山ごはんの簡単なレシピ30選を大公開!

山ごはんのレシピ30選を大公開!王道のパスタ、スープや鍋など簡単に美味しくできる山ごはんや必要な道具も一緒に紹介します。そろそろ違った味を楽しみたくなってきた人は必見!どれも一瞬でできてしまうような、山にぴったりの料理が盛りだくさんです!


山ごはんは、簡単に。でも美味しく作りたい!

山ごはんと松ぼっくりそろそろ山ごはんを自分で作ってみたい方に、簡単にできる山ごはんレシピをご紹介!カップラーメンとは一味違う手作りの美味しさで、山でもしっかりとスタミナチャージをしましょう!ご飯レシピ、パスタ・麺レシピ、スープレシピ、デザートレシピに分けてみていきます。

山ごはんに必要な道具一式

【調理器具・ガス器具・食材】
①菜箸
②おたま(汁物を作る際には欠かせない)
③ナイフ、包丁
④まな板
⑤ガス、ガスバーナー、ガスヘッド(料理を作るうえで欠かせない火、人数や料理に応じて必要なガス器具を持っていきましょう)
⑥クッカー、コッヘル、フライパン等(万能なクッカーがおすすめです。)
⑦トング(取り分けるのに便利!)
⑧水、ミネラルウォーター(調理用に必要な水、予め水筒に水を入れてきてもいいです。)
⑨食材


食器や食材
【食べるために必要な道具】
① 食器
② シェラカップ(おたまの代わりや直接火にかけることもでき、器にもなります)
③ 携帯箸
④ スプーン
⑤ フォーク
⑥ スプーン
⑦調味料


必要なものがそろったら、さっそくレシピを実践してみましょう!

山ごはんの簡単レシピ30選

【山ごはん パスタ・麺レシピ10選】
【湯切りいらず!簡単ペペロンチーノ】
ペペロンチーノ
※材料(1人分)
パスタ・・・100g
パスタソース(ペペロンチーノ)・・・1人前
水・・・300cc
☆キャベツ・・・100g
☆ドライトマト・・・3個
☆塩・・・ひとつまみ
☆の付いた食材を前日にしたごしらえしてください。一口大にキャベツ・ドライトマトを切りジップロックなどのビニール袋に入れ塩もみします。空気を抜き口を閉じて荷物の中へ。

※ポイント
フライパンもしくはクッカーにパスタ(半分に折る)・水・ソース・☆の具材、全てを入れ蓋を閉めストーブやガスバーナーを点火する。沸騰するまで強火にし沸騰したら水分が無くなるまで中火から弱火に調節、水分を飛ばす際は焦げ付かないよう蓋を開けよく確認しましょう。水分が飛んだら完成です!いい感じのアルデンテになってますのであとは食器に盛り付けるだけ!

【生クリーム不要簡単カルボナーラ】
カルボナーラ出典:flickr by Hideto KOBAYASHI
※材料(1人分)
パスタ・・・100g
塩・・・1つまみ
オリーブオイル・・・大さじ1杯
ニンニク・・・1片
☆卵・・・全卵1個(運搬には気を付けましょう!また高温時には保冷して荷物に入れましょう)
☆粉チーズ・・・大さじ3
☆黒コショウ・・・ふたつまみ程度
☆をボールかそこの深い器に入れ良くかき混ぜておきましょう。これがカルボナーラソースになります。
パンチェッタ(ベーコン)・・・50g~100g程度
水 – 300ml(パスタを茹でれる分量)

※ポイント
クッカー、フライパン等に水を入れ沸騰するまで待つ。沸騰したら塩ひとつまみ、ニンニク1片、パンチェッタ(ベーコン)、パスタを入れる。中火から強火で吹きこぼれない様にパスタがアルデンテの状態になるまで7~8分程待ちます。水分が若干残った状態でいいのでオリーブオイルを入れパスタを炒める要領でかき回します。水分が多少残った状態で火を止め事前に準備したカルボナーラソースを入れ卵が凝固しないよう余熱で素早くあえ完成!盛り付けましょう!茹で汁を捨てる手間を省き生クリームを使わなくても濃厚な簡単カルボナーラを是非山でご堪能ください。

【お好みのパスタソースと具材を入れた簡単スープパスタ】
スープパスタ
出典:ヤマレコ
※材料(1人分)
お好みのパスタ・・・100g
お好みで市販のパスタソース・・・1人前
水・・・300cc~400cc程度(コッフェルの形状による)
調理器具・・・縦型コッフェルがおすすめ!フライパン・クッカーでも可能ですが水を調整しましょう。

※ポイント
水300ccとパスタをいれ、茹でるときはパスタがくっつかないようよく混ぜましょう。続けて好きなキノコ類や野菜を入れます。茹で上がる約2分前にお好みのパスタソースをコッフェルに直接入れてください。水分を飛ばさない様に注意し(普通のパスタになってしまいます)、ソースがなじんだら完成です!

【湯切り不要で環境にやさしい!時短手間なしペンネアラビアータ】
山ごはんのペンネ
※材料(2人分)
ペンネ(オーマイの早ゆでペンネがおすすめ)・・・1袋(約200g)
パスタソース(アラビアータ)・・・1袋~2袋(1袋では味が薄いかもしれません)
お好みの野菜や具材・・・ミニトマト、ミックスビーンズ、アスパラ、ソーセージなどがおすすめ
水・・・茹で汁は捨てないのでペンネが浸る程度

※ポイント
クッカーやコッヘルに200ccほどの水を入れ火を付け沸騰させます。沸騰したらペンネを入れ茹で上がるのを待ちます。茹で上がったところにパスタソースとお好きな具材を入れなじませます。盛り付けて完成です!

【手間のかからない簡単カレーうどん】
カレーうどん
出典:ヤマレコ
※材料(1人分)
うどん・・・1玉(茹でてあるソフト麺タイプのもの)
レトルトカレー・・・1人前
めんつゆ・・・100cc
水・・・100cc(コクが欲しい方は水50ccと牛乳50ccを入れましょう!コクがUPします。)
薬味・・・ネギ、七味、温泉たまご等

※ポイント
底が深いクッカー、コッヘル等に水・めんつゆ・レトルトカレーを入れ、火を付けます。沸騰したらうどんを入れ煮込んだらもう完成です!お好きな薬味をトッピングして盛り付けましょう。

【前日仕込みで簡単味噌煮込みうどん】
山ごはんの味噌煮込みうどん
※材料(1人分)
冷凍うどん・・・1玉
赤みそ・・・15g
合わせみそ・・・15g
豚こま切れ肉・・・50g
野菜・・・玉ねぎ50g、人参30g、白ネギ25g、キャベツ35g
カツオ節・・・2g
水・・・350cc
卵・・・1個

※ポイント
【自宅での下ごしらえ】①2種類の味噌を合わせ、味噌にカツオ節を入れます。(トースター等で味噌を焼くと香ばしくなります)出来上がった味噌をラップに丸く包み冷凍庫へ入れます②野菜と豚肉を切り冷凍します。玉ねぎ:くし形にカットし冷凍、人参:薄い短冊にカットし軽く茹で冷凍、白ネギ:斜めにカットしトースターやグリルで3分焼き冷凍、キャベツ:ざく切りで冷凍はしなくていいです、豚肉:軽く茹で色が変わったところで取り出し冷凍します。キャベツと卵はそのまま山へ持っていきましょう。
【いざ山で調理です】①鍋に水、うどん、玉ねぎを入れ沸騰させる。②鍋に味噌玉を入れ良く溶かします。その中に白ネギ、人参、キャベツ、豚肉を入れ卵を割り入れます。③蓋をして沸騰したら卵の状態が半熟の状態になれば完成です!


【簡単アレンジ塩ラーメン】
野菜ラーメン出典:flickr by Tatsuo Ymashita
※材料(1人分)
インスタントラーメン・・・1袋
お好きな具材・・・ネギ、もやし、キャベツなど適量
鶏ガラスープの素・・・少々(多すぎると味が濃くなるので注意)
すりおろしニンニクチューブ・・・少々
水・・・500cc(袋に記載してある分量)

※ポイント
インスタントラーメンに鶏がらスープの素とすりおろしニンニクを少々加えるだけでぐっと味が引き立ちます。①まず麺を茹でます。その時にお好みの具材も一緒に茹でます。②茹で上がったら鶏がらスープの素とすりおろしニンニクを加えるだけ!湯切りが不要で環境に配慮しても本格的な味が山で味わえます!

【山でアジアンテイストな簡単ビーフン】
焼きビーフン出典:flickr by yoppy
※材料1人前
焼きビーフン・・・1袋(インスタントの蒸すタイプのビーフン)
肉、シーフードミックス・・・豚バラ薄切り肉1枚を1口大にカット、シーフードミックス適量
レモン(卓上レモンでも可)・・・カットしてあるものを1つ
油・・・大さじ1/2
水・・・190cc
野菜・・・人参1/8本短冊切り、ピーマン1/4個細切り、白ネギ5cm分斜め薄切り、キャベツ1枚一口大
野菜は事前にカットし持ち込むことをおすすめします。

※ポイント
焼きビーフンにシーフードミックスを加えアレンジしたものです。①フライパン、クッカー等を熱して油を入れ、豚肉、シーフードミックスを並べ、ビーフン、野菜の順に入れます。②190ccの水を入れ蓋をし、強火で3分加熱します。③時間がたったら蓋をとり色むらがないように全体を混ぜます。水分が無くなったら完成です!盛り付けて仕上げにレモンをかければアジアンテイストな麺料理に!

【山でひんやり簡単トマトの冷製カッペリーニ風そうめん】
カッペリーニ出典:flickr by Anzai Keisuke
※材料(1人分)
そうめん・・・1束約50g(山へ行く前に茹でて流水で洗い持っていきましょう)
トマトジュース・・・100cc(無塩のもので野菜ジュースでも可)
鶏がらスープの素・・・小さじ1
ツナ缶(小)・・・1/2缶(事前に汁気を切り持っていきましょう)
トッピング・・・ミニトマト、ホットペッパーソース、オリーブオイル少々、ブラックペッパーをお好みでトッピングしてください。

※ポイント
山に着いたら材料を合わせるだけで簡単に冷製カッペリーニ風そうめんができます。①器にトマトジュースに鶏がらスープの素を入れ混ぜ合わせ、そうめんを入れなじませます。②汁気の切ってあるツナを盛り付け完成です!火を使わないで簡単、オリーブオイルやブラックペッパーをお好みでかけるとさらに味が引き立ちます。

【ほっと一息。鶏だしの簡単にゅうめん】
にゅうめん出典:flickr by Tatuo Yamashita
※材料(2人分)
そうめん・・・2束(事前に茹で流水で洗い持っていきましょう)
水・・・2カップ約400cc
鶏がらスープの素・・・小さじ2
長ネギ・・・斜め薄切りを適量
しょうが・・・千切りを適量
ごま油・・・適量(お好みで)

※ポイント
鍋を火にかけ水と鶏がらスープの素を入れ沸騰するまで待ちます。沸騰したらそうめんを入れ再び沸騰するまで待ち器に盛りつけます。ネギ、しょうがをトッピングし、お好みでごま油をたらせば完成です!

【山ごはん ご飯レシピ10選】
【チーズトマトリゾット】
山ごはんのトマトチーズリゾット
出典:スポーツやろうよ!
※材料(1人分)
ごはん・・・1膳分(冷凍ご飯やパックごはんを持参)
トマトジュース・・・200ccほど(トマト缶の場合はトマト缶半分に100ccの水を入れ使用)
オリーブオイル・・・少々
ベーコン・・・スライスしてあるものを2枚
チーズ・・・2枚(とろけるチーズ等、粉チーズでも代用可能)
コンソメ・・・顆粒5g(固形でもいいですが溶けやすいよう事前に顆粒状にしましょう)
お好みの具材・・・適量

※ポイント
ベーコンを食べやすいサイズに切る、玉ねぎは粗みじん切りにしオリーブオイルを入れ炒めます。炒めた具材の中にトマトジュースを入れ火をつけ沸騰するまで待ちます。沸騰したらご飯をいれ煮立たせます、チーズを入れ混ぜ合わせれば完成です!

【少ない工程の簡単パエリア】
山ごはんのパエリア
※材料(1人分)
米・・・0.5合
トマト・・・1個(2cm角に切る)
冷凍あさり・・・1パック(砂抜きをしたあさりを冷凍したもでも可)
シーフードミックス・・・お好みの分量
玉ねぎ・・・1/4個(粗みじん)
ソーセージ・・・1本(スライス)
ピーマン、パプリカ・・・合わせて1個(細切り)
にんにく・・・1片(みじん切り)
しめじ・・・適量(石づきを取る)
塩・こしょう・・・適量
パプリカ粉・・・適量(サフランの代用)
ローリエ・・・1枚
オリーブオイル・・・適量
白ワイン・・・大さじ1ほど
水・・・90cc
サフランは無くても大丈夫です。

※ポイント
①具材を切ります(事前に切った方が時短になります)②オリーブオイルでにんにく、玉ねぎ、ソーセージを炒めピーマン、パプリカ、しめじを加えます③米とパプリカ粉をいれ米を軽く炒めます④白ワインをいれ風味づけし、水とトマトをいれます⑤塩・こしょうを適量振り魚介類をいれます⑥蓋をし25~30分煮ます⑦山でおいしい空気を吸っている間に完成です!

【缶詰が大変身!簡単親子丼】
親子丼出典:flickr by yoppy
※材料(2人分)
やきとりの缶詰・・・1缶
米・・・アルファ米2袋(水・お湯で出来るので登山では簡単便利)
玉ねぎ・・・1/2個
三つ葉・・・1束
卵・・・2個
どんぶりの素・・・1パック(なければめんつゆと水を割った出汁160ccほどで代用)
水・・・160cc(アルファ米の水やお湯も忘れずに用意しておきましょう)
山椒・・・仕上げにお好みで

※ポイント
あらかじめアルファ米を水もしくはお湯をいれ準備しておきます。鍋に水と玉ねぎをいれ煮ます。玉ねぎが煮立ったら缶詰をタレごといれ、どんぶりの素をいれます(どんぶりの素が無い場合は水の代わりにめんつゆで玉ねぎを煮てください)玉ねぎが柔らかくなったら溶き卵を流し込みます。蓋をし煮立ったら火を止め余熱で仕上げます。トロットした状態になっていれば完成です!ご飯の上に乗せ、三つ葉と山椒を好きなだけトッピングしていただきましょう。

【生姜焼き丼】
山ごはんの生姜焼き丼
出典:flickr
材料(2人分)
豚肉・・・100g~(お肉は好きなだけ)
つけダレ・・・大さじ3~4程、砂糖小さじ2程、酒大さじ5、生姜チューブ大さじ1~2好きなだけ、こちらを合わせよく混ぜます
玉ねぎ・・・1個
ピーマン・・・2~3個
米・・・アルファ米2袋(パックの米等でもいいですがアルファ米が便利で簡単)
油・・・大さじ1


※ポイント
前日につけダレに豚肉をつけ保存容器にいれ冷凍に保存しておきます。山に着いたらアルファ米の準備をしておき、野菜を薄切りにし(前日に切っておいてもいいです)熱したフライパンで炒めます。豚肉に火が通れば完成です!盛り付けましょう。


【あるものを使った簡単おにぎり雑炊】
山ごはんのおにぎり雑炊
出典:山ガールネット
※材料(1人前)
好きな具のおにぎり・・・1個
鍋の素・・・小分けで便利なキューブタイプ1個(塩だし・キムチ鍋等なんでも大丈夫!)
水・・・200cc
卵・・・1個
薬味・・・青ネギ・生姜等


※ポイント
鍋の素で出汁を取る手間を省いた簡単おにぎり雑炊です。鍋の素、水をクッカーやコッヘル等にいれる、加熱し煮立ったら卵をいれかき回す、おにぎりをいれ(おにぎりは煮立つ前でも後でも自分の好みでいれてください)薬味をいれ、器に盛り完成です!


【簡単鶏塩チャーハン】
山ごはんのチャーハン
出典:flickr
※材料(2人前)
鍋の素・・・固形の物、小分けされている液状の物2個(鶏塩味)
ご飯・・・400g(2膳分)
レタス・・・3枚
長ネギ・・・15cm
鶏ひき肉・・・100g
卵・・・2個
サラダ油・・・大さじ2


※ポイント
レタス1口大、長ネギをみじん切りにする。固形鍋の素は砕いておきます。フライパンに油大さじ1をいれひき肉を炒め、火が通ったら器に取り出します。フライパンに大さじ1の油をいれ、溶いた卵を流しいれご飯を加えひとまぜしパラパラになるまで炒めます。取り出したひき肉をいれ、鍋の素を加え炒め最後にレタスをいれさっと炒めれば完成です!


【簡単ピリ辛牛丼】
山ごはんの牛丼
出典:authen
※材料(2人分)
牛薄切り肉・・・150g
玉ねぎ・・・半分(薄切り)
水・・・300cc
鍋の素(キムチ味)・・・キューブタイプ(砕いておく)小分けした液状のもの2個
ご飯・・・2膳分
温泉卵・・・2個


※ポイント
鍋に水をいれ鍋の素をいれます。煮立ったら牛肉、玉ねぎをいれます。全体的に火が通れば完成です。ご飯を器に盛り温泉卵を割り入れ完成です!


【鯖缶を使った簡単お茶漬け】
お茶漬け出典:flickr by yoppy
※材料(1人分)
鯖缶・・・1/2缶
ご飯・・・1膳分
鶏がらスープの素・・・小さじ1
熱湯・・・1/2カップ
万能ねぎ・・・小口切り少々


※ポイント
鯖は汁気を取りほぐしておく、器にご飯を盛り鯖をのせ鶏がらスープの素をふりかけ熱湯を注ぎ、万能ねぎを散らして完成です!


【山で簡単タコライス】
山ごはんのタコライス
出典:flickr
※材料(2人分)
合いびき肉・・・100g
玉ねぎ・・・1/4個
☆香味ペースト・・・1/2周(約4g)
☆砂糖・・・小さじ1
☆オイスターソース・・・小さじ1/2
☆醤油・・・小さじ1/2
ご飯・・・2杯
チーズ(ピザ用)・・・40g
レタス・・・適量
ミニトマト・・・適量

※ポイント
玉ねぎはみじん切り、レタスは食べやすい大きさにちぎる、ミニトマトはそのままもしくは半分にする。フライパンにひき肉、玉ねぎ、☆の調味料をいれ混ぜます。点火しお肉に火が通るまで炒めます。器にご飯を盛りレタス、ミニトマトをトッピングし炒めたひき肉をのせ完成です!

【山でおいしい簡単きのこガーリックライス】
ガーリックライス出典:flickr by kagawa_ymg
※材料(2人分)
ご飯・・・2杯
豚こま肉・・・80g
舞茸・・・1/2パック(50g)
にんにく・・・1片
鶏がらスープの素・・・小さじ2
オリーブオイル・・・大さじ1
ドライパセリ・・・少々

※ポイント
舞茸を食べやすい大きさに切り、ニンニクをスライスにする。フライパンにオリーブオイルをいれニンニクをいれ弱火で香りが出るまで炒めます。豚肉、舞茸をいれ中火で肉の色が変わるまで炒めます。ご飯、鶏がらスープの素を加えて炒め合わせ、器に盛りつけパセリをのせて完成です。

【山ごはん スープレシピ5選】
【お手軽寄せ鍋】
山ごはんの寄せ鍋
出典:YAMAHA
※材料(1人前)
とりもも肉……約200g
春菊……適量
長ねぎ……1本
しいたけ……2個
にんじん……1/3本
焼き豆腐……半丁
エバラ プチッと鍋(寄せ鍋)……2個
水……300cc

※ポイント
水の前に具材を入れてからプチッと鍋を2個入れます。中火で沸騰させたらとろ火にして具材を煮込みましょう。あとはアツアツの寄せ鍋を食べるだけ。本当に簡単です!

【心から温まる簡単ポトフ】
ポトフ出典:flickr by Fukuda Yasuo
※材料(2人前)
お好きな野菜・・・ざく切りでたくさん入れましょう。
ソーセージ・・・2~4本
コンソメ・・・1個(固形の物)顆粒5g
粒マスタード、黒こしょう・・・お好みの量
水・・・400cc

※ポイント
鍋に水をいれ沸騰するまで待ちます。コンソメを良く溶かします。好きな野菜をいれ火が通るまで煮立たせます。野菜に火が通ったらソーセージをいれ5分程煮立ったら完成です。盛り付けてマスタードや黒こしょうをトッピングしてお召し上がりください!

【心底温まる簡単ホワイトシチュー】
ホワイトシチュー出典:flickr by Hajime NAKANO
※材料(2人分)
鶏むね肉・・・160g(皮なし)
野菜・・・じゃがいも、にんじん、ブロッコリー、玉ねぎを適量
牛乳・・・200cc
クリームソースの素・・・市販のものを1袋
塩、こしょう・・・少々
オリーブオイル・・・小さじ2


※ポイント
野菜を食べやすい大きさに切ります。コッヘルやクッカー等にオリーブオイルをいれ鶏肉を色目が変わるまで炒め、野菜をいれ炒めます。全体がなじんだら、牛乳とクリームソースの素をいれ強火で煮立たせ、煮立ったら弱火にしコトコト煮込みます。野菜が柔らかくなり塩、こしょうで味を調え完成です!


【簡単おいしい具沢山ミネストローネ】
山ごはんのミネストローネ
出典:山ガールネット
※材料(1人分)
野菜・・・たまねぎ、にんじん、じゃがいも等お好みの野菜をざく切りで
にんにく・・・1/2片
カットトマト缶・・・150g
水・・・300cc
コンソメ・・・顆粒タイプ大さじ1
塩、こしょう・・・少々
オリーブオイル・・・大さじ1


※ポイント
オリーブオイルを鍋にいれ中火で炒め泡立ってきたら弱火にします。色付いたら野菜をいれ炒めます。トマト缶を入れしばらく炒め水を加え煮立たせます。煮立ったらコンソメをいれて蓋をし約20分煮ます。塩、こしょうで味を調え完成です。

【簡単和風だしの白菜スープ】
白菜とベーコンのスープ出典:ヤマレコ
※材料(4人分)
白菜の芯・・・250g
ベーコン・・・2枚
水・・・4カップ
和風だし・・・顆粒小さじ2.5
醤油・・・小さじ2
塩・・・ひとつまみ
サラダ油・・・大さじ1/2
万能ねぎ・・・小口切り1本


※ポイント
白菜は細長く切り、ベーコンは1cm幅に切る、卵を溶いておきます。鍋に油を熱し、ベーコン、白菜の順にいれ炒めます。鍋に水とダシ、調味料をいれ煮ます。白菜に火が通ったら溶き卵をいれゆっくり混ぜ完成です。器に盛り万能ねぎをちらしてお召し上がりください。


山ごはん デザートレシピ5選
【レーズンとマシュマロのパンプディング】
山ごはんのパンプディング
出典:初心者のための登山とキャンプ入門
※材料(2人分)
ライムギパン・・・2枚
溶き卵・・・1個分
牛乳・・・200cc
砂糖・・・大さじ2
バニラエッセンス・・・少々
レーズン・・・ひとつかみ
バター・・・10g
マシュマロ・・・5個


※ポイント
食パンを賽の目上に9等分にします。☆を保存用のビニールにいれ液を浸透させます。熱したフライパンにバターをいれパンを焦げ目がつくまで両面焼いてきます。マシュマロをちぎりのせ、蓋をしてとろけてきたら完成です!


【あつあつ簡単おしるこ】
お汁粉
出典:flickr by yamauchi
※材料(2人分)
つぶあん(こしあんでも可)・・・300g
水・・・300cc
塩・・・少々
おもち・・・好きなだけ


※ポイント
鍋に水をいれ沸騰させおもちをいれます。沸騰したらあんこをいれ溶きます。煮立ったら弱火にし、あんこがお好みの加減になるまで煮詰めます。火を止める直前に塩をいれたら、あまーいおしるこの完成です!


【手間なし簡単チョコレートフォンデュ】
チョコレートフォンデュ出典:ヤマレコ
※材料(1人分)
チョコレート・・・100g
牛乳・・・適量
お好きなフルーツ・・・食べやすいサイズに(市販のカットフルーツ等でも可)
ポテトチップス、マシュマロ・・・お好みで


※ポイント
鍋に牛乳と細かくした板チョコをいれ熱します。チョコが溶けたら完成!お好きなフルーツや具材をつけてお召し上がりください!


【山で爽やか簡単フルーツポンチ】
フルーツポンチ
出典:ヤマレコ
※材料(1人分~)
お好きなフルーツ・・・食べやすいサイズ
砂糖入りのサイダー、炭酸・・・適量
ナタデココ・・・すきなだけ
こんにゃくゼリー・・・すきなだけ


※ポイント
材料を器に盛り、サイダーを注げば完成です!火も使わずにあっという間です!


【山でほっと簡単ホットグラノーラ】
グラノーラ出典:ヤマレコ
※材料(1人分)
牛乳・・・1カップ
グラノーラ・・・1/2カップ
お好きなフルーツ


※ポイント
牛乳を沸騰しないよう煮ます。グラノーラをいれトロトロしてきたら完成です。お好きなフルーツをいれてお召し上がりください。

簡単手間なしの山ごはんで山をもっと楽しもう!

山ごはんをスプーンですくう
今回紹介した料理は基本鍋一つで茹で汁や捨てるものが少ない工程のものばかり。環境に配慮しつつ山で本格で簡単な山ごはんを自分で調理し、おいしい空気を吸ってゆっくりご堪能ください。登山やハイキングに行く前日に自分でレシピを考えるのも一つの楽しみになることでしょう。

Enjoy your favorite mountain cooking !
好きな山ごはんを食べよう!

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

山めしの鍋
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

hiromasa
hiromasa

神奈川生まれ、神奈川育ち、神奈川在住の駆け出しライター、hiromasaです。フィッシング、アウトドア、兎に角自然が大好きなプチメタボ!今年は「山」と真剣に向き合って行きたいです。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」