実はやりがち? 登山靴の劣化に繋がる「やってはいけない5つのこと」

登山靴を扱う上でやってはいけないことを大きく5つ取り上げました。普段良かれと思ってやってしまっていることが実は登山靴の劣化に大きく関係している可能性も・・・!やってはいけないことを知って、お気に入りの登山靴を長く履きたいですね!


普段の扱い方で登山靴の寿命が決まる!?

登山靴の劣化は普段の保存とケアが肝心!
登山靴の劣化に大きく影響するのが保存状態と普段のケア!これだけで登山靴の寿命が2年近く変わってくるとも言われています。普段何気なくやっていることがお気に入りの登山靴の寿命を縮めているかも・・・!今回は登山靴の寿命を縮めるやってはいけないNG例を大きく5つ取り上げました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


いくつ当てはまる?登山靴のNG扱い例5つ

NG①:家で保管する時は箱に入れて丁寧に保管

登山靴保管は箱に入れるのはNG!
登山靴は湿気が原因で加水分解を起こしたり、カビやバクテリヤが原因で微生物劣化を起こしたりします。きちんと箱に入れて押入れで保管することを習慣にしてしまうことは劣化の大きな原因に。できるだけ風通しが良くて湿度の少ない場所で保管するよう心がけましょう。

NG②:汚れたらゴシゴシと力を込めて洗う

登山靴はゴシゴシ力をこめて洗わない
フィールドでは信頼できる登山靴のアッパー。実は洗う際の摩擦には強くありません。力を込めてゴシゴシしてしまうと、せっかくの撥水加工素材が台無しになったり、いたずらに繊維を傷めることになります。スポンジや柔らかいブラシなどで優しく擦ってあげるようにしましょう。

NG③:車など高温多湿になる場所に放置

登山靴は高温多湿保管はNG
撮影:hiroko.ozaki
登山靴のソールに使われているポリウレタンは熱や光で酸化劣化を起こしやすい素材です。下山後そのまま車に放置したり、持ち帰り用のポリ袋などに入れっぱなしにしてしまうのは絶対NG!帰宅したらすぐに車や袋から出してあげましょう。

NG④:汚れた登山靴に防水スプレーをする

汚れた登山靴に防水スプレーはNG
汚れが付いたままの登山靴に防水スプレーだけしても全く効果はありません。むしろ汚れの定着を促進してしまうケースもあるので、完全にマイナス効果。防水スプレーは靴の素材自体の防水効果の補助や付着汚れの軽減として使うもの。防水スプレーはきちんと汚れを落としてから使いましょう。

NG⑤:全然履かずにしまいっぱなし

登山靴を履かずにしまいっぱなしもNG
登山靴のソールには主にポリウレタンが使用されています。ポリウレタン素材は使えば使うほど強くなる性質があるので、使わずに長期間放置しておくと劣化の原因につながります。登山に行く時間がないときは近所のお散歩程度でもOKなので、月に一度くらいは履いてあげるようにしましょう。

正しく洗って保管をすることでトラブルも軽減できる

正しくケアして登山靴をしっかり保管!
しばらくぶりに履いた登山靴、開始15分で突然ソールが剥がれた!なんて経験談を耳にすることがあります。使用後にきちんとケアしてあげることで登山中に気付かず受けたダメージを見つけられることも。登山靴のケアやトラブル対策に、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。
登山靴の正しい洗い方
山で登山靴のトラブルにあったら?

お気に入りの登山靴、正しいケアと保管で長く使おう!

登山靴は正しくケアして長く使おう
登山靴は登山シーンでは最も大切な相棒です。せっかくぴったりの相棒を見つけても、間違ったままのケアや保管状態を続けてしまっては、残念ながら長くは使えません。登山靴のケアを終えるまでが登山だと言ってしまっても過言ではないほど。無事下山できた感謝と次回の安全を願って、正しいケアと保管を心がけたいですね。

Good shoe care brings next fun trekking!
正しい登山靴ケアで次回も楽しく登ろう!


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

登山靴の劣化に繋がるやってはいけないこととは?
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう