水沢ダウンのシャトルが気になる!サイズ感やモデルについてのまとめ

水沢ダウン(デサント)のシャトルについてまとめました。サイズ感、2016FWモデルについて、別注等の情報を掲載!耐水性に優れた水沢ダウンのシリーズのなかので、軽量で街使いしやすいシャトルは、毎年完売必至の人気モデルです。


水沢ダウンのシャトルとは

水沢ダウンは、大阪天王寺区に本社を置く『デサント』が、長年のスポーツウェア開発で得た経験に基づいて製造しています。ブランドの正式名称はALLTERRAIN(オルテライン)で、製品名の『水沢』というのは生産している工場に由来しています。
水沢ダウンの特徴は、熱接着ノンキルト加工(=表地にステッチが無い)とシームテープ加工で、水分含浸を防ぎ、高い耐水性と保温性が保たれています。また、ステッチ部分の隙間からダウンが抜け落ちるなどの欠点も克服しています。

水沢ダウンのシャトル
【水沢ダウンジャケット/シャトル】
メーカー希望小売価格:88,000円(税込95,040円)
素材:ダーミザクス®マイクロストレッチ/ヒートナビ®PT2 ライトリップ/ダウン(ダウン90% フェザー10%)
生産国:日本
カラー:CRTL/GRNV/BSLG/BLK
(今期モデルはほぼ完売しています)

シャトルの特徴について

水沢ダウンのシャトルを着た人
水沢ダウンにはいくつかのモデルがありますが、シャトルの特徴をまとめてみました。

● 他モデル同様、高い耐水性を持ち、表地のストレッチ素材による独特のフィット感を実現。裏地には保温性能を高めるHEAT NAVIを採用。
● シリーズの中では『軽量モデル』という位置付け。よく比較されるマウンテニアは『ハイスペックモデル』の位置付け。
● フード部にboaシステムを採用(ノブを回すだけで好みの締め付け具合に調整できる)。
● ベンチレーションシステムも備え、手軽に湿度・温度コントロールが可能。
● 2014年ISPOアワード、JAPAN GOOD DESIGN賞ベスト100、同特別賞受賞(どちらも非常に有名な賞)。

タウンユースで使用するには十分すぎるほどの性能を持つシャトルですが、定価は10万近い価格にも関わらず、毎シーズン完売するほどの人気です。セールや値引きはまず無いので、欲しい方はシーズンはじめに購入しましょう。

数量限定!?シャトルの別注品とは

オリジナルモデルでさえ完売必至のシャトルですが、なんとユナイテッドアローズなどの有名ブランドから別注品も発売されています。数量限定のオーダーアイテムなどは、予約のみの販売になるので、さらに入手が難しくなりそうですね。

水沢ダウンのシャトル、サイズ感について

軽量かつスマートなシルエットのシャトルは、従来のダウンジャケットのように着ぶくれをすることもないので、普段のスタイリングにも気軽に取り入れることができます。そのため、オーバーサイズよりもシャツ1枚羽織ってちょうど良いくらいのサイズで着用する方が多いようです。

水沢ダウン、シャトルのサイズ表
2016FWモデルのサイズの目安です。もし中古などで探している方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。2017年2月現在、公式で手に入るモデルは、2016FW新作のステルスのみのようです。夏~秋頃にはそのシーズンの製品情報が出るようなので、気になる方は忘れずにチェックしましょう。

水沢ダウンのシャトルは1年待ち!?

デサントのショップ
保温性・耐水性に優れた高性能ダウンジャケットの水沢ダウンのシャトルは高価格帯のダウンにもかかわらず、毎年販売されるモデルは即完売!今季2016FWモデルもすでに公式サイト、楽天などでは完売となっているので新品を確実にゲットできるのは1年後です。公式サイトの製品情報をこまめにチェックし、来季以降に販売されるモデルをゲットしよう!

To a place special by the Shuttle of the special Mizusawa Down!

特別な水沢ダウンシャトルで特別な場所へ!

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

水沢ダウンのシャトル
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード