槍ヶ岳山荘に行ってみよう!宿泊前に知っておきたい情報のまとめ

槍ヶ岳山荘のご紹介です。混雑情報やライブカメラ、食事やテント場での予約法など、基本的な情報をまとめました。人気な山に位置する槍ヶ岳山荘は、時期によってはとても混むので早めに到着したほうが良いでしょう。素敵な場所で一晩過ごしてみよう!


槍ヶ岳山荘ってどんなところ?

北アルプスの名峰槍ヶ岳、その頂上へのアクセスが30分程という好立地に槍ヶ岳山荘は建っています。創業は大正15年(1926年)と古く、その後90年に渡り増床を重ね、現在では650人を収容できる大規模な山小屋となりました。標高3,000m超の大展望は素晴らしく北アルプスの山々はもとより遠く富士山をも望むことができます。

槍ヶ岳山荘 食事も美味しい!

槍ヶ岳山荘の夕食 出典:ヤマレコ
夕食はハイシーズン(7〜9月)の場合午後5時頃から順番に食堂でいただきます。ハンバーグや唐揚げなどのボリューミーなおかずにごはんとみそ汁がつきます。素泊まりの方には別棟の自炊設備が利用できます。
槍ヶ岳山荘の朝食 出典:ヤマレコ
朝食は午前5時頃(ハイシーズン)からいただきます。メニューは朝にぴったりな焼き魚定食です。またフロント横の「キッチン槍」では自家製パンを販売しています。こちらは朝6時から6時半頃に焼き立てがいただけます。

槍ヶ岳山荘 トイレも清潔

トイレは館内と別棟(写真)にあります。微生物を利用したバイオトイレと、カートリッジ式トイレの2タイプがあり、いずれも清潔と利用者にも評判です。

有名な槍ヶ岳山荘 時期によっては超混雑

登山者がもっとも多くなる7月〜9月は、宿泊客の混雑もピークとなります。収容力もありますので宿泊できないことはありませんが、客室は早く受付した人から良い場所が割り当てられるので、山荘へはなるべく早めに到着するのがよいでしょう。

槍ヶ岳山荘 予約法などの基本情報

槍ヶ岳山荘の布団 出典:ヤマレコ
槍ヶ岳山荘は春から秋までオープンしており。2017年は4月27日(木)〜2017年11月4日(土)が営業期間となります。

宿泊料金

朝夕2食:9,800円
朝夕2食+お弁当:10,800円
夕食のみ:8,500円
朝食のみ:8,200円
素泊り:6,800円
テント1名あたり:1,000円

槍ヶ岳山荘の小屋予約はどうすればいい?

安全な登山のために山小屋へは午後3時までに到着するようにしましょう。宿泊の受付はフロントで行います。宿泊カードに記入して手続きします。
予約
4名以下:特に予約は必要ありません。
5名以上:事前の予約が必要です。「松本事務所」に電話で予約してください。
注意
山荘への到着が午後5時を過ぎる場合は、当日午前中に「槍ヶ岳山荘」に電話で連絡してください。
電話
松本事務所:0263-35-7200(受付時間:9:30~17:00)
槍ヶ岳山荘:090-2641-1911(受付時間:7:00~20:00)

槍ヶ岳山荘のテント場は先着順

山荘の南50mに位置するテント場は30張限定です。受け付けはフロントで行い、受付順に幕営場所が指定されます。場所に限りがありますので、混雑時にはすぐにいっぱいになります。ハイシーズンはなるべく早く手続きを行うのがベターです。満場の場合は、200mほど下った殺生ヒュッテが指定地となります。

幕営料:1,000円(1泊1名)
注意:指定地以外での幕営は禁止

気になる人は槍ヶ岳山荘のライブカメラをチェック

槍ヶ岳山荘にはライブカメラが設置されています。カメラは槍ヶ岳山頂に向けられ、6時~18時の間1時間ごとに画像が更新されます。山荘が閉まっている冬季の間もカメラは作動していますが、雪に覆われ景色が見られないこともあります。

ライブカメラ

槍ヶ岳山荘のスタッフブログもあります!

槍ヶ岳山荘のご主人のブログ「あるじの視線」では、槍ヶ岳周辺の美しい写真が雑感とともに綴られています。また、山荘従業員による「スタッフブログ」では、山荘の日常や自然の様子が生き生きと記されています。どちらもおすすめです。

あるじの視線

スタッフブログ

槍ヶ岳山荘は昔も今も憧れの場所

槍ヶ岳山荘へのアクセスは容易ではありません。上高地からでも10時間程度(場合によってはもっと)かかります。それでも圧倒的な人気を誇るのは、この山荘がいかに魅力的か物語っているようです。この夏槍ヶ岳の登頂を目指すなら、この雲上の山荘で過ごす素晴らしいひとときを、あなたの山行プランの中に組み込んではいかがでしょうか。

槍ヶ岳山荘で大展望を堪能しよう。

Let’s enjoy the great outlook at Yanagadake Sanso.

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

槍ヶ岳山荘の画像
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード