プラティパス11選と洗い方をご紹介!

プラティパスは、コンパクトになる水分補給グッズです。プラティパスの特徴、ハイドレーションを含む11選や洗い方をご紹介!水分補給は山でも日常でも非常に大切。だからこそ使いやすく持ち運びやすい、更に目的用途に合った容量をしっかり選びましょう!


プラティパスのメリットと使用上の注意点

【プラティパスの3つのメリット】
1.ラミネート構造で耐久性抜群。小さくまるめてもへっちゃら!
プラスティックを3層張り合わせているので耐久性が高いプラティパス。そのためどのボトルよりもコンパクトにまるめて収納が可能です。

2.BPAフリー素材を採用しているプラティパス
身体に悪影響があったり、プラスチック臭の原因と言われているBPAを含まない素材を使用しているので安心して使用できるのです。匂いもなくて快適!


3.そのままボイル、そのまま冷凍も可能なプラティパス!
水が入ったプラティパスをそのまま湯せんで温めて、湯たんぽとして使うこともできます。雪山でも活躍しそうですね。また、冷凍してから暑い夏山に行くことも可能です。

【プラティパス使用上の注意点3つ】
1.折り目をつけすぎない!丸めてしまおう
耐久性抜群のプラティパスですが、同じところに何度も折り目を付けすぎると、その部分が破れやすくなります。折り目がつかないように、くるくると丸めてしまいましょう。


2.ザックの外側には入れないで!背中側に収納
登山中に岩などに当たり破れる可能性も。強い構造ではありますが、鋭利なものにはもちろん弱いので注意です。なるべく背中側に収納してプラティパスを守りましょう。


3.水を満タンに入れすぎるべからず
プラティパスに水を満タンに入れすぎると圧力がかかった際に漏れてしまう可能性があります。水は口まで入れずに、9割以下にとどめましょう。


プラティパス11選をご紹介

【プラティパス ハイドレーションシステム】
プラティパス ビッグジップLP 1.5L
ITEM
プラティパス ビッグジップLP 1.5L
ビッグジップは水を入れる口がジップになっていて、水を入れるときも、お手入れ時も楽ちん!ホースと本体をカチッとワンタッチで切り離せるタイプ。日帰り登山に最適な1.5Lです。
プラティパス ビッグジップLP 2.0L
ITEM
プラティパス ビッグジップLP 2.0L
こちらは2.0Lのプラティパス。水をよく飲む人、運動量が多かったり登山中などに料理で水を使う人に向いています。
登山用に購入。噂には聞いていましたが、やはり歩きながら給水出来るのは素晴らしいです。 出典:amazon
プラティパス ビッグジップLP 3.0L
ITEM
プラティパス ビッグジップLP 3.0L
水場がない場合、あるいは水を購入せねばならないようなテント泊には3.0Lがおすすめです。
2Lでは心もとない夏場の縦走登山でも、これなら十分! 出典:amazon
プラティパス ホーサー 1.0L
ITEM
プラティパス ホーサー 1.0L
すっきりしたデザインで軽くてたたみやすいホーサー。ホースと本体の接続がキャップになっています。1.0Lは軽いハイキングをはじめ、トレランなどにも向いています。
とてもシンプルで使いやすい。袋は丈夫で軽く、1L以下でも問題なく水が飲める。 出典:amazon
プラティパスホーサー 1.8L
ITEM
プラティパスホーサー 1.8L
ホーサーの1.8Lタイプ。使い勝手の良い1.8Lのハイドレーションがなんと重さ100g前後!軽量化したい人にはぜひおすすめしたいですね。
初めてのハイドレーションですが、大変満足しています。動きながら水を飲めるのは大変楽です。 出典:楽天
プラティパス ホーサー 2.0L
ITEM
プラティパス ホーサー 2.0L
こちらは2.0Lタイプ。1.8Lと迷うところですが、ザックの大きさや運動量も考慮して手に入れましょう。
初めての富士登山で、ザックを降ろさずに少しずつ水分補給ができ、体力温存、高山病予防となり無事に登頂出来ました。外に出た管の部分が冷却され冷たい水が飲めた! 出典:amazon
プラティパス ホーサー 3.0L
ITEM
プラティパス ホーサー 3.0L
ロングトレイルや夏場の長丁場のトレランにおすすめの3.0L。吸えば吸うほどぺたんこになるのが嬉しいですね。
腰に下げるのでは なくてザックの中に入れ背負うのでとても楽でしたお陰で20Kmのハイキングは楽しかったです。 出典:amazon




【プラティパス ボトル】
プラティパス ソフトボトル 0.5L ツリー
ITEM
プラティパス ソフトボトル 0.5L ツリー
木のデザインがすてきな0.5Lのプラティパスボトル。ハイドレーションのサブに持つもよし、普段使いにも使えて便利なサイズです。
茹でても凍らせてもへっちゃら。踏んでも大丈夫(鋭利なものには当然弱いが)。軽くて頑丈、普通の水筒が嫌いなひねくれ者にもお勧めしたい逸品。 出典:amazon
プラティパス ソフトボトル 1.0L マウンテン
ITEM
プラティパス ソフトボトル 1.0L マウンテン
この1.0Lボトルを2つ、ザックの両側に詰めるという方法もあるそう。水が無くなったほうをサッとたためてすっきりしますね。
以前は2リットルのを使っていましたが、破損してしまい、1リットルを2つにしました。2リットルは案外大きくかさばるので、こちらの方が使い勝手は全然いいです。 出典:amazon
プラティパス ソフトボトル2.0L
ITEM
プラティパス ソフトボトル2.0L
大人気の2.0Lボトルとなります。日帰りでも縦走でも使えるので、迷ったらこのサイズがいいかも。
山登りの水筒代わりとしてまず便利。ザック内の体積を減らせ、「チャプン、チャプン」と中の水が揺れることがありません。 出典:amazon
プラティパス プラスボトル 1.0L
ITEM
プラティパス プラスボトル 1.0L
こちらはPlusシリーズで、飲みやすい飲み口になっているタイプです。普通のタイプではどばっと出てしまって飲みにくい、と感じるかたに。
軽量かつ、水の残量にあわせてサイズダウンできますので、最強の水筒と言って差し支えないと思います。 出典:amazon

プラティパスの洗い方と乾燥法をご紹介!

【プラティパス本体の洗い方と乾燥法】
プラティパスを観想させている
出典:flickr by Ayami Sato
適量の洗剤とお湯をプラティパスに入れて何度も振り、しっかりと洗い流しましょう。洗浄後は膨らまして置くのが早く乾かすコツです。菜箸をプラティパスの口に入れて放置しておくのも早く乾きます!

【プラティパスのハイドレーションの洗い方と乾燥法】
熱湯にチューブをつけてからバルブを取ると簡単に分解できます。バルブは洗ってからハイターにつけて除菌。チューブはプラティパスのクリーニングキットで洗うのが良いでしょう。干して乾かす前にぶんぶん振り回して中の水滴をできるだけとると乾燥しやすいです。
プラティパス クリーニングキット 25831
ITEM
プラティパス クリーニングキット 25831
ホースの中の汚れどう取るの?プラティパスの洗浄にお悩みの方にもってこいのクリーニングキット。長いホースもきれいに洗えて清潔を保てます。

プラティパスでたくさん水分補給を!

水分補給のお供に定番中の定番、プラティパス。長く愛されているだけあって、軽かったり収納に便利だったり、利点はたくさんです!しっかりお手入れをしてたくさん使ってあげましょう!

Take your Platypus to the mountain!
プラティパスと山に行こう!


紹介されたアイテム

プラティパス ビッグジップLP 1.5L

プラティパス ビッグジップLP 1.5L

¥4,860 税込

プラティパス ビッグジップLP 2.0L

プラティパス ビッグジップLP 2.0L

¥4,968 税込

プラティパス ビッグジップLP 3.0L

プラティパス ビッグジップLP 3.0L

¥5,264 税込

プラティパス ホーサー 1.0L

プラティパス ホーサー 1.0L

¥4,125 税込

プラティパスホーサー 1.8L

プラティパスホーサー 1.8L

¥3,348 税込

プラティパス ホーサー 2.0L

プラティパス ホーサー 2.0L

¥3,369 税込

プラティパス ホーサー 3.0L

プラティパス ホーサー 3.0L

¥3,474 税込

プラティパス ソフトボトル 0.5L ツリー

プラティパス ソフトボトル 0.5L ツリー

¥1,049 税込

プラティパス ソフトボトル 1.0L マウンテン

プラティパス ソフトボトル 1.0L マウンテン

¥1,259 税込

プラティパス ソフトボトル2.0L

プラティパス ソフトボトル2.0L

¥1,474 税込

プラティパス プラスボトル 1.0L

プラティパス プラスボトル 1.0L

¥2,526 税込

プラティパス クリーニングキット 25831

プラティパス クリーニングキット 25831

¥2,052 税込

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

プラティパスのハイドレーションボトル
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

ayamisato
ayamisato

アフリカテントひとり旅などを経て某登山用品店に勤務。現在はより自然に近い暮らしを実現するべくUターンし農業を営んでいる。登山用具と農業とのコラボを楽しむ毎日。地域おこしのためローカルメディアのライターなどもしている。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」