ランニング用バックパックは通勤ランでも活躍!おすすめの18選

ランニング用バックパックのおすすめ18選をご紹介します。通勤ランで使える大き目のモデルも含め、人気メーカー別に掲載!ランニング用バックパックを選ぶ際のポイントも載せているので、お探しの方はぜひ、参考にしてみてください。


通勤ランにも使えるランニング用バックパック

長距離のレース、トレーニング、トレイルランニングなど、自分で水や補給食、防寒具などを携帯する必要がある場合、ランニング用のバックパックが役立ちます。また、容量の大きいモデル(15L~)であれば着替えなども持ち運びやすいので、通勤ランにもおすすめです。

ランニング用バックパックの選び方

① 大は小を兼ねない
胸&腰回りのベルトで固定できるとはいえ、ある程度容量のあるバックパックだと中途半端に荷物を入れると走った際に揺れるので、レースでは使いにくいことを留意しておきましょう。

② 体にフィットするサイズを選ぶ
ワンサイズのモデルもあれば、サイズを選べるモデルもあります。サイズが合わないとランの際にストレスとなりますので、購入前のフィッティングをオススメします。

③ ポケットの有無、ハイドレーションは使えるか
補給食や携帯などの小物が入るポケット、ハイドレーションやフラスクボトルが使えるかなど、ご自身の好みに合うものを選びましょう。

ランニング用バックパック、メーカー別おすすめ18選

一口にランニング用といっても容量やデザイン、サイズ感も様々です。軽量化を考え抜いているものから普段使いできる耐久性の高いものまで、お好みに合わせて選んでみてくださいね。

デザント

【ランニングバックパック】
高強度のナイロンリップ素材を使用したランニングバックパック
です。ショルダーハーネスにはスマートフォンや携行食を入れるポケット付きで、走っている最中でもすぐに取り出せます。

ランニングバックパック
ITEM
ランニングバックパック
サイズ:縦 41.5〜60 / 横 25.5〜31
カラー:全6色

アシックス

【ランニングパック4】
背面に汗浸入軽減シート内蔵で本体内部への湿気浸入を軽減しています。また、ハイドレーションシステムにも対応しているので、使い勝手良く仕上がっています。
ランニングパック4
ITEM
ランニングパック4
容量:4L
サイズ:W25×H39×D10cm
カラー:全3色
オススメです(^^)
評価が良くなかったので恐る恐る購入しましたが、コスパは最高。大満足です。ありがとうございます。
軽量素材。私は旅ランをするので、コンパクトになり、とてもよいです。
コンパクトなのに、ハイドレーションパックも入るし、ボトルホルダー、キーホルダー、ポケットも充実です。 出典:amazon

【ランニングパック6】
ランニングパック4の容量違いモデル。ウエストベルトにポケットが追加されているので、LSDなど補給食の必要なランにおすすめです。
ランニングバックパック6
ITEM
ランニングバックパック6
容量:6L
サイズ:W25×H39×D16cm
カラー:-

ザ・ノース・フェイス

【マーティンウィング10】
トレイルランニングパックの定番、マーティンウィングの10Lモデルです。ショルダーハーネスをタスキのように胸の高い位置で固定する型で安定感を生み出しています。トレイルランのエントリーモデルとしても頼れるモデルです。
マーティンウィング10
ITEM
マーティンウィング10
容量:10L
サイズ:39×19×10cm(Lサイズ)
カラー:全6色
走るのに邪魔にならないのはもちろんですが、背負ったままでペットボトルやほとんど全てのポケットから出し入れすることができました。
たくさん物を入れていたり、服装によってはベルトの微調整が必要になります。
トレイルランを30キロほどしてきましたが、何の欠点も見当たりませんでした。迷っている人にはぜひお勧めします! 出典:amazon

【マーティンウィング16】

こちらは少し大きい16Lモデルです。安定感は変わらず、いざという時のための装備も十分に入れられる容量を誇ります。
マーティンウィング16
ITEM
マーティンウィング16
容量:16L
サイズ:44×20.5×11.5cm(Lサイズ)
カラー:全4色
個人的な感想です。☆ひとつマイナス分は、サイドポケットがイケてないからです。
■インプレ■
Lサイズを購入しました。ハイドレーションはプラティパスのビッグジップLP 3Lを中に入れています。問題なく入れることはできますが、ピッタリ入れたい人はワンサイズ小さいものをお勧めします。
ハイドレーション3Lに、アルコールバーナー、アルコール燃料、チタンマグカップ、インスタントコーヒー、スマホ、財布、着替えのTシャツ、上着、タオルを入れて使っています。
サイドポケット使いにくいですがゴムで入れ口を締めれますが少し浅いので、物を入れて脱落が少し心配で使っていません。 出典:amazon

アディダス

【ランニングYURバックパック】
長距離ランニングや通勤ランに最適です。着替え、タオル、飲み物を入れて走っても体に密着する高いサポート力とフィット感が高く、ブレにくいので快適なランニングが楽しめます。
ランニングYURバックパック
ITEM
ランニングYURバックパック
容量:-
サイズ:-
カラー:全3色

グレゴリー

【ミウォック12】
トレイル用に開発されたデザインは、細身で軽く、朝から晩までの遠出にも対応するゆとりの容量にプラスして、ジャケットなどのかさばるアイテムを収納する伸縮性のフロントポケットがついています。
ミウォック12
ITEM
ミウォック12
容量:12L
サイズ:49 x 30 x 7 cm
カラー:全2色
グレゴリーの背負い心地の良さを、いろいろな所で見て、いつかは買ってみようと思っていたが、買って、背負ってみて、良さが実感できた。小柄な体型の私には、ちょうど良いサイズでした。 出典:amazon

【ミウォック24】
ミウォック12から容量を増したモデルです。容量が大きくなりつつもグレゴリーらしい細身で高いフィット感は変わりません。内部の整理機能やすっきりとしたラインの外観は登山だけでなく通勤などでも容量不足はありません。
ミウォック24
ITEM
ミウォック24
容量:24L
サイズ:-
カラー:全3色

サロモン

【トレイル10】
シンプルなデザインでいつでも使える気軽さとともに、背面パネルとショルダーストラップでフィット感を高めたサロモンのスタンダードモデルです。ランニングや日帰りハイキングに最適です。
トレイル10
ITEM
トレイル10
容量:10L
サイズ:タテ43cmxヨコ18cmxマチ15cm
カラー:全5色
ペットボトル、地図、軽食、カッパなどを詰めこんで使用しています。
サイズ的にも、両サイドのポケットの配置、中のポケット、背中のクッションなど、とても使い勝手がよいです。
さすがSALOMON 出典:amazon

【スキンプロ 14+3】

容量は大きめの14+3Lで、長距離レースや長時間のトレイルランニングに対応しています。
スキンプロ 14+3
ITEM
スキンプロ 14+3
容量:14+3L
サイズ:58x40x50 cm
カラー:全2色
はじめはどうやって着る(担ぐでなく着るという感覚)かも分からなかったのですが、装着してみると密着感があり、空だとまったくストレスを感じません。そのため荷物があるから使うのはもちろん、ウィンドブレーカーなど暑くなったら脱ぎたいものが出てくる時にも持っていこうという気になります。さすがに夏場は暑いと思いますが、冬場であればランニングポーチと同じ感覚で使用してもストレスは感じないかもしれません。容量17リットルということですが、伸縮性があるためかそれほどの容量があるように感じません。ですが最低限入れたいと思っていた荷物は入りますし、先にも書いた通り、空の時に発生するデッドスペースをほとんど感じないの 出典:amazon

【トレイル20】

人気のスタンダードモデル、トレイルシリーズの20Lです。トレイルランニングだけでなく、日帰りのトレッキングにも最適な容量で使いやすいモデルになっています。
トレイル20
ITEM
トレイル20
容量:20L
サイズ:タテ45cmxヨコ23cmxマチ17cm
カラー:全14色
軽くて、結構荷物も入るし非常に気に入っているが、肩、胴回りを締めるとひもが異常に余ります。その余ったひもはどうすればいいのか?それ以外は質感もいいし、洗えるし、いい買い物をしたと思います。なので、星は一つ減らさせて頂きました。 出典:amazon

ドイター

【スピードライト10】
ドイター軽量バックパックのスタンダードモデルです。トレイルランニングの他にも、サイクリングでも使用できるデザインになっています。
スピードライト10
ITEM
スピードライト10
容量:10L
サイズ:タテ40cmxヨコ23cmxマチ13cm
カラー:全色
ほとんど背負っていることを忘れる重さ、大きさです。Race,RaceXでは大きすぎ。 出典:amazon

【スピードライト20】

スピードライトの容量をアップしたモデルです。背負っているのを忘れてしまうくらいフィット感も高く、容量も十分なモデルになっています。
スピードライト20
ITEM
スピードライト20
容量:20L
サイズ:H48×W26×D18cm
カラー:-

プーマ

【ライトウエイト バックパック】
長距離ランに適した軽量モデルです。フロント部には収納量に応じて容量を調節できるゴムコードがあり、両サイドにも収納を備えています。再帰反射糸を使っているジッパーと再帰反射プリントのキャットロゴで夜間の視認性を高めています。
ライトウエイト バックパック
ITEM
ライトウエイト バックパック
容量:12.5L
サイズ:26×42×16cm
カラー:-

モンベル

【クロスランナーパック7】
トレイルランニングに最適な超軽量モデルになっています。ウエストベルトがなくても体へのフィット感が高く安定感を保ちます。
クロスランナーパック7
ITEM
クロスランナーパック7
容量:7L
サイズ:タテ42cmxヨコ23cmxマチ9.5cm
カラー:全3色
ランニング初心者です。車の鍵、メガネ、ティッシュ、手袋、ネックウオーマー、タオル、500mlのペットボトルを入れています。
ウェストベルトがなくても胸のストラップで充分固定でき、又ドローコードを引くことで内容物を動かなくすることができるので便利です。 出典:amazon

【クロスランナーパック15】

クロスランナーシリーズの15Lモデルです。容量が増大してもフィット感は変わらず、安定感が増しています。
クロスランナーパック15
ITEM
クロスランナーパック15
容量:15L
サイズ:タテ47cmxヨコ32cmxマチ16cm
カラー:全3色
自転車用で使っています。かさばらないので15Lで必要十分です。丸洗いできること、ドリンクフォルダーの位置、デザインの全てが気に入っています。ただ、11-12Lがあればもっとよかったかな。 出典:amazon

マウンテンハードウェア

【フリューイッド12】
12Lの容量があり、気温の低い時期やロングレースなどの、ウェア類などアイテムが多いときに使いたいバックパックです。
フリューイッド12
ITEM
フリューイッド12
容量:12L
サイズ:-
カラー:全3色

【フリューイッド16】
容量を増した16Lモデルです。山小屋泊のランニングトリップまで利用できます。
フリューイッド16
ITEM
フリューイッド16
容量:16L
サイズ:-
カラー:全2色

自分に一番フィットするデザインを

最近、トレラン人口が増えてきていることで、シチュエーションに合わせたバックパックのデザインも増えてきて選ぶ楽しみも増えてきました。様々なデザインや機能がありますが、あなたに一番ぴったりのアイテムがきっと見つかるはずです。

Let’s enjoy a different trail with our favorite Running backpack!

お気に入りのランニング用バックパックで一味ちがったトレイルを楽しもう!

紹介されたアイテム

ランニングバックパック

ランニングバックパック

¥7,452 税込

ランニングパック4

ランニングパック4

¥5,400 税込

ランニングバックパック6

ランニングバックパック6

¥6,998 税込

マーティンウィング10

マーティンウィング10

¥9,396 税込

マーティンウィング16

マーティンウィング16

¥11,400 税込

ランニングYURバックパック

ランニングYURバックパック

¥12,949 税込

ミウォック12

ミウォック12

¥12,960 税込

ミウォック24

ミウォック24

¥17,280 税込

トレイル10

トレイル10

¥6,318 税込

スキンプロ 14+3

スキンプロ 14+3

¥18,350 税込

トレイル20

トレイル20

¥6,048 税込

スピードライト10

スピードライト10

¥7,560 税込

スピードライト20

スピードライト20

¥10,800 税込

ライトウエイト バックパック

ライトウエイト バックパック

¥5,616 税込

クロスランナーパック7

クロスランナーパック7

¥7,668 税込

クロスランナーパック15

クロスランナーパック15

¥9,504 税込

フリューイッド12

フリューイッド12

¥10,260 税込

フリューイッド16

フリューイッド16

¥13,500 税込

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

ランニング用バックパックを背負って走る人たち
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
tsuredure-camp
tsuredure-camp

日々、アウトドアなことを妄想している埼玉在住のサラリーマン。キャンプから派生していろんなアクティビティにチャレンジしつつ、山とカヤックにズッポリ嵌ってしまって早10年以上。皆さんに役立つ情報を発信していきます!!

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」