涸沢ヒュッテに泊まってみたい!予約方法や基本情報のまとめ

涸沢ヒュッテのまとめ。宿泊やレンタルテントなどの予約法、紅葉時期の混雑具合、個室の有り無しなど気になる情報のまとめ。上高地から行ける涸沢ヒュッテは、泊まらなくても食事ができたり多くの人が楽しめる場所です。素敵な場所なので1度は行ってみよう!


アイキャッチ画像出典:ヤマレコ by KOJI_KEN

涸沢ヒュッテ 予約必須の人気小屋!

涸沢ヒュッテと涸沢小屋
出典:PIXTA
長野県の山中、穂高岳の東側にある涸沢カールのモレーン上に建つ涸沢ヒュッテ。穂高連邦のアクセスの要となる場所に建っていることから多くの登山者でにぎわっています。売店の名物である「おでん」は涸沢ヒュッテのテラスから穂高連山を眺めながら食べられることで人気です。

涸沢ヒュッテに宿泊したい!予約は電話で

涸沢ヒュッテ
泊まる人数が5名以上の場合、涸沢ヒュッテへの予約は電話で行ってください。ただし、涸沢ヒュッテのある場所は雪崩が多いことから、冬の時期は完全閉鎖しています。営業シーズンの4月下旬~11月上旬に予約をしましょう。

涸沢ヒュッテ 個室はありません

涸沢ヒュッテの寝室
涸沢小屋には個室がありますが、涸沢ヒュッテには個室はありません。基本的に相部屋で一部屋3~12人収容。合計で約180人の収容が可能です。混雑時はなかなか寝付けないようです。
・1泊2食付/9500円
・夕食のみ/8500円
・朝食のみ/7700円
・素泊まり/6500円

涸沢ヒュッテはテントレンタルも行っています

涸沢テン場
出典:PIXTA
7月中旬~10月11日までならレンタルテント(常設)が使用可能です。ただし、事前に電話で予約する必要があるので注意してください。予約は3か月前から受け付けているようです。
・4人用/7000円

涸沢ヒュッテの繁忙期は綺麗すぎる紅葉シーズン!

1度は見たい!涸沢の紅葉

涸沢ヒュッテからの景色
涸沢ヒュッテからは穂高連山と涸沢カールの全景を眺めることができ、中でも紅葉の景色は圧巻です。

涸沢
有名な涸沢ヒュッテのテント村。紅葉に負けず色とりどりのテントの花が咲いています。

涸沢ヒュッテと紅葉
涸沢ヒュッテのまわりは真っ赤なナナカマドや黄色く染まるダケカンバなど美しい木々でかこまれています。

紅葉シーズンの涸沢ヒュッテは超混雑

涸沢ヒュッテの紅葉シーズンのテント村
夏季の休日や紅葉シーズンはかなり混雑する涸沢ヒュッテ。9月後半から10月前半は平日も混雑が予想されます。1枚の布団に2~3人で寝るということもよくあるようです。テント場も良い場所からすぐに埋まってしまいます。

涸沢ヒュッテの基本情報

涸沢ヒュッテの標高は2309m 気温は?

涸沢ヒュッテの画像
涸沢ヒュッテの気温は、朝晩冷え込むレベルです。 最低6~10℃、最高20℃ぐらいだそうです。必ずフリースなど防寒具を持っていきましょう。

涸沢ヒュッテ 食事は泊まらなくても食べられます!

涸沢ヒュッテのご飯
当日の午後4時までなら、テント泊の人もご飯の予約ができます。食事・お弁当のみの電話予約は受け付けていないため、ヒュッテの宿泊受付に行って予約をしましょう。
・夕食/2500円
・朝食/1500円
・弁当/1000円

涸沢ヒュッテの朝食
また、朝食はお弁当に変更することができます。1泊2食付と同料金です。

売店も行く価値ありの涸沢ヒュッテ

名物のおでんとビール
涸沢ヒュッテは売店が充実していることでも有名です。宿泊しない人でも、名物おでんとビールを楽しむことができますよ。

テント泊をする人はテント受付まで

涸沢ヒュッテのテント村でテントを張っている
テントの幕営料は1人あたり1泊1000円です。14時、15時あたりから17時までテント場中央にある受付に行きましょう。涸沢の地面は石が多くゴツゴツしています。早めに場所取りを行って下さい。

上高地から涸沢ヒュッテへのアプローチ

横尾山荘前
出典:PIXTA
上高地から涸沢ヒュッテへは、コースタイムで6~7時間、16kmほどあります。上高地バスターミナルから、まず河童橋に向かい、橋を左手に見送って梓川沿いを歩き、明神、徳沢の小屋を通り、横尾に向かいます。分岐点である横尾山荘前の横尾大橋を渡り、左手に屏風岩を見ながら横尾谷を通過すると本谷橋に到着します。ここからは急坂やガレ場もある本格的な登山道です。屏風岩を回り込むように登って行くと、涸沢カールが見え始め、さらに進むと涸沢ヒュッテです。

涸沢ヒュッテに行ってみよう

涸沢ヒュッテの外観
夏場は金・土曜、紅葉の時期は週末に混雑する涸沢ヒュッテですが、まわりは穂高の山々に囲まれた広く雄大な涸沢カールを見渡すことができ、とても開放的な気分で過ごすことができます。涸沢ヒュッテまではややロングコースとなるため初心者の方は横尾や徳沢などで1泊してから時間にゆとりを持って行くといいですよ。

It is karasawa-hyutte surrounded by beautiful scenery!

美しい景色に囲まれた涸沢ヒュッテ

編集部おすすめ記事


関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

涸沢ヒュッテと看板
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

nao
nao

両親の影響で子供の頃から山に登り、大きなザックを背負う人を見て自分には無理だなあと思っていたらいつの間にかそうなっていました。歩き続ける縦走が好き。下山後の温泉とビールも大好きです。どうぞよろしくお願いします。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」
 

LINEでYAMA HACKをもっと手軽に。

登山用品から登山・トレッキングまで山に関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!