【山道具の手入れ術】2つのクッカー汚れ対策と、汚れ知らず?な用品2選

カレーのルーや、パスタをゆでた後のねっとりした汚れ、そしてお肉を焼いたり炊飯したときの焦げなどに悩んだことはありませんか?今回は2つのクッカーを簡単に手入れする方法と、おすすめの汚れにくいクッカーをご紹介します。

山めし最高!でもその後の汚れが結構落ちない・・

山で食べるカレーやパスタは最高です。しかしその一方で汚れがこびり付いてなかなか取れなくて困る!なんて方もいるのではないでしょうか?今回はクッカーの片づけがとっても楽になるポイントをいくつかご紹介します。

【手入れ術①】汚れはサっとふき取るだけ!クッカーをフッ素加工

フッ素加工は、”焦げ付きにくい・熱に強い・汚れが簡単に落ちやすい”

フッ素樹脂加工は「テフロン加工」「ノンスティック加工」などとも言われ汚れなどがくっつきにくく、熱にも強いなど様々な特徴があり、基本的には調理後はサっとふき取るだけで綺麗になります。

もちろん、メスティンなどの人気クッカーも加工できる!

登山でも人気なメスティンをはじめ、アルミ製のクッカーは熱伝導率が高い反面、焦げ付きやすい面も。

加工は、プロに依頼するのが安心!

手持ちのクッカーを加工してくれる業者さんは、何度も耐久性テストを行ったうえでサービスを提供しているため安心ですね。加工代やサービス内容は業者さんによりますので、必ずご自身の要望をしっかり伝えた上で相談しましょう。参考までに、野外生活社様で依頼すると一面1,200円程度~だそうです。野外生活社・テフロン加工詳細

【手入れ術②】お金を極力かけない 3つの小ワザ

①レトルトなら袋のまま湯銭!ジッパー袋を湯銭する場合は、耐熱温度に注意して!

撮影:YAMA HACK
湯銭にかけたら上部を切って、そのまま食べれば洗い物も最小限に抑えられ楽々です。ジップロックなどに具材を入れて調理をするのも手ですが、耐熱温度には気を付けて!


②弱火で温め油を浮かせたら、キッチンペーパーで拭き取る!


キッチンペーパーで拭いた後は、少量の水やお湯で再度拭くと安心です。

③100均でも購入可能な、使い捨てアルミ鍋で調理する!


100均でも売っていることのあるアルミ鍋。クッカー自体を使わずに、アルミ鍋を使ってしまうといのも手ですね。

注意:ジッパー袋は取扱いを間違えると、事故の原因に。

山では何かと使えるジッパー袋。具材を詰めて、そのまま湯銭をする・・という方もいるかもしれません。ただし、耐熱性がない袋を湯銭してしまうと、鍋に触れたら溶けてしまったり事故の原因になりかねないので、取扱いには十分注意をしましょう。


【番外編】汚れが楽々とれる!?コーティング加工されたクッカーおすすめ2選

1人用なら十分なサイズでとってもオシャレ!

エバニュー セラミックコッヘル深型13 ECA188 ECA188
ITEM
エバニュー セラミックコッヘル深型13 ECA188 ECA188
クッカーの内側にフッ素樹脂加工されています。焦げ付きにくく、1人用の山メシであれば1台あれば十分なサイズ
一人分の具沢山のラーメンを作るには ちょうどいい大きさのクッカーです
使った後 洗わなくても ティシュでふき取れば綺麗になるので 山では重宝します

蓋の取っ手が 鍋と干渉すると云う書き込みが有りましたが 別に気になるほどでもありませんでした。 出典:アマゾン

湯切り穴も結構使える!2人用クッカー

MSR BASE2
ITEM
MSR BASE2
内側をノンスティック加工してああるクッカー。2人用を想定した鍋は、ふたに湯切り穴が付いており細かいところにも気が利いている!
蓋がロックできる所と、湯きり穴がありますよーくらいだけど、それが便利過ぎて手放せない。
が、収納袋くらい付属させて欲しかったなぁ。
このサイズ、微妙に大きいから、100均とか代用できる巾着がない。 出典:アマゾン

山めしの後は、簡単・時短で手入れしよう!

撮影:YAMA HACK
いかがでしたか?後片付けが楽だと、時短にもなりますよね。ちょっとした工夫をするだけでグっと時間も手間も節約できるワザで、山時間をもっと楽しもう

I LOVE YAMAMESHI
山メシ大好き!

ヤマレコ

紹介されたアイテム

エバニュー セラミックコッヘル深型13 ECA188 ECA188

エバニュー セラミックコッヘル深型13 ECA188 ECA188

¥4,762 税込

MSR BASE2

MSR BASE2

¥9,180 税込

編集部おすすめ記事

関連する記事

関連する山行記録 byヤマレコ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
YAMA HACK編集部
YAMA HACK編集部

YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。

登山専用コミュニティサイト「ヤマレコ」