燕山荘|北アルプス入門といえばこの山小屋!予約方法や食事まとめ

燕山荘まとめ。スタッフブログ、予約について、個室、食事、混雑や天気について、Tシャツやグッズなどをご紹介。ケーキバイキングなどで女性の登山者にも大人気の燕山荘。北アルプス入門として、一度は必ず訪れたい山小屋です!


燕山荘の最新情報はスタッフブログでチェック!

燕山荘は歴史ある山小屋
燕山荘は、大正時代から続く歴史ある山小屋で、長野県の燕岳(つばくろだけ:2763m)の頂上稜線にあります。燕岳は北アルプス入門の代表コースのため、燕山荘も登山者に絶大な人気を誇っています。

天気や混雑・予約状況は燕山荘スタッフブログをチェック

燕山荘の積雪などはブログをチェック
積雪の状況はどうか?などの情報はブログをチェックしましょう!さらにFacebookでもタイムリーな情報を公開していますので、山行計画を立てている方は参考にしてみてください。
燕山荘スタッフブログはこちら
燕山荘 Facebookはこちら

燕山荘の情報とアクセス

燕山荘へのアクセス
住所:長野県松本市大手2丁目3-10(※松本事務所の住所です)
電話:090-1420-0008(山小屋直通)
営業期間:2017年4月22日(土)〜11月25日(土)
※2017年度予約受付開始→3月1日
年末年始:2017年12月23日(土)〜2018年1月8日(月)まで
標高:2,712m
トイレ:水洗式 チップトイレ有
テント場:あり
燕岳登山口から出発し、合戦小屋を経て燕山荘を目指すのが一般的です。
詳細なアクセスを見る

燕山荘の宿泊予約をしよう

燕山荘の予約をしよう
食事の準備や部屋の振り分けが発生するので、予約は必ずする様にしましょう。特に燕山荘の様な人気のある山小屋は、ハイシーズンはかなり混雑します!予約は電話か、webからでもできますよ。
燕山荘 宿泊予約はこちら

燕山荘 宿泊&テント泊料金

燕山荘の宿泊料金
2017年4月22日~11月25日まで
1泊2食付:10,000円
素泊まり:6,400円
昼弁当:1,200円
※部屋は基本的に相部屋。お風呂はありません。
○個室料金(一室あたり)○(6月1日~11月4日※予定)
1泊2食付:14,500円
昼弁当:1,200円
※ただし、混雑期の個室は予約できません。7月15日~8月27日、9月17日、10月8日、11月3日、7月1日~11月4日の毎土曜日は除きます。
年末年始営業(一般室のみ)
1泊2食付:10,800円
素泊まり:7,000円
※毎年12月中旬~1月6日ほどの予定です。
○テント泊○
テント泊(1名1泊):700円
約30張可能です。
宿泊予約をする

燕山荘の食事が気になる

燕山荘のごはんは!?
気になる燕山荘の食事は?やっぱり山はカレー!カレーの種類が充実していて迷ってしまいます。昼食営業時間は11:00~14:00まで。大盛りはかなり量が多いので注意!さらに、山小屋ながら最新のコンベクションオーブンなどの調理機器が揃っているという燕山荘。朝食・夕食も期待できますね!

燕山荘といえば・・・ケーキ!

燕山荘のケーキが有名
喫茶サンルームで食べられるケーキが有名!女性の登山者に人気なのもこれが秘密といえます。過去にはケーキフェアを開催していて、追加のケーキが+200円で食べられるという、甘党には嬉しいイベントも。さらに毎年、1週間限定のケーキ食べ放題バイキングを開催しているそう!今後の開催も要チェックです。

燕山荘はTシャツなどのグッズも充実!

燕山荘でおみやげを
山小屋に行ったら、記念に買いたくなるのが山小屋限定グッズ。Tシャツ・バンダナ・キーホルダーなどオリジナルの商品がぎっしり売店に並んでいます。新作もどんどん出るので、お気に入りを見つけたらゲットしましょう!また、お土産にも喜ばれますね。

燕山荘Tシャツを集めたい!

燕山荘の燕Tシャツ
『燕』Tシャツ(バックプリント)
どどんと漢字一文字。かっこいいですね!
燕山荘はTシャツが豊富
新作も頻繁に登場する燕山荘Tシャツは女性用デザインもあり人気!普段も着やすそうです!

楽しさいっぱいの燕山荘に遊びに行こう

燕山荘に遊びにいこう
初めての北アルプス登頂に最適とされる燕岳。燕山荘は燕岳を目指す登山者でいつも賑わっています。収容人数は何と600人超!団体さんにも対応するキャパシティーです。とても清潔で、ケーキなども味わえるおもてなしが若い女性にも大人気!今年の夏休みは仲間や家族と標高2,712mの燕山荘で過ごすのもすてきですね。

Make lovely memories at “Enzanso“!
燕山荘ですてきな思い出を!

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

燕山荘
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード