を書くのはハードルが高いですが、行き帰りの電車やバスの時間、登山ルート、一緒にいくメンバーの連絡先、持ち物リストなど作成しておくと便利です。コピーを、登山口にある登山計画書ボックスに入れたり家族に渡してから登山を開始しましょう。

■登山を始めるのにいい季節と注意点
登山を始めるのに適した季節とは?

出典:pixabay
登山初心者が登山を始めるのに良い季節は、春から初夏です。真夏の低山は暑すぎ、秋から冬は、日照時間が短くなり、気温も低くなるので、春から初夏にかけての方が適しています。


登山初心者におすすめの山紹介【関東近郊】

まずは高尾山から!

高尾山に行こう
出典:pixta
東京都八王子市にある標高599mの高尾山は、ロープウェイもあり、駅からすぐ登山口というアクセスのよさと、コースバリエーションの多さから、登山初心者はもちろん、ファミリーにもおすすめの山です。観光地要素も多く、最近では土日・祝日は混みすぎるのが難点ですが、登山初心者の始めの一歩の山としては最適な山です。


大展望の筑波山も魅力的!

筑波山もおすすめ!
茨城県つくば市北端にある標高877mの筑波山もロープウェイがあり、初心者におすすめの山です。山頂からは関東平野が一望でき、日本百名山のひとつでもあることから、年間を通じて人気の山です。


広い山頂と白馬の像が特徴の陣馬山!

陣馬山もおすすめ!
撮影:Maiko.W
東京と神奈川の境にある陣馬山は、直下の和田峠まで車で行くこともでき、超初心者にもおすすめの山です。山頂は広い高原になっていて、ベンチや茶屋もあるので東京の都心を眺めながらお昼を食べる事ができます。


登山初心者が2回目に登るおすすめの山

丹沢山系 大山

丹沢大山もおすすめ!
撮影:Maiko.W
神奈川県丹沢山系にある標高1,252mの大山(おおやま)にも、ロープウェイがあり、高尾山の次に登る山としておすすめです。高尾山とは違い標高も倍あり、登り応えがあります。大山がきついと感じた人は、標高1,000m以下の山に戻って、いくつか登って慣らしましょう。


高尾山の次のステップとしては、標高1,000m~2,000m程の山で、歩行時間は4~6時間程度の山を選んでみて下さい。山選びは以下の記事を参考に。


今回は関東近郊の山を取り上げていますが、関西にも登りやすく魅力的な山がたくさんあります!下記を参考にしてみましょう。

登山を楽しく始めよう!

登山を楽しく始めよう!
出典:pixta
登山は健康的で気持ちよく、長く楽しめるスポーツです。安全に楽しく登山を始めるためには、あせらず徐々にステップアップしていくことが大切です。さあ、今年こそ山登りを始めよう!

Let’s start Hiking!

山登りを始めよう

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

登山初心者が登るおすすめの山とは?
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
Maiko.W
Maiko.W

大学時代、山岳部に入部し本格的な山女へ。1999年中国四川省の未踏峰へ遠征。2000年マッキンリーに登頂。卒業後は、㈱山と渓谷社で月刊誌『山と渓谷』の編集に携わる。フリーライターを経て、現在は「YAMA HACK」で編集兼ライターとして山に関する情報を配信中。夏は、ファミリー登山、冬はスキーを楽しむ。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
買うトドアにて期間限定キャンペーン実施中