山岳ガイドが薦める!お天気サイトと5つのチェックポイント

数あるお天気サイト。山は天気が変わりやすいから、天気予報を確認するのは大事とわかっていても、意外と「見るべきポイントがわからない」なんて方も多いのでは?今回は、山田山岳ガイドがおすすめお天気サイトとポイントをご紹介します!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

お天気サイトは”眺める”ではなく、ポイントをつかんで読もう!

撮影:土井康愛
山田 祐士:社団法人日本アルパインガイド協会認定 アスピラントガイド。高校山岳部に入部してから現在まで、20年以上に渡って山登りを続け、マッターホルン登頂。現在、より多くの人に正しい登山の知識や技術だけでなく”楽しみ方”を伝えたいと初心者~上級者まで幅広くガイドしている。

お天気サイトで見るべき、5つのポイント

①予報地点が、山頂なのか麓の街なのか見極める!

天気予報のサイトは数々あります。しかしそのほとんどが、山の麓の街の情報です。街と山頂で2,000mも違えば、天気や気温は違ってきます。山頂の気象情報を扱っているサイトもあるので、一般のサイトと併用するのがお勧めです。山頂の情報か麓の情報か分からない時は、サイト運営者に問い合わせてみましょう。

②日常的に天気サイトを見て、慣れ親しむ!

出典:pixabay
行きたい山が決まっていれば、10日前ぐらいから予報サイトをチェックしましょう。チェックしているうちに、天気の動向がつかめてきます。またサイトには色々な機能が付いており、それらのデータが読めるようになると、より天気に親近感が湧いてきます。

③直近の天気の移り変わりは雨雲レーダーサイトをチェック!

出典:tenki.jp
雨雲レーダーを使うと、ピンポイントで直近の天気の移り変わりがわかります。特に梅雨時では、「ここだけ晴れている!」といったように、晴れのエリアを狙って山行が決められます。


④風速・風向・気温も参考に!

出典:YR.no
風速がわかれば体感気温が大まかにわかります。秒速1mで、体感気温は1℃下がります。風向は南寄りなら生暖かく、北寄りなら肌寒いです。気温を見れば大体の服装調整の準備ができます。

⑤天気予報だけでなく、天気図も必ず確認!

出典:ヤマテン
天気図はちょっと、という方が多いのではないでしょうか。その場合は天気図に解説が加えられたサイトを見てみましょう。簡単に言ってしまえば、高気圧に覆われれば良い天気、低気圧に覆われれば悪い天気です。

3つのオススメお天気サイトと、その理由

①麓も山頂も、かなり高性能!「YR.no」

出典:YR.no
このサイトの長所は、精度が高い所です。他のサイトの予報も、最終的には本サイトの長期予報に近づいてくる傾向にあります。また山頂も麓もピンポイントで予報を出しています。ただし風速だけはあてになりません。またローマ字で検索するので、慣れが必要です。

②言わずと知れた、山気象情報 「ヤマテン」

出典:ヤマテン
日本を代表する予報サイトです。とても詳しく解説を付けています。山頂の気象がとても分かりやすいです。難点は、いつもネガティブな予報を出すことです。冬山でヤマテンを信じていたら、山には行けません(笑)。それでも勉強しながら気象情報を知りたい方にはお勧めです。

③ピンポイントで晴れ間がわかる?!「GPV気象予報」

出典:GPV気象予報
梅雨時に信州へ行った際、雨天でクライミングができず、GPVを使って晴れ間を探し、転進した結果、1日クライミングを楽しめた経験があります。スマホでも見られますが、少し操作し辛いのが難点です。本サイトは24時間以内の精度が非常に高いです。使い方に慣れが必要ですが、使いこなせると強力な武器になります。


山田ガイドの一度は読みたいコラム集


予報サイトも多種多様。ご自身の見やすいサイトを探しましょう!

撮影:山田祐士
最近は登山者用の予報サイトが増えてきました。一つだけでなく二つか三つを比較して、いつ、どこに行くかを決めると良いでしょう。ただし予報サイトに振り回されてしまうのも良くありません。現地に行ってみたら晴れていたなんてことはよくあります。多少の雨予報なら、現地までまずは行ってみましょう。万全の準備を用意して!

Various weatherforecasts help your dicision !
多様な天気予報が、どの山に行くのかの手助けをしてくれる!

山田ガイドが所属する、山岳企画会社

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
山田 祐士
山田 祐士

社団法人日本アルパインガイド協会認定 アスピラントガイド 1978年、北海道生まれ。 高校山岳部に入部してから現在まで、20年以上に渡って山登りを続けています。 大学に入ってからは、アルパインクライミングやフリークライミングに没頭していました。 冬の谷川岳や穂高が好きなフィールドです。 谷川一ノ倉沢や幽ノ沢、穂高のバリエーションルートのガイドが最も得意です。 また、海外登山も好きで、マッターホルンなどの登頂経験もあります。 趣味は山で淹れる珈琲です。 皆さまに最新の登山情報をお送りするべく、日々勉強をしています。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
買うトドアにて期間限定キャンペーン実施中