これだけは知っておきたい!山と高原地図の記号・地形クイズ15問

昭文社の「山と高原地図」にある記号や地形など基本的な見方をクイズ形式で出題。どこが尾根でどこが沢か、登山道が危険かそうでないか、テントはどこで張るのかなど、判断するのに必要な情報を紹介。登山初心者にもぜひ知ってもらいたい基本編です。


アイキャッチ画像撮影:YAMA HACK

登山地図は必携!基本的な見方を知ろう

bc0dd5c1a5b470229ebc1d2d20be4039
撮影:YAMA HACK
登山をする際に必要な登山地図。昭文社から出している「山と高原地図」を手にして登山をする人も多いのでは? 最近では、山と高原地図のアプリもあり、山でとても助かる存在です。山と高原地図の基本的な記号と見方をクイズ形式で学んでみましょう!

登山地図の基本をクイズ15問でチェック!

問題1:登山地図を広げて、上部の方角は何になるでしょう?

%e7%99%bb%e5%b1%b1%e5%9c%b0%e5%9b%b3%e6%96%b9%e8%a7%92
撮影:YAMA HACK
正解:北
山と高原地図にも方角を示す絵が書かれていますが、基本、地図を広げて、上が北、右が東、左が西、下が南です。

問題2:地図上にある赤い破線と実線、どちらが一般向きの登山道でしょうか?

%e8%b5%a4%e3%81%84%e7%b7%9a
撮影:YAMA HACK
正解:赤い実線
赤い破線は、登山道が藪で不明確であったり、険しい岩稜帯といったエキスパート向けの難路を意味する場合があり、一般向きの登山道ではありません。実際、赤い破線の登山道を歩いて道に迷い遭難したケースもあるので、登山計画を立てる時は注意しましょう。


問題3:地図上の赤い線の部分は、どのような地形でしょうか。尾根?沢?

%e5%b0%be%e6%a0%b92
撮影:YAMA HACK
正解:尾根
赤い線が尾根。標高が高い方(山頂やピーク)から低いほうへ向かって凸型になっているのが尾根です。

問題4:地図上の青い線の部分は、どのような地形でしょうか。尾根?沢?

%e6%b2%a2
撮影:YAMA HACK
正解:沢、谷
青い線が沢や谷。標高が低いほうから高いほうに向かって凸型になっているのが谷(沢)です。

問題5:地図上のの部分は、どのような地形でしょうか?

%e5%b2%a9%e3%80%80%e3%81%8c%e3%81%91
撮影:YAMA HACK
正解:岩、がけ
登山をするうえで、岩やがけの記号は大切。登山道にこのマークがあったら、歩きづらく急峻な岩やがけなので転・滑落に注意が必要です。

問題6:地図上のの部分の記号は、何を意味するでしょうか?

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%97%e6%8c%87%e5%ae%9a%e5%9c%b0
撮影:YAMA HACK
正解:キャンプ指定地
山小屋がテント場を管理していることが多く、基本、地図上にテントマークがある所でテントを設営します。山小屋で受付をして料金を支払いテントを張りましょう。

問題7:50,000分の1の登山地図では等高線の間隔は何メートルでしょうか?

%e7%ad%89%e9%ab%98%e7%b7%9a%e3%81%ae%e9%96%93%e9%9a%94
撮影:YAMA HACK
正解:20m
50,000分の1の登山地図では等高線の間隔は20m間隔ですが、25,000分の1地形図では10m間隔です。

問題8:地図上のの部分の斜面は急でしょうか?それとも緩やかでしょうか?

%e7%ad%89%e9%ab%98%e7%b7%9a%e3%81%ae%e9%96%93%e9%9a%942
撮影:YAMA HACK
正解:急斜面
等高線の間隔が狭いと斜面が急になります。あらかじめ、登山地図を見て斜面の状況がわかると、「急登の前に休憩しよう」とか、「これから急な下山なので注意しよう」といった心構えができます。

問題9:地図上のの部分の斜面は急でしょうか?それとも緩やかでしょうか?

%e7%b7%a9%e6%96%9c%e9%9d%a2
撮影:YAMA HACK
正解:緩斜面
等高線の間隔が広いと、斜面は緩やで安心して登り降りできるというイメージがわきますが、一方で、ガスって視界がなくなると迷いやすいという特徴もあります。

問題10:塗りつぶされている小屋とそうでない小屋の違いは?

%e5%b1%b1%e5%b0%8f%e5%b1%8b
撮影:YAMA HACK
正解:黒く塗られているのが通年営業、塗られていないのが期間営業小屋、真っ白な小屋マークが避難小屋です。通年営業の小屋は、冬季も営業していますが、期間営業は、主に冬季は閉鎖になります。避難小屋は、無人で緊急時に利用する小屋です。

問題11:「危」のマークの特徴は?

%e5%8d%b1%e9%99%ba%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af
撮影:YAMA HACK
正解:「危」のマークは、鎖場やハシゴがある危険な登山道。急峻だったり岩稜帯だったりするので過去に事故が発生していて特に注意が必要な場所です。

問題12:「迷」のマークの意味は?

%e8%bf%b7%e3%81%84%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af
撮影:YAMA HACK
正解:迷いやすい登山道。
踏み後が多数あったり、登山道が不明瞭など迷いやすい道なので、登山道にこのマークがあったら要注意です。

問題13:この「水」のマークは飲んでもOK?

%e6%b0%b4%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af
撮影:YAMA HACK
正解:OK
基本的に飲み水が手に入る場所を示しています。「水」マークは小屋が管理している水場も多いですが、湧き水を示している場合もあります。

問題14:このマークは何を示すでしょう?

%e8%8a%b1%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af
撮影:YAMA HACK
正解:お花畑
お花畑がきれいな場所にこのマークが書かれていて、場所によっては、「レンゲツツジ」「サラサトウダン」など具体的な花の名前が記載されていることもあります。

問題15:このマークは何を示すでしょう?

%e4%bc%91%e3%81%bf%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af
撮影:YAMA HACK
正解:休憩所や東屋がある場所
登山道の中というより、麓やハイキング道にある場合が多いです。お昼やおやつを食べるのに適している場所です。

まずは登山地図を読めるようになろう!

%e5%b1%b1%e3%81%a8%e9%ab%98%e5%8e%9f%e5%9c%b0%e5%9b%b3%e8%a6%8b%e6%96%b9
出典:pixabay
どこが尾根でどこが沢か、どんな地形でこの記号は何なのか?といった基本的な登山地図の見方を知ることは大切です。基本がわかったら、次はコンパスを使って、現在地を知るとか、迷った時にどうするかというステップに続きたいですね。まずは、登山地図の基本を知りましょう!

Know how to read the mountain map!

登山地図の見方を知ろう!


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e3%80%802
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう